FC2ブログ
「私の知らないわたしの素顔」「ヴィオレッタ」感想
フランス映画2本
sp.jpg
私の知らないわたしの素顔

ビノシュの魅力と演技力で見せる作品。
面白くないわけじゃないのだけれど・・・
3つ★くらいかな・・

賢い女性のわりには、やってることとか、ハマり具合が凄い。
50過ぎた女性だけど、まだまだ現役バリバリで、なかなかにキレイだ。
そして、息子2人いるけど、全く上の空になってしまう。

★以下ネタバレ★
ネットでいい感じになった女性からフラれたからって、いまどき自殺する男って、そりゃあおらんだろーと思ったんですよね。
ラスト、やっぱりそれは嘘で、この短期間に結婚して子供まで生まれてたとさ、で終わるんだけど、そりゃそうだよなあ・・・
ネットで知り合ったものの、なかなかはぐらかして会ってくれない女性。なんかあるよ・・・ 
でも、ヒロインの夫が若い姪っ子とできて離婚とか、この前まで交際していた若い男性の別れる時の彼女への対応は、ひどかった。落ち込んだりトラウマになってしまうのもわからんでもないな。
以上

私の知らないわたしの素顔 (2019/仏)
Celle Que Vous Croyez
監督 サフィ・ネブー
原作 カミーユ・ロランス
出演 ジュリエット・ビノシュ / フランソワ・シヴィル / ニコール・ガルシア / マリー・アンジュ・カスタ / ジュール・ウプラン / ジュール・ゴズラン / ギヨーム・ゴイ / シャルル・ベルラン

あらすじ 20年連れ添った夫と離婚した50代の大学教授クレールは、カウンセリングを受けるため精神科医(ニコール・ガルシア)を前に赤裸々な体験を語り始めた。24歳のクララと名のって、元彼の友人アレックス(フランソワ・シヴィル)とSNSで交流を始める。
・・・・・・・・・・・・・
3i7jg38r.jpg
ヴィオレッタ

少し前、9年前の映画です。

イザベル・ユペールが出演してるってことで見てみたのですが、なんといっても主役の美少女に釘付け!
アナマリア・ヴァルトロメイ、ルーマニア系なのね。
ヨーロッパのロリータは凄いもんがありますね。

内容は監督の子供のころの実話だそうです。

撮影時と通常とハッキリ分けてファッションや立ち回りを変えらるほど器用ではなかったエヴァは学校でいじめられる様になってしまいます。そりゃああのメイクに服装じゃあね・・・・。
普通になりたい娘と、それを許さない母親。曾祖母も亡くなってしまいます・・。

さて、 アナマリア・ヴァルトロメイちゃんが大人になったお姿は、こういう感じです。やっぱり美人さんだけど、あの10代前半だけの特別な輝きは当然無くなってしまうんですよね・・・
90.jpg

エヴァ・イオネスコ wiki
ルーマニア系フランス人で女流写真家のイリナ・イオネスコの娘。5歳の頃から母親の撮影する写真のモデルをつとめた。1977年にイリナ・イオネスコの写真集『鏡の神殿』(Temple aux miroirs)が出版された事により、エヴァはヨーロッパを代表するロリータ・スターになった。母親が撮った娘のヌードということで道徳と表現の倫理をめぐって、フランス国内のみならずヨーロッパ中で大きな議論を呼んだ。
gH.jpg
このエヴァの写真、今もネットで検索すると見られますが、やっぱりインパクトありますね。ただのエロ写真ではなくて、モノクロで撮って退廃美とか世紀末的なものを感じさせるアート作品って感じもあり。
写真集が出たのが1977年だそうで、映画の「プリティベイビー」(ブルックシールズが少女で出てた)もほぼ同時期だった様な気がする。あの頃は、ロリータとか、少年少女に関しての規則があまりなかったんでしょうね・・・。

ヴィオレッタ (2011/仏)
監督 エバ・イオネスコ
出演 イザベル・ユペール / アナマリア・ヴァルトロメイ / ジョルジェッタ・レアウ / ドゥニ・ラヴァン / パスカル・ボンガール / ジェスロ・ケイヴ / ルイ・ドー・ド・ランクザン / フィリップ・プティ / アンヌ・ブノワ

あらすじ 写真家アンナ・ジョルジュ(イザベル・ユペール)は、ヴィオレッタ(アナマリア・ヴァルトロメイ)という娘がいたが、全て曾祖母(ジョルジェッタ・レアウ)に世話を任せきりにしていた。
娘をモデルにし、淫靡なファッションをまとうヴィオレッタを、アンナは執拗に撮り、その作品を見た友人の画家エルンスト(ドゥニ・ラヴァン)は、大いに興味を示しマスコミへの紹介を買って出る。絶賛を得たアンナはシド・ヴィシャス(ジェスロ・ケイヴ)の写真を依頼されるが、彼とのキスを強要された娘は激昂するのだった。
【2020/09/25 08:58】  コメント(2) | トラックバック(1) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「ワイルド・スピード SKY MISSION」「EURO MISSION」感想 | ホーム | 「芳華 Youth」「宵闇真珠」感想>>
コメント

こんにちは。

>ヴィオレッタ
えーーーっびっくり
幼少のあの美貌はどこいったのか…(失礼)というくらい、成長されていますね
やはり、少年少女の頃の透明感や美しさって、特別なものがありますね
maki  【 編集】  URL |   2020/09/25 17:11   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
そうなんですよ・・・
現在を検索してみて(この画像は2年位前のだったはず)やっぱりか・・・って思いました。
いや、今でも美人さんなんですよ。全然スタイルにしてもお顔にしても整ってる!
でも、あの10代前半の怪しくも美しいたぐいまれな雰囲気は、もう残ってないんですよねえ。

すごく若いうちに美貌のピークが来ちゃうのって、結構辛いものがあるなあ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2020/09/26 09:24   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1654-2e685304

ヴィオレッタ
いやいやえん (2020/09/25 17:11)
【概略】 写真家である実の母親が撮影した娘のヌード写真集「エヴァ」の発売から34年。被写体だった娘のエヴァ自ら脚本・監督を担当し、自身の実体験を元に描いた自伝的映画。 ドラマ .0★★★☆☆ 美しすぎる少女は大人を狂わせた―。 ヴィオレッタ役の美少女アナマリア・ヴァルトロメイちゃんが妖艶、大人よりもエロいってどうよ。これがロリータか!でも確かに幼年期子供特有の魅力ってあるよねえ…可愛い子...


| ホームTOP ▲ |