FC2ブログ
「ベロニカとの記憶」感想
シャーロットお姉様、出番は少ないけれど、さすがの貫禄。4つ★
top_main_sp.jpg

「めぐり逢わせのお弁当」のインド人の監督さんの作品とのこと。
あの映画も控え目で、じっくり見せる系映画だったけど、本作もそういう感じがあったかな。
私はあらすじとか、あまり知らずに見たから、えっ!って驚きが・・・。
何も知らないで見る方がいいかも。

ある日、昔の彼女のお母さんが亡くなり、彼女の遺言?遺品を受け取ることになり、そんな金額でもないお金と、日記・・・って、どういうこと?ってミステリーと、主人公の過去の記憶、そして現在妊娠中の娘と離婚した妻とのやりとりと、結構色々なエピソードが織り込まれてる映画でした。

★以下ネタバレ★
ベロニカと親友のエイドリアンが良い仲になって(エイドリアンから告白の手紙)それへの返信に酷く辛辣な言葉を書いた手紙を送っていた、それがどうエイドリアン達に作用したのか?は解らないし、彼が自殺した理由は解らないし、最初はベロニカと恋仲だったのが、いつ、ベロニカの母とそうなるに至ったのか?は、解らないままだ。
そして、ベロニカの母とエイドリアンの息子だったとは!
ベロニカの母は、なぜ彼に遺品受け取りを希望したのか?そんな大金ではないお金を何故?そして、エイドリアンの日記とかを、なぜ・・?
ベロニカは一度も結婚せずに、障害を持って生まれた年の離れた弟の面倒を長く見ていたんだろうね・・・。
トニーは心を入れ替えて(なんでかな・・・?)人に優しく、接するように変わる。娘や妻にも、そして毎日そっけなく対応していた郵便配達のお兄さんにも珈琲を出す様に・・・(^^;  
 以上

ベロニカの母(演じた女優さんエミリー・モーティマーは、私の大好きな映画「Dearフランキー」に出てたり、ちょっとチャーミングな女性って印象だけど、今回もまだまだ現役?で色っぽいお母さんでした。
主人公のトニーとも、きっと何かあったのよね・・・? お見送りの時のあの手の振り方とかなんか普通じゃなかったし・・・。

最初の方、とても丁寧に、ちょっと長いかなあ・・って位に描いていたのに、事実が判明してからは、やたら早足な感じで(謎な部分が、あちこち多すぎて)、バランスがね・・・。 もうちょっと後半の方、見たかったなあー

ベロニカとの記憶 (2017/英)
The Sense of an Ending
ジュリアン・バーンズが2011年のブッカー賞を得た“The Sense of an Ending(終わりの感覚)”の映像化作品
監督 リテーシュ・バトラ
出演 ジム・ブロードベント / ハリエット・ウォルター / ミシェル・ドッカリー / エミリー・モーティマー / フレイア・メイヴァー / エドワード・ホルクロフト / マシュー・グッド / シャーロット・ランプリング
【2018/09/06 14:30】  コメント(6) | トラックバック(1) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」感想 | ホーム | 「羊の木」感想>>
コメント

お邪魔します~~台風や地震と次々に起こって胸が痛みますね。latifaさんのところは台風大丈夫でしたか。風強かったですよね。
で・・↑今見終わったのでコメ(感想はいつか)
もやもやしてます~~(笑)観た人と語りあいたいって感じ。私も知らなかったので後半の展開にビックリ。
ベロニカの家庭っていろいろすごくない?
若かりしベロニカもよくわからない子だったしねえ。トニーもしょうもないな~~(笑)
都合のよい記憶すりかえって私も今後老後に向けて気をつけないといけないと思ったわ・・笑
みみこ  【 編集】  URL |   2018/09/06 17:15   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
ほんと、連日の台風や地震など天災の被害が続いていて、日本大丈夫かな?
どこに住んでいても明日は我が身、心配よね・・・

で、なんですと!
これ、みみこさんも見たばっかりなの?
嬉しいなあーー。
レンタルされてすぐ借りて来た仲間ね^^

> ベロニカの家庭っていろいろすごくない?
> 若かりしベロニカもよくわからない子だったしねえ。
まあ、あそこんちの一家は、みんなちょい変だったよね。
若き日のベロニカは、気をもたせるような行動とか、オイオイ・・・な女子だったし。

> 都合のよい記憶すりかえって
私さ、あいつ今どうしてる?って 番組を割と良く見てるんだけど、芸能人の人が昔好きだった人との関係を、すっかり勘違いしていて、本当は交際していた仲だったのに、つきあってた記憶も無くなってる・・・ってのを数回見て(私が見たのは、全て女子芸能人だったな) まさかそれは普通覚えてるでしょう?って事も記憶が変わってることに衝撃・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2018/09/07 12:27   |  TOP ▲ |


原作を読んでいたので展開はわかっていながらもシャーロットお姉様に引っ張られて見入ってしまいました。
こに  【 編集】  URL |   2018/09/24 13:34   |  TOP ▲ |


こにさん、こちらにもコメント、ありがとうございました!
そうでしたか、原作を先に読まれていたのですね?
さすが、こにさん。
私もこの映画を見た後、原作も読んでみようかしら?って気持ちになっていました。

>シャーロットお姉様に引っ張られて見入ってしまいました。
彼女、すごいですよね・・・
中年の頃の彼女って、あんまり印書になくて、最近になって、大好きな女優さんになりました。
latifa  【 編集】  URL |   2018/09/24 14:49   |  TOP ▲ |


こんにちは~。
また台風が来てますねーーー(>_<)もう、いや~ん!!

私も観ましたよーー。
トニーの若き日の思い出がとても魅力的に描かれていたのに浸ってたら・・・だんだんとそれが姿を変えていったのが衝撃だったわ。
でも思い出って誰でもついつい都合よく覚えてない?(苦笑)ってやわな私は思ってしまったけれど、トニーのはやりすぎ?だったよね。

シャーロットさまにバッサリ!!さすがの存在感でした。

母親のあの手の振り方・・・あれはねぇ・・!!
  【 編集】  URL |   2018/09/28 17:48   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
台風今年多いよねえー。もううんざりだわー。

> でも思い出って誰でもついつい都合よく覚えてない?(苦笑)ってやわな私は思ってしまったけれど、
私ね、昔の友人や他人に対して自分のやったこととか思い出すと、もう恥ずかしいやら、申し訳ないやら、結構無神経に人を傷つける発言をしていたり・・・穴が合ったら入って出て来たくないんだよね・・・
故郷から離れた場所で暮らしているのが救いかもしれん・・・

> シャーロットさまにバッサリ!!さすがの存在感でした。
彼女が出演してる、ってだけで見たくなっちゃう日本女性は、結構多いのかも♪
latifa  【 編集】  URL |   2018/09/29 15:55   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1479-6af07fae

「ベロニカとの記憶」
Slow Dream (2018/09/28 17:49)
妻とは離婚、60歳を過ぎ年金生活のかたわら小さなカメラ店を営むトニーのもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。 そこには40年前に別れた初恋の女性ベロニカの母親が死後、トニーにある品物を遺した・・・と記されていた。 それは学生時代の親友の日記・・・。 なぜ彼の日記をベロニカの母が持っていたのか? そしてトニーに遺されたというその日記をベロニカが渡すことを拒んでいると...


| ホームTOP ▲ |