FC2ブログ
「ホテル・ムンバイ」「あなたの名前を呼べたなら」感想
奇しくもインドのムンバイ舞台の作品、全く違った映画ですが。
c0118119_09090109.jpg
特にインドものを見ようと率先して手を出してるわけじゃないのにもかかわらず、見る事が多い今日このごろ。
それだけインド映画が世に普及してる、良い作品が多いという事なのかな。

2008年に起きたムンバイ同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められ、人質となった500人以上の宿泊客と、プロとしての誇りをかけて彼らを救おうとしたホテルマンたちのお話。
もうーラストまで、ハラハラドキドキが途切れることなく、集中度が半端ない映画でした。
でも、これを面白いっていうのは、ちょっと違うし・・・ 

とにかく、10年くらい前に、こんな事が実際に起きたというのが怖すぎます。
ムンバイだってインド2番目くらいの大都市なのに、警察という点ではかなり脆弱なんですね・・・。デリーから特殊班が来るまで、かなり時間がかかって、対応が遅いなーと思いました。

★以下ネタバレ★
ラスト、ホテルマンたちが客を守るために亡くなった人が多くいらっしゃったそうで・・・。
ダメージを受けた建物を短期間で復活させて、ホテルをまた再開したそうです。
犯人側のコマとして使われた青年も可愛そうでね・・・ 電話で指示だけしていた大ボスは、いまだ捕まっていないそうです。
以上

ホテル・ムンバイ
Hotel Mumbai
監督 アンソニー・マラス
脚本 ジョン・コリー
出演者 デーヴ・パテル アーミー・ハマー  ナザニン・ボニアディ ティルダ・コブハム=ハーヴェイ
アヌパム・カー ジェイソン・アイザックス
・・・・・・・・・・・・・・・
あなたの名前を呼べたなら
top_bg_sp.jpg

インド映画とは思えない、静かにソフトに物語が進んで行く映画で、映像や雰囲気も好感が持てました。
女性監督というのに納得が行く。
sirがとにかく完璧すぎるーー。
ありえないレベルで良い人で、寛容で、カッコ良くて・・・

メイドさんの人生が、まだ若いのに気の毒でならない・・・。
今も、こういう習わしが続いているのか・・・。口減らしのために都会の仕事に・・・って・・・ 絶句。

★以下ネタバレ★
2人が一線を越えない処も良かった。
デザイン事務所に行ったら、パーティーで激怒していた女性が。
あの時の態度や発言が最悪だったから、ちょっと不安だな・・・。
ああいう時に人間の本質があらわになる気がするから・・。
でも、セレブって、どう転んでも、人脈とかでなんとかなるっていう強みがあっていいよねえ・・・。
ラストは、sirと呼ばず初めて彼の名前を話す処で終わっていて、良いラストでした。将来、どうなるのか・・解らないけど・・・
以上

妹を学校に行かせて卒業させる・・そのためにお金を送っていたけど、それは自己満足で、妹が望むものじゃなかった・・というシーンが悲しかったです・・・。妹は学校は中退しても、ムンバイに住める結婚の話の方が良かったのよね・・・。(これも旦那さんが卒業まで待ってくれることになって良かった)

あなたの名前を呼べたなら
2018年(インド)
監督 ロヘナ・ゲラ
ティロタマ・ショーム、ヴィヴェーク・ ゴーンバル

インドのムンバイ。農村出身のメイド、ラトナの夢はファッションデザイナー。夫を亡くした彼女が住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭・・・・。のはずだったが、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談に。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をしていた。
【2020/03/31 10:16】  コメント(6) | トラックバック(3) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「幸福なラザロ」感想 | ホーム | 「 さよなら、僕のマンハッタン」「マーウェン」感想>>
コメント

こんにちは。弊ブログにご訪問とコメントを頂きありがとうございました。
そう、たった10年しか経っていなくて、でももう10年も経っているのにボスが捕まっていなくて…そう思うと、本当に怖い作品だったと思います。
ホテルマン達の誇りが表されていたのが救いだった、と思いました。
ここなつ  【 編集】  URL |   2020/04/01 16:19   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは!

> そう、たった10年しか経っていなくて、でももう10年も経っているのにボスが捕まっていなくて…
どこの世界でも、そういう事、ありますよね。
ボスは安全な場所で座って指示するだけ。下っ端は使い捨てのコマ扱い・・・
ひどいもんです。

あのホテルで働いているスタッフさんは、自分の勤めるホテルに誇りを持っていた(いる)んでしょうね。

いつかコロナが終わった後に、ホテル三日月の映画やドラマなんかが出来るといいなあー。
latifa  【 編集】  URL |   2020/04/02 09:50   |  TOP ▲ |


昨夜観ました。
今までのインド映画と雰囲気が違うのは、オーストラリア・インド・アメリカ合衆国の合作だったからですね。手に汗握るシーンが多く、夜に選ぶ映画ではなかったと後悔しながら結局は最後まで観てしまいました。
宗教を餌に洗脳された若者たちが哀れでしたね。そんな中、悲惨な状況で自らの危険を顧みず、客の安全と命を守った人々も居た! 
今コロナ病棟で奮闘している医療従事者さんたちの姿とだぶり、心救われる思いもしました。
すぐ前に観た「新聞記者」と比較したらいけないのですが、日本映画は😢
しずく  【 編集】  URL |   2020/04/24 11:26   |  TOP ▲ |


しずくさん、こんにちは
今、しずくさんちに行って来たのですが、まだ感想アップされていませんでした。
もし気がむいたら、感想是非書いて下さいね♪

> インド映画と雰囲気が違うのは、オーストラリア・インド・アメリカ合衆国の合作だったから
そういうの、影響があったでしょうね。

>手に汗握るシーンが多く、夜に選ぶ映画ではなかったと後悔しながら
うわー、寝る前にご覧になったんですね。
眠れましたか?
私は、すぐ睡眠に色々影響が出ちゃうので、寝る前にドキドキする映画やドラマは厳禁なのです。

> 悲惨な状況で自らの危険を顧みず、客の安全と命を守った人々も居た! 
> 今コロナ病棟で奮闘している医療従事者さんたちの姿とだぶり、心救われる思いもしました。

ホントですよね。
自分のことよりも、他の人の事を一番に考え、救うという行動力や態度に感動してしまいます・・・
latifa  【 編集】  URL |   2020/04/25 21:55   |  TOP ▲ |


こんばんは。
「あなたの名前を呼べたなら」観ました。

Sirが、御曹司なのに本当にとてもいい人で。
ヒロインが作った洋服とか、「父にほめられた」と言っていたけど、本当は違ったのかもとか、うがった見方をしてしまいました。
肉体関係がないのもいいけど、キスの場面が、もう、あわわわわわって感じで(笑)愛すればこそ簡単に踏み込めない領域というのか、何か、そんな感じのものが伝わってきて、とてもドキドキしました。
ラストの名前よび…果たして、ほんとこの二人どうなるのでしょうね!?気になるけど続きはないんだよなあ!
maki  【 編集】  URL |   2020/04/27 21:11   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは
> Sirが、御曹司なのに本当にとてもいい人で。
ほんとにねーー
私は、たいがい、こういうセレブな男性って、何か問題とか難点あるだろ・・?って探してみてしまう処があるのですが、この人に関してはほんとにいい人だったなあ。

> ヒロインが作った洋服とか、「父にほめられた」と言っていたけど、本当は違ったのかもとか、うがった見方をしてしまいまし
おおーー。気がつかなかったけど、確かに本当は違ったのかも。。

インド映画、頑張ってますねー。これからも楽しみです。
latifa  【 編集】  URL |   2020/04/28 09:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1597-e00c6034

「ホテル・ムンバイ」
ここなつ映画レビュー (2020/04/01 16:18)
物凄い作品だった。何が凄いかというと、これが事実であったということはもとより、狂信的な思想が沢山の罪の無い人々の命を奪うその情け容赦のなさ。「物語」ではないので、せめてこうであったらいいな、などという気持ちは通用しない。唯一、善人である主役が最後まで生き残って妻子の待つ自宅に無傷で戻れる部分だけは、胸を撫で下ろすことなのかもしれないけれど。だが、犠牲になった人々だって、別に善人でなかった訳で...


あなたの名前を呼べたなら
いやいやえん (2020/04/27 21:08)
【概略】 住み込みのメイドとして働く未亡人のラトナ。彼女の雇い主・アシュヴィンは、結婚が破談となり、憔悴し切っていた。 ラブロマンス .5★★★☆☆ 経済発展著しいインド・ムンバイを舞台に、家政婦の女性と御曹司の切ない恋の目覚めを描いたラブストーリー。 現代のインドを描いた現実ってのが、何とも言えませんね。 ファッションデザイナーが夢の田舎から出てきた未亡人で、農村の口減らしのため、実家に...


ホテルムンバイ
newしずくの水瓶 (2020/05/23 17:28)
ホテル・ムンバイ [Blu-ray]著者 : Happinet発売日 : 本作が今まで観たインド映画と一味違うのはオーストラリア・インド・アメリカ合衆国の共同で製作されたからだろう。2008年にインドで実際に起きたテロ事件を映画化。ムンバイで五つ星ホテルがテロリストに占拠され、3日間閉じ込められた500人の人質たちをほぼ生還させたホテルマンたちの姿が眩しい。


| ホームTOP ▲ |