FC2ブログ
「his」「影裏」感想
17erTebE.jpeg
邦画2本 それぞれ3つ★ちょっと。
his
岐阜の白川村だったかな・・・に、やってきて一人暮らしている宮沢氷魚。
この俳優さん、以前杏と一緒に出ていたドラマ偽装不倫だったかな? で2話まで見た事があって、それ以外では初めて。この映画のこの役には合っていたんじゃないかな・・・と思いました。

長年に渡って、ずっと好きで忘れられずにいたゲイカップルのお話なので、どうしても彼らを、ひいき目に見てしまいがちなストーリー展開になるのはしょうがないのですが、それにしても奥さんが気の毒すぎる・・・。
ちょっと奥さんを悪く描いてるような気が・・・ ワイン飲んで酔いつぶれ・・・子供が外に出ちゃって警察に捕まったとか・・・うーむ。

★以下ネタバレ★
村の人達の前で、カミングアウトするシーン。ぐっと来ました。おばちゃんとか、この村の人は優しいです。こういう人ばかりだと良いのですが、実際は近隣の住民というのは運ですよね・・・。
娘はいつも一緒にいてくれるパパが良かったのは解るんだけど、それは主夫をしていたからであって、毎日働く様になったら、そうは行かないからね・・・。あと年代で変わって来るかもなあ・・・子供のころはパパっ子でも、年が上がってくると難しいかも・・・。
以上

今泉監督の映画は幾つか見て来て、結構面白いなーと思っていましたが、先日見た「mellow」は、どうしてか、なにか面白く見れませんでした。感想は書かずじまいになってしまいそう・・。

his
2020年/日本
監督 今泉力哉
脚本 アサダアツシ
出演 宮沢氷魚 藤原季節 松本若菜 松本穂香 鈴木慶一 根岸季衣 堀部圭亮 戸田恵子
あらすじ
ゲイだと思われるのが嫌でひっそりと生活している井川迅(宮沢氷魚)の前に、別れた恋人の日比野渚(藤原季節)が6歳の娘・空を連れて現れる。迅はしばらくここで住まわせてほしいと言う渚に戸惑うが、空は迅に懐き周囲の人々も三人を優しく見守るようになる。ある日渚は、娘の親権を妻と争っていることを明かし、長年抑えてきた迅への思いを告白する。
・・・・・・・・・・・・・・・

「影裏」
親しくしていた人が消えた後、知らなかった姿が明らかになる・・って内容。
沼田真佑さんの小説を以前読んでいて、その後映画鑑賞。

謎な男を松田龍平が演じていますが、結構ピッタリ。彼はこういう役が合いますよね。
小説では、綾野剛演じる主人公がどんな人なのか?というのは解らずに進み、でも薄々は、そうなのかなあ・・・って感じる部分があり、その後「昔の彼氏が」という部分で、ハッキリ彼の性的な部分が解る。
小説の感想こちら

★以下ネタバレ★
綾野がゲイであることが解る。元彼(映画では中村)が小説では現在は性転換して女性になっています。映画では違っていました。
 ゆくえが解らず、連絡が取れなくなって、父親の元に行き話をすることで、龍平の過去や様子が見えて来ます。
子供のころから、一時べったり仲良しの友達ができるも、なぜかぱったり遊ばなくなり、また・・・という繰り返しをしていたことや、不思議な面を持っているっ人ぽいんですよね・・・。父親もそのあたりを気にしているみたい・・・
結局あの震災の日、釣りをしていて海で波にさらわれたか、なにかで亡くなってしまったのか・・・それとも、どこかで生きているのか・・・ ぼんやりとしたラストでハッキリは語られていませんでした。
以上

「影裏」
(2020年/日本)
監督:大友啓史
出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、國村隼、平埜生成、安田顕
【2020/08/17 08:15】  コメント(2) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「第三夫人と髪飾り」感想 | ホーム | 「溺れるナイフ」「男はつらいよ お帰り 寅さん」感想>>
コメント

こんにちは。
「影裏」の方ですが、凄い作品だったなぁ、と思いました。
松田龍平は、確かにこの役に適役でしたね。演技派二人が主役を張っていて、質の高い演技が見られたと思います。
ここなつ  【 編集】  URL |   2020/08/17 15:00   |  TOP ▲ |


こんにちは、ここなつさん
影裏 見た後で、いろいろ想像したりしちゃう内容でしたね
震災から、気付くと来年で十年なんですよね
そんなに経ったのかーという感じです
latifa  【 編集】  URL |   2020/08/18 15:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1632-cd7ac740

「影裏」
ここなつ映画レビュー (2020/08/17 14:56)
流石に私にもこれは判らなかった。…今この一文を書いてみて、「流石に私にも」と「流石の私にも」とでは意味が全く違い、雲泥の差であることに気付いた。いくら何でも「流石の私」と言い切れるほど自惚れが強く自意識過剰な訳ではないので、もう一度書いておきたい。「流石に私にもこれは判らなかった。」でも、ふと思う。昔はこういう邦画って多かったよね。結末が明確でなく、観客の想像に委ねるような。解釈が分かれたり...


| ホームTOP ▲ |