FC2ブログ
「ビッグ・シック」「スノーデン」感想
ee1ab945be4f705fa15f976f04de9c69.jpg
実話もの2つ
ビッグ・シック  ぼくたちの大いなる目ざめ
実話で、主人公を演じるのは御本人だというからビックリ。

アメリカに住むパキスタン人の結婚スタイルは、昔のままのお見合いなんですね・・・。結構かたくな、なのね。
他の映画で、インドとか中東のどこかの国も、そういう傾向があるっていうのは、何度か見ていたけれど、ここのお家のママさんは、かなり頭が固いんですね。
息子の将来の希望の順位的に、同郷出身者の女性と普通に結婚すること、っていうのが、かなり上位に入っていたから。

それにしても、持って来るお見合い相手の女性が、みんな美女ぞろい!もったいなーい、って思っちゃったな。笑
気立ても良さそうだし。

印象に残ったところはというと、彼女がクメールのお部屋に泊まりに来てた時に、真夜中に一人でカフェに行くと言い出すんですよね。その理由は、ルームメイトもいる小さなお家で、トイレも音が筒抜けなんでしょうね。こんな処で、大きい方を出来ない!っていう、可愛らしい乙女心。これ、解るわーー。心おきなく、そういうのしたくても、出来ない状況って、辛いですよ。

あとは、クメールも、彼女も、結構お気軽に男女関係になる人達なのねーって思いました。
エイズとか怖くないのかなあー。

それと、アメリカの医療の様子。
じっくり話すというよりは、医者から短時間で、治療説明などを聞くだけ。アメリカは、もっと色々話せて良い感じの医療なんじゃないのかな?って思いきや、こんなもんなのか・・・。1人の患者に5人の医師が担当して、でも、結構医者の対応とか見てると、そっけなく感じたなあ。看護師さんは優しかったし良い感じだったけど・・・。アメリカで入院とかすると、物凄い高額だって聞いてるけど、この感じで大金だと、結構キツいかもなあ・・・。

★以下ネタバレ★
ラスト、無事に彼女が目覚めて良かったー! 実際の彼女さんの写真が出たけど、とってもかわいい人だった!!末永くお幸せに^^ 以上

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ (2017/米)
The Big Sick
監督 マイケル・ショーウォルター
脚本 エミリー・V・ゴードン / クメール・ナンジャーニ
出演 クメール・ナンジャーニ / ゾーイ・カザン / ホリー・ハンター / レイ・ロマーノ / アヌパム・カー / ゼノビア・シュロフ / アディール・アクタル / ボー・バーナム / エイディ・ブライアント / カート・ブローノーラー

・・・・・・・・・・・・・・・・・
スノーデン

51KcLSY4.jpg
こちらも実話。見ごたえ凄くありました。4つ★

いやー、こんな風に、世界中の人達のプライバシーが見られていたんですね・・・
でもなー、きっと、陰で、これくらいの事、アメリカなら、やってるんだろうな?っていうのは、若干予想がついていたので、そんなに驚きはしなかったのだけれど・・・・

でも、パキスタンだかの銀行の人、あれは気の毒だった。
彼の家族の事情を探り、どこかに必ず弱みがあるはずだ・・・って、それを利用して、、っていうのは、ちょっと酷いなーと思いましたよ。

あと、日本にも住んでた事があったんですねー。
のんびりした印象のハワイにも、あんな基地みたいのがあったとは・・・。

それにしても、スノーデンって人にしても、その他のメカの天才の人達の頭脳、凄すぎですね。
PCやメカに、めっぽう疎いので、こういう人を見ると、尊敬とカッコよさを感じます。

演じていたのは、ジョセフ・ゴードン・レヴィット君。やっぱりカワイイな。
知らないうちに、ご結婚もされて、子供もいたなんて。
彼にはマッチョになってもらいたくないなー。

★以下ネタバレ★
現在も、スノーデンさんはモスクワに奥さんと暮らしていらっしゃるとか。
でも、一生住めるわけでもなく、一応期限つきの滞在許可、みたいな状態みたいだし・・・
この先心配ですよね。子供とか出来たら、その子の教育問題とかも出て来るし・・・
でも、あれだけの才能があったら、仕事とかも引く手あまただろうな。
以上

スノーデン (2016/米)
Snowden
監督 オリヴァー・ストーン
出演 ジョセフ・ゴードン・レヴィット / シャイリーン・ウッドリー / メリッサ・レオ / ザッカリー・クイント / トム・ウィルキンソン / スコット・イーストウッド / リス・エバンス / ニコラス・ケイジ

あらすじ 2013年6月、アメリカの情報機関NSAが米国内をはじめ世界規模でネット上のメール、SNSの監視・盗聴を行っていることが報道された。報道機関に香港で暴露したのは元NSA職員エドワード・スノーデンだった・・・
【2018/12/04 12:00】  コメント(2) | トラックバック(1) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「カメラを止めるな!」感想 | ホーム | 「犬ヶ島」「9 9番目の奇妙な人形」感想>>
コメント

ビックシックは違う文化を受け容れる人たちの姿に見入ってしまいました。ステレオタイプな展開はなく、女の子の両親も人間味溢れる描き方でとても好感持ちました。大きなテーマの映画ではありませんが、こういう映画を見たことで、少しだけど新しい考えを持つことが出来たような気がします。いつか移民の方が私の生活の中に入ってきたとき、柔軟に対応出来るかな、って思いました。


話は変わりますが、少し前東京医科大をはじめとする女子を入試で落とした問題で、他の先進国の医療について日本のお医者さんが書いた記事を読んだんです。女性というだけで苦労するので日本がアホらしくなったからドイツでお医者さんしてる方。で、自分だったらどこの医療を受けたいか、っていう質問に対して「日本では絶対働きたくないが、患者としては日本がいい」と。
理由は、海外ではパートタイムみたいにさっさと担当でも帰ってしまって、コロコロ医者が替わるからだそう。色んな医者が色んなことを言うのに疲れるだろうって。沢山の医者で支えるので、女性でも無理なく働けるシステムでもちろん差別は一切ないんだけど、いわゆる担当医という概念が日本と違うって。アメリカでも(お金によって?)色々あるかもだけど。

スノーデンは何となく見ないでもいいかなって思っていた(スノーデンさんが死んでるわけでもないからという適当な理由)けど、☆4つなら見てみます。
マッチョになってほしくないというのは激しく賛成。
牧場主  【 編集】  URL |   2018/12/17 14:51   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
ビックシックは牧場主さんとお話していて、今度見てみよう、って思った映画だったのです。
彼女が目覚めるか、否か、、よりも、そっちの方に視点が行く映画でした。

>女の子の両親も人間味溢れる描き方でとても好感持ちました
うん、うん。そうでしたよね。

そういえば、インド映画で、パットマンでしたっけ?
ナプキンを作った男の話、あれも興味あって、レンタルになっちゃうと思いますが、見るのが楽しみです。

>「日本では絶対働きたくないが、患者としては日本がいい」と。理由は、海外ではパートタイムみたいにさっさと担当でも帰ってしまって、コロコロ医者が替わるからだそう。色んな医者が色んなことを言うのに疲れるだろうって。沢山の医者で支えるので、女性でも無理なく働けるシステムで

そうなのねー。医者の立場にすると、やっぱり海外の方が、ずっと楽ですね。
日本が過酷過ぎるのですよね。

医学部目指している今年の受験生は、すごくかわいそうだ・・と思います。
あわただしくて、勉強に集中しにくいだろうし、私がそんな子供の母だったら、もうもう青筋立てて怒り狂ってるかと。

> スノーデンは何となく見ないでもいいかなって思っていた
いやいや、わざわざ見なくて良いです。
私は単にただで見れる機会があって、見ただけなので・・・

> マッチョになってほしくないというのは激しく賛成。
わーい!!
そこ、反応してくださって、すっごく嬉しいです^^
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/18 13:41   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1491-c590cec7

スノーデン
風に吹かれて (2018/12/10 22:08)
愛国者? 裏切者? 公式サイト http://www.snowden-movie.jp 監督: オリヴァー・ストーン  「プラトーン」 「ワールド・トレード・センター」 「ウォール・ストリート」 20


| ホームTOP ▲ |