映画カナリア Canary 甲田益也子
カナリア Canaryを見ました。この映画は、「地下鉄サリン事件」をモチーフに、カルト教団崩壊後に孤児となった少年たちの生きる姿を描いた作品です。
2005年の邦画ベスト10で、かなり上位にランクインされていたのと、昔ananはじめ有名モデルさんだった甲田益也子さんも出てるし・・・タダで貸してもらったし・・・(^^;ということで見てみました。
甲田益也子 82年anan金子功担当ホワイトウェディング写真と、with立花ハジメ写真
出演 石田法嗣、谷村美月、西島秀俊、りょう、甲田益也子
監督・脚本/塩田明彦(黄泉がえり、害虫の監督さんだそうです。私は両方ともあまり好きな映画じゃなかったです)
カナリア公式HP

写真は、主役の少年演じる石田法嗣と、その母役の、甲田益也子さん(クリックすると表示されます)
canariabanner
甲田益也子さんは、痩せたなぁ・・・(前から痩せてたけど・・・)

映画を見た感想は、う~~~辛かったです、やっぱり。
この映画、好きではないけれども、でも真剣に見ちゃいました。
この映画を見ながら、「誰も知らない」と、なんとなく似た部分を感じてとても辛かったです。親の都合で、無防備な子供達が悲惨な状態におかれてしまう部分
が・・・。 →以前書いた感想文「誰も知らない」 柳楽優弥
主役の2人、石田法嗣、谷村美月さんたちが、とても上手で、特に谷村さんは将来有望かも?という気が・・・。彼女の関西弁がやわらかくて良かったです。

ところで、検索して偶然知ったことには、オウム脱会した人達が集まる会が、カナリヤの会というんですね。そのサイトも少し読んで見ました・・・。

あの時10歳だったお子さんだったら、今21歳なんですよね・・・。自分の意志じゃなく、親の勝手で一緒に入信させられて、、今になっても、そしてこれからも、過去に会に入っていたってことで差別を受けたりするなんて・・・・そして、あの時被害に遭われた方やご家族などを思うと、とても辛すぎです・・・。こんな地下鉄事件のような酷い無差別殺人とかって、怖ろし過ぎ、ユルセンです。

あの事件の前後って、TVで特集とかしょっちゅう組まれていて、関係無いインドまでが、なんだかとばっちりを受けた?感がしていました(私だけかな・・)あの教団が、インドの名前とかをよく使ったりしていたせいもあって、なんとなく不気味なイメージが少々世間の人の中に・・・・。なんとなく、それまではインドの特集とか多かったのに、あれ以降激減した様な・・・。

宗教団体って、マインドコントロールしてしまうんですよね・・・・。実は私の知人に、オウムじゃありませんが、宗教団体に入っちゃった人が何人かいるんですよ・・・同じところじゃなくて、それぞれ別の処に。私の知る限りの、その2,3名に限ってですが、みんな経済的には結構良い暮らし(全財産は寄進だそうで・・・)、成績とか学歴とか上のクラスで、人柄も優しい方が多かった様な・・・。

←amazonへ
【2006/04/24 11:21】  コメント(0) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<亀は意外と速く泳ぐ 意外と面白かったです | ホーム | ベニスに死す ビョルン・アンドレセンの現在・・>>
コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/166-702cc111

映画『カナリア』
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2006/05/13 19:56)
映画館のスクリーンで流す黒い涙・・あの黒い涙を知らない人はいないだろう・・。その彼女、12歳の少女が12歳の少年を助けながら旅をする物語・・。 ・・1995年地下鉄サリン事件捜査でサティアンヘ警官隊と共に突入した&quot;カナリア&quot;・・あのカナリアはサリ


カナリア
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2007/02/10 18:36)
「どろろ」が公開中の塩田明彦監督作。カナリアposted with amazlet on 07.02.04バンダイビジュアル (2005/10/28)売り上げランキング: 13860おすすめ度の平均: りょう×つぐみ ズシンとくる重さがありました。 設定が生か


| ホームTOP ▲ |