FC2ブログ
「しあわせな人生の選択」感想
本題は愛犬の名前。それがしっくり来るのに・・・
T0022011.jpg

予備知識無く見たので、見終わってみたら、自分の余命が短いと知った時の愛犬の行く末を案じる、という内容の映画だったんだなあ・・と気がつきました 笑
もちろん親友との交流や、息子との事などもありますが・・・
うーん、とりたててガツンと来るところもなく、でも面白くないってわけでもなく・・・

愛犬家やペットを飼っている人なら、もっと★が高くなるのかもしれないなあ・・・ 2つ★半~3つ★

主役のガンで余命いくばくもない男性を、リカルド・ダリン 「瞳の奥の秘密」(2010年)が演じていますが、この人、61歳だそうですけど、声も渋いし、カッコイイですねえー
あと、舞台がスペインのマドリッドで、街並みとか雰囲気がなにげに素敵でした。

★以下ネタバレ★
最後の方で、友人のトマスがパウラに誘われて、一晩・・・のシーンがあるのですが、そこだけ、なんだか生々しいというかね・・・
わざと意識的にそういう風にしたのかもしれませんが・・・。 
最後フリアンが亡くなる処までは描かず、トマスがカナダに帰る、って処で見送り、ワンコも・・・って感じで締めくくられます。
以上

しあわせな人生の選択 (2015/スペイン・アルゼンチン)
Truman
監督脚本 セスク・ガイ
出演 リカルド・ダリン / ハビエル・カマラ / ドロレス・フォンシ / エドゥアルド・フェルナンデス / アレックス・ブレンデミュール / ホセ・ルイス・ゴメス

あらすじ カナダ在住のトマス(ハビエル・カマラ)は、友人フリアン(リカルド・ダリン)のいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から、フリアンが肺がんで余命いくばくもないと知らされる。トマスはスペインで暮らすフリアンを訪ねるが、彼はすでにがん治療をやめて静かに死を迎えようとしていた。
【2018/05/26 16:55】  コメント(0) | トラックバック(0) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
<<「エリジウム」感想 | ホーム | 「きっと、いい日が待っている」 感想>>
コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1459-72abade7

| ホームTOP ▲ |