fc2ブログ
「クーリエ:最高機密の運び屋」「アンモナイトの目覚め」ネタバレ感想
実在の人物の映画
320_20211013151659ac1.jpg


クーリエ:最高機密の運び屋
トム・ハンクス主演のアメリカ映画「ブリッジ・オブ・スパイ」と、ほんの少し雰囲気が似てる映画。
実話だなんて・・・

昔だったとはいえ、えー!いきなり一般人がスパイみたいな事頼まれちゃうなんて。
カンバーバッチ演じる男性が、ただただ気の毒だった。
映画は中盤以降、緊張感が凄くて、どうなるんだーー!って

★以下ネタバレ★
ロシアで何度も組んだ仲間が、そのまま見殺し状態になってしまう・・・って時に、危険をかえりみず、またロシアに入るなんて・・。
で、やっぱり捕まっちゃったよー!!あーあ・・・・。これ実話なんだよね・・・。2年もあの状態で、死なずに帰れて本当に良かった。
カンバーバッチが激やせしていてびっくり・・・
そして、、オレグさんは処刑されてしまったそうで・・・ しょうがないとはいえ、なんだか辛いなあ・・・ 銃殺ではなく、生きたまま火をつけられたという噂もあるそうで・・はぁ~
奥さんにも言えずに黙ってスパイ活動していた時、辛かっただろうな・・・。妻が友人に色々相談するのが、くふふ・・・だった。やっぱり何も口に出さなくても、明らかに普通じゃない、何か変だ、っていうのは解っただろうから。

以上

ところで、オレグさんだけれど・・・何故、自らスパイになろうとしたのか?は解らないそうです・・・。
オレグ・ペンコフスキーwiki

クーリエ:最高機密の運び屋 (2020/英)
監督:ドミニク・クック
脚本:トム・オコナー
出演:ベネディクト・カンバーバッチ,メラーブ・ニニッゼ,レイチェル・ブロズナハン,
あらすじ  1962年10月。ソ連がキューバに核ミサイル基地を建設していることが明るみになり、対立状態にあったアメリカとソ連は衝突寸前に陥る。このキューバ危機を回避するために、アメリカ中央情報局CIAとイギリス情報局秘密情報部MI6はスパイの経験など皆無だったイギリス人セールスマンのグレヴィル・ウィンにある諜報(ちょうほう)活動を依頼する。それはモスクワに飛びソ連軍参謀本部情報総局GRUの高官と接触を重ね、彼から得た機密情報を西側に持ち帰るというものだった。

・・・・・・・・・・
アンモナイトの目覚め

37578jpg.jpg

映画を見終わった後、実在の人物メアリーとシャーロットのことをちょっと調べたら、全然違っていて・・・
そもそも同性愛関係だった事実は解ってないそうだし・・・ 
こういう映画を作ってしまったら、やっぱり全て実話と錯覚されてしまうと思うんですよね・・・。だから、そういうのって、あんまり良くないんじゃないかな・・と思うんですが・・・。
少し匂わせる程度の描写だけならまだしも・・・ この映画の一番のキモというか、印象に残るのが、そういうシーンだったりするのでなおさら・・・。

ケイトさんはいつもながらに堂々と体を張った演技をされていて、さすがです。すっかり、こういうくたびれた中年女役というのが板についていますが、本当は凄く綺麗なので、すごいな・・・と思います。

そして、シアーシャ。こんな色っぽいシーンを演じるなんて、こちらもびっくり。さすがに胸のハッキリ見えるシーンはなかったけれど・・・。このレベルでも相当ショッキングでしたよ。

風景や衣装やらは、とっても素敵! すりガラス的な窓とか、暗くて寒々しい雰囲気とか、とても良かったです。
監督さんは「ゴッズ・オウン・カントリー」の方。そういえば、少し似た匂いがあったわ。

★以下ネタバレ★
シアーシャの邸宅に呼ばれてメアリーが行ってみると、まさにセレブなお家の奥様的だったのよね・・・。でもメアリーが住めるようにと彼女はお部屋を用意して、到着を凄く楽しみにしていた・・・。でも、メアリーは自由に海辺で化石等を採集し研究するのが生きがいだったのに、ここのお屋敷で何をすれと? と、両者の考えの差異がハッキリ出て言い合いになっちゃう。 その後、大英博物館で2人はまた会うのだけれど・・・ この後どうなるのかな?って処で終わっていました。以上

アンモナイトの目覚め (2020/英、他)
Ammonite
監督 脚本 フランシス・リー
撮影 ステファーヌ・フォンテーヌ
美術 サラ・フィンリー
出演 ケイト・ウィンスレット / シアーシャ・ローナン / ジェマ・ジョーンズ / ジェームズ・マッカードル / アレック・セカレアヌ / フィオナ・ショー

あらすじ 19世紀のイギリス。独学で古生物学を学び、かつて高い評価を得たメアリーだが、海辺の町で観光客相手に化石を売って生計を立て、老いた母親と暮らしていた。ある日、彼女のもとを訪れたロンドンの裕福な化石収集家から、鬱病の妻シャーロットを静養のために預かって欲しいと頼まれる。
【2021/10/13 15:35】  コメント(7) | トラックバック(1) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ感想「ミナリ」 | ホーム | 「すばらしき世界」と「スクリーンが待っている 」ネタバレ感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは。またまたお邪魔します。
『クーリエ』面白かったね。最後にご本人が登場して、すごくチャーミングな方だったんだなと思った。
実話って凄いと私も思ったわ。。

で、『アンモナイト』だけども。。
私、この映画もう2年以上前から楽しみにしてて、期待が大きすぎたせいかちょっと、うーん、、って感じだった。
インスタにもロクに感想書かずに、もちろんブログにも上げずに今に至っています。
>こういう映画を作ってしまったら、やっぱり全て実話と錯覚されてしまうと思うんですよね・・・。だから、そういうのって、あんまり良くないんじゃないかな・・と思うんですが・・・。
これこれ、全く同感です。
メアリーはあくまでモデルとして、偽名にするとかね。シャーロットも。
>このレベルでも相当ショッキングでしたよ
これについても色々思うことはあるな~。。言語化せずに今に至っているけど。
監督は大好きなので、次回作に期待かな。
真紅  【 編集】  URL |   2021/10/13 17:21   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
コメントありがとうーー!
クーリエ、最後にご本人登場あったね。カンバーバッチご本人に似せてメイクとかしていたんだなーって思った。
結構似てた。
それにしても、あの冷戦のヤバイ時代、もう私小さかったけど産まれて普通に生活していたんだよ。
自分が知らない処で、こんな風に世界が危険な状態にあったっていうのを全然知らずにいたんだなあって、この手の作品を見るたび思うわ。

で、アンモナイト!
真紅さんちのインスタで探した探した~ これから公開で楽しみーっていうのはあったんだけど、肝心の感想が無い。
そっかー、アップしてなかったんだね。

実話ベースの件、同じ風に思っていたのね。そうだよねー。子孫の方とかもいらっしゃるだろうし。

シアーシャの、ああいうシーン・露出とかに関して
えー!真紅さんの率直な感想とかぜひお聞きしたいなあーー。
凄いやんわりとマイルドいいから、ブログとかでアップしてくれたら凄く嬉しいんだけどなあ~

そうよね、この監督さんは真紅さんにとっては、特別な作品の監督さんだもの。
次回作が楽しみだね!
latifa  【 編集】  URL |   2021/10/14 08:11   |  TOP ▲ |


真紅さん!今ね、ミナリの感想をさかのぼっていたら、
アンモナイト、ちゃんと感想アップされていた!!1

私ったらちゃんと探したんだけど、見逃していたのかー!
ショック。何をやってるんだろ・・。
ごめんなさい!トンチンカンなこと書いちゃって。

上のコメント、もう読んでいたら、ここに再度来ないかもしれないので、
真紅さんちのブログで、後でコメント書いて来るね。
latifa  【 編集】  URL |   2021/10/14 12:55   |  TOP ▲ |


こんにちは。
「アンモナイトのめざめ」劇場で観たので、ラブシーンの生々しさ、驚いたわーーー!!
シアーシャちゃんがこういうシーンやるようになったんだ!!ってなんか近所のオバチャンのように年月を感じました!(^^)!

あの時代の、女性のおかれた立場、これもすごく印象に残りましたよ~。
それと、たくさんの子どもたちを亡くしたお母さんが、大切にしていた白い置物、あのシーンもすごく心に残りました。

荒々しい海辺で、必死に採掘するメアリ、彼女が都会のあの部屋で過ごすことは無理よねぇ。それでも一緒に住みたいと望むシャーロットの若さもわかる気がしたわ~。
  【 編集】  URL |   2021/10/14 15:18   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
コメントありがとうー!
劇場鑑賞されていたのねー♪ 

シアーシャちゃんって、年齢見ると、もう結構な大人なんだものね・・・
でもまだ少女の頃から見てるこっちとしては、アタフタ・・みたいな感じになっちゃうよね。

あの白い置物、なんだろう?って思っていたら、亡くした子供の・・だったのね。
昔は成人するまで子供が育たない事多かったから・・日本でも同じだけど・・
母は辛いよね、小さい頃に亡くなるのって、1人でも精神に相当来るのに
こう多数だとね・・。

シャーロットも彼女の精一杯の愛情を示してあげたくて、あれだけの用意をしたんだよね。
どっちの気持ちも解るだけに、悲しかったな。
でも、ラストがまたバッタリ会ってたから、きっと終わりにはならないよね。
latifa  【 編集】  URL |   2021/10/14 16:03   |  TOP ▲ |


latifaさーんお久ですー
元気ですか?コロナも大分落ち着いて
ちょっと安心してます♪
早く海外に行きたいよー泣

ところで、クーリエの方観ました!
東欧、ロシア好きの私にはそうそうこの雰囲気いいわー行きたいわーと思いながらの鑑賞。以前観た裏切りのサーカスにも似てたなー。本当にベネ様迫真の演技。よくぞ生きて出られたねーと。
可哀想なオレグさん。良かれと思いスパイになったのに冷戦時代、所詮裏切り者としか見られないよね。奥さんや子供は大丈夫だったのかな…
昔、アナザーカントリーってイギリスの映画ありましたよね。若きコリンファース出演してる。確かあれも実話でイギリスの政府高官にロシアのスパイがいてその後、ロシアに亡命したはず。
今のスパイ映画はすっかりハイテク武器の世界ですが昔のスパイって地味な活動でもハラハラ。
昔、チェコはスパイ活動が盛んだったそうですがプラハのあの雰囲気なら妙に納得。
これから、新作映画がどんどん公開されるようなので楽しみです。
又、遊びにきますねー
レナ  【 編集】  URL |   2021/10/14 21:57   |  TOP ▲ |


レナさーん!こんにちはー。コメント嬉しいなー、ありがとう!
海外旅行全然行けないもんね・・・。悲しいねー!
レナさん毎年一回は大きな海外旅行していたのに・・
来年の1,2月頃少しは行ける様になっていないかな・・・。
たとえ行けても、戻って来た時に日本の規則で2週間とか足止めにされちゃうなら
やっぱり行けないよなあ・・・。

で、クーリエ、レナさんも見てたのねー。
東欧、ロシアの重々しくて暗い感じ、私も好きー。
レナさん、一杯あの辺りの国々、制覇してるよねー。いいなあー!

裏切りのサーカスは、ハンガリーがロケ地だったっけ?ブダペストの素敵な感じが印象に残っているよー。
あー私も行きたいなあー。

オレグさんのご家族、その後どうなったんだろうなあ・・・私も気になってた。
ロシアは今でも毒殺とか強引な投獄とか色々あって怖いよね。
観光で行くには良いけど、長く暮らすとなるとなると・・・。

カンバーバッチは、あんなに痩せたのに、コロナのせいであんまり話題になってなくて可哀想。
普通の世の中だったら、もっと注目浴びただろうに。

アナザーカントリー 懐かしいね。今や大御所の俳優さんたちが若かったよねー。
それがさ、内容とかその他、殆ど忘れちゃってるんだよー 泣

チェコとかポーランドとか東欧、観光として行くには大~好きだよ!
レナさんや私が行った頃には無かったけど、今はプラハ市内にスパイの博物館が出来たらしくて
そういうのも興味あるよー。
冷戦時代のスパイも怖いけど、ソソられるものがあるわー。

最近ショパンコンクールが開催中で、今はYOU-TUBEで全部見れる様になってるのが凄いなあと思ってる。
全部じゃないけど見たりしてるよー。ワルシャワとかクラクフとか、行きたいなー。
latifa  【 編集】  URL |   2021/10/15 14:50   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1746-795bec46

「アンモナイトの目覚め」
Slow Dream (2021/10/14 15:19)
1840年代、イギリス南西部の海辺の町ライム・レジスに母親(ジェマ・ジョーンズ)と二人で暮らすメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット)。 11歳で魚竜イクチオサウルスの化石を発掘した栄光も今は遠い過去となったが、独学で勉強を続けながら、生活のために観光客の土産物用アンモナイトを探して売って暮らしていた。 そんなメアリーの店に、ロンドンから化石収集家のロデリック・マーチソン(ジェームズ・...


| ホームTOP ▲ |