FC2ブログ
ジャンダラ タイのタブーなセクシー映画
jan

「ジャンダラ」タイ王国最大のタブー解禁 ←公式HPにこういうタイトルで書かれてました(^^;)ジャンダラ公式HP
タイは敬虔な仏教徒が殆どで、そういう事には厳しいお国柄なのにもかかわらず作られた18禁映画ということと、綺麗で色っぽいお姉さんの写真に誘われたのと、以前よりタイ映画に興味が有るので、GYAOで無料配信中なのを見ました。(6月下旬まで無料放映中)

実際見た感想は、Hシーンが凄く一杯だ@@。綺麗な映像、綺麗な女性を集めて、きちんと作ったエロい映画という感じです。内容は、ちょっとドロドロ系で、しかも、お母さんの部分とか、血の部分とか見ていて気持ち良くないですな・・。

しかしながら、カヤ?っていうのかな・・・?東南アジアのリゾート地の豪華ホテル寝室によくある(昔日本にもあった)あの虫よけの白い覆いの中での、そういうショットが何とも言えず良い♪ 全体的にセピア色がかった映像で、第二次世界大戦少し前のバンコクの富豪家族の妖しい秘密・・・って感じの映画でした。

初恋の女の子も、ビー(お父さんの後妻)も、すごい美人で、色っぽい~~!特に、このビーさん(クリスティチョン)のセクシー・綺麗さは素晴らしく良かったです。後で見たらば、とても有名な香港スターだったんですね。

jan2

●クリスティ・チョン(クンビー役)
これまで20本以上の香港映画に出演。1999年には6つの女性誌の編集者が選ぶ“パーフェクト・スキン賞”を受賞した他、マリ・クレール誌の“最も美しい瞳”に選ばれ、2000年にはFMH誌の読者選出による“アジアで最もセクシーな女性”で第一位を獲得した。
1970年、カナダのケベック州モントリオールで生まれ育つ。 現在はそれを含め5ヶ国語に堪能で、私生活では4歳の娘を持つシングルマザー。

と・・・男主人公が、あれっ・・・この男の人見たことあるなあ・・・・と、こりゃ、この前見た、「春の雪」感想文に出てたシャムの王子の片方の人では?と思い、一時停止して検索したら、やっぱりそうだ。スウィニット・パンジャマワットっていう人らしい。
「春の雪」で出て来るタイ王子2人の内、もう片方の人も、タイ映画「風の前奏曲」の主役のお兄さんだそうだ。

●スウィニット・パンジャマワット Suwinit Panjamawat  (15歳のジャン)
1984年生まれ。『快盗ブラック・タイガー』(00)で主人公の少年時代を演じてデビュー。本作が二本目の映画になる。
THREE/臨死(2002)にも出演

後半から大人役に変わってしまうのですが、何といっても、この少年+ビーの部分が一番の見せ場?でございます。何か、上のポスターのシーンは、昔懐かしき「ナイン・ハーフ」の氷を、背中バージョン(^m^;)をほうふつさせられますナ

JAN DARA 2001年タイ映画
監督製作 ノンスィー・ニミブット Nonzee Nimibutr
製作総指揮: ピーター・チャン Peter Chan
原作: ウッサナ・フェレンサン
撮影: ナタウット・キッティクン Nattawut Kittikhun
 
出演: エスカラット・サルスク ジャンダラ
クリスティ・チュン Christy Chung クンビー
パタラワリン・ティムクン Patharawarin Timkul ゲーオ
サンティスック・プロムシリ クンルワン
ウィパワウィー・チャルンプラ ワート
スウィニット・パンジャマワット Suwinit Panjamawat 15歳のジャンダラ
【2006/06/01 09:59】  コメント(2) | トラックバック(0) | タイ、ベトナム映画
TOP ▲HOME
 
<<沖縄映画4つ ナビィの恋、深呼吸の必要 他 | ホーム | ハル、家族ゲーム他 森田芳光監督>>
コメント

タイの映画ですか。面白そうですね。
台湾人  【 編集】  URL |   2009/06/03 21:35   |  TOP ▲ |


台湾人さん、こんにちは(^▽^)
コメントありがとうございます^^
なかなか面白い映画でしたよ♪ 
latifa  【 編集】  URL |   2009/06/04 09:31   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/196-ebd5bfa6

| ホームTOP ▲ |