FC2ブログ
「凪待ち」「パンとバスと2度目のハツコイ」感想
f0396811_20505713.jpg
まずは「凪待ち」から
主人公の慎吾ちゃんにイライラさせられるものの、引き込まれて最後まで一気見。
役者さんたちの演技も脚本も良かったんだろうな、面白かったです。4つ★ちょい。

「凶悪」「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石監督の作品。
うーむ。怖いですね、ギャンブル依存症・・・
普段は温厚で良い人なのに、スイッチが入ると、もう止められないんだなあ・・。

何度も彼に色々な人が手を差し伸べてくれて、お金を貸してくれたりするのに、それを裏切ってしまう・・・
はぁーーー!見ていて、その都度、いたたまれなくて胸が苦しくなりました。

中でも、義父が船を売って、そのお金で借金を綺麗にすれ、って言ってくれて・・・ううう・・・
ところが、その大金を持ってチンピラ事務所に行って完済した後、おつりを、全額またもや、一発勝負だと競輪にかけてしまう。
運よく大当たりになったものの、ダメでしょーーー!!!
結局その大金欲しさに、チンピラは持ち逃げみたいなことをするんですよね。歯向かっても、暴力でボコボコにされるだけで、いったんは諦めるのでしたが

★以下ネタバレ★
自暴自棄になって祭りで暴力騒ぎになっちゃうんだけど、リリーさんが「今から生まれ直そうよ!」と説得してくれる。なんて良い人なんだ・・・と思ったら、なんと犯人は彼だったのよね(そんな予感はしてた)
川崎時代の同僚が事務所にバットで殴り込みをかけて逮捕されたニュースを見て、どこかに行こうと高速バスに乗ろうとしていたのを取りやめ、チンピラ事務所に乗り込み、事務所をバットで壊しまくる。しかし一人だからね、結局事務所で拘束されてしまうのだけど、義父さんが助けに来てくれる。昔の恩だってことで解放してくれるんだけど、どんだけ強いんだか、義父!カッコイイぞ。
最後の最後に、チンピラはお金を返してくれて、船を買い戻すんだけど、ダメでしょーー!ギャンブルで大穴あてたお金なんだよ?
 凪の状態の時は優しくて良い人なのに、何かで別人の様になってしまう、って感じなのかな。リリーさんしかり、DV元夫(現在は新しい奥さんと良い感じみたいね)も。
以上

凪待ち (2018/日)
監督 白石和彌
脚本 加藤正人
出演 香取慎吾 / 恒松祐里 / 西田尚美 / 吉澤健 / 音尾琢真 / リリー・フランキー / 三浦誠己 / 寺十吾 / 佐久本宝 / 田中隆三 / 黒田大輔 / 鹿野浩明 / 奥野瑛太 / 麿赤兒 / 不破万作 / 宮崎吐夢 / 沖原一生 / 江井エステファニー / ウダタカキ / 野中隆光 / 岡本智礼 / 本木幸世

あらすじ 郁男(香取慎吾)はバツイチ恋人の亜弓(西田尚美)と一緒に5年も暮らしており、印刷会社を辞めたのをきっかけに、真っ当な暮らしを石巻に彼女とその娘と引っ越して始めようとする。
近所に住む小野寺(リリー・フランキー)が末期がんの父親によくしてくれたり、色々親切にしてくれる。
新しい職場になれた頃、また競輪をやってる同僚がいて、またギャンブルに手を出してしまう。
そんな中、亜弓と口論となった娘の美波は家を飛び出し、車で捜索中に、喧嘩になって郁男は亜弓を一人で車から降ろしてしまうが、その後彼女は何者かに殺されてしまう・・・

・・・・・・・
パンとバスと2度目のハツコイ
59e0c62s.jpg

先日「愛がなんだ」が面白かったので、同監督の別作品を。
なんと深川さんが、こちらでは主役でした。
凄く彼女にぴったりの役で、2本彼女の出ている映画を見ましたが、なかなか良い女優さんなんだなあ、と感じました。
ドラマの「結婚できない男」では、彼女の良さが解らなかったので、やっぱり出る作品によって、違うものだなあと。
元乃木坂46の人なんですね、
あと、エグザイルのお兄さん、いつも「ZIP」で見かけているものの演技してるのは初めて見ました。

伊藤沙莉さんが、高校時代ヒロインを好きだった、という設定。今は結婚して子供もいて幸せに暮らしてる。
3人は同郷の同級生で、すぐまた交流が始める。

前作同様、うーむ!と唸らせられるセリフとかがありましたねえ。
・異性の友達って、どっちか片方が好きなんだって、
・ずっと好きでいられるのって片想いだから、
・昔好きだった人って、その後も嫌いにはなれないよ。だって嫌いになるほど、その人の事知れないわけだし・・・(付き合ったりすれば、段々嫌な処が見えて来たりするけど) 等々・・・

★以下ネタバレ★
早朝3:30に家を出てパン屋さんで働く理由。早朝のブルータイムの空を見れるから、だったんですね。
ただ、2人で山の上から本音を叫ぶ!シーンは、ちょっと・・・だったかも
以上

仕事帰りに、バスの洗車シーンをパンを食べながら見るのが好きとか、ちょっと変わってはいるけど、解らないでもない。
全体的に大きな事件が起きるわけでもないのに、どうなるのかなーってのんびり面白く最後まで見れました。3つ★~半

パンとバスと2度目のハツコイ (2018)
監督 今泉力哉
出演 深川麻衣 山下健二郎 伊藤沙莉 志田彩良 安倍萌生 勇翔 音月桂
【2020/06/15 12:25】  コメント(8) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「孤狼の血」感想 | ホーム | 「ボーダー 二つの世界」「さあ帰ろう、ペダルをこいで」感想>>
コメント

EXILEのお兄さんたち、皆さん演技はイマイチですよね(笑)

そうそう、心に残る台詞が多かったです。
妹に絵を描き終わらせるのはどういうタイミング?だったか聞かれた主人公の回答も良かったです。
コインランドリーのシーンから孤独云々で哲学的な方向へ行ってしまうのかしらと心配しましたが違いました。
とても居心地の良い映画でした。

こに  【 編集】  URL |   2020/06/16 15:12   |  TOP ▲ |


こんにちは。
白石監督の作品とは私相性が合うみたいで、結構「凪待ち」も好きな作品でした。
何か、人間の業の深さをさらりと描くのがお上手という気がします。
ここなつ  【 編集】  URL |   2020/06/16 18:06   |  TOP ▲ |


とてもヘビーな作品で打ちのめされました
。でも良い作品と思いました。見てると落ち込むので再見はしたくないけど🙇

『愛がなんだ』前からずっと見たいです。
まだ新作で有料なのでもうちょっと待とうかな。
パンとバスも興味があります☺️


kamieru  【 編集】  URL |   2020/06/16 20:32   |  TOP ▲ |


こんにちは、こにさん
うーん、、そうですよね、前に他のメンバーの方の(誰とは言わないでおこう・・)映画を偶然ですが幾つか見たんですけど、これは!という方は、今の処見ていない気が・・・。
別に嫌いってわけじゃなんですけれど・・・


こにさん、感想アップされないかなーってお待ちしていたのですが、先にアップしちゃいました。
そろそろ放映が止まっていたドラマが、あちこち始まるみたいで、どれを見ようかなーと楽しみです。
NHKのドラマは、良質なのが結構ありますよね。

よるドラ「腐女子、うっかりゲイに告(こく)る。」っていうやつは、こにさんご覧になっていましたか?
なかなか面白かったですよ。13日に再放送開始になったようです。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/17 14:14   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは
私も白石監督の映画が好きなみたいな気がします。
とはいえ、まだ数本しか見てないのですけれど・・・

昨日、またもや白石監督の「孤狼の血」を見てしまいました。偶然なんですけれど 笑
後ほど、またここなつさんちにお邪魔しますね♪

ノワールものがお好きなここなつさんなら、きっと高評価なのではないかな・・・って、実は昨日映画を見た後、感想あるかな?って密かにお邪魔していたんですよ。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/17 14:18   |  TOP ▲ |


kamieruさん、こんにちは!
これ、確かに体調とか精神がしっかりしている時に見ないと、引きずられますよね・・・
私も再見はちょっと・・・・。

愛がなんだ、いつかご覧になったら、是非感想アップしてくださいね^^
楽しみにしています。

パンとバスも、凄い何があるってわけじゃないし、劇場鑑賞するほどじゃないかなあ・・(ゴメンナサイ)とも思うのだけれど、お家で鑑賞する分には、なかなか楽しめましたよ。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/17 14:33   |  TOP ▲ |


イオンシネマ限定公開だった『パンとバスと二度目のハツコイ』は個人的にはその年のNo.1でした。
何にも起こらないからこそ、逆に日常の小さな大切さが見えてくる。
パジャマとパジャマシャツの違いを姉妹で言い合うのもいいじゃないですか。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2020/06/19 00:38   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こちらにも、ありがとうございます!
そうだったんですね、これを年間一位にされていたとは!
渋い選択です。

私は全く予備知識無く見たのですが、楽しめました。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/19 10:26   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1615-3429bd7d

「凪待ち」
ここなつ映画レビュー (2020/06/16 18:06)
私は白石和彌監督とは相性がいいのだと思う。単に「この監督の作品は好きだ」を言い換えただけなのだけれど。年上の女のヒモである競輪狂のダメ男が、彼女の実家のある田舎に住み着き、そこでも変わらずダメでい続ける、ただそれだけの話なんだけれど。いや、ただそれだけと言っては違う。彼女がそこで殺されてしまうのだから。全編に漂う厭世観に、白石監督お得意の適度な暴力。邦画の中でも好みのジャンルである。平等であ...


おうち映画(日本)を5本
読書三昧の日々 (2020/07/09 09:04)
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 2018年 【日本映画専門チャンネル】 &nbsp; 筋ジストロフイーに罹りながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアの人々や家族の姿を描きます &nbsp; 鹿野さん役が大泉洋さんとのことで期待して観ました 予想を上回る鹿野さんの強烈な個性、傍若無人ともいえそうな...


| ホームTOP ▲ |