fc2ブログ
鈴木清順「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」他


鈴木清順監督といえば、私は「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」なのですが、初めて経歴というのを調べてみて、びっくり。
1923年、日本橋呉服商の長男として生まれる。(82才!)
    元NHKアナウンサー鈴木健二は6歳下の弟。(これは以前何かで聞いた)
1943年、旧制弘前高校入学後まもなく学徒出陣
1944年、下関より輸送船団で南方に向かう途中、潜水艦の襲撃を受け、船団は壊滅。その時、同期生29人が戦死。清太郎は、半月以上かけて、フィリピンに到着。翌月、マニラから輸送船で脱出中、またもや敵の襲撃受け海にほうり出される。8時間くらい漂流して味方の船に救い出される
こちらのファンサイトさんより、一部使わせて頂きましたm(_ _)m
こちら

まずは、大正生まれで、もう80才を過ぎてご健在で、今もバリバリ活躍・映画作品を作っていらっしゃるというのがすごい!!先日の「オペレッタ狸御殿」の発表会でもお元気そうでした^^

写真クリックすると、5月に上映予定の最新映画「オペレッタ狸御殿」鈴木清順監督、チャン・ツィイー、オダギリジョー出演のサイトへ。出演者が、私が好きな女優・男優さんが出ているので、嬉しい!けど、あんまりミュージカル風の映画って個人的に好きじゃないんですよね・・・・。
なんだか鈴木清順さんって、山本耀司的な雰囲気・趣味マニア(それぞれの仕事、映画だったり服づくりが趣味)って感じがするんです。温厚そうにみえて、自分の好きな物にはとことんこだわる。でも、実はちょっとだけ隠れミーハーな感覚も持っていそう・・・って
ところが可愛い。可愛いなんて私が言っちゃったら、すごいお二人にとんでもないですね!失礼しました。

鈴木清順さんの作品は、「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」が非常に印象的で、特にツィゴイネルワイゼンは、衝撃的でした。多分今上映されても、あの何とも言えない不思議な世界と耽美的官能映像といい、色彩感覚といい、素晴らしいって評判なんじゃないかな~と思います。もう20年以上見てないので、機会があれば、また見てみたいです。
ツィゴイネルワイゼンの方は、ベネチアかどこかで賞を取っている様ですが、まさに外国人が見たら、感激しそうなエキゾチックかつ摩訶不思議的アジア映画の代表作と言ってもいいと思われます。
14年ほど前「セルゲイ・パラジャーノフ」の「ざくろの色」を見た時に、何だか妙な独特な色合いと摩訶不思議的な世界が、「陽炎座」などに通ずる雰囲気があるな~
と思いました。パラジャーノフは大好きなので、また別の機会に書きます。

「ツィゴイネルワイゼン」と「陽炎座」をめぐる という、映画に出てきた場所を訪ねて写真と共に紹介してくださっているサイトがありました。こちら
こちらでも紹介している鎌倉の「釈迦堂の切り通し」、10年位前に偶然それと知らずに通りかかって、あれ~ここって、「ツィゴイネルワイゼン」的な洞窟?だな・・このおどろおどろしい怪し怖い雰囲気は・・・って思っていたんです。
でも、鈴木清順監督作品は、かつての作品は殆ど見た事が無いし、最近のも幾つか見ただけで・・だから私にとっては上の2つの作品のファンという感じです。
鈴木清順 経歴・作品など

私は小さい頃から、大正とか明治時代頃の雰囲気が結構好きで(いや、偉そうに言えるほどのもんじゃ全くございません。それほど追求した訳でもなんでもなく、軽い程度の好き・・ですが)→多分「はいからさんが通る」とかの漫画の影響も有るかも・・・私の小学校の時の自由研究に、当時の小物やポスター、芸能文化などを紹介したことがあったんです。(もう死んだ明治生まれのじいちゃんちに、色々な物や本があって、子供の頃、それらに心惹かれて物色してたんです)あの頃の着物とか洋装とか(両方がミックスされた独特の雰囲気ありますよね)、カフェとか、「ハイカラ」という感じの雰囲気、ぐんぐん一般庶民にも、急速に海外からの文化や影響が入り込んで来て活気がある・・というか・・。と、全然無関係な事を書いてしまいました。m(_ _)m
【2005/05/16 13:49】  コメント(0) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<ぼくセザール10歳半 1m39cm」と、アンナ・カリーナ | ホーム | 中国映画「變臉(へんめん)・この櫂に手をそえて」「古井戸」>>
コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/2-19bd5f5e

| ホームTOP ▲ |