fc2ブログ
「ファーストラヴ」「よこがお」「天外者」ネタバレ感想
見た邦画幾つかまとめて
32223.jpg
偶然このところ、家庭内DVな内容の作品を映画や小説で見る事が重なってしまって・・・
でも、この作品は主役の北川さんの父は、アジアで少女売春をしてた、目つきが異常だった、って位で、直接主人公に何かをした、ってシーンは無かったのですが、トラウマを抱えた大人になっているんですよね。

後から知ったのですが、島本理生の第159回直木賞受賞作だったそうで、原作は未読ですが、いつか機会があったら読んでみたいと思います。もしかすると小説では語られている部分が映画では描かれていないのかもしれないです。

中村倫也と窪塚洋介が兄弟なのですが、2人とも偶然北川さんと時間差はあるが交際していて、隠していたつもりでも、ちゃんと窪塚さんにはバレていたんですが、窪塚さんってエキセントリックな役が多いので、こんなひたすら優しく寛容な男性の役って珍しいですね。それで、ついつい、うたがった目で見てしまい、優しそうに見えて変態要素を隠し持ってるのかもしれんって・・・反省・・・。家事も一杯こなしてくれて、妻の仕事も応援してくれて、ひたすら凄く良い人間でした!!

そして、芳根京子さん
この人って意外と演技が出来る女優さんだったんだーと今回驚きました。

監督は堤幸彦さん。一杯大きな仕事を経験しているせいか、本作も飽きる事なく、ずっと引き込まれて見せてもらいましたよ。
全部見終わってみると、ん? って処も無きにしも非ずですが。3つ★半

★以下ネタバレ★
父親をトイレに呼び出し、持っていたナイフで自分から刺したわけじゃないが、床に滑って転びそうになった父が、運悪く刺さってしまった・・・という展開は、ちょっと・・・・。
あと、気になったのは最初の彼氏とは一線超えられなかったけれど、結婚した兄貴とは出来ているんだろうか? もしかして今もしてないか、もしくは兄貴は、とてもゆっくり彼女を気長に待ってくれて出来る様になったような気もするけれど。
以上

ファーストラヴ 2021年
出演者: 北川景子 、 中村倫也 、 芳根京子 、 板尾創路 、 石田法嗣 、 清原翔 、 高岡早紀 、 木村佳乃 、 窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生

あらすじ
アナウンサー志望の女子大生・聖山環菜が、父親を刺殺した容疑で逮捕される。環菜が動機を語らないことも話題になる。公認心理師の真壁由紀は、この事件のルポルタージュを依頼され取材することになる。一方、国選弁護人として環菜の弁護に当たるのは、由紀の夫・我聞の弟で、由紀の大学時代の同級生でもある庵野迦葉だった。

・・・・・・・・・・・・・・
よこがお

演技派の筒井真理子さんが主役。
1度見終わった後、また最初から見直したくなる映画でした。
面白かったけれど、後味が良い作品ではなかったですね・・・。3つ★半

★以下ネタバレ★
池松壮亮の美容院に行って、自然と交際に至ったのではなく、最初から復習目的で美容院に行って近づいて、ベットを共にするという計画的だったんですね。それにしても、一緒に暮らす部屋まで決まっていたのに、医者の彼氏とも別れて、仕事も失い、何もかも無くなるなんて、あまりに気の毒だなあ・・・と思いましたよ・・・。まさか甥っ子があんな事しでかすだなんて想像もしてなかっただろうしね・・・。あと、筒井さんの覚悟の上半身ヌード映像にも驚きました。
市川実日子も酷いよね・・・ 
以上

よこがお (2019/日)
監督 脚本 深田晃司
筒井真理子/市川実日子 / 池松壮亮 / 須藤蓮 / 小川未祐 / 吹越満 / 大方斐紗子 / 川隅奈保子

あらすじ 美容師の米田(池松壮亮)を指名して店に現れた中年女性。彼女は、元訪問看護師の白川市子だった。半年前、市子は担当先の大石家で、女性老画家を献身的に看護していた。老女の孫で介護福祉士を目指す長女の基子(市川実日子)や、中学生の次女サキ(小川未祐)からも信頼され家族のように慕われていた。ある時、喫茶店で甥っ子に教科書を持って来てもらい、そこには基子とサキも。その後、サキが突然行方不明になり・・・

・・・・・・・・・・
20210824134902155.jpeg
天外者

すさまじい才能の持ち主と称された偉人・五代友厚の人生
小さい頃から非常に賢く、人並み外れた才のある人だったのですね
NHKのドラマでディーンフジオカが演じてた人と言う事位しか知らなかったし、そのドラマも見ていなかったので、どんな人だったのか?興味があって見てみたのです。
三浦春馬君の最後の映画になってしまったようで、勿体ないですね、、、

ただ、映画としては、、、
何が今ひとつだったんだろうか、、、
最初の方で女郎との恋愛部分が長過ぎたのに、後半の活躍部分が短過ぎる様な気がしたり、、、

天外者
2020年
監督: 田中 光敏
出演: 三浦春馬; 三浦翔平; 西川貴教; 森永悠希; 森川葵; 迫田孝也; 宅間孝行; 丸山智己; 徳重聡; 榎木孝明; 筒井真理子; 内田朝陽; 八木優希; ロバート・アンダーソン; かたせ梨乃; 蓮佛美沙子; 生瀬勝久
【2021/08/24 14:36】  コメント(6) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ感想「こはく」「寝ても覚めても」 | ホーム | 「午後8時の訪問者」「君と歩く世界」感想>>
コメント

こんにちは。
「ファースト…」の方ですが、

>そして、芳根京子さん
この人って意外と演技が出来る女優さんだったんだーと今回驚きました。

と、私も全く同じ感想でした。
この作品の女優陣の中では彼女が一番良かったような気がします。
ここなつ  【 編集】  URL |   2021/08/25 14:11   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは!
やたら残暑が厳しいですね。
体調に気をつけて、涼しくなるのを待ちましょうね。

私は北川景子さんって、TVのCMとかワイドショー等以外では演技者として見る機会が10年位なかったんですよ。
むかーし、映画の脇役で見た時、下手だなあと思った記憶がありましたが、今回ずいぶん上手になったんだなあーと思いました。
でも近年はドラマとかで沢山主役を張られていて、出世したなあーと感じています。
latifa  【 編集】  URL |   2021/08/26 09:58   |  TOP ▲ |


「よこがお」だけ観ています。
深田監督+筒井さんなら間違いないかなと思って観ました。
確かに後味悪すぎますよね(*_*)

「天外者」
春馬君なので観る予定でいます。
あまり期待せず、かな。
こに  【 編集】  URL |   2021/08/27 08:23   |  TOP ▲ |


こにさん、こんばんは!
あ、こにさんもご覧になっていたんですね!
コメント嬉しいです。ありがとうございます♪
そういえば、タイトルの意味、よく考えずにいて、
こにさんちでその説明が書かれていて、今更ですが、そういう意味だったのかーと納得がいきました。

天外者は・・・うむう・・・期待せずに見るといいかもです・・
春馬君は頑張っていたし演技も立派だっただけに、なんだかこれが彼の最後の作品というのが可哀想な気も・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2021/08/27 10:57   |  TOP ▲ |


latifaさん、おはよう~(^O^)

同じの見てた、ってコレでした。
主人公のトラウマの件、ショックだけど確かに今一つ説得力というか何かが足りない感じがあったよね。原作だと詳しく書かれてあるのかな?
窪塚洋介、同じ~(笑)
あれ絶対、弟の件がばれたら荒れるんじゃ?って勝手に疑ってて、で、全然そうじゃなくて、もう、ごめんなさいとしか言いようがなくて。(^^;
芳根京子、良かったね。
この人、そんなに個性的とか特別華があるとかじゃないから、なんとなく他のアイドルっぽい女優さんの陰にいる様なイメージがあるんだけど、地道に色んな役をこなして息の長い女優さんになったらいいな、と密かに期待はしています。
それこそ(あちらで話した)中井貴一じゃないけど、年月経って立派な俳優になってれば嬉しいだろうな~とか思って。
北川景子はロングより今回のショートのが似合ってる気がしました。
あ、ほとんど俳優さんの感想になっちゃったわ。(^^ゞ
つるばら  【 編集】  URL |   2021/09/02 10:10   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちは!

ファーストラヴの感想、さっそく読んで来たよー。
北川さん、ショート似合ってたね。美人だからどんなヘアスタイルでも似合うのかもしれんが。

ところで、ここでつるばらさんちの記事を引用コピペしてレスしちゃってゴメン
>そこは親は本当に気を付けないといけない所だし、自分も反省してる。
これ、すっごい解るって思ったわ・・・。
私も、映画でのあんな爆弾発言はした覚えはないんだけど、子供に対して言わなければよかったなとか、自分の取った態度とかを後から反省することは何度もあったよ・・・。

芳根京子さんは、そういえば数年前だけど、バラエティを見てた時に、あれ?まばたき多いかな?って思った事があったことを思い出したよ。色々ストレスがあったのかな。演技力がある女優さんなんだなーって今回解ったよ!

あと中井貴一といえば、やっぱり「ふぞろい」だよね。お相手役だった石原さんのその後の波乱万丈な未来、全く想像もつかなかったよね・・。
latifa  【 編集】  URL |   2021/09/02 12:17   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1711-0f5de8ef

「ファーストラヴ」
ここなつ映画レビュー (2021/08/25 14:12)
人生で 恋は何度もするけれど ファーストラヴはただ一度きり。…というような内容の作品では無いのだが、何故かそんな事を考えてしまった。それは恐らくいわゆる恋愛…性的な事を伴う恋愛とは別の、そういう事を超えた、ただ守りたい、ただそばで見ていたい、そばにいられなくとも遠くからでも見守りたい、という純な気持ちがファーストラヴであるとすれば、それがこの作中での登場人物たちの関係に投影されているからなの...


おうち映画(日本)を5本
読書三昧の日々 (2021/08/27 08:20)
「蛇にピアス」 2008年 【チャンネルNECO】 原作 金原ひとみ 蛇のように先が割れた舌を持つ男アマ(高良健吾)と出会ったルイ(吉高由里子)、アマの部屋で一緒に暮らしながらアマの紹介で知り合った彫り師シバ(ARATA)とも関係を持つようになります ルイは自らの舌にもピアスを開け、背中に入れ墨を彫り身体改造の痛みと快楽を委ねる日々を送りますがどこか満たされない思いを抱えていました 吉...


| ホームTOP ▲ |