my best映画「山の郵便配達」世界のポスター集め
山の郵便配達は、私が今まで見た映画の中で5本の指に入る、特別にお気に入りな映画です。
とにかく内容といい、映像といい、音楽といい、全てが良くて、本当に良い映画、大好きです。5つ☆です!何度も泣けてしまうシーンが・・・。犬も可愛いし、出演者全員がとても合っていたし、あの女性も凄く美しく、お母さんも凄く綺麗。お父さんと息子もぴったりの適役。脇役も味が有る。
postman

原題:那山那人那狗(あの山、あの人、あの犬)1998年作品
監督:霍建起(フォ・ジェンチィ)
原作:彭見明『那山那人那狗』脚本:思蕪(スー・ウー)
撮影:趙[金雷](ヂャオ・レイ)
主演:滕汝駿(トン・ルーヂュン)、劉[火華](リゥ・イェ) 趙秀麗(ヂャオ・シゥリー)

昔「なるほど ザ・ワールド」か、もしくは何かの番組で、実際に中国の奥深い地方で、こうやって毎日人間が歩いて郵便配達を送っているという話を見た事がありました。それの映画版とでも言いましょうか・・・
どうも私は、凄く好きな作品・人については、言葉が色々出て来なかったりします・・・すいません。いまいちの時はそこまで言うか?って位色々言うくせに。

ところで、フォ・ジェンチィ監督の新作「故郷の香り」東京国際映画祭で東京グランプリと主演男優賞を取った元題「暖(ヌアン)」です
故郷の香り公式サイト
故郷の香り 見ました 感想

同監督の、前作品が去年(確か)上映 『ションヤンの酒家』 公式サイトは、見に行こうか、どうしようか・・・と悩んでいる内に、あんまりだった・・という評判を聞いて、それじゃビデオで良いか・・・と・・
「ションヤンの酒家」見ました。レビューはこちら

結局3作品見たところ、山の郵便配達が特にお気に入りだったけれど、故郷の香りも、ションヤンも、私はいまいち・・・でした。
【2006/05/04 12:30】  コメント(11) | トラックバック(5) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「TAKESHIS'」感想と、シモーヌ | ホーム | 戦場のアリア良かったです、世界各国ポスター>>
コメント

こんばんは~
古い記事にお邪魔します。
最近リウ・イエのファンになって
その関係でこれを見ました。
リリースされた時は「地味そう~」と食指が動かなかったのですが
これ,めちゃくちゃいいですね~。
シンプルだけど心に沁みまくります。
中国映画は奥が深いわ~~~
役者もよかったけど,中国の秘境のような山の風景と
とにかく,あの犬が~~よかった。
犬好きにはたまらない映画ですね。
なな  【 編集】  URL |   2008/10/02 01:15   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは~!
確かに「地味」な映画ですよねw
私はこれを沢山の友達や知人に「良いよ~私はスゴイ感動したよ」と言いまくり宣伝しまくったのですが、そのうち半分の人は良かったよ!と言ってくれたのですが、あと半分の人は、言葉にちょいと詰まってましたw

そうそう、あの風景と犬がたまりません♪
それにしても、リウ・イエって年取らないなあ・・・。中国人の俳優さんって、老けにくいですよね^^
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/02 16:47   |  TOP ▲ |


ななさんの記事から飛んで来ました~♪
これ、ものすっご~~~~~く好きな映画なんです~。
latifaさんも今までで見た中でベスト5に入るのでは?というのを読んで、なんだかすっごく嬉しい私です^^
あ、でもションヤン・・はいまいちでしたか(^^ゞ
私はわりと楽しめた・・というかあの雰囲気が好きだったんですけどね(^^ゞ
でもです、この映画には全然かないませんです、はい。
風景を見てるだけでも心癒されそうでしたが、父と息子の関係、ワンの演技(?)の素晴らしさ、もう、なにもかもがたまらない、という映画でした。
でも、すでに忘れかけてる部分もあり、再見したいなぁ、とつくづく思っています。
メル  【 編集】  URL |   2008/10/03 08:55   |  TOP ▲ |


メルさ~~ん!私も凄く嬉しいです。この映画は私の本当にお気に入りの1本なのです。だから、その映画を大好きだ!っておっしゃる方と、こうやってブログで出会えて、感動です~ヾ(≧∇≦)〃

ションヤンも、故郷の香りも、私はそれほどでもなかったんです・・・。風景は良かったのだけれど、内容が・・・。
この監督さんの最新作を、雑誌で紹介してるのを見たのですが、どうなのかな・・・。最初に偉大な作品をダーンと作ってしまうと、その後がキツイっすね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/03 17:45   |  TOP ▲ |


初めまして(かな?)、東京在住のNARCYと申します。
瞳さんのブログTEA PLEASEから参りました。
『山の郵便配達』いいですよねぇ~。映画館って岩波ホールですか?私はDVDで観ましたが、父親が息子におぶられて川を渉る際、祭りの日に幼かった息子を肩車した事を思い出し涙するシーンでやられました。
それにしても、オリジナルポスターの画像がすごいですね。また覗かせて頂きます。

よかったら私のサイトにもアクセスして下さい。
御感想などを是非。

オムニバス映画ワールド
http://web.me.com/omnibusworld
NARCY  【 編集】  URL |   2010/03/19 21:02   |  TOP ▲ |


NARCYさん、こんにちは!
瞳さんちから来て下さったとのこと、ありがとうございます^^
嬉しいです~。
瞳さんちで、『山の郵便配達』についてお話されているのを読んで、勝手に嬉しくなっていました。野性の証明とかいう、これまたとっても懐かしいタイトルもあげていらっしゃって、具体的な部分はもう忘れてしまったのですが、ケンさんと薬師丸さんと、あと確か中野良子さん・・?(知的な美女)が出ていて、当時の私は、中野さんって素敵だな~って思っていたことを思い出しました。

映画館は岩波ホールではないんですよ。神奈川県の映画館で見ました。岩波ホールは遠いので、もう随分行ってません・・・素敵な映画館なのに行き難くて残念です。
DVDは映像良かったでしょうか・・・?TVで深夜に放送されたやつを3倍で録画して見たら、愕然・・・。こんな映像じゃなかった・・・って、ほんとにがっかりしたんです。まあいまどきビデオ、しかも3倍だったのがいけなかったんだろうと思います。でも、内容は同じですよね^^
>父親が息子におぶられて川を渉る際、祭りの日に幼かった息子を肩車した事を思い出し涙するシーンでやられました。
 あ~~あのシーンは、もう涙腺壊れまくりでした。
全体的にあちこち、ツボを押されまくりの映画です・・。

NARCYさんちもお邪魔させて頂きます^^ コメントとても嬉しかったです☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/20 10:37   |  TOP ▲ |


またお邪魔します!
私のサイトにもアクセス&コメントありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。
DVD画像よかったですよ。緑が鮮明に写ってました。ただ私はDVDを鑑賞する時は基本的にパソコンPowerBook15で観てますので、出来れば大画面で観てみたいです。50インチモニターとか・・・。私の部屋では無理ですけどね(笑)
またお邪魔しますので、LATIFAさんもいらして下さい。映画の話を熱く語りましょう(笑)

オムニバス映画ワールド
http://web.me.com/omnibusworld

NARCY  【 編集】  URL |   2010/03/20 12:07   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2010/03/20 12:10   |  TOP ▲ |


NARCYさん、こんにちは!
> DVD画像よかったですよ。緑が鮮明に写ってました。ただ私はDVDを鑑賞する時は基本的にパソコンPowerBook15で観てますので、出来れば大画面で観てみたいです。50インチモニターとか・・・。
そうでしたか。普段はPCでごらんになられているのですね。
私もPCで見る事も結構多いです。
でも、大画面で見た時と、PCで見た時では、感動度が何割か違う様な気がします(^^ゞ
本当は劇場の大画面でいつも見たいんですが、そうもいかず・・・。
お家で大きなシアターがあると、いいなあ~。

> またお邪魔しますので、LATIFAさんもいらして下さい。映画の話を熱く語りましょう(笑)
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いします^^
また遊びに行かせてくださいね☆
リンクの件も了解です♪ 私も早速入れさせて頂きました^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/21 10:26   |  TOP ▲ |


私も観ました。
いい映画でしたね。 latifaさんがマイ・ベスト映画にあげられるのがわかります。

映画をみながら、何度も涙が浮かびました。美しい山の風景を見て泣き、お父さんが息子の姿に、母と出会った頃の自分を重ねているのに泣き、息子が父をおぶうシーンに泣き…。

なんてことのないシーンにも涙があふれます。

お父さんとお母さんが出会うシーンで「牛が帰って村人は喜んだが、父は母が無事なのを喜んだ」ってセリフに、当時の女性の地位の低さを垣間見た気がしました。

そして、次男坊!可愛かったです。最初は息子についていかず「え?お父さん行かないの?Σ(´゚д゚`)」って顔するんですよね。
日月  【 編集】  URL |   2016/03/26 20:09   |  TOP ▲ |


日月さん、こんにちはー!
これ、TBとコメント頂いて、とっても嬉しかったです。
かなり思い入れのある、お気に入りの映画なんですよー!
その後、TVで放映される時に、数回録画して再見したのですが、それが我が家では、まだビデオの時代でね・・・
どうもビデオだと画像が綺麗じゃなくて、あの風景と映像のすばらしさが感じられなかったんです。あと、日本語吹き替えだったりして・・・。DVDに変えてから、トライしてないかもしれない。また再見したくなってきました。

> お父さんとお母さんが出会うシーンで「牛が帰って村人は喜んだが、父は母が無事なのを喜んだ」ってセリフに、当時の女性の地位の低さを垣間見た気がしました。

そうでしたよね・・・。うん、うん・・・。
若い時のおかあさん、美しかった! あれは惚れてしまうのも解る!
latifa  【 編集】  URL |   2016/03/27 09:51   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/178-33f40bfa

映画「山の郵便配達」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2007/10/16 00:55)
POSTMEN IN THE MOUNTAINS  -3日で120キロを歩く- タイミングが合えば観たいと思ってた映画(9/10movieplus)。1980年代中国南部の山間部を舞台に2泊3日で郵便物を集配する、郵便配達人の父と息子、そして次男坊という名の愛犬のハートウォームな物語。この物語


山の郵便配達
映画、言いたい放題! (2007/10/17 02:26)
アジア映画はあまり見ないのです。出ている役者が必ず誰かに似ていて誰だっけ?ってことが気になっちゃって。。。f(^^;) でも観てみると結構良い作品があったりするのですよね。でも自分からは観ない。これも人のオススメです。f(^^;) ビデオで鑑賞。1980年初頭


山の郵便配達
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2008/10/02 01:18)
藍宇のリィウ・イエの,映画初出演の作品ということで鑑賞。1999年に中国金鶏賞を取った,地味だけど静かな感動の余韻がいつまでも後を引く作品だ。 原題は,「あの山 あの人 あの犬」だそうだが,確かに深く険しい山峡の風景と,そこに生きる素朴な郵便配達の父子,そし


「山の郵便配達」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2008/10/03 08:56)
ストーリーは・・・・・ 80年初頭の中国・湖南省西部の山間地帯。 長年、責任と誇りを胸に郵便配達をしてきた男にも 引退の時が近づいていた。ある日、男はその仕事を息子に 引き継がせるため、息子とともに自らの最後の仕事へと出発する。 それは一度の配達に2泊3日


古き良き、少し前の中国 [映画]山の郵便配達
日々の書付 (2016/02/20 19:38)
いやー、いい映画でした。『山の郵便配達』は、険しい山道を歩いて手紙を運ぶ老郵便局員と後を継いだ息子のロードムービーです。 山の郵便配達 あらすじ 80年代初頭、湖南省西部の山岳地帯。険しい山道を歩いて郵便物を届ける老郵便局員が、足の怪我で引退することになる。彼の跡を継ぎ、息子とともに最後の配達に向かう。 息子は、ほとんど家にいない父親に対して素直になれず、跡を継いだのも若者らし...


| ホームTOP ▲ |