fc2ブログ
「愛しのタチアナ」「レニングラードレニングラード・カウボーイズ」
カウリスマキ祭り 第二弾
640_20231008173147f90.jpg

愛しのタチアナ

モノクロ映画。
カウリスマキのお馴染み俳優のカティ・オウティネン と マッティ・ペロンパーが出演。
カティさん若くて結構お美しかったんだなあ。

無口、シャイ(不愛想に見える)キャラは健在で(フィンランド人ってそういう傾向あるらしい)
2カップルで一緒に行動しても、ロシアの女性はつまんなそう。
でも、黙って送り届けてあげる2人の男性、優しいよね。
お部屋一緒に泊っても強引にしようとしないし。

★以下ネタバレ★
最後は船でエストニアタリンに帰る女性をお見送り。と思いきや、男性陣も船に乗り込む。
おお・・・しかもレイノの自腹ではなく、友人に「お金あるか?」と聞いて友人も付き合ってくれて、
最後はレイノは残るって(あの2人はタリンで細々と仲良くやって行けそう)。友人は一人で帰って、また母親と一緒に子供服の仕立をする日常に戻る。お金返してもらえなかったよね、、きっと。
途中、フラッシュバックで4人でコーヒースタンドに車で突っ込んだら?という描写があって(想像よね)ビックリした。
以上

愛しのタチアナ (1994/フィンランド=独)
Pidä huivista kiinni, Tatjana
Take Care of Your Scarf, Tatjana

監督 脚本 アキ・カウリスマキ
出演 カティ・オウティネン / マッティ・ペロンパー / キルシ・テュッキュライネン / マト・ヴァルトネン
あらすじ 60年代のフィンランド。独身の仕立屋のヴァルト(マト・ヴァルトネン)は母がコーヒーを切らしたのに立腹して金を盗んで家出し、自動車修理工の友レイノ(マッティ・ペロンパー)を尋ねた。閉塞感に苛まれた日常。自称ロックンローラーのレイノが言う。「行け!ジョニー・キャッシュもそう言った!」2人は旅立つ。そして、エストニア人のタチアナ(カティ・オウティネン)とロシア人のクラウディア(キルシ・テュッキュライネン)の女性2人連れと出会い・・・。

・・・・・・・・・・・

レニングラードレニングラード・カウボーイズ シリーズ2作

まずは
レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ (1989年)
30年位ぶりに再見

2006年にこの映画について語っていたのね、全く覚えてなかった・・・
こちら「アキ・カウリスマキ監督作品色々 ラヴィ・ド・ボエームとレニングラード・・」

で、今回久しぶりに見たら、昔ほど楽しめなかったのがショックでした。
いや、あの風貌ファッション等今見ても可笑しいし、微笑ましいんだけど・・・・

あと、ジム・ジャームッシュが最初の方で車屋さん役で登場してた!
若かったねえー。

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ (1989/フィンランド)
Leningrad Cowboys Go America
監督 アキ・カウリスマキ
出演 マッティ・ペロンパー / カリ・ヴァーナネン / サッケ・ヤルベンパー / ヘイッキ・ケスキネン

・・・・・・・・・・・
そして、続編の
レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う (1994年)

なんと!未見だと思ってたのに、上記の記事を書いた2006年時に見ていたとは・・・。
その時にも今一つ楽しめなかった・・・と感想残してたけど、今見ても変わらなかったみたい・・・
なんか残念。
年取ってしまって感覚が衰えて?しまったのかも・・・。

レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う (1994/フィンランド)
Leningrad Cowboys Meet Moses
監督 アキ・カウリスマキ
出演 レニングラード・カウボーイズ / マッティ・ペロンパー / カリ・ヴァーナネン / アンドレ・ウィルムス

あらすじ 故郷のシベリアを出てから5年、メキシコでヒットチャートを賑わせた栄光も過去のものとなり、レニングラード・カウボーイズのメンバーはテキーラの魔手に侵され、一人、また一人と世を去っていった。そんな彼等の許にニューヨークから仕事の依頼が届く。ニューヨークにたどり着いた彼等の前に現れたのはかつて行方不明になったマネージャー、ウラジミールに生き写しのモーゼと名乗る男マッティ・ペロンパーであった…。
【2023/10/08 17:36】  コメント(4) | トラックバック(1) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」「スワンソング」 | ホーム | 「ザ・ホエール」「クリード 過去の逆襲」ネタバレ感想>>
コメント

カウリスマキ監督作品はハマると次々観たくなりますね。
latifaさんが記事にされていて嬉しくなりました♪

え~、ドラマの話
これも原作はコミックなのですがBS-TBSの「天狗の台所」を観ています。
ま、悪くないかな。
こに  【 編集】  URL |   2023/10/09 12:27   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
わーい!こにさんもカウリスマキ祭り、以前既にやられていたのね。
お声かけて下さって嬉しいです。
ありがとうございますー

BS-TBSの「天狗の台所」
知らなかったわー。
今検索してみたけど、3人ともカワイイ子ねー。

私は1話から見ないと気が済まない性分なので、出遅れると諦めちゃうのです。
でも最近は地上波だと見逃し配信なるものが出て来て助かるわー。

latifa  【 編集】  URL |   2023/10/09 14:17   |  TOP ▲ |


こんばんは。

こちらの記事探してくれてありがとう。
latifaさんのカウリスマキ祭り嬉しい♡

「愛しのタチアナ」シャイっぷりはすごく覚えてるんだけど、忘れてるところが多いからまた観返したくなりましたよ。

「レニングラード~」モーゼの方も見てるのね♪
おお!?またしてもマッティさん、別人役で出てるのね。メキシコでいなくなってたけど・・(笑)

あら~、いまひとつだったのね。ちょっと気持ちが合わなかったのかもしれないよね。
私も今度見る予定なので観たらまた感想書きに来ます~。
  【 編集】  URL |   2023/10/09 20:09   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは。
コメントありがとう!

そうだよねー、タチアナ、鑑賞されたの10年前だもの。詳細忘れちゃってて当然よ・・・。
カウリスマキの映画って、たいがい時間が短めなので、気軽に見ようかな?って思えて私は助かってる。


レニングラードのモーゼの方、見てないと思ってたのに見ていてびっくり・・・
自分の記憶力のひどさにも驚くばかり。

また瞳さんの感想、楽しみにしていますよー(^^)/
latifa  【 編集】  URL |   2023/10/11 07:35   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1960-cb8f1eba

おうち映画(海外)・過去のない男/街のあかり/レニングラード・カウボーイズ ゴー アメリカ/コントラクト・キラー
読書三昧の日々 (2023/10/09 12:22)
アキ・カウリスマキ監督作品を4本 「過去のない男」 原題 MIES VAILLA MENNEISYYTA 2002年 フィンランド、フランス、ドイツ 【WOWOWプラス】 夜行列車でヘルシンキに着いた男性が暴漢に襲われ重傷を負い、貧しい一家に拾われます 命は取り留めたものの身分を証明するもの全てを奪われ記憶喪失になった彼は日雇い労働者として働くようになり、救世軍で働く女性イルマと出会い、...


| ホームTOP ▲ |