fc2ブログ
ネタバレ「コンパートメントNo.6」
jacket_photo-w500.jpg
第74回カンヌ映画祭でグランプリ作品の他、
アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表に選出されたロードムービー。フィンランディア文学賞を受賞した原作を基に、恋人にドタキャンされた女子学生の世界最北端へ向かう列車の旅を描く。

えー、男女同じコンパートメントなのね??これって現在もそうなのかな。
ちょっと怖いよ・・・変な人と2人っきりだったら・・・。

凄く見たくて長い事待ちわびて見たせいか・・・期待し過ぎちゃったみたい。
正直な処、私的にはそこまでハマる作品ではなかった・・・。3つ★半

★以下ネタバレ★
長い事一緒にいたら、あの彼が良いヤツで、段々親しくなって最後はLOVEにまでなってた!っていうのは、ちょっと驚き。
私は最初の方で、お酒に酔って普通じゃない状態だったにせよ、あんな暴言とか態度されたら、もうシャッターが閉まっちゃって無理だと思うので・・・ ルックスは結構カッコ良かったけどね。
でも、途中で連絡先を交換・・みたいな話になった時、彼がお断りしたでしょう、あの辺りとかカワイイな、ってしみじみ思ったし、到着後もラウラの為に一生懸命に行ける様に交渉したり、イイコだなーとは思った。
最後の方の吹雪の中到着・・・っていうのは、なぜか「ストレンジャーザンパラダイス」を思い出した。
それにしてもラウラの彼女(大学の先生)冷たいな・・・冷めちゃったのかな?って思っちゃった、段々クールな態度になってっちゃって。一緒に行くはずの旅行だったのにね・・・
2人は、これっきりだったのかな・・・。また会えたり・・・とかは無かったのかな・・・
以上

そうそう、立ち寄ったお家のテーブルにあったのが、フィンランドの有名家庭料理(米のパイ)だった!ロシアにも同じ料理があるのかな。

地図で、モスクワ~サンクトペテルブルク~ムルマンスク を見たらかなり北の果てなんですね。
途中の街で1泊(外に出ても良い)みたいなシステムが以前はあったのね、そこを観光できるし良いね。

原作ではモンゴルを目的地にしてたっていうのはビックリ。

コンパートメントNo.6
HYTTI NRO 6
2021年(フィンランド=ロシア=エストニア=独)

あらすじ・ストーリー モスクワに留学しているラウラは、世界最北端の駅へ向かう寝台列車の旅を恋人にドタキャンされてしまう。列車に乗り込んだラウラが6号コンパートメントで乗り合わせたのは、粗野な炭鉱夫のリョーハだった。

監督:ユホ・クオスマネン
出演 ラウラ:セイディ・ハーラ
リョーハ:ユーリー・ボリソフ
イリーナ:ディナーラ・ドルカーロワ

第74回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門グランプリ
【2023/11/22 13:26】  コメント(6) | トラックバック(0) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語」「アステロイド・シティ」 | ホーム | 「帰れない山」「丘の上の本屋さん」ネタバレ感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは~。
うわ~、コメントしたい記事がいっぱい☆
まず、こちらはイマイチだったのね。。
私は結構好きだったんだけど、確かに酷評されている方もいらっしゃったわ(汗)。
で、彼女が冷たい、という件。
あの彼女は知的階級でブルジョワだったよね。。
ラウラは庶民っぽかったから、身分の差っていうのが大きかったのかな、と思いました。

『帰れない山』もめちゃ好きだった。
でも、スコープサイズじゃなかったのが唯一の不満だったな~。
監督はわざと視界を狭めて観る人の想像力を喚起したかった、とかコメントしていたけど、せっかく映画なんだから大きいサイズにしてよ~と思った。

『葛城事件』は若葉竜也くんを初めて意識した作品だったから印象に残ってる。
新井さんね~、超売れっ子だったのに消えてしまって。。まぁ仕方ないけど。

『BLUE GIANT』はノーチェクだったけど異様に評判がいいから観てみたら、これがもう奇跡みたいな映画だったな~。
アニメーションはイマイチだったけど、音楽がよかったよね。
いまだにライブ音響上映とかで繰り返し上映されているよ。
続編もあるなら、観たいな~。

まとめて書いてしまってごめんね!
でも今年観た作品のお話ができてうれしいです。
真紅  【 編集】  URL |   2023/11/22 18:06   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
うわー、一杯色々な映画についてコメントありがとうーー!
とても嬉しいです♪

まずはコンパートメント
そっか・・結構賛否両論だったんだね。
私がちょっと厳しい目を持ちすぎだったのかも。
あの男の子の暴言が、もうちょっとマイルドだったら違ったんだけどなー。

確かに恋人と格差がある感じだったよね。
パーティ会場でも彼女浮いていて、話題にもあまりついていけてなかったっぽいけど・・・
でも普段じゃなくて2人で行く予定の旅行に1人で行ってる途中でだもんな。
電話度々かけるけど段々そっけなく冷たい対応されたら私なら凹むわー。

帰れない山
これはね、実は知らなくて真紅さんちでだいぶ前にインスタでアップされているのを見て、レンタルなったら見てみようかな、って思ったの。
未見の映画の感想やネットの記事は、あまり予備知識入れ過ぎ無い様に、ぼやーっと見る事にしてるので、感想内容はしっかり入れてなかったんだけど、良い映画に出会えるきっかけをもらえて感謝です!ありがとう!
画像サイズ等は映画館鑑賞だと気になるよね。
私もTV画面じゃなく大きい画面で見たかったなー。

『葛城事件』
>若葉竜也くんを初めて意識した作品
うわー!そうだったんだね。真紅さんにとっては、この役でインプットされたのかあ!
私は、最近のふんわりした優し気な役が彼のイメージだっただけに、びっくりだったよ。
確か少し前にamazonのCMにも出てたよね。
勝手に良い処の坊ちゃんだと思ってたら、大衆演劇の子役だったと知って驚いた。

『BLUE GIANT』
うん、うん。真紅さんちの感想も見終わった後拝見してたよー。私も同じだった。
予想以上に良かったよね。特に音楽効果ってやっぱり凄い。
(何かの映画の感想を真紅さんちのインスタで遡ってあるかなー?って探してた途中、これを発見し、おお!これも見てたのねー!ってなった。(真紅さんが見た時は、私はこの映画に興味が無かったので記憶に残らなかったんだろうな)

一杯色々な映画のお話分かち合えて、嬉しかったですー。
latifa  【 編集】  URL |   2023/11/23 09:02   |  TOP ▲ |


latifaさん こんばんは。
なかなかすてきそうな作品ですね。
旅で出会って親しくなる...というと、ビフォアシリーズを思い出しますが、初めて会う男性とコンパートメントで2人きりは怖すぎる!!
でもいい人だったみたいで結果としてはよかったのかな。

若い頃に女友達3人でパリ~ミラノと夜行列車に乗った時、男性3人組と同じコンパートメントになったことがありますが、すぐに意気投合してすごく楽しかったの。
でもミラノで別れる時になんとなく連絡先を交換しなかったの。その場限りの友情が美しい気がして。
今の若者だったら、すぐにSNSとか交換しちゃいそうだけど、そうとは限らないのね。
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2023/11/23 21:34   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、こんにちは!
ビフォアシリーズ! そうだ、あれもそうでしたねー。
面白かったですよね。あの3部作、凄く楽しませてもらいました。

それとセレンディピティさんの昔の出来事、とても素敵ねー!!
いいなあー。パリ~ミラノの夜行列車ってだけで、キャーってなっちゃう。
パリもミラノも大好きな町です!

お友達と一緒だと心強いですよね。
連絡先を交換しないで・・っていうのも今となっては余韻があって良いな♪
あの時交換してたら、どうなってたかなー?

私は若い頃マルセイユ→パリの夜行列車に一人で乗って(サッカーの試合後盛り上がってる若者でうるさ過ぎて全く寝られず) フリーの海外旅行は一緒に行ってくれる友人がおらず、たいがい一人だったの。
私は長距離バスで移動することが多かったかも。
でも断然鉄道旅行の方が好き!!トイレがついてるし!

PS サタデーナイトフィーバーは記事書いてないのです。
ごめんなさい、お手数おかけしちゃって・・。でも探して下さってありがとうございました
latifa  【 編集】  URL |   2023/11/24 08:27   |  TOP ▲ |


latifaさん 再びこんにちは。
latifaさんは何度も一人旅を経験されていらっしゃるのですね。
しかも海外ってすごい! 勇気がありますね。
一人旅は憧れていたものの、完全な一人旅というのはしたことがなくて、ようやく最近一人旅しかも国内を数回経験しましたが、安全とか食事とか気になってなかなか楽しめなくて...気楽なのはいいけれど。でもいずれまたチャレンジしてみたいです。
latifaさんのもうひとつのブログに旅行記があるのですね。
こちらも追々拝見したいです。
(映画とそれ以外で分けていらっしゃるのですね)
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2023/11/25 15:19   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、こんにちは!
今日は特に寒いですねー。

いやいや、ホントは誰かと一緒に海外旅行に行きたかったですよ。言葉もあんまり出来ないし、色々不安だし。
休みを自由に取れる仕事をしてる友人はいなかったし、しょうがなく1人だっただけなんです。
でも一人旅ならではの気楽さとか良い点もありますよね。

ネットがない時代はホテル予約も行き当たりばったり、地図・翻訳アプリなんかも無かったし、旅行大変でしたよね。

あ、それと子供が産まれて以後は一人旅一度もしてないんです。
やっと今はしようと思えば出来る様になったのに、健康不安と円安で無理っぽいです。

セレンディピティさんは言葉も出来るし羨ましいです。
お仕事の都合がつけば、これからも国内・海外ともに是非行かれて楽しんで下さい♪

そうそう、別ブログの若い時の一人旅の(思い出して書いた)海外旅行の記事は、15年以上前なので自分でも何書いたか全然覚えてないし、変な事書いてる可能性もあるので、恥ずかしいから読まないで良いです!!
latifa  【 編集】  URL |   2023/11/26 09:29   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1969-f24d4c4d

| ホームTOP ▲ |