「ベルベット・ゴールドマイン」感想
4604.jpeg
大御所3名の若い頃・・・

お友達ブロガーさんにおすすめされた映画です。
デビット・ボウイがグラム・ロックで輝いていた1970年代前半の頃、私はまだ小さかったので、ほとんど知らず、彼の事をちゃんと知ったのは「戦場のメリークリスマス」だったので、この映画を見て、初めて知ったことだらけで、とても興味深かったです。
彼がバイセクシャルだったり、派手なファッションしてたことは、知っていたけども、具体的にこのころの音楽事情とか風俗とか、イギーポップとボウイの関係等、事実と照らし合わせてながら、へー!って処がとても多く、見て良かったなあーと思う作品でした。

ボウイを演じたのは、ジョナサン・リース・マイヤーズ!(若くて綺麗だったー)
そして、イギーポップを演じたのは、ユアン・マクレガー。(かなり体を張って、はじけた役で、凄かったわ^^)
現在1984年ライターになっている男を、クリスチャン・ベールが演じています。(こういう役を、マッチョで強い印象の彼が演じているっていうのが意外性があったなあ)
今や大御所の、この3人の若かった頃を見れて、なんか感慨深いものが・・・。

この監督さん、「キャロル」の監督さんなのね。ご自身もゲイで、彼が少年だったころを、きっと、このライターさんに投影しているのね。なんか、それを思うと、泣けるわー。

ちなみに、ボウイ、ブラボー!な映画じゃなくて、途中から、変わってしまった姿に対しての失望・・憧れのスターだったのにーー!という映画なのが、何とも悲しいというか、皮肉入った作品というか・・・。

映画の中では、狂言殺人みたいな感じでステージ上で射殺されてしまった・・・ってのがウソで、現在は、過去を隠し別人になりすまし、とあるカッコよくは無い、まっとうな?中年シンガーとして活躍している。

デビット・ボウイも昔からのファンにとっては、1980年代中盤以降の、ヒット曲「モダン・ラブ」とかの頃は、失望する人が多かったんですね・・・これも知らなかったです。

尚、挿入歌は、なんとボウイの曲は使われておらず(許可しなかったっぽいですね)、ロキシーミュージックのブライアン・フェリーや、ブライアン・イーノの名前が、最後の音楽の処で、テロップに沢山登場していました。
70年代からずっと彼らの音楽を聴いていた人にとっては、たまらない映画なのではないでしょうか。
私は、「アヴァロン」くらいからしか知らないので、残念ながら、あまり反応できず・・・。

ベルベット・ゴールドマイン (1998/英・米)
Velvet Goldmine
監督 脚本 トッド・ヘインズ
出演 ユアン・マクレガー / ジョナサン・リース・マイヤーズ / トニ・コレット / クリスチャン・ベール / エディ・イザード / エミリー・ウーフ / マイケル・フィースト

あらすじ 1984年現在、グラムロックの伝説ブライアン・スレイド(ジョナサン・リース・マイヤーズ /デビット・ボウイ)の「狂言事件」の取材をすることになったアーサー。彼はブライアン・スレイドを探るべく、かつて彼に関係した者達を巡って行く。
【2018/03/10 09:55】  コメント(2) | トラックバック(2) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「パターソン」感想 | ホーム | ネタバレ「スリー・ビルボード」感想>>
コメント

お邪魔します~
観たのがだいぶ前で詳細は忘れてしまった
部分はあるけれど
皆若くって、素敵でしたという記憶はしっかりあるわ・・爆
ジョナサン・リース・マイヤーズは当時
注目だったものねえ・・美形で。
最近は観たのかどうかも定かでなくなっている作品もあったり・・ヤバい脳の感じです・・・まいるわ・・笑
みみこ  【 編集】  URL |   2018/03/14 16:54   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちはー!
花粉がひどいねー。
風が強いから、もう目が痛いわ、かゆいわー。

10年以上前の映画だと、色々忘れちゃうよねー。
それにしても、ユアンは若い頃、やんちゃっていうか、エキセントリックな
役をよく演じていたんだねー。
昔からずっと見守ってる、みみこさんが羨ましいなー。

あ、でも私も、見守ってはいなかったんだけど、太陽の帝国は劇場鑑賞してたから
クリスチャンベール少年は見ていたんだよなあ・・・ しみじみ

みみこさんちのコメント返しに、またレスだけど、
そうっか、みみこさんちの上のお子さん、もう社会人なのね?!
そうか・・・しみじみ・・・
家は、今、就活中なのよ。
早く内定もらえると良いんだけど、すごい大変そうなんだー。
来年の春から社会人だよー。
latifa  【 編集】  URL |   2018/03/15 15:11   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1439-b110855b

ベルベット・ゴールドマイン
ちょっとお話 (2018/03/14 17:09)
ベルベット・ゴールドマイン (1998  イギリス) 監督: トッド・ヘインズ 製作: クリスティーン・ヴェイコン 脚本: トッド・ヘインズ 撮影: マリス・アルペルチ 衣裳: サンディ・パウエル 音楽: カーター・バーウェル   出演: ジョナサン・リース・マイアーズ (ブライアン・スレイド)     クリス...


ベルベット・ゴールドマイン
象のロケット (2018/05/07 08:36)
84年、雑誌記者アーサーは70年代に大人気だったロッカー、スレイドの消息を探ることになる。 新時代のスターとなった彼はバイセクシャルを公言し、カリスマ性と官能的な魅力で若者達を熱狂させていたが…。 ヒューマンドラマ。


| ホームTOP ▲ |