アユブ・オガダ(ナイロビの蜂の音楽)プロフィール・試聴など
01

「ナイロビの蜂」の音楽、使われていたアフリカンな歌や音楽が、なかなか良いな~って耳に留まられた方も多いはず。私もその一人でしたので、帰宅後、どんな人なのか、調べてみました。唄・演奏は、「アユブ・オガダ」Ayub Ogada氏というケニア出身の方。Nyatiti英文説明と試聴という、ケニアのLuo族の伝統楽器の使い手でもあります。

ナイロビの蜂のサウンドトラックも出ているし、アカデミー賞の主題歌賞エントリーに、ノミネートもされたみたいです。アユブ・オガダ The Constant Gardener”Dicholo”  
  映画「ナイロビの蜂」の感想ナイロビの蜂 期待し過ぎたのかな・・・・

日本には彼のプロフィールとか、経歴紹介するサイトが無かったので、ちょっくら海外に飛んで集めてみました。
(アユブ・オガダ プロフィール経歴)
アユブ・オガダは、ケニアのモンバサMombasa.で産まれたLuo族の人。
6才の時、彼の親と一緒にアメリカに行きました。(彼の両親がまた音楽家という説と、お父さんが医学関係の仕事?の為という説とあって、どっちだかわからん)
その後、ケニアに戻り、カトリック系の学校に進む、(英国の寄宿学校で過ごすという説も・・ケニアにある英国の寄宿学校って意味かな?)1979年より、ケニアで、バンドで音楽活動を行う。Taxi Pata Pata(可愛い名前♪)というグループで演奏していたこともあったようです。(どの時代かは不明)
1986年に英国に行き、ストリートミュージシャンとしてお金を稼ぐうち、ピーターガブリエルと知り合い、一緒に仕事をするようになる。WOMADツアーにも参加(これがメジャーになる、きっかけだったんでしょう・・・。あの頃、ピーター・ガブリエルはワールドミュージックにとても力を入れていたし、世界もワールドミュージックブームだったし)
1993年にEn Mana Kuoyoというファーストアルバムも出しています。以下で試聴出来ます^^mp3.comさん

なんと、日本の横浜にも来ていたんですね!WOMAD '91 横浜 出演者リストに、アユブ・オガダの名前がありましたよ。
ポジティブサプライズさんのサイトでリスト見れます☆
他にも、シェブ・ハレド、ユッスー・ンドゥール、GALAコンサート(坂本龍一他) などの名前もありました。
 "WOMAD"(ウォーマッド)は "World Of Music, Arts and Dance" の意味。

私も90年代初期の頃は、ワールドミュージックが好きで、色々なの聞いてました。またその辺りは後日書こうかな、と思います。
【2006/05/17 20:14】  コメント(2) | トラックバック(3) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「ロゼッタ」ジャン=ピエール、リュック・ダルデンヌ監督 | ホーム | ナイロビの蜂 期待し過ぎたのかな・・・・>>
コメント

「ポジティブサプライズ」のgyogyo6です。リンクありがとうございます。
残念ながら私は、アユブ・オガダの出ていた3日目を見ていないんですが、こちらの記事の「ニヤティティ」という言葉を見て思い出しました。2日目の「世界を結ぶ弦」というワークショップにも彼が顔を出して、そのニヤティティを持って弾いていたのを。
彼の音楽はそれまで全然知らなかったのですが、思わぬ出会いがあるのがこういうフェスティバルのいいところですね。もう一度できないのかなあ。
gyogyo6  【 編集】  URL |   2006/05/17 22:08   |  TOP ▲ |


gyogyo6さん、コメントどうもありがとうございました!
おおお~~ワークショップで、生アユブ・オガダをご覧になられたんですねー!なんという~~~(^O^)
フェスティバル、とても貴重なコンサートに参加されて、とても羨ましいです。私も一日だけでも、参加したかったです・・・・(;_;)
latifa  【 編集】  URL |   2006/05/18 08:30   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/187-cac198d3

『ナイロビの蜂』
京の昼寝~♪ (2006/05/18 12:37)
地の果てで、やっと君に帰る。■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・クンデ□オフィ


ナイロビの蜂
Akira's VOICE (2006/05/18 15:54)
渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。


ナイロビの蜂
シネクリシェ (2006/05/25 06:20)
 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は


| ホームTOP ▲ |