fc2ブログ
ネタバレ「コヴェナント 約束の救出」
640_202403040944554ec.jpg
今迄、戦闘地の通訳の人の事、全然知らなかった・・・
いやー、これは何というか・・・凄く見ごたえのある作品でした。
面白いとか、点をつけるのははばかられるというか・・・ 4つ★半以上

ただ、なんかね・・・タリバンっていう集団は悪なのは解ってるんだけど、バンバン殺されて行くのよね・・・ 悪玉軍団の人が次々大量に死ぬシーンにいちいち反応してたらイカンのは解ってはいるんだけど、タリバンなんかだと、しょうがなく入ってる人とかもいるだろうな・・・とか思ったりもして・・・なんか近年、悪玉軍団は死んで良し!みたいに割り切って見れなくなってきてね・・・
それが大丈夫な人なら、文句なしの作品だと思います。

ハラハラドキドキもあり、感動する処、考えさせられる処もある凄い作品だと思いました。
主役のジェイク、通訳士アフメッドの俳優さん、名演技でしたよ。

★以下ネタバレ★
一番印象に残ったのは、傷を負って意識もうろうとしているジェイクをリヤカーに乗せて、もう疲れ果てて山の中で一人泣くシーン。 
ジョンは無事にアメリカに帰国出来たものの、残されているアーメッドを助けたくて色々手を尽くすも国のお役所対応が遅すぎてイライラマックス。恩義からっていうのもあるだろうけど、それよりも彼を救いに行かなかったら自分の精神がもたない!って感じ。ここの心理描写が凄く良かったわ。自分がジョンなら、同じ風に苦悩しただろうな。このまま彼を放置したまま自分は普通に生活するなんて無理って風に追い詰められたと思う。奥さんも夫の様子を毎日見ていて理解し、全て覚悟を決めて夫を送り出してくれたよ。 

最後、もう弾も尽きて・・・来るぞ、と思ったら来たよ。無敵の戦闘機が。秒でバンバン殺しまくり爆破・・・任務完了。デコトラを運転していたオッちゃんは、この後大丈夫なのかな・・・。
ジョンとアフメッドが言葉を一杯かわさず目で意思疎通するのがカッコいい!熱いハグとかじゃなく抑えめなのが渋い!それにしてもアフメッドは凄いよね。強いし賢いし。

ラストのテロップに大ショック
数年前、アフガニスタンからアメリカ軍が去る時に、小さな飛行機を沢山のアフガンの人が追いかけて・・・翼につかまろうとした人もいた映像が頭によみがえりました。
ひどいね、通訳の仕事をしたらアメリカのビザを出すからって事だったのに、アメリカが去った後、300人だったかな?殺された人がいて、潜伏生活を送ってる人もいるって・・・ そういう事実を映画で世界にアピールできたって事も凄く有意義ですよね 
以上

これって、ガイ・リッチーが監督してる映画なのね? なんだかビックリ。でも印象がもっと良くなったわ。次回作はどんな映画を作るんだろう。

この映画を見て思い出したのは、「君のためなら千回でも」 以前見た感想 映画・小説も
あれもタリバン、救うために・・・な展開でしたっけ。

コヴェナント 約束の救出 (2023/英スペイン米)
The Covenant
監督 脚本 ガイ・リッチー
出演 ジェイク・ギレンホール / ダール・サリム / エミリー・ビーチャム / ジョニー・リー・ミラー / アントニー・スター
あらすじ 2018年アフガニスタン。米軍に協力した通訳アーメッドは瀕死のキンリーをたった一人で助けたが・・・
【2024/03/04 10:01】  コメント(10) | トラックバック(1) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<カウリスマキ「罪と罰」「白い花びら」感想 | ホーム | 「君を想い、バスに乗る」「ゴッズ・クリーチャー」ネタバレ感想>>
コメント

latifaさん☆
この映画評判良いですよね。
でも私も全くlatifaさんに同感なんです。結局のところ、戦争なんてどちらも自分が正義と思って戦っている訳で、一方の立場から善悪を決める事は出来ないんですよね。
勿論、戦場で通訳をしている人の存在は一般的に知られてないから、その窮状を訴える事は素晴らしいと思います。国は武器の開発より、AI通訳をもっと研究しないとですね。
私もいつか絶対この映画見たいです!
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2024/03/04 16:00   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
これ、今日私もIGに感想アップしたところ。
すごい高評価! 確かに観ごたえあったよね~。
アフガニスタンからアメリカが撤退するとき、そうそうそんなことあったよね~。
あの映像めちゃくちゃ衝動的だったんだけど、こういう事情があったんだと今更知ったわ。
あとあの主役二人がドライな関係っていうの、私もめちゃいいと思った!
ハグしたり労わりあったりしないところがリアルなんだろうな~と思ったよ。
しかしジェイクはいい俳優さんよね~。長年のファンとしてはうれしい!自慢(笑)
真紅  【 編集】  URL |   2024/03/04 17:48   |  TOP ▲ |


latifaさん こんばんは。
人がバンバン殺される映画は苦手ですが、戦争映画は深い人間ドラマがあって好きです。
この作品も考えさせられるよい作品のようですね。
ジェイクの演技も含め、期待が高まります。

戦場の通訳といって、私が思い出すのはカンボジア内戦を舞台にした「キリング・フィールド」です。
過酷な世界が描かれていますが、これもまたすばらしい作品でした。

それから「君のためなら千回でも」も大好きな作品です。これは特に小説がすばらしかった。読んだのがだいぶ前ですが、latifaさんのことばに、久しぶりに感動がよみがえりました。
(映画と小説の感想も拝見しました!)
http://serendipitydiary.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-ea75.html
セレンディピティ  【 編集】  URL |   2024/03/04 23:01   |  TOP ▲ |


こんにちは。
なんか、わかります。面白かったとか点数つけたりとか、そんなのが畏れ多いような感じですよね。
娯楽作品中心だったガイ・リッチー監督ですが、この作品は背筋を伸ばして観るという感じでした。

タリバンだからってバンバン殺されるのも…というのもわかります。
悪いってわかっていてもね…それに、歴史がどう判断するかは、私たちが死んだ後には全然違うかもしれないし…
それぞれの兵士にもそれぞれの帰属愛と家族がいるんですものね。
ここなつ  【 編集】  URL |   2024/03/04 23:10   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございます

わー!同じで嬉しいです。
そうなのよね・・・。
私達はアメリカや欧米視点で世界の情報が入って来るし。
物事を完全に公平な目で見るのって難しいと思う。

昔はインディージョーンズとかハリウッドのアクション、戦争ものとか、バッタバタと悪玉とされている人達が殺されて行くのを特に何も感じず楽しく見ていたんですけどね・・・ 年取ったのかなー
latifa  【 編集】  URL |   2024/03/05 13:47   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
コメントありがとうございます

うわーほぼ同じ時期に見て感想だなんて凄く嬉しいな!
いつも私が相当遅れて・・だから、珍しい。

なんか見てる最中はそうでもなかったんだけど、見終わった後に色々とネット見たり、考えたりして何故か★一個上がったのよね。

あの2人の武士的な態度というか、良かったよねー。ここも同じで嬉しいです!

ジェイクは真紅さん、昔から応援していたよね。
彼いつまでも少年っぽさがあって、演技も上手くて良い役者さんですよね。
latifa  【 編集】  URL |   2024/03/05 13:51   |  TOP ▲ |


セレンディピティさん、こんにちは!
コメントありがとうございます

戦争映画、単純にドンパチじゃなくて、人間ドラマとか考えさせられる様な内容が多いですよね。
でも、昔から戦争はよくない、ってアピールを出し続けてるのに、未だに世界のどこかで続いてる・・・。

キリング・フールド、私も若い頃見ました。もう忘れてしまいましたが、グサグサ来たのは憶えています。

君のためなら千回でも、セレンディピティさんも好きな作品だったのですね、嬉しいなー!
原作→映画の順番だったのね。記事楽しく拝見しました(もうコメント書き込めないのが残念・・)
朴訥なハッサン役の子、今どうされているのかな・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2024/03/05 13:57   |  TOP ▲ |


ここなつさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

そうなのよね、、、真剣に作ったっていうのがビシバシ伝わって来る作品だったから、エンタメみたいな感じで扱っちゃ悪いかなーって思ってしまって。
そうそう、背筋を伸ばして見るって映画でしたよ。
ガイ・リッチーらしからぬ(けなしてはいない)作品でビックリしました。

それ。歴史がどう判断するかは~ っていうのまさにそうですよね。
私たちが学校で習った歴史も解釈とか変わったりするし、これからも変わるかもしれないし。

そうなのよー、昔は全然気にせずに見れてたんだけどね・・・
今やってるウクライナの戦争でも、しぶしぶ徴兵されて戦ってる人が凄く多いっぽいしね・・・

latifa  【 編集】  URL |   2024/03/05 14:01   |  TOP ▲ |


合理的ではなく心情的にというのが、どこか日本人らしくていいですよね。
まさに青い目のサムライとでもいうべき、その恩義に報いる行動がとても美しいと思いましたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2024/04/10 00:26   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

そうなんですよ。友情とかじゃないところがね。
にゃむばななさんちで、まさにズバリ的確にそこらへんを上手く書かれていました。


latifa  【 編集】  URL |   2024/04/11 09:23   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1995-cad929ba

映画 『コヴェナント/約束の救出』
Anthony's CAFE  (2024/04/02 03:34)
Photo by Kirishima  撮影場所: 宮城県 利府町 イオンシネマ新利府 先日、利府町の 「新利府イオンシネマ」 で、映画 『コヴェナント/約束の救出』 を観てきました。  本作は、アフガニスタン問題とアフガニスタン人通訳に関する複数の実話に基に、脚本家でもある ガイ・リッチー 監督が描いた最新作です。  日本人にとって胸が熱くなる 「義理・人情・恩義」 、「約束・絆...


| ホームTOP ▲ |