FC2ブログ
「ブラック・クランズマン」「女神の見えざる手」感想
20190328080930.jpg
アメリカの社会派な映画2つ。両方とも面白かった。3つ★半~4つ★
スパイクリーの映画を見るのって、すごく久しぶりな気がします。
昔結構見ていたのだけれど、ブレずに今も黒人に関する映画を作り続けているのね。

本作は、2トップでコンビを組む片棒が、ユダヤ人のアダムドライバーというのが目新しい処かな。
人種差別な団体は、黒人だけじゃなくて、ユダヤ人への当たりもキツイのね。
これが実話っていうから、驚きます。どこまでが実話なのかな・・?

電話で話す相手と実際会う相手が別人っていうのは、結構厳しいというか、難しいと思うんだけど、なんとかなってましたね。
結構ハラハラするシーンがあって、飽きずに最後まで見せてくれて、

★以下ネタバレ★
ユダヤ人は割礼とかがあるらしく、それを見せろって言われて、あれはどうなったんだろう、見せなくて済んだのかな? バレるんじゃないかな?ってシーンが結構あって、ドキドキしました。最後の爆破もポストに入らずに車にしかけたら、自分の夫の乗った車もろとも吹っ飛ぶって展開は凄かったな。黒人カップルの女性が可愛くて知的で、2人のラブシーンとかも特になくて、品よく描いていたのが高感度高かったな。
ラストには現在のアメリカの様子、昔と変わらず今も人種差別者による闘争や事件やらは絶えずに起こってるのね・・・。
以上

ブラック・クランズマン (2018/米)
BlacKkKlansman
監督 スパイク・リー
原作 ロン・ストールワース
出演 ジョン・デヴィッド・ワシントン / アダム・ドライヴァー / ローラ・ハリアー / トファー・グレイス / コーリー・ホーキンズ / ライアン・エッゴールド / ヤスペル・ペーコネン / アシュリー・アトキンソン / ポール・ウォーター・ハウザー

あらすじ 1970年代のコロラドスプリングス。初の黒人警官として採用されたロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)
黒人の身分を活かして、革命による黒人解放を目指すブラックパンサ―党の集会に潜入して情報を集めるよう命じられる。同僚の白人警官フリップ(アダム・ドライバー)と、白人至上主義結社KKKへの潜入捜査に挑戦するのだった。実在の警察官の手記をもとにしたスパイク・リーのカンヌ映画祭グランプリ受賞作。
・・・・・・・・・・・・・・

女神の見えざる手
172734_02.jpg

これは!
最後のどんでん返しは、あっぱれだった。

最初の方、ロビイストという仕事を知らないし、色々難しい事が一杯出て来て、頭が混乱。こりゃあ挫折してしまうかな・・・と危ぶまれたのですが、なんとか大丈夫で、途中からは問題なく面白く見れました。

ヒロインが仕事が抜群に出来て、美人でスタイルも良くて、センスのいいファッションで、頭も切れるんだけど、クールというか、手段を択ばないというか、、、好きな人ではないんだけど、カッコイイのよね。日本でやるなら天海祐希さんかな^^

過去に銃乱射事件に遭遇した被害者の女性を、彼女の承諾を得ずにマスコミに明かして、その後彼女が狙われて・・・ってシーンは怖かったし、彼女が気の毒だった・・・。

★以下ネタバレ★
なんと!最初の会社で、残るって言った金髪の丸側の女性が、実はミカタで、潜入仕事役になっていたとは!!
あと、エスコートサービスの男が、裁判の時に呼ばれるんだけど、彼女の事を、しらばっくれてくれたのは嬉しかったなあー。でも彼、私から見て、素敵な外貌じゃなかったけど、アメリカ人的には、あの人セクシーでイケメンなの?
以上

あの、いつも飲んでいた薬や、捨てちゃった薬とか、なにかあの薬に大きなキーがあると思ってたんだけど、特になかったな。

女神の見えざる手 (2016/仏=米)
Miss Sloane
監督 ジョン・マッデン
脚本 ジョナサン・ペレラ
出演 ジェシカ・チャステイン / マーク・ストロング / ググ・バサ・ロー / アリソン・ピル / マイケル・スタールバーグ / サム・ウォーターストン / ジョン・リスゴー / ジェイク・レイシー / デヴィッド・ウィルソン・バーンズ / ラウール・バネジャ / チャック・シャマタ / クリスティーヌ・バランスキー
【2020/03/05 15:14】  コメント(4) | トラックバック(1) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「ジェミニマン」「ターミネーター:ニュー・フェイト」感想 | ホーム | 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」感想>>
コメント

こんばんは~。
ジェシカ・チャスティンにこの役がドンピシャ!でしたね。
最初はね、薬のこととか、寝ていない生活とか大丈夫なの~!?と見ていた主人公でしたが、
媚びない、強い意志、仲間を犠牲にしないその姿勢、あっぱれ!でしたね。

ブラック・クランズマンは、アマゾンプライムで見れるので観なくっちゃ。
アダム・ドライバーだし、気になっています(笑)
コロナのことで大変な状態になってて・・・こんな状態だとネット配信で映画観るのが唯一の楽しみになるわ~。
孫ちゃんたちの学校ももちろんお休みで・・・うちに来ています。でもお出かけとかもちろんできないし、庭で縄跳びとかしてます。あ、宿題もしっかり出てるしね!(^^)!
  【 編集】  URL |   2020/03/05 21:08   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!

> ジェシカ・チャスティンにこの役がドンピシャ!でしたね。
ほんと、ぴったりでしたよねー

> 最初はね、薬のこととか、寝ていない生活とか大丈夫なの~!?と見ていた主人公でしたが、
体調おかしくならないんだね。
相当健康に自信がないと、やれないよなあー

> ブラック・クランズマンは、アマゾンプライムで見れるので観なくっちゃ。
そうなんだ。今時期、外出もあんまり出来ないから、そういうので見れるって最高だね。
家は入ってないんだー。
孫ちゃんたちも、自宅以外にも遊びに行ける瞳さんちがあって、幸せだね!

瞳さんの感想、楽しみにしてますね^^
latifa  【 編集】  URL |   2020/03/07 10:20   |  TOP ▲ |


私も最近お気に入りのジェシカ・チャスティン見たさに鑑賞してはまり役と思いました。
大量に飲んでいた薬は、服役中には必要なくなって良かったね、ってところでしょうか。
こに  【 編集】  URL |   2020/03/08 10:10   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!

> 私も最近お気に入りのジェシカ・チャスティン見たさに鑑賞してはまり役と思いました。
あ、こにさんは、この女優さん、お気に入りなのですね。
演技してるとは思えないというか、まさに、この人になりきっていた感じでした。
綺麗だし、ナイスバディだし、仕事もできるし、すごい女性でしたね
latifa  【 編集】  URL |   2020/03/08 16:55   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1591-0e0a11a3

おうち映画(海外)を5本
読書三昧の日々 (2020/03/08 10:13)
「あしたは最高のはじまり」 原題 DEMAIN TOUT COMMENCE 英題 TWO IS A FAMILY 2016年 フランス 【ムービープラス】 南仏コトダジュールで独身生活を謳歌するサミュエル(オマール・シー)のもとに、かつて関係を持った女性クリスティン(クレマンス・ポェジー)が赤ん坊・グロリアを抱いて訪ねてきます クリスティンはサミュエルの娘だというグロリアを残し姿を消してし...


| ホームTOP ▲ |