ウィン・ディキシーのいた夏、ウォルター少年と夏の休日、あらしのよるに(子供と夏休み見た映画)
夏休み子供と見た映画、ウィンディキシーのいた夏、ウォルター少年と夏の休日、あらしのよるに、タイヨウのうたの4つを見ました。 子供はタイヨウのうただけ途中で挫折、他の3つは面白く見れた様でした。私は、全部それなりに楽しく見れました。
タイヨウのうたは、また別にアップしようかな?と思っています。

「あらしのよるに」
gabu

ちょっとラストの展開と、声に違和感を感じつつ見てしまいました。
でも世間では評判もよく(特に小説)、気になったので、映画を見た後、原作本の小説も読んでみました。
原作本は丁度良い文字の大きさと間隔?で、スラスラと気持ち良く読め、最初何ページかで、ぐっと引き込まれて最後まで一気に読める、とっても面白い本でした。本の方がアニメ映画よりも、当然ながら心理描写がとても丁寧で、細かな感情の動きが、よ~く解り、凄く良い本だな~って思いました。本を読んだ後で、声の事を再度考えて見たのですが、やっぱりアニメ映画の声はあってなかったなって思いました。
ガブの声は良いとして、ヤギのメイの声が、成宮君だそうですが、何かどうしても男の声で、しかも妙な声色で、すっと入っていけなかったんです。
それとラストの展開も、映像版で見た時は、何故か、白けてしまったのですが、本では、全く白けなかったんですよ、不思議と・・・。

ガブの普段の今までの生活である厳しいオオカミ世界。そこで生きていく中で、ガブの優しさが、少々邪魔?をする・・というか・・・・、オオカミの世界で少々落ちこぼれ気味のガブという設定が、泣けました。そんなガブだからこそ、メイと気が合う様になったっていうのが、すごく小説で胸に染みました。かたや変化のないありきたりの生活のメイが、ガブと知り合って、今まで自分が知らなかった広い世界を見せてくれる(一緒に見れる)存在のガブ、今まで眠っていた好奇心、ワクワクする気持ちをくれる・・・そこに最初魅力を感じて、どんどん仲良くなっていく様子など、人間にも充分置き換えて考えられる設定でした。ほんと、かなり面白い小説で、滅多に本なんて読まない子供も、珍しく一気読み出来たみたいです。

2005年映画 声優:中村獅童 成宮寛貴 原作・脚本:木村裕一(講談社刊)監督・演出脚本:杉井ギサブロー


「きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏」
win

ウィンディキシーが可愛かったです。日本版の表紙の写真が特に写りが良い(爆)
主役の女の子が、チャーリーとチョコレート工場の紫の女の子(ガムくちゃくちゃ女)だったんですが、全く別人のようにけなげで一生懸命な女の子を好演していました。洋画の実写版なんて、家の子飽きずに見れるんだろうか?と少々不安だったものの、最初から最後まで飽きることなく楽しく見ていたようで、意外。滅多にそういうこと無いので・・・。きっと多くの子供達が楽しく見られる映画なんじゃないかな?って思いました。冒頭のシーン、アメリカの田舎、ある夏休みの凄く晴れた日、自転車を漕ぐ女の子、ただこれだけのシーンなのですが、おおお~~!!決まった!コレだよ!!って感じがしましたよ。まさに小学生の頃の、とある夏休み、暇をもてあましてた暑い夏の日、それをこの冒頭シーンで思い出して(アメリカなんで、少々色々な部分で、自分の時より全然洒落ていましたが(^_^;)))
きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏
出演: アンナソフィア・ロブ, ジェフ・ダニエルズ, シシリー・タイソン
監督: ウェイン・ワン

ウォルター少年と、夏の休日
wo

これはTVで放映していたのを録画して後日見たのですが、全く期待してたよりもずっと面白く見れました。子供も面白く見れたみたいで、これまたちょっとびっくり。
ティムバートンのビッグ・フィッシュに少々似てるかな・・・?って処がありましたが、個人的に、ビッグフィッシュよりも、ウォルター少年の方が私は好きだったかもしれない。ウォルター少年の方は、お爺さん2人が格好良いというか、ユニークで、太っ腹で、オカシ・オモシロかったんです。強すぎるわ~!とか思ったけれどw
セールスマンがやってくる度に、銃をぶちかましてセールスマンをけちらしたり・・・。 日本語吹き替えだったものの違和感感じず見れたし・・・。きっとTV放映だったので、カットされてる部分もあったんだろうな~。TVで見ても面白かったんだから、もし映画館で見たら、もっと面白かったに違いない。

「ウォルター少年と、夏の休日 2003年映画」
出演者 ハーレイ・ジョエル・オスメント、ロバート・デュバル、マイケル・ケイン、キーラ・ゼジウィック、ニッキー・カット、エマニュエル・ヴォージュア
【2006/08/26 23:06】  コメント(6) | トラックバック(3) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<運命じゃない人 内田けんじ監督 面白かった! | ホーム | ワイルド・アニマル 野生動物保護区域 Wild Animals キム・ギドク★ネタバレ内容あらすじ>>
コメント

ビッグフィッシュに似ていましたね~。でもわたしもウォルター少年のほうが夢があって好きです。

次々とやってくる、セールスマンたちを追い払うおじいちゃんたち、かっこよかったですね。

latifaさんは、お子さんと一緒にご覧になられたのですね。いいなぁ。
我が家は、子供たちが観たい作品と私が観たい作品が違っていて、なかなか一緒に映画を観ることができないんですよ・・・。
shake  【 編集】  URL |   2006/08/27 01:23   |  TOP ▲ |


shakeさん、こんにちは!
shakeさんもビッグフィッシュより、ウォルター少年の方がお好きだそうで、同じで嬉しいですー。

shakeさんち、お子様と見たい映画が違っているそうですが、家もそうなんです。だから、たまたま偶然一緒に見れて、ちょっとびっくりしています。
latifa  【 編集】  URL |   2006/08/27 10:26   |  TOP ▲ |


僕も夏休みは子供と映画みましたね。
ウォルター少年、あらしのよるにも見たし、カンフーハッスル、妖怪大戦争、ウォレスとグルミット、劇場ではゲド戦記を見た。
けっこう僕は雑食性で何でも見ますね。
明後日は花田少年史観にいきますよ。
もう、夏休みも終わりですね。
ホッとしますね(本音)。
motti  【 編集】  URL |   2006/08/27 12:53   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんにちは。
mottiさんも、ウォルター少年とあらしの夜は子供さんと見られたんですね。
家の子もカンフーハッスル、ウォレス、ゲド戦記は一緒に見ました。
妖怪大戦争は、怖いので親子ともども未見ですw

花田少年も面白そうですね。レンタルなったら見てみるつもりです。
最後のmottiさんの本音、同感です(^_^)
latifa  【 編集】  URL |   2006/08/28 09:17   |  TOP ▲ |


そっかぁ~吹き替えやカットされると
また映画が変わってしまいますものね~。
なかなかいい映画でしたけどね。
miyu  【 編集】  URL |   2009/01/22 20:50   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちはー!
そうそう、そういえばこの映画、TVで放映されたのを録画して見たんだったわ。でも面白かったですよ~。出来たらちゃんとしたDVDとかで見るべきだったな・・。絶対その方が面白かったのに、もったいない事をしたわ。
latifa  【 編集】  URL |   2009/01/23 21:09   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/226-2239572f

ウォルター少年と、夏の休日
シェイクで乾杯! (2006/08/27 01:24)
こういうお話だとは思ってもいなくて驚きました。なんて心温まるファンタジー。


ウォルター少年と、夏の休日
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2009/01/22 20:46)
 コチラの「ウォルター少年と、夏の休日」は、「シックス・センス」のハーレイ・ジョエル・オスメントが、マイケル・ケインとロバート・デュヴァルに鍛えられちゃうっつ~ハートウォーミングなヒューマン・ファンタジーです。  邦題にちょっとダマされちゃったのだけど...


ウォルター少年と、夏の休日
Yuhiの読書日記+α (2011/10/02 00:09)
かつては壮大な冒険を繰り広げていたという2人の老人と、聡明だが母親の愛に飢えた14歳の少年の心温まる交流が綴られるヒューマン・ドラマ。監督はティム・マッキャンリーズ、キャストはハーレイ・ジョエル・オスメント、マイケル・ケイン、ロバート・デュヴァル、キーラ...


| ホームTOP ▲ |