オールドボーイ ロシア版ポスター他、疑問点
old

上の写真はロシアのオールドボーイのポスターなんですね。日本・韓国と随分違っていますよね。このシーンをポスターに持って来るのか~ロシアは^^ って思いました。

やっと見ました。去年の秋から、長かった・・・(T_T)
まずは、私は面白かったです。賛否両論だったみたいですが、少なくとも私は最後までドキドキハラハラ、どうなるんだろう~~と、釘付けになりました
展開もスピーディーだったし、見ていて飽きる事無く、凝ったインテリア(すごい独特な壁紙や色合いや柄とか・・・)音楽の使い方も好きでした。

見終わった後、かなり、どーーっと疲れる映画というか・・・
元々怖い残酷系な映画は見ない方なので、やっぱりこの映画、お家で見て正解だった・・・と思いました。家のTVで見る程度ならなんとか大丈夫ですので。

まずは韓国映画だいたいにおいて言える事ですが、演技者はとてもみなさんが熱演、上手に演じられてるな~と思いました。
想像した通り、やっぱり「カン・ヘジョン」ちゃんは、可愛くて合っていたと思いました。やっぱり、ウォンビンの妹って感じ・・・顔立ちが似ている気がしました。小さい顔にでっかいパーツがついているのに、けばくなくて、ちょっと幼い子供と母性の両方を感じさせられる雰囲気がある人ですね。
おっぱいまで露出しての演技は拍手。結構大きいんですね・・・。

★この下から、ネタバレ有り★
まずは、あんな事ぐらいで、15年も監禁するなんて!って事にですが、私はがっかりはしませんでした。それどころか、逆に、こっちにしたら何気なく、もう忘れている様な事でも、相手にとっては、ものすごい憎悪となってる・・・
そういう事があるかもしれないんだ・・って事をみごとに表現?してたと思います。自分が気がついてない・身に覚えのない恨み、怖い!怖いですねー!!


悪役のユ・ジテは初めて見ました。途中で、えっ、チェ・ミンシクとユ・ジテはほぼ同じくらいの年代?まさかー!!って思っちゃったんですが、後で色々な方のお話を見たらば、姉が死んだショックで若いまま時が止まったような彼の様子を表現したくてわざとだ・・・というのを知りましたが、見てる最中は、そこまで想像出来ない私としては、ええ~年離れすぎ!って思ってました。

それと、ユジテのお姉さんの名前「イ・スア」が、やっぱり「姉弟の禁断の愛」という内容の、2000年頃のヒットドラマ SBS「ピアノ」の姉(キム・ハヌル)の名前と同じだったのは、おっと思いました(ちょっとこちらは直接の血縁ではないけれど)

ここから、私が解らないで気になってしまっている部分です。
もしお解りになる方、もしくは、こうなんじゃないか?って思われる方は是非お気軽に、お考え聞かせて下さい。


?ユジテの心臓リモコン?は、もともと、あのリモコンで自殺出来るというのは嘘だったんですよね?
?ミドは、5,6年前に父親の消息を訪ねた時、ハングルをすっかり忘れてしまっていたとのことでしたが、ペラペラに喋れましたね・・・?
 それと父親の名前とかは知らなかったんでしょうかね・・・
?ラストシーンですが、韓国版とは微妙に違っているそうなのですが・・・誰も周りに韓国版を見た人がいないんです。韓国人の友達もこの映画は見なかったと言ってるので・・・どなたか見られた方がいらっしゃったら是非違いを教えて頂きたいです。

日本版しか見てない私の想像では、ミンシク氏は記憶が消えなかった。消えないまま、娘と解っていつつ、2人でやっていく事に決めたって風にあの涙で感じたのですが・・・(ミドが父だと解ってない様だと安心した)かたやミドはアジョッシーが、父だという事は解ってないと私は感じましたが、いや父だと解って居る様子だ・・・と思われた方も多い様ですね。

?奥さんを殺したのも、ユジテの仕業なのですよね・・・?
?ラスト、雪の中久しぶりに再会した2人、どのくらいの時間が経ってたんだろう・・・

この2人が多分父・娘だなと言う事は割と早い段階でそんな気がしました。「娘はストックホルムに・・」って処で、もしや・・・って思ったんです。でも、その部分に推察ついたからって、全然平気でした(^^;
真剣に見てたので、あまり色々先の事「ああなるんだろうな~」とか余計な事を考えずに巻き込まれる様に見てたのが幸いしました。
この15年は、娘が成長する間の時間つぶしの為の監禁で、監禁から解放してからが、本当の復讐劇の始まり(娘と関係持たせてショックを
受けさせる)って事まで、このおばかな自分の頭では、すぐにピンと来なかったので。


ちなみに、あの天使の羽のおもちゃ?家にも偶然有るんです・・・(^^;

すごいな↑こんな体勢よく出来ますなあ・・・
【2005/05/21 10:09】  コメント(7) | トラックバック(4) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<グッバイ、レーニン!限りなく5つ星に近い | ホーム | オアシス ソル・ギョング 力道山他写真>>
コメント

さるおです。
「年くった世良さん」って言われてたの?なるほど~、それも納得!雰囲気とか、似てるね。
そう考えるとすごくいろんな人に似てるな。

ところでこのバッタのポーズ、ウジン君がはやる復讐心を抑えるためにヨガをやってたんじゃないかって聞いたよ。このポーズはすごく難易度が高い(俳優さんも特訓したらしいよ)らしいから、これを使えばもう長いことヨガやってるってことが表現できるだろうってことかなぁ。
さるお  【 編集】  URL |   2005/07/04 14:27   |  TOP ▲ |


私も、オールドボーイ、とっても面白かったです。知ったのは、虎ノ門というテレビ番組で、辛口の井筒監督が絶賛だったので、発売を心待ちにして、ゲットしました。
最初の酔っぱらいと、監禁されてる人物が同一人物だということが、途中まで判らなくて、困りました(笑)。
どぎつい場面も有りましたけど、コミカルな描き方の部分も有り、映画としてのエンターテインメント要素がふんだんに盛り込まれ、たっぷり楽しませてもらいました。でも、内容は、とても深く重い物でしたね。原作が日本のコミックだということで、監禁ビジネスという破天荒なアイディアは流石と思いました。
カン・ヘジョン、可愛いですね。天使の翼を羽ばたくところと、韓国語で、「おじさん」と甘えて呼ぶ時。
HyperDog  【 編集】  URL |   2005/07/29 18:06   |  TOP ▲ |


HyperDogさん、初めまして!
とても丁寧なコメント、ありがとうございました(^O^)とても嬉しかったです。
井筒監督は褒めることなんて滅多にないのに、この映画は褒めていたんですね!以前夜中にやっていた井筒監督の映画自腹で払って感想・・って企画が面白くて良く見ていました。

確かに、これは解りにくかったかもしれませんね・・・
>最初の酔っぱらいと、監禁されてる人物が同一人物だということが、途中まで判らなくて

>監禁ビジネスという破天荒なアイディア
私も凄いっ!と思いました。シナリオというか原本は日本の漫画だそうで、この映画が面白く出来上がった半分以上は、この原作の漫画によるものが大きい様な気が私はしてます。
また、どうぞこれを機会に遊びにいらして下さいね!!
latifa  【 編集】  URL |   2005/07/30 18:08   |  TOP ▲ |


latifaさん,古い映画ですが,大好きな映画なので,記事を書きました。TBさせていただきました。この映画,常連のブロガーさんの中では記事をアップされてる方が少なくて,女性受けはやはりいまいちだったのかなあ,と思いますが,私は素直に「凄い!」と感心した作品です。こんなの,日本はもちろん,ハリウッドにも撮れないと思います。
特典を観ていたら,ミンシクさんはアクションの特訓を,ユ・ジテさんはヨガの特訓をされていました。latifaさんの記事の写真のポーズ,難易度が高いので,結局ワイヤーで足をつり上げて撮影したそうですが,ジテさんは最後まで自力でやりたかったと残念がっていました。
なな  【 編集】  URL |   2007/09/18 22:48   |  TOP ▲ |


ななさん~こんにちは(^O^)
わーい!ななさんも、この映画がお好きなんですね^^
私もですよ♪
でも・・なんと・・・女性に、あまり人気が無いとな??うぬ~~。そうなのかあ・・・。

私もななさんと同じ!凄い!!って思いました。これ、海外で賞を取るのもうなずけるよーって思いましたもん。海外で評価されるアジア映画って、まったりした映画が多い気がするのだけれど、この映画は、スピーディーだし刺激的だし、凄くインパクトが強くて、以後、パク・チャヌク監督作品はチェックせねば!と思うきっかけになりました。

その後、原作の漫画も、立ち読みしたんです。でも、原作の絵が、あまり自分の好みではなく・・。途中までで挫折してしまいました。私的には、映画の方がカッコ良いというかCOOLな感じがして好きです。
latifa  【 編集】  URL |   2007/09/19 09:39   |  TOP ▲ |


こんにちは。
2007年末地上波深夜映画で観ました。
ブログに感想を書いています。TB相性悪いのでお手数ですが直接お越しください。
もっとだめかなと思っていたのですが…。
そうそう、以前latifaさんにカンヘジョン大胆場面を教えてもらっていたのを忘れていました(笑)
ネタバレ質問を内容に注意して…
?そうかも…。結果的には押していない???
?このあたり見逃しているかもしれません。あるいは微妙にカットされていた?催眠術のなせる技??
?観たい!
?YES!
?そんなに離れていない気もしますが、彼は口がきけなくなっていたはずだから時間がたっているのかも。長ければすべてを了解もありうるかも。
こまものやJUN  【 編集】  URL |   2008/01/12 12:10   |  TOP ▲ |


こまものやJUNさん、こんにちはー!
今年もどうぞよろしくお願い致します~☆
これ、地上波でやってくれちゃったんですか(^o^) 深夜かな・・?^^

ネタバレ部分の私の疑問点に、ひとつひとつお答え下さって、とても嬉しかったです~ヾ(≧∇≦)〃ありがとう!!

この映画、やっぱり今から考えても、面白かったと思います。むしろ見終わった直後よりも今思うと、怪作だったんじゃ・・?と再認識してます。
これから、JUNさんちお伺いします~♪
TBご迷惑おかけしちゃって、スイマセン!
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/12 16:15   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/20-92480d03

映画鑑賞感想文『オールド・ボーイ』
さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー (2005/07/04 14:28)
さるおです。 トンカチって武器になるよな。『OLDBOY/オールドボーイ』を観たよ。 監督は『JSA』パク・チャヌク。出演はチェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン。日本のコミック(土屋ガロン)の映画化です。 こりゃフランス映画だ。というのがさるおの感想。韓国映画な.


オールド・ボーイ
39☆SMASH (2006/05/06 13:30)
『オールド・ボーイ』あらすじ『妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日にいきなり誘拐され、狭い部屋に監禁されてしまう。理由も知らされないまま監禁は続き、その間食べる物は与えられたが、外を見ること...


オールドボーイ
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2007/09/18 22:40)
どんでん返しの衝撃度とストーリーの斬新さは超弩級。役者の演技は超一流。しかし。人にお勧めするのをためらう映画ナンバーワンだ。なぜなら,後味の悪さが半端じゃないから。観賞後は人によっては再起不能なほど落ち込んだり,吐き気をもよおしたりするかもしれない。う


オールド・ボーイ
こまものや日記 (2008/01/12 17:32)
2007-2008年末年始は映画をなんと8本も観ました。 実は今日までに観たのは7本、残り1本は知人の協力を得る手はずになっています。 まず第一弾です。 年末の地上波深夜映画でやっていました。 録画して年末のうちに観ました。記事は年明けとなりました…。 もっ...


| ホームTOP ▲ |