小さな中国のお針子Balzac et la petite tailleuse chinoise
レンタルビデオで借りて見ました。
「山の郵便配達」に映像とか雰囲気が若干似てるな~と思いましたが、内容は全然違っていました(当然だけれど)
風景は、すごく綺麗で、山水画の様な緑と嶮しい山、霧、階段など映画館で見たらさぞ素晴らしかっただろうな~と思いました。
何というか、まあ普通に面白く見たのですが、あまり感動!とかはなくって、でも最後の方の展開は、ちょっと意外で(一番下のはるか下にネタバレ書いてます)良かったです。そこの部分があったからこそ、見終わった時に結構良い映画だったな~と思いました。
同じ日に、「山の郵便配達」の監督フォ・ジェンチィの次の作品「ションヤンの酒家」も見たのですが、比較すると、こちら「小さな・・」の方が私は良かったです。
こちら「小さな中国のお針子」日本公式HP
主人公の女の子(ジョウ・シュンさん)が、永作博美さんを細面にした感じで声まで少し似ている気がしました。中国の若者の中ではチャン・ツィイーを凌ぐ絶大な人気を誇るんだそうですね。最近では、『ふたりの人魚』という映画で評判だそうです。私はチャン・ツィイーの方が好みです☆

男性2人は、どっちもハンサムな人でした。明らかにこの村で異様に浮いてます。
ルオ役の青年は、今風な外貌で安藤政信君っぽく、マー役の方は「山の郵便配達」にも出ていたので、なんだか一瞬かぶってしまいそうな錯覚になる時がありました。なかなか2人とも合っていて良かったです。

この監督さんは学生時代より長年フランスに住んでいる方だそうで、フランス的な感覚を持っている様で、外国人が撮影したアジアって雰囲気がありました。また、この脚本原作は、実際にこの監督さんの体験も混じっているベストセラーだったそうで、それを聞くと、この監督さんは果たしてどっちの青年の方だったのかな・・・と思いました。私のカンでは、マーの方だったのかな・・?なんて思っていますが、ご存じの方いらっしゃったら是非教えて下さい。

内容的には、1971年中国、文化大革命の中、医者を親に持つ「マー」と「ルオ」2人の青年が、反革命分子の子という事で再教育の為に山深い農村に送り込まれて、過酷な農作業や炭坑仕事。
ある日、美しいお針子に出会う。一目惚れしたルオは、文盲の彼女に外国文学を読んで聞かせてあげて・・・同様に口には出さないけれど、マーも彼女に思いをよせていた・・・というまあ途中までは、そういう内容です。

監督、脚本、原作:ダイ・シージェ(載思杰)
出演:ジョウ・シュン(周迅)/チュン・コン(陳坤)/ワン・ツァンバオ(王双宝)他
★この下ネタバレ★文字反転して下さい
いきなり最後の方で、現在になるのには驚きましたし、そしてそこからが一番私は面白かったです。年を取った2人の男性が、凄く良かったです・・・そこだけは、じ~んと来ました。そして、あの村が水の中に沈んでしまう・・・そんなラストが待っているとは全然知らなかったので、ここもガーンと来ました。そして何年後・・・の部分がなかったら、この映画は、綺麗な映像と風景しか心に残らない映画だったかもしれません。
それと、黙って本を盗むのはやっぱりイカンと思います・・・
中絶もさらっと描かれていましたが、う~~ん・・・ちょっとなあ・・・
あと、「こやし」運ぶ・こぼす等のシーンが何度も出て来ましたが、ちょっと見るに耐えなかったです。ちょっと嫌でした。
ネタバレ終了
【2005/04/02 21:04】  コメント(6) | トラックバック(3) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<映画自体は・・・だけど、部分的に、お気に入りな映画 | ホーム | スターウォーズとハリソン・フォードの過去?>>
コメント

お邪魔します~
そうか・・<永作博美さんを細面にした>
なるほど・・それもあるな・・。
声が特徴的だものね。
実は中越典子とか喜多嶋舞とか
色んなイメージが浮かんでいたのだよ。顔の輪郭からかな・・笑
チャン・ツィイーとの共演作も
あるようで・・・いろいろと楽しみだわ。
あ・・この映画はそうね・・
ラストがいいよね・・。
想い出ってやっぱりほろ苦いのよね~
みみこ  【 編集】  URL |   2006/11/18 19:32   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんばんは~!
>中越典子とか喜多嶋舞とか
似てる!!
この映画見た以後、ずっと彼女の事見てなかったのよ。
で、先日映画館で、ウィンターソングの予告編見て、あれっ、この女優さんはどこかで見たことが・・・って思っていて、で、みみこさんちで、いつかどこかで書いていらっしゃるのを見て、あ~~!あの子ね?!って繋がったという訳です。

あのサンローランの香水、ベビードール、家の子供がミニチュア4点カラーセットを持ってるの(香水を、つける訳じゃなくて、綺麗で可愛いからって理由で。誕生日に欲しいというから買ってあげたの。値段も高くなかったし(^^;))
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/18 19:58   |  TOP ▲ |


こんばんは、やっと鑑賞することができました(ずいぶん古い記事へのトラックバックになってしまい、恐縮です)。
ジョウ・シュンは、昨年『ウィンター・ソング』で見た時はそれほど印象に残りませんでしたが、改めて見ると可愛かったですね。あっさりした顔立ちとクールな眼差しが素敵です。私は若い頃の南果歩を思い出しました。それと、村長さんは何となく柄本明に似ていました(笑)。
それはともかく、この作品の何とも言えないゆるやかな雰囲気や静かな余韻が好きになって、何度も繰り返して見てみたい気持ちです。ああ、それからこの映画と同じ時期に『孔雀』も録画したので、鑑賞後にまたレビューを書いてみようと思っています。
狗山椀太郎  【 編集】  URL |   2007/11/16 23:06   |  TOP ▲ |


椀太郎さん、こんにちは!
いやいや、古い記事について掘り起こしてくださるのは、むしろ逆に大歓迎ですよー!!嬉しいですー(^O^)

そうかー、椀太郎さんは、ウィンターソングをご覧になられているんですね。私は未見なのです。確かに南果歩に似てますねー。村長さんのお顔は忘れちゃった!残念。

この映画の舞台や映像は、中国映画でも、ちょっと熱帯入ってるっていうか、南の方の感じがする映画でした。北の方だと、もっと埃っぽいというかカサカサしてる感じなんだけれど(両方好きですが)

孔雀、私は今ひとつだったんですが、椀太郎さんの感想楽しみです。
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/18 08:36   |  TOP ▲ |


こちらにもこんばんは~
私もリウ・イエくんのファンの割には
この作品やっと最近観れました。
今まで何度も観ようとはしたのだけど
私もね~,あの「肥え」かつぎのシーンでまず「うぇぇぇ」となっちゃって
なんだか今にも匂ってきそうで,そこで観るのをやめちゃってたのよ~~。

マーの気持ちが切なくて,そこが私的にはツボでした。

そうそう,再会して40代になったマーとルオ,よかった~
老けメイクがすっごく自然でね,二人の友情が続いているのも嬉しかったし。
昔を懐かしむシーンはじーんときました。
けっこう大好きな一本になっちゃった。
なな  【 編集】  URL |   2009/03/09 20:03   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは~!
肥えかつぎシーンって~~(^w^)そんなのそういえばあったね~!すっかりもう忘れていたわ・・・。あれはキツかった・・・。風景とか綺麗過ぎるくらいなのにね(^^ゞ
そこから先になかなか行かなかったって、うははは!!!気持ち解るわ。私もそういうシーン苦手だから。

ラストが良かったよね・・・。
ちょっと幻想的で、もの哀しくなっちゃう〆になってました・・。

latifa  【 編集】  URL |   2009/03/09 21:35   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/147-aefbb583

小さな中国のお針子
ちょっとお話 (2006/11/18 19:34)
昨日のレディース・デイ・・・「ウィンター・ソング」観てきました♪純愛映画というイメージが漂っているけれど、結構生々しいお話でありましたわ・・・。色々思うところあり・・・笑感想はのちほど。金城さん


小さな中国のお針子:シリアスな時代背景ながら「心地よさ」の感じられる秀作
犬儒学派的牧歌 (2007/11/16 21:54)
★原題:Balzac et La Petite Tailleuse Chinoise ★監督:ダイ・...


小さな中国のお針子
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2009/03/09 20:07)
中国の植物学者の娘たちの,ダイ・シージエ監督作品。原作は同じくシージエ氏のフランス語の著作「バルザックと小さな中国のお針子」だそうだ。 解説:  1971年、文革の嵐が吹き荒れる中国。青年マー(リウ・イエ)とルオ(チュン・コン)は医者を親に持つことから、反革...


| ホームTOP ▲ |