fc2ブログ
「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」ネタバレ
8eae2a1b.png

パディントンの監督さんだったのね。
そういう雰囲気あったな。

ミュージカル映画だけど、そんなに違和感なく最後まで楽しめました。
シャラメ君、歌は自然で上手だし、すらっとしたスタイルが映える!
彼って少年っぽさが消えないな、そこが良い処。
いつまでもマッチョにならずに、ずっとこのままでいて欲しいな。

脇役に有名どころ・大御所の俳優さんが一杯出演していた!
ウンパルンパを演じたのは、ヒュー・グラント!
ママ役はサリー・ホーキンス。とてもキュートで良い感じだった。

チョコレート店を出す場所はセットなのかな?凄く良く出来たセット?CG?でびっくり。ミラノのガレリアと凄く似てた。そばを走ってる路面電車もミラノのと同じだった。ここ、個人的に大好きなので、一杯出て来て嬉しかった。でも検索してみたら、パリのグラン・パレ(行った事ない)でロケをしたっていうし、そちらが正解なのかな・・・

一杯カワイイシーンや、ワクワクするシーンがあったけど、私は風船で氷のところをひょいひょいと渡って、ふわっと浮いてガラスのドーム天井の上で2人が踊るシーンが特に好きだった。

前作の「チャーリーとチョコレート工場」は、かなり面白くて気に入っていた映画。
あの時のジョニー演じるウォンカと本作の優しく良い子の彼と、だいぶ性格が違うけど、この後何かあったのかな?
以前原作も読んだけど、すっかり忘れてしまった・・・。

ウォンカとチョコレート工場のはじまり (2023/米=英)
Wonka
監督 ポール・キング
脚本 サイモン・ファーナビー / ポール・キング
出演 ティモシー・シャラメ / クララ・レイン / キーガン・マイケル・キー / パターソン・ジョセフ / マット・ルーカス / マシュー・ベイントン / サリー・ホーキンス / ローワン・アトキンソン / ジム・カーター / トム・デイヴィス / ナターシャ・ロスウェル / ラキー・ザクラル / リッチ・フルチャー / コブナ・ホルドブルック・スミス / コリン・オブライエン / オリヴィア・コールマン / ヒュー・グラント
【2024/01/26 17:57】  コメント(8) | トラックバック(1) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「共謀家族」「The Crossing ザ・クロッシング Part I」「20歳よ、もう一度」 | ホーム | 「ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー」「渇水」「桜色の風が咲く」感想>>
コメント

こんばんは☆
私はまだこの映画観てないのだけど、予告なし見て確かにガレリアみたいと思ってましたよ。パリなんだ〜?
ジョニーのウォンカのクセ強がユニークで、当時工場の摩訶不思議さが怖くて子供たちがビビってたけど、このウォンカは可愛い感じなのかな?いつか必ず観たいテス!
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2024/01/26 20:49   |  TOP ▲ |


latifaさん こんばんは。
前作が好きで、この作品は原作ともどもとても思い入れが強い作品なので(息子が当時ロアルド・ダールが好きで作品はほとんど読んでいた)本作も絶対に見たい!と思いつつ機を逸しています。
シャラメ君のウォンカ、かわいい作品になっているようですね。
いつか是非見たいです。
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2024/01/26 21:25   |  TOP ▲ |


おはようございます。

コメント&TBいつもありがとう。
パディントンの監督さんって、人を幸せにする作品作ってくれるよね~、大好きだ♡

そうそう、シャラメ君のスリムで少年っぽいところがすごく良かったよね。

>私は風船で氷のところをひょいひょいと渡って、ふわっと浮いてガラスのドーム天井の上で2人が踊るシーンが特に好きだった。
可愛かったよね。ファンタジーの幸せがいっぱい詰まってたわ。

ジョニデのウォンカは歯科医師の父親が登場したけど、こちらはママだったので、雰囲気全然違ったよネ。

シャラメ君といえば、デューン2ももうすぐだし(レア・セドウ出るのが嬉しい)とっても楽しみです。
  【 編集】  URL |   2024/01/27 09:21   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

ノルウェーまだ~むさんも、あそこガレリア?って思っていたのですね。
映画見終わった後、ロケ地とか、ガレリア、ミラノとかで検索したら、多い方々がそう思われていたものの、どうやらイタリアではロケやってないそうで、あそこはパリか、完全CGで(ガレリア風にしたのか?)やったのかな・・?という処で止まってます。

前作はユニークだったけど、ちょっと意地悪テイスト?やブラック風味もあって、小さなお子様には毒が強いかな?って感じでしたよね。
うちの子供はそういうの好きで喜んでいましたが・・・

ノルウェーまだ~むさんの感想、楽しみにしていますね♪
latifa  【 編集】  URL |   2024/01/27 17:21   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

セレンディピティさんも前作ファンだったのですね。
えー!息子さん、当時ロアルド・ダールファンで殆ど読まれていたんですかー!すごいなあー。
それならば映画はもちろん、そもそもこの作品にも思い入れが格別ですよね。

息子さんは本作劇場鑑賞されたのかな?

前作は2005年公開だったんですね・・・もう忘れてましたが初日に見に行っており、当時娘は5年生でした。
latifa  【 編集】  URL |   2024/01/27 17:33   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

パディントンも面白かったけど、本作も良かったですよね。
色がカラフルでおもちゃ箱っぽくて、色々登場人物が出て来て賑やかな感じ?

あ!そういえば忘れていたけど、前作は歯医者の父親が登場してきて・・ってシーンとかあったよね。思い出したわー。
パパは、たしかあんまり優しいパパじゃなくて、むしろ逆な感じだった様な・・・(記憶があやふや)

こちらはママだったし、優しいママとのノスタルジックな良い思い出・・って感じで、前作とは違っていたね。

シャラメ君、デューン2もあるよね!

あ、レア・セドゥも出演するのね? それは私も楽しみ。
そうそう、アマプラで一昨日見た「ダブル・サスペクツ」って映画、レア目当てで見たんだけど、やつれて貧困な役で、そういう役柄見たの初めてだった。
latifa  【 編集】  URL |   2024/01/27 18:23   |  TOP ▲ |


こんにちは!ご訪問が遅くなってしまってすみません!
甘い甘い、本物のチョコレートを食べているような素敵な作品でしたね。

>ミラノのガレリアと凄く似てた。

私もそう思いました~!あと、市電はちょっと違うのだけれど、ベルギーの市庁舎のそばのアーケードにも似ていたような気が…チョコ繋がり?!

こういう夢のある素敵な作品は、すさんだ(笑)私の心を癒してくれるので、せめて年一では観たい!と思います。
ここなつ  【 編集】  URL |   2024/01/29 16:25   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

本作、12月から2.3月まで公開っていうのは、季節的に合ってますね。
バレンタインで色々チョコを目にする今日このごろです。
前作は初秋だったような・・・。

あ、ここなつさんもミラノのガレリアを連想されたのね!
ベルギーのブリュッセルのグランプラスでしょうか!
いいなー、あそこ行った事あるんですね。昔からずっと憧れてるのに遂に行けないままでした。

読み聞かせ、今も出来そうだなんて、凄いです。
私は無理だなあ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2024/01/30 12:33   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1987-f1920550

「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」
Slow Dream (2024/01/27 09:22)
人びとを虜にする「魔法のチョコレート」を作り出すチョコ職人のウィリー・ウォンカは、亡き母と約束した夢をかなえるため、チョコレートの町へやってくる。 宿屋のおかみに騙されて洗濯屋で働かされることになってしまったウィリーは、そこで孤児のヌードルと知り合い、協力してチョコレートを売り出すことに。 ウォンカのチョコレートはまたたく間に大人気♡ だけど、町を牛耳る「チョコレート組合」からは、その才能を...


| ホームTOP ▲ |