fc2ブログ
ネタバレ感想「ディア・エヴァン・ハンセン/Dear Evan Hansen」
2022032700.jpg
ミュージカルはあまり好みのジャンルじゃないのだけれど、内容に興味があったので見てみました。
うーん・・・微妙・・・。嘘だからな、、、
でも面白くないわけじゃなく、最後まで引き込まれて見せてもらったのだけれど・・・

いやあ・・・アメリカの学校生活って大変だよな・・・と思いました。(日本もだけど)
たとえば、スピーチの時に彼がしどろもどろになった時に、多い人が携帯で画像を撮影し始めるんですよね。
え・・・・って思っちゃった。
あの時点では、立派なスピーチではなくて、アタフタしてる状態だったから・・・ なんで、ここで撮影する?って思ったんですよね。
日本でも、こういう場で撮影とかする人いるんだろうか?

その後盛り返して良いスピーチになって拡散され話題になって、人気者になるわけだけど(そこまで私にはあのスピーチにピンと来なかったけど・・・) うーん

一番可哀想なのは、妹のゾーイよね・・・恋愛関係にまでなってたのに、嘘つかれてたなんて・・・ひどいよー。
そして、ご両親もショックだよー、ママさんなんて元々精神が弱そうだから心配になっちゃうわ・・・。それでも彼が自死したら息子を2人失う事になっちゃうから黙ってることに決めただなんて、、、あーあ。やっぱり嘘はいけないなあー

★以下ネタバレ★
最後の方は、エヴァンが死んだコナーがどんな人間だったのか?を調べて行くようになる。愛読書とか友人とか・・・その中で彼の友人が持っていたギターを弾いている動画を発見し、それをご両親に送る、、っていうのは良かったけど・・・。
最後はコナーの果樹園でゾーイと久しぶりに話すシーン。エヴァンは大学には1年遅れで進学することにして、1年は学費を稼ぐためにバイトをしたり、編入する方法?(詳しい事は解らないが)を取る事にしたそうな。コナーのご両親は度々この思い出のある果樹園に来ているそう。
以上

あと、色々な活動を行っている積極的なリーダ―タイプの綺麗なアフリカ系の女子も、同じ様に薬を飲みながら、なんとか頑張っていた・・・というのもビックリ。

この映画、面白かった「ウォール・フラワー」「ワンダー~」のスティーヴン・チョボスキー監督作品なので、孤独な少年の気持ちにぐっと入り込んだ描写が上手ですね。

監督さんのインタビューを見たところ、監督さんは学校で友達も多い方だったとのこと。てっきり、監督さんがいじめられっ子とか孤独な子供時代を送ったとばかり思っていたのですが違ってました。
きっと監督さんは気を配れる優しい人で、友達の中には、孤独なひとりぼっち系の人もいたんじゃないかな・・・。

以下、監督のインタビュー記事の抜粋です
やはり僕自身もアウトサイダーだという気持ちがどこかであるからです。ただ僕はアスリートでもあったので、学校では友だちも多い方でした。だから、はみ出し者と人気者の双方をつなげるのが自分の役割と感じていました。人生で学んだことの1つが、人々には差異よりも似てる部分が多いということです。

以前、「ディス/コネクト」(2012)っていうアメリカ映画を見ましたが、学校での孤独感とかSNSでの怖さとか、10年経っても余り変わってないかもなあ・・・ 

エイミー・アダムスがママ役かぁー!
主役の俳優さんは知らない方だったけれど、普段の姿を見ると、さすが役者さん。この役になりきっていたのね。

ディア・エヴァン・ハンセン (2021/米)
Dear Evan Hansen
監督 スティーヴン・チュボスキー
脚本 スティーブン・レヴェンソン
出演 ベン・プラット / ケイトリン・ディーヴァー / ジュリアン・ムーア / エイミー・アダムス / アマンドラ・ステンバーグ / ニック・ドダーニ / コルトン・ライアン / ダニー・ピノ

あらすじ エヴァン・ハンセンは母と二人暮らし、うつ気味の高校生。憧れの女の子ゾーイを見つめるだけ。
ある日、セラピーの一環で書いた「Dear Evan Hansen」で始まる自分宛ての手紙を、ゾーイの兄の同級生コナーに取られてしまう。後日、校長から呼び出された僕は、コナーが自殺をしたことを知る。
そして、彼がポケットに入れっぱなしになっていたあの手紙を見た彼の両親は、エヴァンがコナーの親友だったと勘違いをしてしまい・・・・
【2022/04/09 09:17】  コメント(3) | トラックバック(0) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ「アナザーラウンド」「はじめてのおもてなし」 | ホーム | 「幸せの答え合わせ」「スターダスト」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは~。コメントありがとうございました。
そうそう、監督名を知って納得したわ。なんとなく監督の色が出ているよね。
オリジナルのミュージカルでは、スピリバーグのWWS(まだご覧になってないかな?)でリフ役だったマイク・フェイストがコナー役だったらしい!
このマイク・フェイストって役者さん、すごく素敵でWWS一本で大好きになったよ。
で、次回作はゼンデイヤとかジョシュくんとかと共演するらしく、すごい楽しみ!(おっと話がそれた)
スマホやSNSができてから、学校生活ってほんと大変になったと私も思うわ。
正直、スマホのない時代で自分はよかったと思ってる。
でも、今の子たちも時代に適応してうまくやっているんだろうけどね。
真紅  【 編集】  URL |   2022/04/09 10:49   |  TOP ▲ |


latifaさん、ごめん、↑のコメント意味がわからんよね(笑)。
WSSなのになぜかwwsって、、ウエスト・ウエスト・ストーリーじゃん。
ごめん、ウエスト・サイド・ストーリーでした。失礼しました!
真紅  【 編集】  URL |   2022/04/09 10:53   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
コメントありがとうー!

で、心配してくれて再度書き込みして下さったけれど、ちゃんと通じていたよ!
まだウェストサイド~映画は見てないんだけど、楽しみ♪
画像見た感じじゃ、この人(イケメンさん)が?!って驚きがあるわ。

>エイミー・アダムズ、お母さん役もやりつつ魔法にかけられての続編も撮ってるらしい!

ええっ、そうなの?それは初耳だった。こちらも楽しみ。
この15年って、かなりそういう価値観とか急速に変わって来た感じ。
latifa  【 編集】  URL |   2022/04/10 08:23   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1810-ec6f25ac

| ホームTOP ▲ |