「あゝ、荒野」感想
前編、後編と立て続けに見たので、6時間くらい? かなり長い鑑賞になりました。
069767b5.jpg
でも、途中で飽きることなく、ずっと見れたんですよね。
これって結構凄い事だなあと思います。

内容的には、おおざっぱに言えば、自暴自棄になっていた若者がボクシングによって成長していく、というお話なので、既視感が無いわけではないのですが、2人の若者のうちの片方の理容師(バリカン健二)の存在が、他のボクシング作品とは、ちょっと違った味わいを出していました。

寺山修二の原作は未読で、内容なども全く知らないで見たのですが、現代風に置き換えられてるパートもあるんでしょうね・・。

★以下ネタバレ★

自殺防止の活動を行っている団体、そこのリーダー的な男が、図書館で働いている可愛い女子に手を出し、妊娠させ、挙句の果てに公開自殺、自殺したいと言っていた人たちを公開自殺させようとしたり、って処は、ちょっとどうかな?とも思ったのだけれど、
それ以外のメインの2人の生い立ちやボクサーとして頑張ってるところ、ユースケがなかなか良かった。
でも、ケアセンターの美人秘書が、新次の母だったり、福島から流れ着いた母が、ユースケの彼女になるとか、そんな都合よく、みんな、出会えるもんかなあ?ともちょっと思ったけれど・・・。あと、まさかの二代目社長が、バリカン健二を、なぜか物凄く気に入って破格の待遇をするのも、驚きでした。
ラストは、まさかの、試合中、新次に殴られまくって、たぶん、バリカンが死んでしまう・・(若干ラストは亡くなった人間を曖昧に見せていたので、確実かどうかは、解らないけれど)っていうのには、びっくり・・・。
バリカンは本望だっただろうなあ・・・。彼は図書館勤務の流産美女からホテルに連れて行かれたのに、お断りするんですよね・・。バリカンらしいなあ・・・。新次だけしか見えなかったのかもね・・・。でも、新次もバリカンが自分の事を特別に想っていることは、重々承知していただろうし、彼もバリカンとは同じではないものの、やっぱり特別に思っていたんだろうなーと思います。
それに気がついたから、あの彼女もいなくなってしまったのかな・・・?
以上

私は、世間のブロガーさんの評判が凄く高かったことと、ヤン・イクチュン目当てで見たのですが、期待外れることなく、鑑賞させてもらいました。4つ★

あゝ、荒野 後編 (2017/日)
監督 岸善幸
原作 寺山修司

出演 菅田将暉 / ヤン・イクチュン / 木下あかり / ユースケ・サンタマリア / モロ師岡 / 高橋和也 / でんでん / 木村多江 / 今野杏南 / 山田裕貴 / 河井青葉 / 前原滉 / 萩原利久 / 小林且弥 / 川口覚 / 山本浩司 / 鈴木卓爾 / 山中崇
【2018/02/03 12:00】  コメント(12) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「幸せなひとりぼっち」感想 | ホーム | ネタバレ「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」感想>>
コメント

お邪魔します~~

観たのね~~
長い映画だけど結構嵌りますよね
あの主題歌が耳から離れないわ。


確かにちょっとつながり過ぎてご都合主義は
感じるかな。簡単に母親と再会だし。
前半の自殺防止の団体は違和感あったところ
でもあるしね。
あの若社長がバリカン気に入るのも
深読みできるところではあるよね。
どんな感情かなって。
ヤン・イクチュンって私は全然知らなくって。
前作とイメージ違うんだって?
キャラづくりがうまかったので
彼に肩入れどうしてもしちゃうかな。
ユースケも良かったよね。彼らしくて(笑)
菅田将暉は、やっぱりいろんな作品
出過ぎ。うまいけど・・・。
みみこ  【 編集】  URL |   2018/02/03 13:36   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2018/02/03 13:54   |  TOP ▲ |


人生という名の荒野に踏み出した2人を誰も止めることは出来ないというラストファイト。
前篇はあくまでも人間関係と個々の心の闇を描き出すことに集中し、後篇は新宿新次とバリカン健二の拳での語り合いに集中する。
男の世界と言われればそれまでかも知れませんが、ラストの新次がこちらを睨む表情が、この作品が今の時代にはない映画であることを物語っているようでしたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2018/02/04 00:12   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
レンタル開始、早かったよねー。

> あの若社長がバリカン気に入るのも
> 深読みできるところではあるよね。
うん、うん。
でも、あの2人は、プラトニックな関係っぽかったよね?
若社長が、無理強いして、なにか強要する・・・って風な感じがしなかった。

ヤン・イクチュン、そうなのか、みみこさん、韓国映画は、昔からよく見ているから
「息もできない」だっけか? 絶対見てると思ったよ。
それなら、今度見てみてー。もう旧作扱いになってると思うし。
暴力ものだけど、なにげに印象に残る映画だったよ。

> ユースケも良かったよね。彼らしくて(笑)
そうなの。
予想意外に、ハマってて、なかなか良かったよね。
最近あまりテレビでお見かけしないけど、元気そうで何よりです。

> 菅田将暉は、やっぱりいろんな作品
> 出過ぎ。うまいけど・・・。
そうなのよ・・・
嫌いじゃないんだけど、ちょっと食傷気味かも・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2018/02/04 11:06   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
この映画、劇場公開と配信とレンタルがものすごく間隔短かったよね。
その分上映館が少なかったけど。
早く観たい、けど映画館に行けない、、、ってときはいいね。
これから映画の上映形態も変わっていくんだろうなぁ。

↑コメントで、みみこさんが『息もできない』をご覧になってないと知ってビックリ!
みみこさ~ん、観て~~~(ここで叫んでも聞こえるかな(笑))。

ところでlatifaさん、イタリアに行かれてたのね。
いいな~。私、もう一生海外行けないんじゃないかと思うくらい、外に出てないよ。
パスポートの申請すらできず。。あーあ。
早く春が来てほしい。あと少し。でも長いんだなこれが。
またね~、いつもありがとう^^
真紅  【 編集】  URL |   2018/02/06 11:02   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

> 前篇はあくまでも人間関係と個々の心の闇を描き出すことに集中し、
前編、結構好きでした。
こういう過去の出来事や、心理状態の変化とかをじっくり描く映画が好きなので。

>後篇は新宿新次とバリカン健二の拳での語り合いに集中する。
迫力あるシーンでしたね。
あしたのジョーを連想させられる処もある映画でした。
latifa  【 編集】  URL |   2018/02/07 22:35   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんばんは!
明日からオリンピックだね、少しそういうのを見て、気分転換してね!
普段はさ、え?もうこんな時期になったの?って思ったりするのに、
何かある時って、時が経つのがえらい遅いよねー。
もうちょっとだよー がんばれー!!

みみこさん、気がついてくれるといいなーー^-^

『息もできない』で、ヤン・イクチュンに注目したわりには、その後の彼を追ってなくて、
今回、彼の出演作を見たら、知らないうちに、日本の映画とか、その他、色々な作品に出てたのねー。

真紅さんちで、少し前に、チャン・チェンのデビュー作かな、あんな映画があったこと、知らなくてさー!
予告編見て、またびっくり。若干雰囲気変わったよねー(整形とかじゃなくてだよ、もちろん)

イタリアはね、ほんとは行けるような体調でもなかったんだけど、旦那の会社の特別休暇手当?みたいのを、消化するために、鞭打って行って来たのよ。後半は風邪ひいて、さんざんだったよー。
latifa  【 編集】  URL |   2018/02/07 22:36   |  TOP ▲ |


気が付きました。

観るね~~

あとlatifaさん
いろいろありがとう・・
続きは・・・
みみこ  【 編集】  URL |   2018/02/15 10:03   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2018/02/15 10:15   |  TOP ▲ |


みみこさん、おっつ!
気が付かれましたかー^-^
そのうち、気が向いたとき、ちょっと見てみてねー♪
あ、でもね、あんまり期待しないで、見るといいよ。
latifa  【 編集】  URL |   2018/02/15 17:09   |  TOP ▲ |


こんばんは。
字幕は欲しかったですね。

「新次と繋がりたい」と思う建二が純粋であればこそ、ラストの新次の表情が活きてくるわけで…。
本作、某サークルとかがでてきましたけど、
あの描写マルっと削除しても良かったように思います。
特に後半、学生のひとりが老人(父親)を会場まで連れていくくだり、長いうえにデモ自体が邪魔でした。
maki  【 編集】  URL |   2018/03/23 21:36   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
映画と全然違う話題なんだけど、我が家は、遅れて放送されてると思われるんだけど、
ブギウギ専務っていう、北海道放送の番組見てるのね? それに出てる、マイコさんっていう
背の高いアナウンサーの人がいて、その人が、先日札幌のとある事件で、朝からずっと
実況のアナウンサーとして出ていたのを見て、なんか嬉しくなっちゃったよー。
知らなかったら、なんのこっちゃ?よね。笑

> 本作、某サークルとかがでてきましたけど、
> あの描写マルっと削除しても良かったように思います。
> 特に後半、学生のひとりが老人(父親)を会場まで連れていくくだり、長いうえにデモ自体が邪魔でした。
そうそう、そうよねー。
同じ様に思ったよー。

それにしても、菅田君、大活躍ねー。
latifa  【 編集】  URL |   2018/03/24 10:14   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1426-7c985f12

『あゝ、荒野 後篇』
真紅のthinkingdays (2018/02/06 10:52)
 (承前) 『あゝ、荒野 前篇』  「新宿新次」 「バリカン建二」 としてプロデビューした新次(菅田将暉)と建二(ヤン・ イクチュン)は、相変わらずトレーニング漬けの日々を過ごしていた。そして遂に、新次 は復讐を誓った裕二(山田裕貴)との対戦が決まる。 「新次、殺してもいいぞ」  後篇を待ちに待った二週間。初日の初回に観て来ました。前篇は157分、こちらも 147分の長...


『あゝ、荒野 前篇』
真紅のthinkingdays (2018/02/06 10:53)
 東京オリンピックの翌年、震災から10年後の東京・新宿。少年院から出所したばかりの 新次(菅田将暉)は、自分を裏切った元仲間を襲い、返り討ちに遭う。そこに居合わせた 理髪師の建二(ヤン・イクチュン)とともに、新次は元ボクサーの堀口(ユースケ・サンタ マリア)が営む歌舞伎町のボクシングジムでトレーニングを始める。  寺山修二が遺した唯一の長編小説(未読です)を、今を時めく菅田将...


あゝ、荒野 前篇・後篇
いやいやえん (2018/03/23 21:36)
【概略】 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。 ドラマ .5★★★☆☆ 近未来。愛に飢え、日々を刹那的に生きていた若者がボクシングにより成長し...


| ホームTOP ▲ |