映画「ラストコンサート」 (1976/イタリア・日本合作)
amazon
ふと新聞を見たら、BS2で「ラストコンサート」が放映されると書いてある。 凄く懐かしくなり、初めて見てみました。
この映画が上映されていた30年前、私の当時の親友が異様にはまっていて、ラストコンサート病に取り憑かれていたんです。今の若い世代の人達に「セカチュー」が支持されたように(全員じゃないけどブームになったってことは、結構多くの人が)、今から30年前の若い子は、この「ラストコンサート」もしくは、ドラマ「赤い疑惑」で泣いてたんですナ。
友達が内容・どこが良かったか・泣けたかを熱く語り、パンフレット、ポスター、雑誌の記事などを見せてもらいまくって、見なくても見たような気になっていた私。でも今でも覚えているのが、ラストコンサートの海のシーンの写真の便箋・封筒セット(爆)を、友達にプレゼントした記憶があるんですよ。今はそういうの有り得ないと思うのだけど、昔は大ヒット映画などは、便箋封筒セットになったりしてたんですな。

その後、そのまんま、30年もの年月が経ってしまいました。
偶然、家の娘が、あの頃の私と同じ年。娘は自分のお気に入りの映画(←コープスブライドね)を、友達に熱く語り、友達に見てもらいたくて、DVDを友達みんなに見せて、何人かは面白いと言ってくれた!!と大喜びし、つまんなかったっぽい反応の時は、がっかりした様子なのを見て、30年前、私も「ラストコンサート」見てあげればよかったなあ・・・って思ったのもあったんです。(今はね、ビデオやDVDがあるから、友達に簡単に見せられるけど、昔は映画館に見に行くしか方法がなかったんだよな・・・・)

で、見てみました!(前置き長くてすいません↑)
開始早々、なんともレトロな、ジェーンバーキン風のフレンチ風ハミング?の、あの有名なテーマ曲が連発。風景は、フランスのモン・サンミッシェル→北フランスの綺麗~な風景→パリと移動。全体的に、ぼんやりと淡い光線の映像。とてもムーディー。登場人物のステラ(パメラ・ヴィロレージ)は、イタリアの美少年っぽいテイストの入った、可愛い女の子だ。お相手のくたびれた中年ピアニストとのバランスが、これまた絶妙。2人が段々親しくなる様子・過程が、とても良い感じ。
あんな17才の可愛い子が、もう人生諦めた様なオジサンの前に現れ、まとわりつかれ慕われたら(オジサンの方は、最初迷惑がってたけど)、そりゃ~新しい曲も出来るわ、もう一度がんばってみよう!って気にもなるはずだわ。

舞台はフランスで、回りの人達はフランス語を話してるのに(時々吹き替えで英語話してました)、主人公の2人が英語を話しているという(^_^;) これは、アメリカ映画なのか?いや、フランス映画なのか?と思いきや、見終わった後見て驚愕!!な、なんと、日本・イタリア映画なんですと!!!しかも大ヒットしたと思っていたらば、「小さな恋のメロディ」と並ぶ「日本だけで圧倒的に支持されている外国映画」なんですね・・・・。当時、正月映画「カサンドラ・クロス」と2本立てで上映されていたっていうのも、ちょっとビックリ(^_^)
2004年に、約30年弱の時を経て、DVDが発売されたんですね。見終わった後、映画感想サイトなど見たら、密かにラストコンサートファンの人が多いみたいなんですね^^
綺麗な映像と風景と、主役の2人をず~っと追った丁寧な作りでした。
(ちょっと病気と闘うシーンや、2人それそれが持っていただろう、死への恐怖等が無かったけれど(^_^;))

ラストコンサート (1976/イタリア・日本合作)
Dedicato a una stella The Last Concert
製作 オヴィディオ・G・アソニティス / 古川勝巳 監督 ルイジ・コッツィ 撮影 ロベルト・デットーレ・ピアッツォーリ 音楽 ステルヴィオ・チプリアーニ
出演 リチャード・ジョンソン / パメラ・ヴィロレージ / リカルド・クッチョーラ / マリア・アントニエッタ
【2006/07/06 09:21】  コメント(6) | トラックバック(6) | イタリア映画
TOP ▲HOME
 
<<「連理の枝」感想と、ソ・ヨンヒ(ラブストーリーのソン・イエジンの友達役) | ホーム | 「私にも妻がいたらいいのに」感想 ソル・ギョング 眼鏡カップル>>
コメント

こんにちはーTBさせて下さい。「セカチュー」や韓国ドラマなど純愛ロマンスがブームみたいですが、そんな作品よりもずっと泣けました。でもこの作品が公開された当時、全然この作品の存在も知りませんでした^^;)。この作品には意外とファンが多いんですねー。
ぶーすか  【 編集】  URL |   2007/01/20 10:10   |  TOP ▲ |


ぶーすかさん、こんばんは!
私、近年の「純愛ロマンス」とか、すんごく苦手なんです。
恋愛ものが基本的に苦手な上に、プラス不治の病ものとかだと、更にダメです。
そういいながらも、まれにハマれる作品があったりするのが不思議ですがw

韓国ドラマは結構見て来てるんですよ。冬のソナタとかは、苦手ですが。(^o^)
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/20 19:47   |  TOP ▲ |


こんばんは!
latifaさんもこの作品の記事を書いてらしたなんて嬉しいわ!
私は実は,メールでブログに
この作品の感想をリクエストしてきた人がいて
それで初めてこの作品を観たのですよ。
ツタヤの「100選」でも出てたし・・・。
30年前にそんなに流行ったとは知らなかったわ。
「赤い疑惑」の方はもちろん知ってるけどね。
難病でヒロインが死んじゃうって設定はありがちなんだけど
このヒロインの可愛さとおっさんとの取り合わせがいいよね。
そうそう,イタリアの美少年ぽい可愛さのヒロインでした。
あまり有名でない俳優さんばかりというのも
新鮮でよかったかも。
音楽がいいですよね~~~。
なな  【 編集】  URL |   2010/12/14 19:33   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
そうなんですよ、あんまり感想書いているブロガーさん、いらっしゃらないんですよね。この映画。
そういや、年末のテレビジョンを見ていたら、近々関東では、これの放映があるみたいなんです!

> 私は実は,メールでブログに
> この作品の感想をリクエストしてきた人がいて
そうなんですか~~。そんなリクエストが来るなんて、なんか凄いわ~~(^○^)

> ツタヤの「100選」でも出てたし・・・。
そっれは知らなかった!100選に選ばれていたんですね?

> 30年前にそんなに流行ったとは知らなかったわ。
ちょうど「赤い疑惑」と、ほぼ同時期だったのと、たまたま私の友達が、すんごいハマっていたから・・ってことで、印象にずっと残っていたんですよ。
latifa  【 編集】  URL |   2010/12/15 14:50   |  TOP ▲ |


パメラ ビロレイジの最近の出演作は「グレート ビューティ」(2013)です。
  【 編集】  URL |   2015/07/31 13:19   |  TOP ▲ |


情報ありがとうございます!
> パメラ ビロレイジの最近の出演作は「グレート ビューティ」(2013)です。
latifa  【 編集】  URL |   2015/08/04 16:56   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/211-90c28de5

<ラストコンサート> 
楽蜻庵別館 (2006/07/21 03:17)
1976年 日本・イタリア  原題 The Last Concert 監督 ルイジ・コッツィ 製作 オビディオ・G・アソニティス  古川勝巳 原作 ソニア・モルテニ 脚本 ルイジ・コッツィ  ミケーレ・デレ・アイエ    ダニエレ・デル・ジュディチェ  ソニア・モルテニ 撮影


DEDICATO A UNA STELLA
playtcafe*cinema*art* (2006/10/25 01:09)
ラストコンサート 1976年/イタリア・日本/94min/ルイジ・コッツィ/パメラ・ヴィロレッジstory生きる意欲をなくした音楽家は、田舎をさまよっていた。病院で偶然であった女の子の秘密を知った男は、彼女と旅に出る…。pointおじさんぱっとしないなー。何でこんなかわ...


「私は告白する」「ラストコンサート」
ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 (2007/01/20 10:04)
●私は告白する ★★★★★【NHKBS】モンゴメリー・クリフト扮する美形の神父が殺人事件の容疑者にされ裁かれる、巨匠ヒッチコックのサスペンス。最後まで展開が読めずハラハラ!●ラストコンサート ★★★【NHKBS】白血病で余命わずかな少女と挫折した中年男のピアニストの


ラストコンサート
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2010/12/14 19:37)
もう一度 弾いて。そして喝采を浴びて。あなたの夢のためにわたしは星になる。 1976年公開の宝石のように煌めく純愛物語。当時話題作だった「カサンドラ・クロス」と二本立て公開作品で,「カサンドラ~」目当てに劇場に足を運んだ観客が,こちらの作品の方に感動し


ラストコンサート
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2010/12/14 19:38)
もう一度 弾いて。そして喝采を浴びて。あなたの夢のためにわたしは星になる。 1976年公開の宝石のように煌めく純愛物語。当時話題作だった「カサンドラ・クロス」と二本立て公開作品で,「カサンドラ~」目当てに劇場に足を運んだ観客が,こちらの作品の方に感動し


ラストコンサート
rambling rose (2016/05/10 11:30)
(監・脚)ルイジ・コッツィ (脚)ミケーレ・デレ・アイエ ダニエレ・デル・ジュディチェ ソニア・モルテーニ (主)リチャード・ジョンソン パメラ・ヴィロレッジ リカルド・クッチョーラ マリア・アントニエッタ


| ホームTOP ▲ |