FC2ブログ
「ボヘミアン・ラプソディ」感想
どこをピークに持って来て、どの曲を使うのかな?と思っていたら、良い感じにまとめてましたね!
20181116queenjkt.jpg
ラミ・マレックって俳優さんは知らなかったのですが、横顔とか、ちょっとした表情とか、フレディに似てるなーって思うシーンがありました。フレディと比べると、ちょっと背が小さかったけれど、足とか首とかが突っ張ってるようなフレディならではの動きとかも上手に再現してました。
バンドのメンバーも、かなり似ていましたねー。

ただ、時系列的に、ん?って処もあったけれども、それでも、私はそこまでコアなファンでは無かったのが良かったのか、すんなり楽しく鑑賞させてもらいました!

★以下ネタバレ★
事実はライブエイドの時に、まだエイズってことが解ってなかったそうなんですね。でも、エイズって事を解っていての、あの歌詞って事で、感動度を盛り上げる効果があるから、(偶然歌詞がアレなんで・・・)こういう設定に変えたくなるのは、しょうがないかなーって思ったりもしました。
最後に段々病気が進行し、痩せ衰えて死んでしまうシーンとかで締めくくるよりも、こういう華々しいライブのシーンで終わったっていうのが、最高に良かったです♪ スカッと高揚した気分で映画を見終われて、後味最高でした。
以上

私は、当時、QUEENの曲で好きな曲は数曲あって、その都度、テープに録音して聞いていました。凄いファンだったわけじゃありませんが、でも時代、時代でのQUEENのヒット曲をリアルタイムに聞きながら成長してきた、っていうのがね・・・(小学生から大人になるまでの重要な期間に)

私が一番ぐっと来たのは、ライブ・エイドでの「Radio GaGa」のシーンでした。
実は、恥ずかしながら、この曲の歌詞の意味を知らずにいまして。
今日初めて、意味を知って、うるっと来ちゃったんですよね・・・・
この曲って1984年1月の曲なんですけど、ちょうどその頃って、MTVとかが人気で、あんまりラジオが前みたいに重視されなくなってしまった頃だったんですよね。

70年代頃って、QUEENとか海外のアーティストの音楽を聞いたのって、私は断然ラジオからだったんですよ。新曲とかアルバムとか情報とかも、雑誌かラジオがメインで、日本のTVで洋楽アーティストを取り上げる番組ってのもほぼ無かったし(北海道では) 

レンタルレコード(始まったのは1982年頃~)とかも無いし、自腹でレコード買うとか(当時LPが2500円して、当時の物価から考えると高かった。12歳の1か月のおこずかい1000円じゃ買えませんよ!) あとは、もっぱら友達(上に兄弟がいる人が羨ましかったー)が持ってるアルバムを貸してもらうとか・・・そんな中、「オペラ座の夜」を今となっては誰から貸してもらったのか記憶にないのだけれど・・・ 
 「キラークィーン」の一部は空耳で「ガンバーレ、タブチ」って聞こえるって話題だったとか、そんな、あれやこれやが、思い出されてね・・・ 

私は、いまだにFMラジオ、かなり頻繁に聞き続けております^^
ちなみに、数年前まで、FM横浜で週末の午前中に、ケントフリック司会で、 TOP20だか30って番組があって、その中で、QUEENの曲を効果音としてあちこちで毎回使っていて、だからQUEENを知らない世代の子供も、それらの曲を知ってる、って具合でした。
話がそれましてすいません。
ちなみに昔、QUEENのメンバーの中で、ロジャー・テイラーが可愛いな、と思ってました。

そういえば、79年頃かな?「YMCA」とか「インザネイビー」「GO WEST」とかのヒット曲を連発していた、ゲイのグループ、ヴィレッジ・ピープル(映画の中でもちらっと触れられてた)は、やっぱりエイズでお亡くなりになられた方とかいるのかな・・・?って調べたら、いなかったみたいでした。 エイズにかかってしまうのも、寿命にしても、やっぱり運命とかがあるのかな・・・・。

ボヘミアン・ラプソディ (2018/英米)
Bohemian Rhapsody
監督 ブライアン・シンガー
脚本 アンソニー・マクカーテン
出演 ラミ・マレック / ルーシー・ボーイントン / グウィリム・リー / ベン・ハーディ / ジョゼフ・マゼロ / エイダン・ギレン / トム・ホランダー / アレン・リーチ / マイク・マイヤーズ / アーロン・マカスカー / ダーモット・マーフィ
【2018/11/21 16:02】  コメント(9) | トラックバック(7) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「犬ヶ島」「9 9番目の奇妙な人形」感想 | ホーム | 「いぬやしき」「友罪」「君の膵臓をたべたい」他・・・>>
コメント

こんにちは
確かに、下手に最期の瞬間までをみせないで、ライヴ・エイドで終わるのは、凄くいい見せ方だったと思います
フレディの存在と数曲しか知らなかったけど、こういうのみちゃうと、自然サントラとかベストアルバムとか買い求めちゃって、結局にわかファンになっちゃいます(笑)ジュエルズを買いました私。
物語は、よくあるスター転落再生ものではあるんだけど、あいまあいまにある曲がとっても良くて全く飽きなかったですね
しかも雨のシーンのところぐっときました。
リアルタイム世代がうらやましい限りです
maki  【 編集】  URL |   2018/11/22 15:20   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
札幌はイルミネーションが始まったみたいね!
私、初回の時から毎年行ってたんですよ^^ 

>「ナイト・ミュージアム」でエジプトの王子を演じてた彼
らしいですねー! このシリーズ面白いって話は聞いてるんだけど、まだ見たことがないの。
アメリカ生まれだけど、彼、血筋はエジプト人らしくて、納得。
途中で変わってしまったらしいけど、ベン・ウィショーが演じてたら、どんなだっただろう・・・って、それも興味あったけど。

> リアルタイム世代がうらやましい限りです
私もそれ感じること、あるんですよ。
例えば、ブルーハーツとかね。
結構好きなんだけど、そこまで凄いファンになれなかった理由が、自分がもう充分大人だったから。
あと10歳自分が若かったらなあ・・・って、残念に思ってます。
latifa  【 編集】  URL |   2018/11/23 09:56   |  TOP ▲ |


こんばんは。ごめんなさい、私こちらにもコメントしたつもりだったのですが、反映されてなかったみたいなので再度チャレンジします。すみません。
ご覧になったのですね〜。クイーンがオンタイムの方でなくても充分楽しめる作品だとは思いますが、リアルで知っていると尚更、です。
あの頃ラジカセが全盛期だったような気がします。本作のように映像で見ることが頻繁にできたのならまた違う気持ちもあったかもしれませんが、映像で見るチャンスが少なかったからこそ本作の役者さんたちもすんなり受け入れられたような気がします。
思い出が美化されがちなように、私にとってクイーンは永遠です!
ここなつ  【 編集】  URL |   2018/11/23 23:47   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは!
すいません、ブログの調子がたまに悪いみたいで、お手数おかけしてしまいました。
なんだか、この映画、凄い事になってるみたいですね。
ニュースとかでも、凄い人気とかって取り上げられてるし。

> あの頃ラジカセが全盛期だった
そうでしたよねー。私も日々使っていました。
まだダブルラジカセとかなかったので、今じゃ笑い話ですが、レコードプレイヤーの側にラジカセ置いて、音を録音!とか、ラジカセ2台を向かい合わせにして録音とかやってました。あとラジオからのエアチェックも。

ここなつさんちで、情報がなかなか入手できなかったであろうビートルズ世代と、今の情報が溢れてて選ぶのが逆に悩む時代、どちらでもなく、ほど良い状況だったあの頃、っていうの、すごいうなずいてました。
latifa  【 編集】  URL |   2018/11/25 08:46   |  TOP ▲ |


フレディ・マーキュリーの人生というよりは、彼の功績をQUEENの他のメンバーが映画で語っているという感じでしたね。
だから彼の最後は描かず、また時系列もちょっとイジったのかも。
けれどその甲斐あって、EDロール前のフレディ・マーキュリーの名を冠した財団の話は記憶に残りますよね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2018/11/25 23:20   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> フレディ・マーキュリーの人生というよりは、彼の功績をQUEENの他のメンバーが映画で語っているという感じでしたね。
そうでしたねー。
彼以外は、みなさんお元気そうで何よりです。
あともうちょっとエイズの薬が早く開発されていたら、フレディ・マーキュリーも、まだ生きていたかもしれないのに、
残念ですね・・・

というか、あの頃、不治の病と恐れられていたエイズが、とりあえずは死なずに済むようになった、しかも割と短期間で薬が出来たって事実に驚くばかりです。
latifa  【 編集】  URL |   2018/11/27 11:45   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
大ヒットよね、この映画。
リピーターも多そうだし。
やっぱり劇場で観たほうが臨場感あって
良いよね、こういう映画は。
あと、観た人の青春の思い出も
映画感想にいろいろ表れていて、感想拝見するのが楽しみだったりするわ
latifaさんの当時も、おお~~そうなのねと思いながら・・。
ラジカセ流行ったな~
私も勉強しながらラジオとか‥そういう形で
音楽に接していたよ。テープもいろいろとね
そういえば、娘の(大学生)の友達もこの映画にハマったっていう人が多くてビックリだったりしています・・やっぱりヒットね(笑)
(子供は興味なしだって…爆)
みみこ  【 編集】  URL |   2018/11/27 17:12   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2018/11/29 07:16   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
なんか大ヒットしてるみたいだね、この映画。
娘さん世代にも喜んで見てもらえるなんて嬉しいなー。
家は、娘が一人暮らしして家から出て行ってから、そういう一般的な世間会が全然なくて、解らないんだよねー。
いいなあ、そういうお話が出来て^-^

この後、エリック・クラプトンのも公開だけど、どっちかっていうと、70年代中盤頃は、クィーンって日本では女子に人気があったような気がするなー。エリック・・・は男子の方に、より受けが良かったかな?

> 私も勉強しながらラジオとか‥そういう形で
> 音楽に接していたよ。テープもいろいろとね
懐かしいねえーー。
ほんと、昔はテレビがお茶の間に一台が普通の時代だったから、自分のお部屋に持ってる人って、そんなに多くなくて、結果、ラジオをお部屋で聞いてる人が多かったんだよね。
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/01 08:50   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1497-7010f100

ボヘミアン・ラプソディ
いやいやえん (2018/11/22 15:16)
【概略】 1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメン...


「ボヘミアン・ラプソディ」
ここなつ映画レビュー (2018/11/22 16:59)
映画館で本作が上映される中、幼い子供のように頬を伝う涙を手のひらと手の甲の両方使って拭っている人がいたら、それは私である。そんなに泣くほどのことはないだろう、と、もう一人の客観的な私がつぶやき、事実泣くほどのことはないストーリーなのかもしれない。だが、クイーンは青春のバイブル。あんなこともこんなこともあった私に伴走してくれた。ジェネシスと共に私には宝石のようなバンドであった。クイーンは私にと...


ボヘミアン・ラプソディ
風に吹かれて (2018/11/22 22:42)
クイーンとロックしよう 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody 監督: ブライアン・シンガー 複雑な生い立ちや容姿へのコンプレックスを抱え


ボヘミアン・ラプソディ
ちょっとお話 (2018/11/27 17:14)
ボヘミアン・ラプソディ(2018) BOHEMIAN RHAPSODY 上映時間 135分 製作国 イギリス/アメリカ 監督: ブライアン・シンガー 製作: グレアム・キング ジム・ビーチ 製作総指揮: デクスター・フレッチャー アーノン・ミルチャン デニス・オサリヴァン ジェーン・ローゼンタール 原案: アンソニー・マクカーテン...


ボヘミアン・ラプソディ
象のロケット (2018/11/27 23:44)
1970年、イギリス・ロンドン。 昼は空港で働き、夜はライブ・ハウスに入り浸っていた青年フレディは、ギタリストのブライアンとドラマーのロジャーのバンドの新しいヴォーカリストとなり、ベーシストのジョンを加え、ロックバンド「クイーン」として活動を始める。 数々のヒット曲が生まれ、彼らは世界的大スターとなるが…。 音楽ヒューマンドラマ。


『ボヘミアン・ラブソディ』を観た。
世事熟視〜コソダチP (2018/12/05 15:58)
映画『ボヘミアン・ラブソディ』を観た。 評判通りの出来映えで、「ライヴ・エイド」のシーンでは思わず落涙。 −◆− 今更、内容を書いても仕方が無いので、映画館の状況を記す。 平日の12:00開始の回だったのだが、ほぼ満席! 年齢層は、さすがにやや高め。 −◆− フレディ・マーキュリーの声には降参せずにいられない。 稀代のアーティストだと再確認である。 あれを映画で再現するとは...


ボヘミアン・ラプソディー観たよ
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ (2018/12/19 21:01)
私は過去にクイーンのアルバムに手を出したことはあるんですけど、あんまりピンときませんでした。けれどもフレディ・マーキュリーのソロアルバム「ミスターバッドガイ」は車の中で何度も何度も、今でいうところのヘビロテをしていたんです。そして次の彼のソロアルバムを今か今かと心待ちにしていたのです。ヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★ 芸術家の魂というのは孤独なものだと言いますが、フ...


| ホームTOP ▲ |