FC2ブログ
「ブレードランナー 2049」感想
雰囲気や映像が素敵だった。4つ★~4つ★半
resize_image.jpg
映画が始まる前に、さんざん、アメコミの映画化作品などの、ドターンバコーン、過激なアクションやCGを予告編で、これでもか!って位見せられていて、そういう映画が嫌いってわけじゃないんだけれど・・・。
この映画は、そういうシーンは最低限に控えて、静かなシーンが多く、大人な映画。
でもね、お金かけてるなー!って感じました。建物や風景とかメカとか、本気を感じたし、安っぽさとか無いなあーと、感心しながら鑑賞。
オレンジ味がかった砂漠風の風景や、雨や雪や霧のシーンなど、空虚、孤独感が感じられて素敵でした。

最初の方、車で空を飛ぶシーン、グレートーンの灰をかぶったような街並みを見下ろし、一機だけが飛んでいるんですね。そこに痺れました。
未来の空飛ぶ車のシーンって、沢山の車がビュンビュン飛んでることが多いんですけど、この映画では、あんまりたくさん飛んでいないんですよ。たぶん警察の車とか緊急車だけが飛べるんじゃないかな?

激しい戦闘シーンとかよりも、私はこういう静かにSFを見せてくれる映画の方が好みだし、登場人物が凄く少なく、メインのK(ライアン)の目線でずっと物語が進み、凄くこみいったストーリー展開じゃないのも良かったです。
ただ、規模が小さめで、あれ?戦う相手の人数、これだけなの?って思うところもあったけども。

ハリソン・フォード、いつ出て来るんだ?と思って、なかなか登場しませんでしたね。
トイレに行って、戻ってきて30秒後だった・・・ギリギリ間に合ったー。(昔「戦場のピアニスト」で、トイレ行って戻って来たら、ドイツ将校さんが既に登場していて大ショックだったことがある)
さすがに予告編とか入れて約3時間、途中でトイレに行く人が多かった。
映画の客層が、若い人全然いなくて、明らかに自分らか、それ以上の人だらけ。男性率8割だった。

ハリソン演じるデッカードや、過去作品からのストーリーは、もちろんだけど、今回は、ホログラフィーのジョイという恋人の部分が印象的でした。
好きになった相手がロボットだったとか、レプリカントだった、とか、そういうのはあったけど、今回はホログラフィーという、触れ合えない相手でした。以前見た「her」も、そんな感じだったかな・・。

心を通い合わせられる良い話し相手、永遠に若く美しいまま、絶対浮気しない自分だけ、ってことが続くなら、たとえH出来なくても、それでもいい、って思う人が多くいてもおかしくない。
ジョイを演じた女優アナ・デ・アルマスさんが、可愛かった。
調べたら、キューバ出身で29歳なのかー!若くして結婚出産して離婚しているのね、驚き・・・。

キック技のラブ役のシルヴィア・フークスさんって、「鑑定士と顔のない依頼人」のヒロイン役の女優さんだったんですねー
まるで別人だったから、全然解らなかったです。

ライアンは、また可哀想な役でしたね・・・。

★以下ネタバレ★
レプリカントが妊娠、出産していたっていうのが、ちょっと驚き。
で、レイチェルとデッカートの子供って、自分なんじゃないか?ってKが途中から思う様になるんですが(木の馬を隠した場所が当たっていた)、残念ながら、ガラスで隔離されていた女アナ・ステリン博士だったんです・・・。彼女の記憶を、Kが植え付けられていただけだったんですね・・・。最後は雪の降る中、瀕死の状態で、横たわって(死んじゃったか、どうかはハッキリは解らず)。そしてデッカードと娘は対面・・。
以上

デニ・ヴィルヌーヴ監督、なかなか頑張って2作目にトライしていたんじゃないかなーと思いました。
この監督さんの以前の作品は3つくらい見てるんですが、どれも面白く見せてもらっているので、自分とは結構相性が良いのかもしれません。

でも、この続きも、まだ作れそうだなあ・・・。またハリウッドの事だから、作るのかも・・。

ブレードランナー 2049 (2017/米)
Blade Runner 2049
監督 デニ・ヴィルヌーヴ
出演 ライアン・ゴスリング / ハリソン・フォード / アナ・デ・アルマス / シルヴィア・フークス / ロビン・ライト / マッケンジー・デイヴィス / カーラ・ジュリ / レニー・ジェイムス / デヴィッド・バウティスタ / ジャレッド・レト
【2017/10/29 09:27】  コメント(8) | トラックバック(9) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「ゲット・アウト」感想 | ホーム | 「イヴ・サンローラン」「サンローラン」感想>>
コメント

TVのサンデーモーニングにバーチャルの張本勲が出ていました!
視線だけは違和感あったけど、ごく自然に見えてしまうVR。
今後はこういう世界が数多く作られていくんでしょうね~
やっぱりジョイを発売してもらいたい・・・
kossy  【 編集】  URL |   2017/10/29 10:25   |  TOP ▲ |


この作品の「テーマ」をここまでしっかりと掘り下げての続編製作。
これは並大抵の実力では出来ないことですよ。
リドリー・スコット製作のもと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の仕事ぶりに敬意を示したいですね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2017/10/29 23:16   |  TOP ▲ |


kossyさん、こんにちは!

> TVのサンデーモーニングにバーチャルの張本勲が出ていました!
うー見てませんでした、残念。。

ジョイが欲しいって言ってる人が凄く多いですよね。
これの男バージョンがあったら、凄く売れそうな気がします。
そもそも女性は、それほどHしたい!って人が、男性より少ないと思うし。
家事は、男性より女性の方がすることが多いから、ホログラムが家事出来ないからって、困ることもないし・・。
latifa  【 編集】  URL |   2017/10/31 12:34   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
続編って、たいがいダメなのに、本作は珍しく出来が良かったですよね!!

> これは並大抵の実力では出来ないことですよ。
> リドリー・スコット製作のもと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の仕事ぶりに敬意を示したいですね。
ほんとですよね。
この前、エイリアン続編を見て、ちょっとがっかりしていたので、本作は嬉しかったです。
latifa  【 編集】  URL |   2017/10/31 12:35   |  TOP ▲ |


映画館、行ってきました♪
オリジナルを当時映画館で観たんだろうなあと思われる(私もですが)高年齢層のお客さんが多かったです(笑)

アメコミ予告、多かったよねーー!!
アメコミ好きだし、チームものも面白いけどこんなに乱発すると何が何だか・・・(苦笑)

30年後の世界、貧困や悪化が進んだ世界のはずでしたがとっても静かで美しいシーンが多かったですね。
す~っと入り込めた世界観、見事でした。
ハリソン、なかなか出てこなかったよね~、私もいつかな?って思いました。
Kとデッカードの絡みももっと観たかったわ。

レプリカントの奇跡!!ええーー、そこまで!?ってビックリ。確かに人間にとっては脅威に感じると思う。でもウォレス社は普通に造った方が早くない?って思ったりもするけど(笑)

オリジナルのシーンがちょこちょこ出てきたので、また再見したくなりました。
レイチェルは今見ても、すごくカッコいいよね!!
ジョイがとってもキュートでしたね。切なかったなぁ。
男性バージョン、確かに欲しい(笑)でものめりこんじゃったらどうしよう?(爆)
  【 編集】  URL |   2017/11/01 17:27   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
アメコミとか、ああいう系の映画って、最先端のCGや迫力ある画像やらを競っている感じでしょう?
最近のそういう技術の進歩ってすっごいから、たった1,2年でも、どんどん上回っていくから、、、
凄い反面、なんだか、若干食傷気味なところもあったりするんだよ・・・

> Kとデッカードの絡みももっと観たかったわ。
そうだよねー!!!
私もそう思った。
もっと、心通わせるようなストーリーとかだったら、更に良かったけど・・(希望多すぎ)

> 男性バージョン、確かに欲しい(笑)でものめりこんじゃったらどうしよう?(爆)
いやー、のめりこんじゃうでしょう、普通・・。
ここ数日、SONYでアイボの最新型を売り出したって、やってるけど・・・ 昔のやつに手を加えただけで、なんかインパクトが無く感じちゃうのよね。
ちょっと倫理観的に、どうかな・・とは思うんだけど、こういう人間ロボットとか作ったら、凄いよねー。。バカ売れしそう
latifa  【 編集】  URL |   2017/11/02 08:36   |  TOP ▲ |


こちらにも。
私も男性陣に混じっての鑑賞でした・・笑
<こういう静かなシーンが多く、大人な映画>私もこの世界観は好みでした。
ハリソンに間に合って良かったですね。
<ホログラフィーのジョイ>の健気さも
<キック技のラブ>の根性さも
目を見張るものありましたね。
ジョイは男性陣には好印象なのでは・・
可愛いし、癒し系だし・・。
終盤の水中シーンではとにかくハリソン
早く助けてあげてとヤキモキでした
70オーバーなので可哀想で・・笑
30年たっても映画鑑賞できる自分が
幸せだな~~と思いました。
いろいろと良かったですよね~~
みみこ  【 編集】  URL |   2017/11/03 21:48   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
ハリソン、長生きしてくれたから(笑)、色々な続編作られて、出演してるよねー。
ありがとうー!って気持ちだよ^^
今回の来日、たくさんのインタビューも受けて、お疲れだったよね、きっと。

> ジョイは男性陣には好印象なのでは・・
> 可愛いし、癒し系だし・・。
うん、うん。あれは日本男子にも絶対好評だと思う。
また、体格的にもベストだったー。ほどよい肉付きでパーフェクトなお胸。
前に見た「エクス・マキナ」での実際にからむ彼女さんたち、ちょっと痩せすぎ感あったし、ゴーストインザシェルのスカちゃんは、むちむち過ぎ感もあった様な気が・・・。

> 終盤の水中シーンではとにかくハリソン
> 早く助けてあげてとヤキモキでした
私も。
さすがにアクションシーン多すぎると、心配になってくるよね。

もうちょっと、ライアンとハリソンの2人がからむシーンが多いと、より一層嬉しかったかな(ぜいたく)
latifa  【 編集】  URL |   2017/11/04 09:23   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1419-1a0f13e7

ブレードランナー 2049
ネタバレ映画館 (2017/10/29 10:25)
開演前にトイレを済ませておきましょう。


『ブレードランナー2049』
こねたみっくす (2017/10/29 23:20)
奇跡を見たことがあるか。 SF映画史に燦然と輝く名作の30年後を描く35年ぶりの続編。それは映画史に残る素晴らしき傑作。 名作をなぞるのではない。名作を独自解釈で語るのではない。名作のテーマを突き詰めるがゆえに、あらゆる形で「人間性とは何か」を表現する。 その...


「ブレードランナー 2049」☆超えた!
ノルウェー暮らし・イン・原宿 (2017/10/30 22:14)
オリジナル1作目の「ブレードランナー」が多くのSF作品に多大な影響を及ぼして、以後1作品たりとも「ブレードランナー」を超えるものが現れない・・・と思っていたら、『ヒット作の続編またはリブート作品は決してオリジナルを超えられない』というジンクスまで破って、なんとオリジナルを超えてきたyo! 1作目をこよなく愛するパパンでさえ、「超えたとは言わないけれど、同じくらいに素晴らしかった!」と大絶賛☆


「ブレードランナー2049」観てきました
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ (2017/10/31 21:13)
観に行くかどうか迷ってたんですけど、私の2押しハゲであるデイブ・バウチスタが出ていると知り、これは絶対行かなきゃと思ったんです。彼のリアルハゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★ <ライアン・ゴズリング思ったより似合ってました> デイブ・バウチスタが冒頭に出てきたので、あちゃ〜こりゃさっさと登場してさっさと退場するパターンだな、と思ったら全くその通りでした。 ...


「ブレードランナー2049」
Slow Dream (2017/11/01 17:28)
2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。 人間と見分けのつかない《レプリカント》が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。 危険な《レプリカント》を取り締まる捜査官は《ブレードランナー》と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた―。        <公式サイト より>


映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
ディレクターの目線blog@FC2 (2017/11/03 18:44)
映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレードランナー』は鑑賞済み。 ディレクター目線のざっくりストーリー 2049年のカリフォルニア。人間と見分けのつかないレプリカント(人造人間)が労働力と...


ブレードランナー 2049
タケヤと愉快な仲間達 (2017/11/04 20:11)
【解説】 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。新旧のブレードランナーを『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴズリングと、前作...


ブレードランナー 2049
風に吹かれて (2017/11/05 22:41)
悲しきレプリカント 公式サイト http://www.bladerunner2049.jp リドリー・スコット監督のブレードランナー(1982年)の続編 製作総指揮: リドリー・スコット監督: ドゥニ


「ブレードランナー 2049」
ここなつ映画レビュー (2017/12/05 18:42)
すごく好き!アメリカでの興業が大コケだったという噂なんか私には関係ない。設定30年前の世界観を損ねることなく、更に情緒的だ。極めて情緒的だ。「奇跡を見たことがないからだ。」作中で出て来たキーワードが胸に沁みる。そして作中でも折に触れてだし、その後の実生活でも時折脳裏をよぎる。奇跡を見たことがない人間が奇跡について語ることは適切ではないにしても。その奇跡が何かを冒涜しようとしているのかもしれな...


| ホームTOP ▲ |