fc2ブログ
「最後まで行く」「ALIVEHOON アライブフーン」「零落」他
そろそろ2023も終わりに近づいて来たので、今年見た映画を忘れない様に少しづつ書き残しておきます。
全て3つ★

最後まで行く

10年前の韓国版を半年位前かな?見たので、おおまかな内容は少し覚えている状態で鑑賞
うーん、韓国版と日本版とで、あらすじを色々変えていましたが、私は韓国版の方が良かった。

★以下ネタバレ★
日本版は柄本さんがしたたかで知能犯でってオチ。大金も彼が横からかっさらって行った。
それと、韓国版も爆発で死んでなかったの??って驚いて呆れたけど、日本版もそれ以上に不死身過ぎて・・・
ラストはまた生きていたらしい主人公と追いかける綾野剛が・・・。 
以上

そういや韓国版の主役の男優さん、最近薬物で逮捕された・・とか、なんとか・・・
パラサイトのお金持ちの旦那様の役の人だったんだけど。

最後まで行く (2023/日)
監督 藤井道人
脚本 平田研也 / 藤井道人
出演 岡田准一 / 綾野剛 / 広末涼子 / 磯村勇斗 / 駿河太郎 / 山中崇 / 黒羽麻璃央 / 駒木根隆介 / 山田真歩 / 植松由紀子 / 清水くるみ / 杉本哲太 / 柄本明

ALIVEHOON アライブフーン

先日「グランツーリスモ」を面白く見たのですが、本作もゲームの達人が実際のレースで活躍するという(こちらはドリフト運転)内容とのことで(こちらの方が公開が先)見てみました。

こちらCGとか使ってないとか。すごいですねー! 
うーん、、、迫力あったし、解りやすくシンプルな作りで良かったんだけど、なんでかな?「グランツーリスモ」の方が断然好きです。

ALIVEHOON アライブフーン  2022/日本
監督 下山天 
出演  野村周平 吉川愛 青柳翔 福山翔大
日本発祥のドリフトレースの世界を、CGに頼らない実車を用いた撮影によるリアルな映像で描いたカーアクション。内向的な性格で人付き合いは苦手だが驚異的なゲームの才能を持つ大羽紘一は、解散の危機に陥ったドリフトチームにスカウトされる。eスポーツの世界で日本一のレーサーになった紘一は、実車でもその才能を発揮して活躍するが、そんな彼の前に、生死を懸けてレースに挑む者たちが立ちはだかる。


零落

漫画家って大変だよなーと感じる作品を、このところ幾つか読み・見ていて、これもその一つ。
リアル浅野いにおさんの実体験部分が多いのだろうなあ・・・。

一度作品がヒットするのも凄いけど、その後も大変・・・。
アシスタントスタッフの女性、ひどいな。

趣里さんって、独特の魅力がある人ですね。

零落 (2022/日)
監督 竹中直人
脚本 倉持裕
原作 浅野いにお
出演 斎藤工 / 趣里 / MEGUMI / 山下リオ / 土佐和成 / 吉沢悠 / 菅原永二 / 黒田大輔 / 永積崇 / 信江勇 / 佐々木史帆 / しりあがり寿 / 大橋裕之 / 安井順平 / 志磨遼平 / 宮崎香蓮 / 玉城ティナ / 安達祐実

8年間の長期連載を終えた漫画家の深澤(斎藤工)は創作意欲を完全に失っていた。
やがて"猫の目"をした風俗嬢ちふゆ(趣里)に慰めを見いだし・・・
原作は浅野いにおの同名漫画


その他、「ラーゲリより愛を込めて」「マンホール」等も半年くらい前かな?見ました。
【2023/12/14 10:12】  コメント(6) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ「THE WITCH/魔女 —増殖—」「7番房の奇跡」 | ホーム | 「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」「銀河鉄道の父」「湯道」>>
コメント

私も「最後まで行く」は韓国版がよかったです。日本版は誰が脅したのかすぐに明かしてしまい、じゃあ何を見せてくれるのって待ってたけど、強いて言えば「狂ってる綾野剛(またか)」「人気俳優同士のアクション」「腹黒い柄本明(何回目?)」でね~。結果的に綾野剛の行動がツッコみどころ多すぎな印象。俳優のポテンシャルに頼りすぎてて脚本が手抜きしてるように見えました。墓場?はよかったです。
牧場主  【 編集】  URL |   2023/12/15 15:38   |  TOP ▲ |


こんばんは☆
私も「韓国版」がめっちゃ面白かったという記憶があったのに、何度見ても細部を忘れておりますww
そして「日本版」も見たような?予告編見過ぎて見たような気がしているのか?やっぱり細部を忘れているだけなのか?
柄本明腹黒役はそれこそ毎度なのでどの映画なのか想い出す事すらできませぬ(笑)
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2023/12/16 00:24   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

あ、牧場主さんも両方のご覧になっていたんですね。
同じですねー。

日本版を最初に見ていたら、また感想も違っていたのかなあー
そっか、牧場主さんのお話聞いたら、今一つ引き込まれなかった理由がハッキリして納得しました。
色々と既視感があったから、新鮮さを感じなかったんだなあ。
latifa  【 編集】  URL |   2023/12/16 07:33   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

私もですよ。1年以上前に見たと思ってたら、なんと半年前じゃありませんか。そんな最近なのに細部は忘れているし、ノルウェーまだ~むさんちでコメントしてお話したことも(さっき検索して、記事を拝見し、やっと思い出した)忘れてるんですよ。あー恐ろしや。

柄本さん以外にあの手の役をやる高齢男優さん、そういえばあまりいないな。

予告編見て、本編見たと錯覚は、家の夫の日常です
latifa  【 編集】  URL |   2023/12/16 07:37   |  TOP ▲ |


こんばんは。
「最後まで行く」なのですが、岡田准一と綾野剛のタッグがすっごく良かったです。
何気に死体役も磯村優斗だったりして、俳優陣の充実は凄かった!
オハナシ自体は韓国の色が濃かったかな、と思うんですけど、日本の俳優は絶賛に値しますね!
ここなつ  【 編集】  URL |   2023/12/24 19:15   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こちらにもコメントありがとうございます。

>岡田准一と綾野剛のタッグ
2人とも現在の日本映画をしょって立つトップ俳優さんたちですものね。
安定感ありました。

>何気に死体役も磯村優斗だったりして、俳優陣の充実は凄かった!
そうそう、こんな役で良いの?
もったいないかな?って思いました。
ドラマの「きのう何食べた」の時の彼が面白くて好きです。
latifa  【 編集】  URL |   2023/12/25 10:09   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1964-b8eb3df1

| ホームTOP ▲ |