FC2ブログ
「カメラを止めるな!」感想
面白かったです。でも・・・・
20180826061529479.jpg
凄い人気の話題作でしたよねー。
レンタル開始早々に鑑賞。
長い間、ネタバレとか映画の内容の情報を、目や耳に入らない様に、ぐっと我慢し続けて来たのが大変だった。

で、前半のゾンビ部分。
うぎゃー、、こういう映像が大の苦手なので、やっぱりお家鑑賞で良かった・・・
後半、そうかー、こう来たか?
後半から断然面白くなって、ラストのオチも微笑ましくて、とても良かったです。
見終わった後味も良かったし。

が、
なんだろう・・・?
★以下ネタバレ★
見ながら、なーんか、この、実は裏でこんな事が起こっていたんですよー、ってネタあかしな作品を、前にも見た事がある・・・。
かつて、内田けんじ監督の「運命じゃない人」を見た時の、あの衝撃が凄かったので・・・、この作品を見て、初めて見た斬新な手法!って感動出来なかったんですよね・・・。

最後のシーン。高い位置から、☆の形を写さないとイカン、のですが、機材が壊れてしまった。
監督志望の娘のアイディアで、人間踏み台重ね?で、乗り切る。最後は親子肩車。
あ、これは、監督が幼い頃の娘との写真と同じだ!
 以上

ウダウダ言ってごめんなさい。
でも、面白かったですよ。3つ★半~4つ★
監督さんを演じた役者さんが、人間味溢れて、好感度高かったです。
強い元女優の奥さんも可笑しかったし、大阪弁のおばちゃんの濃いキャラも印象に残りました。

カメラを止めるな! (2017/日)
One Cut of the Dead
監督 脚本 上田慎一郎
出演 濱津隆之 / 真魚 / しゅはまはるみ / 長屋和彰 / 細井学 / 市原洋 / 山崎俊太郎 / 大沢真一郎 / 竹原芳子 / 吉田美紀 / 合田純奈 / 浅森咲希奈 / 秋山ゆずき / 山口友和 / 藤村拓矢 / イワゴウサトシ / 高橋恭子 / 生見司織

あらすじ 人里離れた廃墟で、ホラー作品の撮影は行われていた。
一本、ワンカットで撮りあげられたノンストップ・ゾンビ映画
【2018/12/06 10:34】  コメント(8) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「羊と鋼の森」「起終点駅 ターミナル」感想 | ホーム | 「ビッグ・シック」「スノーデン」感想>>
コメント

内田けんじ監督の『運命じゃない人』に加え、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』もご覧になられていると、もっと楽しめたかも知れないですね。
この『カメラを止めるな!』は上記2本の相乗効果が楽しめる作品でしたから。

ちなみに個人的にこの映画で面白かったのは、やっぱりお水で苦労する男の「ちょっと…」でした。
まさかあんな状況下だったとはねぇ~♪
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2018/12/08 00:36   |  TOP ▲ |


latifaさん、おはよう~(^O^)
溢れる情報を避けての無事鑑賞おめでとう!
確かに大ヒットするとそう言うのつい目にしちゃってアチャー(>_<)ってなる時あるよね。
以前、あるTV番組の映画紹介のコーナーで一番気になって楽しみにしてた部分をネタバレして紹介しててガッカリした事もあったよ~。
以来TVの映画紹介コーナーには用心してる;;
「運命・・」は面白かったよね。アチラは先駆者みたいだったしこなれてる感もあったし、私も好きだったので。
ただコチラはコチラで、ぎこちなさをも味方につけてアツアツの映画愛を叫び続けた所が良かったかな(^^
後に、バラエティ番組の再現ドラマ?にあの家族3人が揃って出てたのをみつけて笑ってしまったよ~(≧∇≦)
つるばら  【 編集】  URL |   2018/12/08 10:50   |  TOP ▲ |


latifa-さん、こんにちは。

ご覧になりましたかぁ…(^◇^)

うちの兄貴がlatifa-さん同様、
スプラッタ映画が苦手。
なのに、わたしの薦めで観に行き、
途中で帰ろうか、と思った
と云ってました。

でも、結果面白かった様でした。


わたしは、この映画を観て
なんだか、学生時代を想い出して
しまいました。

あと、「ロッキーホラーショー」
の、観客、映画のキャストとの
一体感みたいな…感覚。


皆が面白いと思っても
今一つ「それほどかしら…?」
って思うことはよくありますよね。


そんなの自由だし、感想は人それぞれ
…だと思います。



Noinu  【 編集】  URL |   2018/12/08 21:22   |  TOP ▲ |


こんにちは、私も
そこまで面白いとは感じなかったです。
この手法、他の映画でみたことあったし…。
ただ前半のワンカットオブザデッドがくそつまんないのでどうしようかと思ったら、トラブル続きだった裏側をみたら、そりゃ楽しいだろうという普通の感想が浮かびました。
メイキングをあとからみせてるわけで。

でも、完成したあとの皆の表情が笑顔で、素敵な作品だなとは思いますが。
maki  【 編集】  URL |   2018/12/09 14:22   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

> 内田けんじ監督の『運命じゃない人』に加え、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』もご覧になられていると、もっと楽しめたかも知れないですね。

これ、にゃむばななさんちで拝見して、地獄で・・・は未見なので、そうなのかーって興味をソソられました。

> ちなみに個人的にこの映画で面白かったのは、やっぱりお水で苦労する男の「ちょっと…」でした。
私も、あの人の処、好きでした。
結構神経質な人なんだなーって^^
私もトイレとか心配な性分なので、気持ち解るわ、ってプフフ

お水の硬水軟水にこだわったり、メールで前もって連絡してましたよね?って言ったり、こういう人、10人くらい集めると一人くらい、いるんだろうなーって 笑
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/11 10:15   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちは!
急に寒くなっちゃったよねー。
> 以来TVの映画紹介コーナーには用心してる
そうなんだよねー、情報得られるのは嬉しいんだけど、ネタバレは絶対勘弁してほしいわ。
私は、以前いつも見てた番組が(王様のブランチのりりこさんのコーナー)最近時間帯の都合で全く見れなくなっちゃったので、映画の情報が皆無になっちゃって・・・
ネタバレは、映画館に行った時の、予告編でも注意が必要よねー

> 後に、バラエティ番組の再現ドラマ?にあの家族3人が揃って出てたのをみつけて笑ってしまったよ~(≧∇≦)
えーーー、なにそれ??
私も見たかったーーー!
もしかして、見てたのに、気がつかなかった可能性もあるかも(まだ映画未見で、出演者知らなかったから)
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/11 10:17   |  TOP ▲ |


Noinuさん、こんにちはー!

前半だけ、ちょこっとでしたよね、気持ち悪い処は^^
前半はどうしようかな・・この映画、
最後まで見れるかな?って、ちょっと心配になっちゃった。
後半が面白さ爆発だったのね^^

そうっかー Noinu さんは、学校で、こうやってみんなで何かを作り上げたりするサークルとか部活とかやってたりしたのかなー
素敵な学生時代だったのね^^
いいなー!

> あと、「ロッキーホラーショー」
これは未見なのー。残念。

確かに、劇場ならでの一体感、盛り上がり、ってありますよね。
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/11 10:20   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!

うん、やっぱり、これって、旬を過ぎてしまった後のお家鑑賞じゃなくて、劇場でのワイワイ盛り上がり、一体感っていうのも作用大きかったのかもしれないなーって、今、思ったりしてます。

> ただ前半のワンカットオブザデッドがくそつまんないのでどうしようかと思ったら、トラブル続きだった裏側をみたら、そりゃ楽しいだろうという普通の感想が浮かびました。

ぷふふ。私も前半、このままな感じだったら、どうしよう・・・って不安になってました。
前半の、え?なんだこれ? 遅くない? って違和感感じた部分の裏側に隠されていた事実、っていうのが明らかになって、面白かったですよね♪

でも、楽しくて、かつ良い映画だなーと思いました^^
latifa  【 編集】  URL |   2018/12/11 10:23   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1501-afa89e0e

カメラを止めるな!
rambling rose (2018/12/08 10:33)
人里離れた廃墟でゾンビ映画を撮影していた一行。しかしそこは何やらいわく付きの場所らしく・・やがて周囲の不穏な空気に気付くのだが・・


カメラを止めるな!
いやいやえん (2018/12/09 14:23)
【概略】 とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。’37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!’……を撮ったヤツらの話。 コメディ .0★★★☆☆ みんなで何かを...


カメラを止めるな!
象のロケット (2018/12/09 22:58)
自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。 本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。 そこへ、なぜか突然本物のゾンビが現れ、撮影隊に襲いかかった! 皆が恐怖におののき逃げ惑う中「これが映画だ」と、大喜びで撮影を続ける監督。 撮影隊は、次々とゾンビ化していくのだった…。 ホラー・コメディ。


| ホームTOP ▲ |