8月のクリスマスと八月のクリスマス(日本版と韓国版比較感想)

 
韓国版の八月のクリスマス(1998年)は随分前に見たっきりなので、細かい部分は忘れてしまっているのですが、日本版(2006年)は、かなり韓国版同じに作られている気がしました。女の子の職業が違っていたくらいで、登場のシーンの黒いタイトスカートに黒いパンプス、一つに束ねた髪の毛まで同じで、その登場シーンのスタイルの良さまでも同じでした^^
この映画を今見て思ったことは、最初に韓国版を見た時は、写真館や、写真を現像してもらう・・って事を普通に自分は見たんです。ところが2006年、見たらば、そうかぁ・・・最近は、滅多に写真を現像してもらうってことしなくなったよなぁ・・・。デジカメでお家でプリントしたりするようになったり、あまり写真館に行くとか、写真に○をつけて焼き増しを頼んだりってこと、無くなったよなあ・・・って、とてもなんだか懐かしくその部分を見てしまったんですよ・・・。舞台になる日本の風景も、どこか懐かしい古き良き日本を感じさせる街並みでした。コンビニというより、町の小さなお店で買ったアイスを食べる夏の日・・・を感じました。

なんとなく私が感じた印象では、韓国版は、ハンソッキュが女の子を想っている気持ちは伝わって来たけれど、女の子はハンソッキュを凄く想っているという感じを受けなかったのですが、日本版は、女の子がおじさんを、かなり想ってたような・・・。勝手な私の浅読みかもしれませんが(^_^;)

この映画の韓国版を見た頃、まだ私は、韓国映画は殆ど見たことがない頃でした。だから、泣かせようという趣旨が無い映画、淡々とした処が、とても印象に残ったし、新鮮にうつったんです。かえってハリウッド映画や日本映画の方に、不治の病でお涙頂戴系でドラマチックに泣かせようとする・・って印象を持っていたから、韓国映画って、泣かせようとしない手法が、なかなか素敵ダナ☆なんて思ったんです。(それが2006年今では、世界で一番、泣かせようとする映画、不治の病系を好んで作るのは、韓国映画じゃないか・・・?って風に思う様に変わってしまったというのも・・・皮肉というか・・・(^_^;))

この映画を日本でリメイクするという話を聞いた時、頭に浮かんだことは、何故にこの映画を、日本版としてリメイクしようとしたのかな?って事でした。実際映画を見たら、その謎が解けるかな?と思ったのですが、今だやっぱり解らず・・・。調査すればいいんですが、それほど思い入れも無いので・・・。日本版も普通に良く作られていたと思いました。が、とりたてて感動も無かったような・・・

★以下、日本版、韓国版の、ラストのネタバレ含みます★文字反転して下さい
あと、これまた勝手な私の思い込みや印象なのですが、山崎さん演じるおじさんは、過去に女性とも深くおつき合いした経験も何度か有り(それほどモテない訳じゃなくて)今に至ってる・・って印象がして、ハン・ソッキュ氏演じるおじさんは、なんだか全然縁が無い様な(過去の女性一人だけはあったけれど、なんだかそれも半ば片想いで終わってしまった感がある・・)そんな印象があったんです。だから、黙って彼女を喫茶店で見るだけ・・、何も彼女に語らずに死んで行く姿が、より一層、げに哀しや~、胸に迫って来たんです。
それに韓国版では、シム・ウナ演じる女の子が、その後写真館の前を通って、にこやかに(彼女は何も知らないんだ~!)フィナーレっていうのが、また凄~~く悲しくて・・・(;_;)←その語り足り無さ?の歯がゆさが、なんとも悲し過ぎる!けど、そこがこの韓国版の映画の良いところでもある。
日本版のラストは、ちゃんと全てを知った上で、あの女の子が自分の写真が飾られているのを微笑んで去って行くんですよね。見ているこっちからすれば、落ち着く?ラストではあるんです。が、やっぱり、あまり多くを語らず(感情の起伏やら何やらを最低限おさえて控えめに控えめに)作られてるのが、この映画の特徴だとしたら、ラストもこのまんまの雰囲気で、突っ切っちゃう韓国版の方が、悲しいけれど良い様な気もする様な・・・。


8月のクリスマス(2006年 日本)
監督 : 長崎俊一
出演 : 山崎まさよし 関めぐみ 西田尚美 戸田菜穂 井川比佐志 大倉孝二

八月のクリスマス (1998/韓国)
製作 チャ・スンジェ 監督 ホ・ジノ
脚本 ホ・ジノ / オ・スンウク / シン・ドンファン
出演 ハン・ソッキュ / シム・ウナ / シン・グ
【2006/07/18 10:41】  コメント(2) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<見続けるのが苦痛だった映画サヨナラCOLOR | ホーム | がっかり・・・パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト>>
コメント

山崎まさよしの主題歌がまず心に響きます。
リメイク版からオリジナル版の順に見ましたが、正直ハンソッキュの自然な演技力には、
演技の自然な山崎も歯が立ちません。

懐かしい昔を思い出させる田舎の風景や、ジョンウンとタリムの素朴なやり取りや服装。
少なく静かなせりふも、叙情詩のような趣のある味わい深いものばかりで、心に残ります。
ジョンウンの終盤の、喫茶店のガラス越しに彼女を一人見守り、指でなぞりながら
今生の別れを惜しむシーンは、映画史上の
珠玉のシーンではないかと深く感動しました。
私も若いときに恋人になりかけの人を病気で無くし、やはり同じように黙って去られました。
何十年たっても忘れる事など出来ません。
みっくん  【 編集】  URL |   2013/10/28 02:23   |  TOP ▲ |


みっくんさん、コメントありがとうございました。
とても丁寧なコメントで、嬉しかったです。

みっくんさんは、私とは逆のパターンで、ご覧になられたんですね。
そうなんですよねー、山崎さんの歌は最高に素敵なのですが、ハン・ソッキュさんの演技がとても自然なんですよねー。
山崎さんは、昔何かのドラマで主演をされていた時も、下手じゃないけど、役者じゃなくて、やっぱり歌手の方が・・・と思った記憶があります。

> 私も若いときに恋人になりかけの人を病気で無くし、やはり同じように黙って去られました。
> 何十年たっても忘れる事など出来ません。
そうなのですか・・・。
そんなご経験がおありなら、本作は、より一層心に染みますよね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2013/10/31 18:07   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/217-e45230f7

映画『8月のクリスマス』
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2006/08/26 19:17)
愛と死を見つめながら、不治の病と恋の狭間でどうにもならない葛藤・・というよりも・・ヒロインの&quot;おじさん&quot;に対する恋する思いの切なさが身に染みる 鈴木寿俊(山崎まさよし)が、残されたわずかな時間で営む写真館、やってきたのは小学校の臨時教員高橋由紀子(


『八月のクリスマス』みましたぁ!
韓ドラのたまり場 (2007/08/27 07:58)
『八月のクリスマス』ハンソッキュ/シムウナ共演8&#50900;&#51032; &#53356;&#47532;&#49828;&#47560;&#49828;(Christmas in August)1998年作品junsanga的評価 ★★★★☆(4つ。もう一度みたら5つかも!)【1】全体的に落ち着いたトーンの映画でした。私はこの...


8月のクリスマス
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/03/28 20:26)
 コチラの「8月のクリスマス」は、ハン・ソッキュ主演の韓国映画「八月のクリスマス」の日本版リメイクです。ちなみにオリジナルは、ブログには書いていませんが、観ています。  主演は、シンガー・ソング・ライターの山崎まさよし。彼の出世作である「One more time,O...


| ホームTOP ▲ |