fc2ブログ
「幸せの答え合わせ」「スターダスト」感想
128.gif
実話ベースの映画2本
アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナーの3人が、夫から突然離婚を切り出した熟年夫婦とその息子を演じる人生ドラマ。「グラディエーター」「マンデラ 自由への長い道」などの脚本で知られるウィリアム・ニコルソンが、自身の両親との実体験を基に、自ら監督も務めて映画化。

3人とも好きな役者さんだったので楽しみにして見たのだけれど・・・
いやあ・・・面白くないって訳じゃないんですけれども、暗い気持ちになる映画っていうかね・・・

イギリス南部の風光明媚な海辺の町シーフォード
ここのロケーションが素晴らしいですねー。
家からすぐ側にこんな風景があるなんて素敵だなあ。

こんな風に老年になって、いきなり離婚を言い出されたらビックリしちゃうわ・・・
妻側は全くそういうの想像もしてなかったみたいだし・・・
とはいえ、ずっと長い間、上手く行ってなかったみたいだけど(夫側は辛かったのよね)
前に、フランス映画で、こういう題材を見たけど(やっぱり夫に別の女性が現れて、その人と新しく人生やって行くからと)

本作は息子がね、とても母思いで優しいのよねーー。なかなか、こういう風に気にかけてくれて頻繁に来てくれるなんて、ないと思うわー。

★以下ネタバレ★
で、妻が夫の彼女の家に突然訪問していくのだけれど・・・。実際に見る迄はどこか信じられない・・(信じたくない)って気持ちがもしかしたらあったのかもね・・・。でも彼女に会って事実だって解ったら、すーっと何か悟った様な処、あるのかなー。以上

幸せの答え合わせ 2018 /イギリス  
内容 あらすじ  穏やかだった結婚生活が29周年を迎えようとしていたグレースとエドワードだったが、一人息子のジェイミーが久々に帰郷した週末、突然エドワードが離婚を切り出す。自分と同様にエドワードも幸せだと思い込んでいたグレース。思いもよらぬ夫の宣言に取り乱し、怒りを爆発させる

・・・・・・
91cTnZc.jpg

スターダスト

ロック歌手、デヴィッド・ボウイの伝記ドラマ。
ボウイのことは、1980年過ぎてから知る様になったので70年代前半の活躍とかは、あんまり良く知らないんですよ・・・。
評判良くない映画だったけど、ちょっと彼の人生に興味があったので見てみました。

主役を演じた俳優さんが、、、、、
あんまり似てないのよね・・・。ボウイってもっとカッコ良い印象なのだけれど・・・・。
むしろ最初の奥さんを演じた女優さんが若干似てた様な・・・・

でも、知らなかった事が色々知れて、そういうのを知る意味では興味深かったかな・・・。
ボウイのお母さんは再婚されていて・・・ちょっと複雑な家庭環境だったのね。

一番びっくりしたのはお兄さんが精神病で・・・(兄だけじゃなくて姉妹等親類で精神病になった人が複数いるとのこと・・ 一人はロボトミーの手術を受けてたとか・・・・)自分もいつかそうなるんじゃないか・・・という不安を抱いていた事。
兄から音楽で多大なる影響を受けていたそうで、この兄がいなかったら、今日のボウイはいなかったんだろうな・・・。
お兄さん、最後は電車で・・・ってショックだわ・・・。

アメリカに渡ったものの、知名度無くて、ライブするって言ってもこんなところでやっても誰も見てくれないわ、って処だったり・・・
昔はネットもないから、大変だったよね・・・。

タイトル スターダスト
原題 STARDUST
製作国 イギリス、カナダ 製作年度 2020年
監督 ガブリエル・レンジ
出演 ジョニー・フリン、ジェナ・マローン、デレック・モラン、アーロン・プール、マーク・マロン、アンソニー・フラナガン
あらすじ アルバム「世界を売った男」を発表した24歳のデヴィッド・ボウイは、プロモーションツアーのためにイギリスからアメリカに渡る。各地を回るうちに、彼は自分が全く世間に知られていないこと、自分の音楽が時代を先行しすぎていることを知る。
【2022/03/27 10:05】  コメント(4) | トラックバック(0) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ感想「ディア・エヴァン・ハンセン/Dear Evan Hansen」 | ホーム | 「アジアの天使」「半世界」「ルームロンダリング」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは。
熟年離婚、日本でもあるあるだけど切り出されたほうは晴天の霹靂なんだろうか。
まあ、あの旦那さんが浮気して離婚されるとは夢にも思わないだろうけど(笑)。
大人になっても、子は親が離婚したら辛いだろうね。。でも親にも親の人生があるからね。

ボウイの映画は観てないけど、身内のこととか全然知らなかった。。そうだったのね。
息子さんが映画監督になっているよね。
ボウイの曲はよく映画でも使われるし、今やクラシックだよね。
真紅  【 編集】  URL |   2022/03/28 17:32   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
いきなり言われてしまう、っていうのがなあ・・・
前々から覚悟が決まってるのとでは大違いだよ。

離婚は多いよねー。周りでもした人が多いし、
離婚してなくても実質夫婦破綻してる人も多いし・・・
私が子供の頃、偶然なのかもしれないけど、
友達の親が離婚していて片親だったり再婚されてるとかってのが
とても多かったよ。

そうそう、ボウイの息子さん、才能ある映画監督になってるよね。
彼に父親の映画を撮ってもらったら良いんじゃないか?と思ったよー。

PS 昨日のアカデミー賞、すっかりウィル・スミスが話題を持ってっちゃったね。
怒るのはもっともだけど、殴るのは良くないなあーと思ったな。
でも、あのご夫婦、お互い浮気公認?みたいな感じと前に聞いたなあー
いや、ウィル・スミス好きなんだけどね。
latifa  【 編集】  URL |   2022/03/29 09:23   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2022/03/29 16:11   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2022/04/05 12:26   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1768-12a2ff78

| ホームTOP ▲ |