浮気な家族感想と、ムンソリとポンテギュの関係^^
GYAOで無料配信中(4月25日位まで視聴可ですよ)の「浮気な家族」を見ました。面白かったか?と言われれば言葉に詰まるものの、どうなるんだろう?と飽きる事なく最後まで一気に見ました。そしてこの「浮気な家族」は今まで見た韓国映画の中でも1,2を争うHシーンの連続でした監督 / 脚本:イム・サンス 出演:ムンソリ、ファン・ジョンミン、ユン・ヨジョン、キム・インムン 他
とにかく、何がすごいって・・・ムンソリ裸で勝負!な映画です@@ ここまで体張ってるとは・・・。本当に彼女はすごいですね・・・女優根性に拍手です。
ムンソリと言えば「オアシス」のあの演技でびっくりしてとても印象に残っている女優さんですが、
私が最初に彼女を見たのは99年映画「ペパーミントキャンディ」の清純な女の子役でした。(これがデビュー作だったんですね)その次の作品が2002年のオアシスで、そのまた次の作品が、この「浮気な家族」な訳なんですが・・・ムンソリの裸のシーンが一杯。しかしスタイルが良いです。余分な肉や贅肉が無い、鍛えてる・・(ほんとに舞踏とかやっているように感じました)というか、なんというか管理が行き届いた体なので、そういうシーンがてんこ盛りでも、あんまり猥褻に見えないんですな。私がびっくりしたのは、最初の方のシーンで、旦那とした後、自分だけは満足にならなかったから、隣に旦那がいるその場で、堂々と一人でやり始めちゃったのには@@

それと、彼女と不倫するお相手の若い男子高校生役が、なんと「屋根部屋の猫」「ミスキム」のあの、ポン・テギュですよ!!すごい組み合わせでこれまたびっくり@0@。
uwaki

☆ネタバレ部分です 文字反転して下さい☆
まさか、子供が本当に落とされて殺されてしまうだなんて、唖然・・でした。
こういうのって、最近はハリウッドものでは無かったりしますよね・・・
殺しちゃった犯人が、あの「ミスキム」のオモシロやくざの俳優さんでした。
そうそう、旦那の母の告白「15年ぶりにして、初めてイケた・・・うんぬん」もなんだかびっくり
ネタバレ終わり
その旦那の母役の女優さんって、韓国女優が憧れる??윤여정(尹汝貞)ユン・ヨジョンさんじゃございませんか!(「コッチ」のアイゴーアイゴーミョンテやコッチや~のお母さん。他「アイルランド」「愛の群像」「ホテリア」「がんばれクムスン」他一杯出演)

これまたちょっとびっくりな・・・。

ムン・ソリ (MoonSoRi, 문소리)プロフィール1974年7月2日うまれ(蟹座)
2006年 女教授の隠密な魅力여교수의 은밀한 매력(最近上映なって1位ばく進中らしいですね)
2005年 愛してる、マルスン りんご/謝罪(これは未見です)
2004年 大統領の理髪師(孝子洞の理髪師)大統領の理髪師 感想
2003年 浮気な家族
2002年 オアシスオアシス 感想
1999年 ペパーミント・キャンディ 

ムンソリさんは、ペ・ヨンジュン、チェ・ミンス出演のあの莫大なお金をかけるドラマ「太王四神記」にも出演します。ムン・ソリはドラマ出演が今回初めてとなるそうなんですね。それにしても凄い豪華メンバーだな。音楽は、久石さんが担当されるし・・・。

ところで、現在韓国で、ムンソリ主演の映画 「ヨギョスと隠密な魅力『女教師の院密な魅力』」とポン・テギュ主演の「放課後屋上」が同じ日に上映開始になって、ランクを競って?いるそうなんです。
onnna

3月18日にポンテギュが受けたインタビューが面白かったので、拾って来ました^^(翻訳機使ったので少々変な言葉有りです 一部抜粋です)
ポン・テギュ、「ムンソリお姉さん、セクシーな姿しても何も感じません」 [マイデイリー = アンジソン記者]
イム・サンス監督の 2003年作品'浮気な家族'から高校生身分で、人妻であるムンソリから濃い性教育(?)をすべて受けたボン・テギュが、 3年ぶりに初単独主演でスクリーン攻略に出た. ボン・テギュは、いつのまにかムンソリとスクリーンで正面対決を広げるようになり、‘ヨギョスと隠密な魅力’‘放課後屋上’が 16日同時封切りした。
自分も難しいだけだった新人時代, 多くの先輩たちの思いやりのおかげで延期を思い切り広げることができたという彼は一番楽に接してくれた先輩が誰だったかと言う質問に ‘ムンソリお姉さん’ と答えた。‘浮気をした家族’で初めてお目にかかって、実際延期をする時は相手俳優がリラックスできるようにとても楽に対してくださったお陰で自分も楽に演技が出来ました。そして今度は、自分も今度の映画で、他の方々(新人役者さんたちに)にそんなこと(ムンソリお姉さんが自分にしてくれたように、後輩にリラックス出来るように対応してあげたこと)ができたんです”.
“音お姉さんがセクシーだという考えは一度もした事がないです. そのまま親お姉さんみたいでお姉さんがセクシーな姿勢を取っても何気ないです.(笑い)”

ちなみに、ムンソリとポンデギュは、2006年5月公開予定の、映画『家族の誕生』(コン・ヒョジン、オム・テウン、ポン・テギュ、コ・ドゥシム、チョン・ユミ共演) で共演、撮影中です。

「浮気な家族」でのあの2人のエピソードなわけですが、なんだかちょっと微笑ましくて、良い話しじゃありませんか?(*^_^*)
【2006/04/03 10:17】  コメント(9) | トラックバック(0) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<クァンキ全話 ごく軽く内容と、お薦めの回 一覧 | ホーム | トーマス・クレッチマン波瀾の過去 ヒトラー最期の12日間>>
コメント

こんにちは★

エロと聞いたら黙っておけない♪(笑)
韓国映画で一番エロだと思ったのは『ハッピーエンド』っていう作品です。

全然ハッピーエンドじゃなかったけどね(笑)

『オールド・ボーイ』のミンシクおじさんが冴えない旦那役で出てたのが印象的でした。
最初は同一人物だとは気付かなかったです・・・。

GYAOで無料配信かぁ~。
私のネット環境じゃ全くダメなんですよね。
・・・残念(泣)
マイコ  【 編集】  URL |   2006/04/04 14:53   |  TOP ▲ |


マイコさん、こんにちは~(^_^)/
ハッピーエンド、私も見ましたとも(^^;)
私はもっとすごいのか?と思ってたので、期待してたよりは(爆)そうでもなかったな・・・って思いました~どははは。

そうそう、全然ハッピーエンドじゃないんですよね!情けないミンシクおじさん、確かにオールドボーイと別人でしたね。

ところで、GYAO、マイコさんちのネット環境では見れないんですか・・・・
そうか・・・それは残念だな・・・
友達で、やっぱりGYAOが見れないって人が何人かいます・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2006/04/04 16:38   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2006/05/21 02:27   |  TOP ▲ |


ごめんなさい、私も解りません。というかどんな音楽がかかっていたのか、もう今では思い出せないんです・・・お役に立てなくて、すいませんでしたm(_ _)m
latifa  【 編集】  URL |   2006/05/21 12:29   |  TOP ▲ |


お返事ありがとうございます!!
あの音楽は 私的に「蛍の光」に聞こえるんですけど、アレンジしてあるのかちょっと違って聞こえるんですよね。
あー気になる!
もう一度、、、最後の音楽どなたかわかりませんか?
pom  【 編集】  URL |   2006/05/22 22:28   |  TOP ▲ |


pomさん、ほんとにごめんなさい・・・
お役に立てなくて。せめて手元にビデオとかあれば再度試聴出来るのですが、GYAOで見たっきりですし、回りでこの映画見た人、皆無なんですよ・・・(T_T)本当にごめんなさいね・・・
latifa  【 編集】  URL |   2006/05/23 19:49   |  TOP ▲ |


「純愛中毒」・・テジンとウンスの美しいーベッドシーンは、官能的だが、彼女を愛する純粋な魂が、こめられ清らかというほかはない。憑依の愛をテーマにした芸術作品です。受賞経験のあうる演技派の二人イ・ビョンホンと、イ・ミヨンが作り出した世界。何回見ても、心が洗われる。
purebh  【 編集】  URL |   2008/08/23 05:31   |  TOP ▲ |


浮気な家族!なんとなく現代社会に疲れたごく普通の生活!あり得る生活!惑わされる生活!を象徴していると感ずる!そこにまたまた!一撃!彼女の戦法かも?しかし、このDVDを買う数日前?同じように!私は言われた。実に映画のラストシーンの一言(いちげん)一撃!そっくりそのままも痛いものだ!それも韓国でなく!中国だ!偶然か?はたまた必然か?日本男子を比べられている気がする!でも一言!中国の女性は自国の男性の前で日本男子をなじって自国男子と仲良くする風習があるのか?女性に止めてもらってると取れば案外だらしないと取れる!1対1の勝負をさせたらいかがですか?何故って?いくら日本男子が島国とは言え!同じ女性と言う母から産まれ子供であることは、間違いないともすれば?儒教の゛親を敬え゛精神は失われる!その辺!言ってる本人含め大陸女は気がついているのか?同じ母から産まれ子供であれば!比べるのは?ちいとおかしいんでないのでしょうか?自分の子供が比べられたら?と私は一言居士(誇示)したい!よーく!映画ならぬこと考えていただきたいものである。がしかし、こういう私みたいな野郎もいることを想定した場合の映画であれば・・・すごい!の一言!多くの女性やとも居る男性はこの映画を通して人間を再度見直していただきたいものと強く感じた。比べられるやはやはり情けなや!言わずとも魅力がある男性にもなりたいものだ!
ぶんた  【 編集】  URL |   2008/09/29 03:23   |  TOP ▲ |


ぶんたさん、こんにちは。
丁寧なコメント、ありがとうございました。
だいぶこの映画の内容を忘れてしまったので、また機会があったら見直してみたいです。
ムンソリは、この前まで放映していた(もしかしたら今も放映しているのかもしれませんが)NHKの大河ドラマにヨン様と一緒に出演されて以後、結構日本にも名前が知られる様になったらしいと小耳にしました。
ご結婚もされたそうで、幸せになって頂きたいものです☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/29 15:52   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/150-6d84c427

| ホームTOP ▲ |