FC2ブログ
「閉鎖病棟」「愛がなんだ」感想
umbnail.jpg
だいぶ前に原作を読んで、記憶があいまいになった頃、映画鑑賞した2作品

閉鎖病棟
以前、原作を読んだ事があったのですが、私は世間の評判の良さ程には感動とかできなかったんですよね・・・。
今回映画化されたのを見てみたのですが、やっぱり、それほどは・・・でした。3つ★

このお話が書かれたのが、25年前だったせいもあるのでしょうか、閉鎖病棟と言う割には、ゆるやかだったのかな・・・。

役者さんは、皆さん上手でした。 大御所や力のある役者さんが、ちょっとした役にたくさん出演していて、なにげに豪華です。
印象に残るのは、やっぱり鶴瓶なんですけど、彼の不動の善人キャラですけれど・・・

★以下ネタバレ★
過去の殺人ですが、カッとなってかもしれませんが、やっぱり残酷だし・・・、今回の殺人も、うーーーん、腹は立つし気持ちも解るんだけど、やっぱり、他の方法がなかったのか・・・?とも思ったりもしてね・・・。手放しに彼の事を、良い人なんだけどー!って思えなかったんですよね・・・。
ラストは、車いすから、なんとか立ち上がる・・ってシーンで終わっていました。これから、立ち上がる様にちょっと頑張ってみるのかしら・・・。
それにしても、何をしでかすか解らない男を野放しにしておく病棟ってマズイですよね・・・ 
以上

あと、綾野剛さんは、「楽園」を見たばかりで、若干似た印象が有りました。
本作では彼の過去や家族の関係などは、ちょっとしか描かれていなかったですね・・・。
あと奇しくも、「楽園」で衝撃ショットがあった片岡礼子さんが、本作でも小松さんのお母さん役で出ており、この下の「愛がなんだ」にもバイト先のバツイチの先輩役で出てました。脇役ですがいつも印象に残ります。
小林聡美さんは、何やってもうまいなあ!

鎖病棟―それぞれの朝― (2019/日)
監督 脚本 平山秀幸
原作 帚木蓬生
出演 笑福亭鶴瓶 / 綾野剛 / 小松菜奈 / 高橋和也 / 木野花 / 渋川清彦 / 小林聡美 / 坂東龍汰 / 平岩紙 / 綾田俊樹 / 森下能幸 / 水澤伸吾 / 駒木根隆介 / 大窪人衛 / 北村早樹子 / 大方斐紗子 / 村木仁 / 片岡礼子 / 山中崇 / 根岸季衣 / ベンガル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛がなんだ

10年以上前に原作は面白く読んでいて、でも内容は、かなり忘れている状態で映画鑑賞。
全く期待してなかったのですが、面白かったです。4つ★ちょい。

5人(主役のテルコ マモちゃん 葉子、ナカハラ すみれさん)の皆さんの関係性が、とても興味深くて・・・。
小説を読んだ時は、テルが過剰に尽くし過ぎって印象が強く、ナカハラ君がんばれー!って思った記憶が・・・。

そして、現実にも私の周りの友達に、こういう恋愛?してる人いたなあーーって懐かしく思い出しました。
葉子とナカハラの関係と、テルとマモちゃんの関係、恋愛感情を持ってる側が振り回されても待ち続けたり良いように扱われるっていうのがね。 テルから見て、自分勝手なマモちゃんだけど、そのマモちゃんも、すみれさんの前だと全然違うのよね・・・。

配役も合っていて、主役の岸井ゆきのさんは、自然な演技だったし、とても上手でした。
葉子を演じた女優さんって、「結婚できない男」の続編に出てた隣の部屋に住んでる子だったんですね、どこかで見たことあるって気になっていました。

回りが何でも聞いてくれることで王様がダメになっちゃう話とか、印象的だったな。
やっぱり映画版も、ナカハラっち、がんばれ!って思っちゃったな。

★以下ネタバレ★
ナカハラから葉子に連絡しなくなって、しばらくたち、ナカハラの写真の展示会に自ら現れた葉子。
初めて彼女の方から、アクションしたのかな。失ってみて初めてナカハラの存在?良さに気がついたならいいなー。
以上

原作も、今度再読しなおしてみようかな。
20代後半からの恋愛バイブル的な、現実的な面白い作品だと思います。

愛がなんだ (2018/日)
監督 今泉力哉
原作 角田光代
出演 岸井ゆきの / 成田凌 / 深川麻衣 / 若葉竜也 / 片岡礼子 / 筒井真理子 / 江口のりこ / 穂志もえか

あらすじ OLテルコは知り合いの結婚式で、マモルに出会った。以後、「体調がおかしい」との連絡が入れば仕事を放り出してマモルの部屋に向かい、料理をつくって食べさせる。彼の電話があれば夜中でも駆けつける。
しかし、マモルは彼女を都合の良い便利な人間としか思っていない様子。
仕事を辞めたテルコが、数か月後、久しぶりにマモルから呼び出され行った先には、ガサツだが大らかなマモルの先輩すみれがいた。
【2020/05/22 10:17】  コメント(6) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「真実」感想 | ホーム | 「ドクター・スリープ」感想>>
コメント

「愛がなんだ」はGW中に家で観ました。記事に出来るのはだいぶ先になると思いますが…その時にはTBにお邪魔しますね。
岸井ゆきのチャン、森山中教習所でファンになりました。彼女だから演じられたキャラですよね。原作も読んでみたいです。
こに  【 編集】  URL |   2020/05/24 10:29   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
愛がなんだ、ご覧になっていたんですねー!!
それは嬉しいなーー
周りで見てる人が誰もいなくて・・・。
感想、楽しみに待っています。

森山中教習所
これは知らない映画でした。今、検索して初めて知りました。

というか、彼女の出演歴を見て驚愕! こんなに一杯色々と出ていたのね・・・。
私は、去年だったかなドラマの『シャーロック アントールドストーリーズ』(3話くらいで見るの挫折しちゃったのですが)に出てた時に、頭にインプットされました。
latifa  【 編集】  URL |   2020/05/24 11:25   |  TOP ▲ |


おはようございます。
「愛がなんだ」記事にあげたのでTBお願いします<m(__)m>
そうそう、中原っちを応援したくなりましたね。葉子チャンもテルコへの友情など根はいい子と分かって嬉しかったです。
原作も読みたいです。
こに  【 編集】  URL |   2020/05/26 08:02   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
わーい☆彡
さっそく感想アップしてくださったんですね。

こにさんは、当て馬にされるイケメンさんもご存知だったのね。
私は、ナカハラっちもですが、知らない役者さんが多かったので、なおのこと楽しめたのかも、
知ってる役者さんが多いと、楽しい反面、ついその人のイメージを引きずって見てしまい
新鮮に見れない処があるので・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2020/05/26 08:53   |  TOP ▲ |


おはようございます。
こちらの単館映画館で今「愛がなんだ」上映中です。何だか嬉しいです。

「路」最終回まで観ましたが最初の印象のままで残念!という感想です。('_')
latifaさん、どうでしたか?

話題にしてた伊藤沙莉さん、ギャラクシー賞テレビ部門個人賞受賞だそうで、ナイスタイミング!すごく嬉しいです。
!(^^)!

とりとめもない内容のコメントすみませんでした。
(^^)/

こに  【 編集】  URL |   2020/06/03 08:13   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
路、最終回が一番残念でした。
あまりにガックリ来たので、文句ばっかり他の方のブログでぶちまけそうで、自粛しちゃいました 

自分のブログでかつて書いた「路」のところに、ドラマ版の感想を追記しちゃいました。
ここにコピペしますね 笑

7年間彼氏をさんざん待たせた挙句、ふって、エリックとって・・・。
しかも車いすのおじいさんを残したまま、って、どういう事???
小説の細部忘れてますが、こんなの無かったはず。
色々ドラマ化するにあたって、短くせざろう得ないことは解ります。
それでも、この脚本はいただけない・・・
これ、台湾でも放送されるんでしょうか? 見てもらいたくないです。
このドラマの中で、台湾人に対しての敬意の無さというか・・・そういう箇所が結構あって・・・がっくりでした。

PS 愛がなんだ、上映してるんですねー。そういう映画館があって、いいなあ。応援したくなります。
ここには、もうそういう映画館は亡くなってしまいました・・・。

>伊藤沙莉さん、ギャラクシー賞テレビ部門個人賞受賞だそうで

おお!!それは嬉しいです。彼女の活躍今後も期待・応援したいですね。

そうそう、こにさんからお話を聞いて、私も「パンとバスと・・」昨日見たばっかりなんですよ!
また、そのうち、こにさんが感想アップされたらお邪魔しますね。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/03 09:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1611-8ec4fdd7

おうち映画(日本)を5本
読書三昧の日々 (2020/05/26 07:59)
「星めぐりの町」 2018年 【チャンネルNECO】 &nbsp; 舞台は愛知県豊田市 車の町というイメージですが平成の大合併前の北設楽郡や西加茂郡も含まれており豊かな自然にも恵まれているところです &nbsp; 主人公の島田勇作(小林稔侍)が暮らすのも自然に囲まれた山間に立つ一軒家 早くに妻を亡くし、豆腐屋を営みながらひとり娘の志保(壇蜜)と暮らしています ある日、勇作の...


| ホームTOP ▲ |