fc2ブログ
「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」「スワンソング」
640_20231012154618ca4.jpg
アメリカ映画2本
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

カラフルな建物、青い空、フロリダのディズニーリゾートの近く。
ここに暮らす悪ガキたちが元気一杯。 友達同士つるんで毎日楽しく暮らしてる。
だが・・・ 空き家から火事になってしまう・・・。

モーテルに暮らす貧困家庭の少女。でも悲壮感なんて全然ない。
母親は危ない商売とか売春とかホテルの食事を食い逃げ‥等してるけど、それでもこの母親は娘にはとても優しい。一緒に遊んであげたり可愛がってるの。きっと娘の目には良いママに写ってるんだと思う。

ディズニーリゾートの近くって、こんな処があるんですね。知りませんでした。
ここのモーテル周りには似た様な人が沢山住んでいる。
一日40ドル(約4500円として)1ヵ月12万円って!高いー。家賃だけで・・・。
これでもアパートを賃貸するより安いってことでしょう?それに食費やスマホ、生活代を払うとなると、、かなり働かなくちゃ無理なわけで、私が突然かの地に飛ばされても生きて行くの無理だわ・・・。アメリカの物価は高いよね・・・。
これって2017年の映画だから今はこれより更に高くなってるわけで・・・ 
貧困家庭の人達を他人事とは思えないよー。
ということで、ぞっとした映画でした。

管理人のウィリアム・デフォーがとても良い人。なかなか、こういう風に寛容に見守ったり、助けてあげたりって出来ないよ。
良い人が管理人としていつもいてくれて良かった・・・。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 (2017/米)
The Florida Project
監督 ショーン・ベイカー
出演 ウィレム・デフォー / ブルックリン・キンバリー・プリンス / ブリア・ヴィネイト / ヴァレリア・コット / クリストファー・リヴェラ / ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

あらすじ 6歳の女の子ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)はディズニー・ワールドに隣接した安モーテルに母と暮らしている。定職のないシングルマザーのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)は宿泊費を捻出しながら、その日暮らしの生活をおくっているのだ。
・・・・・・・・・

「スワンソング」

640 (1)

老人ホームで一人孤独に暮らしているパット。
かつては売れっ子ヘアスタイリストだった。
パットのもとに、思わぬ依頼が届く。元顧客で親友でもあったリタの遺言で、彼女に死化粧を施してほしいというものだった。
最初はお断りするも、結局ホームを抜け出して向かう。

パットがふらっと入った服屋のスー。淡いグリーンのスーツをオススメしてくれて、えっ・・って最初は思ったけど、着てみて首にチーフを巻いて最後に帽子をかぶったら・・・あらまあ・・・お似合いだわ。
彼女と話しているうちに彼が彼女の名前や色々な事を思い出すのにもビックリ。スーも感動していたよね。ここのシーンは凄く好きなシーンだった。

パットがなぜリタと絶縁したのか?過去に何があったのか?が気になっていて

★以下ネタバレ★

パットの彼氏がエイズで90年代に亡くなった時、リタがお葬式に出席しなかった・・・って事だったのね。当時はエイズって凄く恐れられていたし、田舎町だったからきっと差別とか距離を置く行動をする人も多かったのではないかな。
最後は彼女の希望をかなえてあげて、とても美しい姿にヘアメイクしてあげたよ。良かったね。そして彼女のお孫さん(ゲイ)にも彼女がパットの事を引き合いに出して生前話し、励ましていた・・って事も解る。
以上

監督も主役の男性もゲイだそうです。主役の俳優さんが凄くこの役にピッタリでハマっていた!
30年前と現在とでは、ゲイの人における環境が良く変わって来ているのを感じるシーンが多かった。

スワンソング
2021年/米
原題:Swan Song
監督 トッド・スティーブンス
ウド・キア  ジェニファー・クーリッジ アイラ・ホーキンス ステファニー・マクベイ
【2023/10/13 07:42】  コメント(6) | トラックバック(1) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「Pearl パール」「X エックス」ネタバレ | ホーム | 「愛しのタチアナ」「レニングラードレニングラード・カウボーイズ」>>
コメント

こんばんわ~
「フロリダプロジェクト」すっごくっ良かったですよね~
カワイイパステルカラーの世界に潜む厳しい現実をお伽噺のように見せてくれてましたね。
もっと田舎へ行けば家賃も安いでしょうに…と思うけど、そうしたら稼げるところも無いのでしょう。我が子を可愛がってるだけでも、虐待する親よりずっとマトモって思っちゃいました。
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2023/10/13 23:31   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
嬉しいですー。

>カワイイパステルカラーの世界に潜む厳しい現実をお伽噺のように

そうそう。そうなのよね。こういう貧困を描く映画って、すすけた色合いの住宅群や地域を舞台にしてることが多いけど、本作はカラフルで可愛くて・・。それがむしろとても良かった。

>もっと田舎へ行けば家賃も安いでしょうに…と思うけど、そうしたら稼げるところも無い

それ。
私ね、アルバイトニュースとかいつも見てるんだけど、都会だと一杯仕事があるのよ。簡単な短期のとか。

ところが私が住む様な田舎だと全然無いの。東京に住んでいたら・・っていつも思ってる。
latifa  【 編集】  URL |   2023/10/14 13:05   |  TOP ▲ |


はじめまして。セレンディピティと申します。
瞳さんやまだ~むさんのブログで、いつもLatifaさんのお名前を拝見していましたが、今回まだ~むさんのブログでのコメントを拝見して、私も大好きな作品なので、思わずお邪魔いたしました。
本作、インパクトがあって、心にガツンとくる作品でした。
それでも、ウィリアム・デフォー演じる管理人さん(とってもいい人!)の存在に救われましたね。
感想を共有できましたらうれしいです。
https://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/36d66c8392cb2c04d9de30e7ae883e40
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2023/10/15 10:50   |  TOP ▲ |


「フロリダ~」
観たのが3年前なのにすっかり忘れてました。
ウーバーやアマゾンの配達の人の苦境を伝えるニュースを見るにつけ、ホント、他人事じゃないですよね。
こに  【 編集】  URL |   2023/10/15 15:35   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、こんにちは!
コメントとっても嬉しかったです!!
私もあちこちのブロガーさんの処でセレンディピティさんのお名前は拝見していて知っていました。
これを機会に今後も宜しくお願いします。


この映画、印象に残る作品でした。
パステルやカラフルな色使いと貧困とか辛い内容と色々ミックスされた映画で、でも救いや優しい人もいてバランスが良かったですよね。

セレンディピティさんがご覧になったのは2017年だったそうで、もう6年も前になるんですね。
「万引き家族」といい割と最近の気がしていました。
日本もアメリカも6年前より今の方が更に厳しい暮らしの人が増えていそうで切ないです・・。
latifa  【 編集】  URL |   2023/10/15 15:48   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
こにさんがご覧になったのって3年前でしたかー。
作品的には2017年なので、もう6年も経ってるんですね。
でも今初見で見ても全然古さとか感じなかったし、コロナを経て日本もアメリカも状況はもっと悪くなっていそう・・・。

こにさんはちゃんと長年ご自分で働いていらっしゃるから、それだけでもう立派ですよ!
私なんてかつてパートとかしてた時期もあったけど今や完全なる夫の扶養ですもん・・・肩身が狭いわ・・。
配達のお仕事にせよ何にせよ、健康じゃないと勤まらないし、ホントに我が身が情けない・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2023/10/15 15:56   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1962-da19ebed

おうち映画(海外)を5本
読書三昧の日々 (2023/10/15 15:32)
「ニューヨーク東8番街の奇跡」原題 BATTERIES NOT INCLUDED1987年 アメリカ【シネフィルWOWOW】&nbsp; ニューヨークの下町再開発計画により古いアパートから立ち退きを迫られた住人たちが宇宙からの小さな訪問者に助けられる姿を描きます&nbsp; かなり前に一度観たはずですが楽しかったこと以外ほとんど忘れていました ファンタジーの底辺に流れるのは“愛”で、な...


| ホームTOP ▲ |