FC2ブログ
「イエスタデイ」涙!
メインのストーリー以外の数か所が、ツボに来て涙がー!4つ★半~5つ★
8a453a200b913685.jpg
私は特にビートルズファンではありませんが、洋楽好きなので、それなりに彼らの曲を子供の頃から知っているという程度。
これはビートルズのファンの人が見たら、もっと色々反応出来るところが一杯あっただろうと思うので、そこは口惜しいです。
エド・シーランは最初のシングルをたまたま好きになった事もあり、その後の世界的になっていく様子を、そっと見ていた感じです。
まさか演技するとは。結構自然で上手でした。
この役って、最初はコールドプレイのクリス・マーティンにオファーが行ったけど断られて、エドシーランになったそうです。

軸になるストーリーは、まあ想定内というか普通に面白いお話なのですが、私が好きだわーと思った箇所をあげておきます。
まずは、長年のマネージャーやってた教職の子が、彼が売れて凄くなっても、それを辞めてLAについて行くという選択肢を全く選ばなかった事。

★以下ネタバレ★
有名になった後、彼女と会って、ホテルでキスまで行くが、途中で辞めるところ。長年一緒にやってきた二人が、「一夜限りの関係」を踏みとどまったところが好き。
2人だけビートルズの事を知ってる人が登場、なんと彼を告発するのか?と思いきや、分かち合えると、喜んでくれる(涙!!!ここが一番大好きな部分!!)
彼らがくれたメモを持って訪ねた海辺の小さなお家に、なんと78歳になったジョンがー!(涙) ここでの会話も素晴らしい。
最後に、ステージで告白した後、一時的に交際していた新しい彼氏が「もちろん二番手だって知ってたよ、でも、最高の曲がNO1にならないこともあるし、くだらない雑誌でも長く続ければ古典になる(そんな感じの事を言うんです)」名セリフです。
いやぁー、この映画を作っている人の心根の優しさというか、なんというか・・。素晴らしくて、ありがとうございました。
このところ凄く良かった映画といえば、ダークな作品ばかりだった事もあってか、この映画を見て心が洗われる様な感じがしました。
最後は彼も学校の先生をしていて、生徒の前でビートルズの曲を歌い、彼女と結婚して幸せに暮らしてるってところで終わってます。 このラストのオチに関しては特に・・・なのですが、それ以外の部分で胸一杯です。泣くような映画ではなかろうに、久々に涙腺かなりヤバイ位に崩壊してしまいました。
以上

他にも存在しなくなった物があって、オアシス(爆笑 当然か)、コカ・コーラ、ハリーポッター、たばこ。
多分、2019年のベスト映画の3位以内に入れます。

イエスタデイ (2019/英)
Yesterday
監督 ダニー・ボイル
脚本 リチャード・カーティス
出演 ヒメーシュ・パテル / リリー・ジェームス / ジョエル・フライ / エド・シーラン / ケイト・マッキノン / ジェームズ・コーデン
【2019/12/09 11:06】  コメント(16) | トラックバック(4) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「長いお別れ」「津軽百年食堂」感想 | ホーム | 「家へ帰ろう」「バジュランギおじさんと、小さな迷子」感想>>
コメント

latifaさんのツボにはまったところ、私も同じです!
あと、エリーの代わりにツアーやアメリカまでついてきてくれたテキトーな男の子が意外にちゃんと仕事をしたのも良かったです。
エド・シーランを知らなかったので鑑賞後にチェックしました。本人が出演とは素晴らしいですね。
こに  【 編集】  URL |   2019/12/10 08:11   |  TOP ▲ |


こんにちは!ご訪問が遅くなってすみません!
善人ばかりが出てくる映画って、それほど好きではないのに、今回は違いました。とても面白かったし、とても良い作品だと思いました。
ビートルズ絡みのことももちろんそうだけれど、書かれていらっしゃるように、「一夜限りの関係」を踏み止まる所とか、そういう小技の部分がいいんですよねぇ~。
期待以上の作品でした!!
ここなつ  【 編集】  URL |   2019/12/10 12:40   |  TOP ▲ |


脚本がラブコメやハートフルな作品が多い、リチャード・カーティスらしい作品でした。
わたしは、ビートルズの小ネタで笑わせてもらいました。^^
風子  【 編集】  URL |   2019/12/10 22:05   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは
> latifaさんのツボにはまったところ、私も同じです!
わーい!同じで嬉しいです。

> あと、エリーの代わりにツアーやアメリカまでついてきてくれたテキトーな男の子が意外にちゃんと仕事をしたのも良かったで
そうでしたよね、あいつ絶対何かやらかす・・・って思ってたのに、まあ途中ちょこちょこはあったけど、結局酷いミスもしなかったですね。

エド・シーランはまだ最近の若いスターさんで、そんなに知名度も高くないので(私はそう思うけれど。。だって日本に彼女と長期旅行で滞在してい際も、気が付かれずに楽しく旅行出来たそうだし 少なくとも日本ではそんなに知名度無い)、もっと世界的にメジャーな、誰でも知っているスターさんの方が、より適任だったかも・・。
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/11 09:11   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは
いえいえ全然遅くないですよ!
> 善人ばかりが出てくる映画って、それほど好きではないのに、
あ、言われて初めて気が付きましたが、たしかにこの映画、悪い人が出て来なかったし、悪意とかもなかったな・・・
私もそういう映画は、あんまりなのですが、本作はここなつさん同様、大丈夫でした。

> 「一夜限りの関係」を踏み止まる所とか、そういう小技の部分がいいんですよねぇ~。
うわーい! 同じで嬉しいです。

あれ、ハリウッド系映画なら、絶対やっちゃってるよな、って思ったし(偏見)
その前に、サッパリと教師の仕事は辞めて、LAに喜び勇んでマネージャーとしてついて行く、んだろうなーと思いました。 
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/11 09:15   |  TOP ▲ |


風子さん、こんにちは!
コメントありがとうございました!

> 脚本がラブコメやハートフルな作品が多い、リチャード・カーティスらしい作品でした。
そうなんですってね。
実は予備知識無く見たものですから、見終わってから知って、そうなのかーって。
今までの彼の作品、幾つか見てるのですが、私は本作が一番自分のツボにはまった感じです。

> わたしは、ビートルズの小ネタで笑わせてもらいました。^^
いいなあー、風子さんは、ちゃんとビートルズのそういうネタがお解りになられていたんですね。
もしも私が知っていての鑑賞だったらなあ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/11 09:18   |  TOP ▲ |


>長年一緒にやってきた二人が、「一夜限りの関係」を踏みとどまったところが好き

マイレビューでは触れてないけれど、彼女の流されない聡明さが光りました。彼が渡米してメジャーレビューをする時に、マネージャーを断わり教員を続ける判断をした時もそうでした。

>「もちろん二番手だって知ってたよ、でも、最高の曲がNO1にならないこともあるし、くだらない雑誌でも長く続ければ古典になる(そんな感じの事を言うんです)」名セリフです

そうかぁ・・・。そこのセリフは見逃しちゃってるなぁ(残念)

私に印象的だったセリフは、エドシーランが即興バトルををやった後で「キミはモーツァルトで僕はサリエリだ」でしたね!

「夜の側に立つ」は、身辺慌ただしく読みかけ状態。レンタルしていた「バジュランギおじさんと、小さな迷子」は観れずにやむなく返してしまいました。

しずく  【 編集】  URL |   2019/12/12 12:35   |  TOP ▲ |


しずくさん、こんにちは!

以下のところは、公開告白をしちゃったら、現在の彼が可愛そうだな・・・その辺どうするんだろう・・・って心配しながら見ていたものですから、個人的に気になっちゃって注目しちゃったんですよ。
一般的には、そんなに重大なシーンでは無かったかと思います。
> >「もちろん二番手だって知ってたよ、でも、最高の曲がNO1にならないこともあるし、くだらない雑誌でも長く続ければ古典になる(そんな感じの事

> 私に印象的だったセリフは、エドシーランが即興バトルををやった後で「キミはモーツァルトで僕はサリエリだ」でしたね!
私もそこは、凄く印象に残りました。
「アマデウス」 凄く面白く見た映画でした。当時劇場で鑑賞しました。

> レンタルしていた「バジュランギおじさんと、小さな迷子」は観れずに
ありますよね、そういう事。
お家のテレビで録画しているならいざしらず、レンタルしちゃうと、他に用事が出来たり、思いがけず忙しくて見る余裕がなくなったり・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/13 13:50   |  TOP ▲ |


トラックバックを2回試みたんだけど、届かなかったの。後ほど再チャレンジしてみます。
しずく  【 編集】  URL |   2019/12/14 09:07   |  TOP ▲ |


しずくさん、何度もお手数おかけしてしまって、申し訳ないです。
なんででしょうね・・
原因が解らなくて、すいません!
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/14 09:44   |  TOP ▲ |


ザ・ビートルズが存在しないとジュード・ロウも名前が変わっちゃうんですよね。
そして日本でも「ずーとるび」が存在出来なくなるけど、リチャード・カーティスやダニー・ボイルはそんなことは知らないでしょうね。
当たり前か…。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2019/12/19 00:36   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

> そして日本でも「ずーとるび」が存在出来なくなるけど
うわあ!懐かしい!!
そうですね、片方の人(清水さんだったかな?)は再婚繰り返していたり、色々とよくTVで見かけますが、もう一人の人はお元気なのかな?

latifa  【 編集】  URL |   2019/12/19 16:45   |  TOP ▲ |


これ遅れて上映されて最近イギリスのミュージシャン映画が多いよね
ボイル監督だし気になっていたんだぁ
latifaさんオススメならレンタルで見ますね
レット・イット・ビーが好きかな~ぁ♪
森子  【 編集】  URL |   2019/12/23 10:00   |  TOP ▲ |


森子さん、こんにちは!
メリークリスマス♪

> これ遅れて上映されて最近イギリスのミュージシャン映画が多いよね
ほんと、立て続けに色々あるよね
でも、これは、ちょっと自伝みたいのとは違って、パラレルワールド系?
で、面白いよー。
コメディだけど、ちょっとほろっとする処もあって。

> レット・イット・ビーが好きかな~ぁ♪
そのシーンあるよ!
ただ、ぶち切れ状態で、ちゃんと全部歌って欲しかったかもー。
latifa  【 編集】  URL |   2019/12/24 14:46   |  TOP ▲ |


こんにちは。

ステイホームのGWですね。アマゾンプライムとガーデニングで楽しんでまーす。

私もビートルズファンではないけれど、映画観た後猛然と楽曲が聞きたくなったわ。
Latifaさんが気に入ってるツボ、わかる~~!!とっても良かったよね。
エリーの、地に足のついたキャラクターっぷりも気持ちいい。
普通だったら絶対ツアーについてくるよね!!

なかなか進まない「レット・イット・ビー」(笑)
ジャックの必死の思いがこもった「ヘルプ!」が印象的だったわ。
  【 編集】  URL |   2020/04/30 13:42   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
今年は子供や親類は来ず、のんびりなGWですが、なーんか体調がずっと不調なのよね・・・
コロナではないんだけど、もう2か月くらい調子が戻らなくて。

> 私もビートルズファンではないけれど、映画観た後猛然と楽曲が聞きたくなったわ。
> Latifaさんが気に入ってるツボ、わかる~~!!とっても良かったよね。
わーい
同じで嬉しいなー。
旦那様と一緒に見たのかな?
旦那様は、ビートルズファンなのではないかしら。

> なかなか進まない「レット・イット・ビー」(笑)
結局、フルで全部ちゃんと聞けなかったんだっけ?
もうちょっと、ちゃんと聞きたかったなーって思った記憶が^^
latifa  【 編集】  URL |   2020/05/06 09:28   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1572-d40ca7da

映画・イエスタデイ
読書三昧の日々 (2019/12/10 08:13)
原題 YESTERDAY 2019年 イギリス 【TOHOシネマズ名古屋ベイシティ】   イギリス、サフォークに住むジャック(ヒメーシュ・パテル)は大型スーパーで商品補充のアルバイトをしながら生計を立てている売れないミュージシャンで、幼馴染で中学の数学教師のエリー(リリー・ジェイムズ)がマネージャーとしてジャックを支え励ます日々を送っています ある日、世界規模で12秒の大停電が起こ...


「イエスタデイ」
ここなつ映画レビュー (2019/12/10 12:37)
ベタベタだけど面白かった。ベタベタだけど泣けた。劇場予告編で予期していた内容ではあったけれど、予想できなかった展開もあり、そこも面白かった点のひとつである。ある瞬間を境に、世界規模で失われた記憶(記録)があり、そのひとつに「ビートルズ」があった。「ビートルズ」という存在。歌もメンバーも何もかも。ただ、何故かその瞬間に交通事故に遭ったジャック・マリク(ヒメーシュ・パテル)だけは「ビートルズ」の...


イエスタデイ
newしずくの水瓶 (2019/12/14 16:46)
ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。“イエスタデイ...


「イエスタデイ」
Slow Dream (2020/04/30 13:44)
売れないシンガーソングライターのジャックが 音楽で有名になるという夢をあきらめた日、 12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。 真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと… あのビートルズが世の中に存在していない! 世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?        <公式サイト スト―リーより>


| ホームTOP ▲ |