FC2ブログ
「孤狼の血」感想
2年前、日本アカデミー賞で一杯賞を取っていたこの映画。
以前、最初のグロ描写で挫折、今回意を決して再トライ、最後まで見ると凄く面白い映画でした。4つ★半
DXFP7iRUMAAtvRh.jpg
この映画は、後半凄く面白くなります。意外などんでん返しが待っていました。

★以下ネタバレ★
ガミさんは殺されていました。例の養豚場で証拠を探そうと日岡が必死で土を掘ると中から愛用のライターが!そして今までずっと押し殺して来たものが、ここで一気に爆発、養豚所のチンピラをボコボコにしてしまうのでした。
日岡がつけていた日記を開いてみると、密かにガミさんがそこに筆を入れていました。日岡が上層部からの指示で、こっそりガミさんを調査していたことは、ガミさんに筒抜けだったのです。また、10数年前に起きた殺人事件の犯人はガミさんではなく、リコママでした。殺された夫の復讐でした。当時妊娠中だった彼女が刑務所に入るのが忍びなくて、ガミさんがもみ消したのでした。リコママがガミさんから預かっていた手帖には警察上部の人達の不正等が書かれていました。彼らは自分らの保身のため、弱みを握っているガミさんに日岡を近づけていたのでした。

その後、パーティ会場で、尾谷組の一ノ瀬は五十子のボスの首を取り(ここちょっとグロ過ぎて見れなかった)、部下に身代わりとして逮捕させようとしますが、日岡は一ノ瀬を逮捕します。一ノ瀬は予想外でおのれーー!って怒りまくってました(10年後、刑務所から出てきたら、日岡がヤバそうで不安です・・)
そして日岡は部署を移動せず、このままガミさんの後を継ぐ決意をした(ように見えました)。
あと日岡が親しくしていた薬局の女性はガミさんが近づけるように仕組んだ女性でした。彼女もガミさんに恩があったのです。
以上

かなり沢山の有名どころの役者さんが一杯出ているのですが、若頭一之瀬役の江口洋介がすっごくカッコ良かったですー!!お医者さん役とかより、断然、「るろうに剣心」とか、本作みたいなワイルドな殺気だった役が素敵です!!なんといってもスタイルが良いのよね。そして色気があって哀愁があって、丁度良い老けっぷり。
DeNv32cUwAA9ioY.jpg

あと、中村倫也が、こんな過激な役をやっていた!というのも驚きでした。耳を食いちぎるチンピラ役、あと、真珠の音尾さんとか(笑) 主役の松坂桃李(この後主演する「新聞記者」と、どこか通じるような役でした)、ガミさんなんじゃないか?と思うくらいピッタリだった役所さん等、みなさん演技上手かったー。

続編も作るらしいので、楽しみ。
この後、原作を読んでみようと思っているところです。

孤狼の血 (2018/日)
監督 白石和彌
脚本 池上純哉
原作 柚月裕子
出演 役所広司 / 松坂桃李 / 真木よう子 / 音尾琢真 / 駿河太郎 / 中村倫也 / 阿部純子 / 滝藤賢一 / 矢島健一 / 田口トモロヲ / 井上肇 / 瀧川英次 / 沖原一生 / 載寧龍二 / 中山峻 / 黒石高大 / 嶋田久作 / 勝矢 / 野中隆光 / 田中偉登 / ウダタカキ / 九十九一 / 岩永ジョーイ / 町田マリー / 伊吹吾郎 / MEGUMI / 中村獅童 / 竹野内豊 / ピエール瀧 / 石橋蓮司 / 江口洋介

あらすじ 昭和が終わろうとする1988年。広島県のある都市。暴力団系金融会社の社員が失踪した。刑事・大上(役所広司)は、新人の日岡(松坂桃李)を連れて捜査に乗り出す。大上は捜査のためなら手段を選ばず暴力団とも癒着したヤクザ顔負けの悪徳警官だった。なかば署内も黙認する大上の強引な捜査に巻き込まれ、日岡は唖然としながらも従うのだった。同じころ五十子(いらこ)会長(石橋蓮司)率いる巨大暴力団を後ろ盾に、地元の加古村組(嶋田久作/竹野内豊)が、若頭の一之瀬(江口洋介)が仕切る尾谷組のシマを荒らし始めていた。
【2020/06/18 13:31】  コメント(4) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「奇跡のリンゴ」「FOUJITA」感想 | ホーム | 「凪待ち」「パンとバスと2度目のハツコイ」感想>>
コメント

こんにちは。
これ、白石監督なんですよねぇ。私、この監督と相性が合うみたいで、中でも本作は最も凄いな、と思ったもののひとつです。
広島弁がびんびん響きました!

続編も作るのですね!?役所広司不在なのに思い切ってますね!
ここなつ  【 編集】  URL |   2020/06/18 17:55   |  TOP ▲ |


久しぶりに東映ヤクザ映画を見た~!って感じでしたね。
しかも大阪ではなく広島が舞台というのも迫力があっていい。
何か日岡が悪に染まっていくというよりも、手段を選ばずに正義を守る存在として成長していく後半でしたね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2020/06/19 00:43   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは
気がついたら、江口洋介賛辞的な感想になっちゃいましたが、役所さんと松坂君がメインどころの映画だったのに。
続編は、松坂君が主演なのかな、映画見るよりも、もしかしたら、小説を先に読んでしまいそうな予感・・・
この順番良くないんですよね、、、
映画の後原作の方が両方楽しめる事が多いから・・・

広島弁、個人的に好きです。
子供のころ、はだしのゲンをよく読んでいて、幼い頃、一番最初に接した方言でした。
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/19 10:17   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは
そうですね、広島が舞台っていうのも、あまり見たことがなくて新鮮だったかもです。
広島弁の響きも良かったです。

日岡がもし、ずっと生きていたら、今頃何歳かな・・・
どんな人間になっているんだろう・・・
latifa  【 編集】  URL |   2020/06/19 10:29   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1616-15a586fb

「孤狼の血」
ここなつ映画レビュー (2020/06/18 17:56)
岩に当たって砕け散る波をバックに「東映」の文字。「ザ・東映」である。東映の歴史と言えば、「仁義なき戦い」を抜きにしては語れまい。とは言っても、私はこのシリーズをリアルで観たことはないので、「ほう、系譜なんだ…」と思うに留まる。これが本作を観る前の印象。「仁義なき戦い」の東映が満を持して平成の世に放つ抗争物。そんな認識で鑑賞に臨んだのである。だが、この作品は、「抗争物」とは違うのではないか?と...


| ホームTOP ▲ |