fc2ブログ
「怪物」ネタバレ感想
6215c6dc3f0153a9f866396278073674.jpg
予備知識入れずにやっと見ることができた!
去年、話題になっていた初夏の頃、見ない様に聞かない様に・・・と頑張って耐えていたのです。

引き込まれて最後まで集中して見せてもらいました。
伏線回収もおみごとだったし。

ただ、ちょっと気になる点もあったかも。
一番は、先生の様子が違い過ぎる。

あまりにも安藤サクラ演じる母親目線での担任の態度が悪く感じたんですよね。
飴玉なめながら・・・とか、その他、え??って処が多かったから、あれはダメ教師と思われてもしょうがないかと・・・

これはネタバレしないとうまく感想書けないなあ

★以下ネタバレ★
二部は担任の瑛太の目線で描かれる。
えー、別に普通の良い先生じゃないの?
まるで一部の人間とは違うよ・・・
最後まで見終わってみれば、この担任があまりにも気の毒で可哀想過ぎやしませんか。無実の罪で解雇されて・・・・

最後の章で本当の事が解る。そうか・・・仲良しだったんだね。というか、普通の友達以上の感情を抱いていたからこそ、ミナト君は隠さなくちゃ・・・とか色々込み入った複雑な心境になってたのね・・・・
お母さんの将来結婚して家族を持つまで・・・とか、そういう言葉も彼を追い詰めたんだね・・・。

ラストは2人が亡くなってしまって、のびのび自由に2人で走ってる風にも、助かって将来ああいう瞬間を持ててる、って風にも受け止められる様な造りになっていましたが、私は亡くなっていると思いました。
安藤サクラ演じるお母さんは、夫も息子も亡くしてしまうなんて気の毒過ぎやしませんか・・・。
以上

この映画が上映していた頃と、安藤サクラがドラマで生れ変りとかやっていたのと、偶然かぶっていたな・・・。

主演の2人の男の子はどちらもとても自然で良かったし、出演者全員さすがの演技の俳優さんばかりで、風景やみずみずしい映像も、坂本龍一さんの音楽も(この映画の為に作られたわけじゃない前からある曲だったけれども、それでもピッタリ合っていた)良かったです。4つ★ちょっと

本作は脚本が坂元さんだったそうで、脚本賞を受賞されて良かったなーって思いました。

怪物 (2023/日)
Monster
監督 是枝裕和
脚本 坂元裕二
撮影 近藤龍人
音楽 坂本龍一
出演 安藤サクラ / 永山瑛太 / 黒川想矢 / 柊木陽太 / 高畑充希 / 角田晃広 / 中村獅童 / 田中裕子
あらすじ 夫を亡くし小5の息子を育てているシングルマザー安藤サクラ。息子とは仲良しだ。
ある日、息子の様子がおかしいと気がつき、息子を問い詰めると、担任の永山瑛太に暴力を振るわれ暴言を浴びせられたと打ち明けられ、学校に抗議に行くが、校長田中裕子や学校の教師たちは、真摯な対応ではなく、不信感を持つ。担任はミナトが柊木陽太をいじめていると言うが・・・
【2024/02/21 13:09】  コメント(7) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ「正欲」「少女は卒業しない」原作と映画の違い | ホーム | 「哀れなるものたち」感想>>
コメント

こんにちは~
これは情報を入れずに見るのが正解でしたね⁉ 実際、想像の斜め上を行く展開で、その辺是枝監督は凄いなって感じます。
優しい校長先生だって酷い奴だったり、酷いと思っていた教師は実は熱心な先生だったり、とにかく見る人の思い込みで相手はどのようにでも見えるっていうのが本当に怖い~~
私もラストは天国に行ったのかなって思いましたよ☆
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2024/02/21 17:09   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

そうそう、これは何も知らず(受賞したのは知ってたのですが、何賞だったのか?まで、シッカリ見てなかった私エライ 笑)

え?って気がついたのは、かなり後で、お家で夫と一緒に見てたので「え!!もしかして、そうなの??」って2人でそれぞれ声をあげてしまいましたよ。びっくり。

ううう・・・ 
ラストは色々な解釈があるようですが、ノルウェーまだ~むさんも同じ風に思ってたのね・・ってブログの感想拝見してました。

是枝監督の次回作は、どんな映画を作るのかなー 楽しみです。
latifa  【 編集】  URL |   2024/02/22 08:08   |  TOP ▲ |


お邪魔しますー、コメントしてくれてうれしいです。わたしもちょくちょく覗いているので、あー
latifaさんご覧になったのね、話したい♪と思っていたよ❣️
よく、情報シャットアウトしてここまで。えらいよ、これ賞の意味も知ってしまうのもダメだもんね、衝撃味わって世界観も味わって、とっても満足した映画だったよ。子役の子、この後
ドラマ→私の好きな花、で、再度みたけど、すっかり成長していて。子役成長はやいよね、
瑛大可哀想だよね、確かに先生の描きかた、誇張してた?みたいな部分もあるよね、
田中裕子は年取っても独特の雰囲気あっていいよね、最近想い出づくり、みなおしたから
より一層、そうおもうよ

また、話しに、つきあってねー
みみこ  【 編集】  URL |   2024/02/22 19:29   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2024/02/22 20:26   |  TOP ▲ |


みみこさん、お忙しい中来てくれてコメントまでありがとう!
いやー、ほんと辛かった。
受賞までしたから、ガンガンTVでもやるし、シャットアウトするのが大変だったよ。
でも受賞の時、ジャンルまで聞こえてこなかった(私、ぬけさくだからさ)のはラッキーだった。


黒川想矢君
えええーーー!! 今、初めて知ったよ。そっか、「いちばんすきな花」に出てたあの子が、そうなのね??
私はドラマが先だったし、ドラマでの彼には特に何か印象に残る処がなかったから、映画のあの子と同一人物って気がつかなかったよ!
映画を見た後は、しっかりインプットされたから、最近のソフトバンクの反町さんと親子で出てる息子役(そうだよね?違ってたらゴメン)は解ったけど・・・

で!「思い出づくり」
最近見たのねー! 
私はリアルタイム高校時代に見ていて、翌日友達と昨日の放送についてワイワイ語り合ったのが凄く懐かしいよー。
古手川祐子さん可愛かったな、あの頃。 田中裕子さんはさすがよね。今も昔も。
柴田恭兵がしょうもない男でさ、あんな奴に惚れちゃってー!ってみんなで言ってた。
森昌子さんの婚約者の男が嫌いでさ、あんなのと!って憤慨していた。

私もね数年前に全話じゃないんだけど、数話、懐かしく見たの。
そうそう、田中美佐子さんが意地悪なちょい役で出てたのにビックリ。
やっぱり山田太一さんのドラマって面白いなーって思う。

去年かな?今更なんだけど「岸辺のアルバム」を全話一気見したのよ。今迄見た事なかったんだけど、面白かったー。
latifa  【 編集】  URL |   2024/02/23 18:42   |  TOP ▲ |


latifaさん こんばんは。
この映画、是枝作品だし気になっていたのですが、子どもがいじめられるのが苦手なので、見るのを躊躇してしまってました。
でも見た方みなさんが絶賛していらっしゃるので、やっぱり見てみようかな...。

(映画を見ていないので、想像でのコメントになってしまいますが)コミュニケーションの不一致というか、自分が感じていたことと、相手が思っていたことと、実は全然違った、というのは大人の世界でもありますね。

いつか勇気を持って?見てみたいです。
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2024/02/23 19:43   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、おはようございます!
私も子供のイジメの映画や作品が苦手です。見ていて辛いので・・・

でも、この映画は、大丈夫なんじゃないかな・・・全く無いわけじゃないのですが・・・
うーん、色々ネタバレになっちゃうので、ズバリ返答しにくい・・・。

>コミュニケーションの不一致というか、自分が感じていたことと、相手が思っていたことと、実は全然違った、というのは大人の世界でもありますね。

まさに、それをテーマにしてる映画だったと思います。
他にも色々な要素がミックスされていて、話題になったり映画賞を受賞するのもうなずける作品でしたよ♪

まだレンタル開始になったばかりなので、1年後とかにサブスク等で無料になった頃、ちょこっとご覧になってみて下さいまし!
latifa  【 編集】  URL |   2024/02/24 14:50   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1980-f0fa981d

| ホームTOP ▲ |