fc2ブログ
「君のいた永遠(とき)」「チイファの手紙」「誰がための日々」
o0387056115007679593.jpg
中国(香港)映画3つ
君のいた永遠(とき)
最近TVで放映されていたのを見ました。
金城君目当てで。

開始早々、こりゃ途中で挫折しそうだなあ・・・と、ちょっと見るのが辛かったんですが、そのまま続けて見ていたら、中盤から面白くなって来て

★以下ネタバレ★
20年後、空港で彼から渡された箱の中身!
君が恋しいと思った時の空の写真が78年とか92年とか裏に日付が入ってるのが複数。
いやー、こういうのはベタだとは思うけど、ぐっと来ちゃったなあ。
金城君の20年後は別の中年俳優を使っていて違和感・・・ 
あと、カレン・モクが親友を愛していた、っていう設定は、この当時なかなか斬新だったんじゃないかな。
なんで金城君は彼女と結婚したんだろうか? という疑問はあるが・・・ 話しやすく気が合ったからなのかな。
以上

中盤以降は日本ロケも多いので、99年頃の日本の様子等も見れて楽しかったです。

金城君のラブシーン、キスシーンとか、結構凄かったです。
ジジ・リョンさんって背が高いのねー。金城君と並ぶとほぼ同じ身長だった。

君のいた永遠〈とき〉 (1999/香港)
Tempting Heart
監督 シルヴィア・チャン
撮影 リー・ピンビン
出演 シルヴィア・チャン / 金城武 / ジジ・リョン / カレン・モク / エレイン・チン / シェール・ヤン / タイ・リーチェン
あらすじ シェリルは映画監督。次回作に考えていたのは、心にずっとくすぶり続ける、彼女自身の初恋だった。1977年、香港。17歳のシューヤウは、親友のチャンリーと、以前コンサートで一目惚れしてしまった19歳の受験生ホークァンと再会し、恋におちる


チイファの手紙

岩井俊二さんの映画。
日本版「ラストレター」は以前見た事があります。
殆ど同じ内容だった気がしますが、少々違う処もありました。
まず舞台が日本は夏なんだけど、こちらは冬でした。
やっぱり私は日本版の、美少女2人とキラキラしてる映像の方が好きだったなあ。

あと、トヨエツが横からかっさらってった理由とかは書かれてなかった気がしたのだけど(あったかな?)
中国版ではハッキリ当人が打ち明けてました。
貧乏で大学に行けなかったトヨエツ似のワイルドな彼は、学食で働きながら、大学に通っている裕福なやつらに
復讐してやろうと、美しかった彼女に近づいて、かっさらっていったとのこと。うわ・・・。

2020年/中国 你好、之華
監督・脚本・原作 岩井俊二
出演 ジョウ・シュン、チン・ハオ、ドゥー・ジアン、チャン・ツィフォン、ダン・アンシー、タン・ジュオ、フー・ゴー

・・・・・・・・・・・・・

誰がための日々
半年位前、アマプラで見ました。

憂鬱になる重い内容。
香港でも親の介護は大変なのは同じ。
一人で頑張って母親を介護していたが、その結果、彼は鬱に・・・。
それまで私生活は彼女と順調だったし、仕事もバリバリやってたんだけど、すっかり人生が変わってしまった・・・

主役の男優さんが、やつれてる風に作ってるんだけど、カッコいいのが消せられない感じ。
父と一緒に狭いアパート(これはキツイわ。住宅事情が大変なのは知っていたけど、こんな狭い処に大勢の家族と共同生活は厳し過ぎる。

誰がための日々 2019/香港
監督 ウォン・ジョン
出演 ショーン・ユー, エリック・ツァン, エレイン・ジン
内容 会社を辞め1人で母の介護をしていたトン。弟はアメリカに行ったきり戻らず、父はお金を入れるだけで家には寄り付かなかった。母は傍にいるトンに辛く当たるしか術がない。でもトンは母を施設には入れたくなかった。結果、介護うつになり、ある事故を起こして最愛の母を死なせてしまう。裁判は無罪、しかし躁鬱病で措置入院させられる。「家族の支えが必要」と医者から言われ、父が迎えにくる。母の居た部屋を解約し、狭い父の部屋で2人は暮らし始める。
【2022/09/01 07:08】  コメント(4) | トラックバック(2) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「ポプラン」「ちょっと思い出しただけ」「懲戒免職」ネタバレ感想 | ホーム | 「グレイマン」「シャン・チー/テン・リングスの伝説」「ニンジャ・アベンジャーズ」感想>>
コメント

日本版のトヨエツと中山美穂さんの演技に驚きました。
けど中国版は、何ていうのか”底辺感”がさらにさらに凄かったです。

香港の一般人の住宅事情、映画でしか知りませんが本当に厳しいですね…。
こに  【 編集】  URL |   2022/09/02 08:09   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
そうそう、トヨエツと中山美穂さんが登場して、あっ!って(私は出演してるって知らずに見たので)驚きました。

底辺感・・確かにありましたね・・・。
日本も変わりましたが、中国の暮らしもそれ以上に変わったんでしょうね。

香港、返還前や返還直後は、観光地としてとても華やかで人気があって、でも最近は色々本当に大変そうです・・・
長年生きてると世界の事情の移り変わりを感じますね・。
latifa  【 編集】  URL |   2022/09/02 10:51   |  TOP ▲ |


お邪魔します~
金城君、昔の作品でしか会えないから
残念だけど、やっぱりカッコいいよね
(笑)友人のカレン・モク、え~~そういう思いがあったの!!って、驚いたよ。確かにあの時代、なかなかなかったよね・・ああいう設定。
空の写真は泣けるよ~~
金城君そこまで・・・つらかったね・・・と思うし。
またどこかで映画とか出演して欲しいな~~
みみこ  【 編集】  URL |   2022/09/02 14:32   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
コメントありがとう。
金城君、活躍しまくっていた頃は、ルックスは凄く好きだけど、なーんか
演技が平たん?というか、言葉の抑揚が静かっていうか、そんな風にちょっとだけ思ってたんだけど
過ぎて振り返ってみると、そんなのはどうでもよくて(笑)やっぱりカッコ良かったなーって
好きなルックスだったなーって思うんだよ。
私は渦中にいる最中じゃなくて、ちょっと過ぎてからじゃないと、解らないっていう悪い癖があってね。

何故この映画を今放映してくれたのか解らないけど、映画上映が昔よりずっと減ってしまっている今日このごろに、なかなか嬉しい事だったよー。
latifa  【 編集】  URL |   2022/09/03 08:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1848-ebdc35a7

おうち映画(海外)を5本
読書三昧の日々 (2022/09/02 08:04)
「イカとクジラ」 原題 THE SQUID AND THE WHALE 2005年 アメリカ 【Netflix】 1986年、ニューヨーク・ブルックリン 落ち目のインテリ作家・バーナード(ジェフ・ダニエルズ)と近々ニューヨーカー誌で作家デビューを飾る予定の母親・ジョーン(ローラ・リニー) 2人の間には16歳になるウォルト(ジェシー・アイゼンバーグ)と12歳のフランク(オーウェン・クライン)...


君のいた永遠(とき)
ちょっとお話 (2022/09/02 14:33)
君のいた永遠(とき)  (1999  香港) 原題・・心動 監督  シルヴィア・チャン 製作  ジョン・チャン,ソロン・ソ 脚本  シルヴィア・チャン,キャサリン・クワン 撮影  リー・ピンビン 音楽  ケイ・ファン 出演  金城武,  ジジ・リョン,    カレン・モク,エイレン・チン,    ウィリアム・ソー,シルヴィア・チャン 977年、香港。 17歳の高校生シュー...


| ホームTOP ▲ |