FC2ブログ
「隣人13号」と「ドッペルゲンガー」の感想

無意識に自分と別人格の分身が現れる「ドッペルゲンガー」 (同時に2つの人間が存在して、2人で会話が出来る)と、無意識に、普段の自分とは違う別の人格が現れて勝手に行動してしまう「隣人13号」を見ました。
ちょっと似てる様で、全然違うんですが、まとめてアップします。
と言っても、隣人13号が8割で、ドッペルゲンガーは2割ですが。私はこういう、2重人格モノ?というかは、基本的にかなり好きな題材です。

まず、「隣人13号」下の2つクリックするとそれぞれ拡大画像が出ます
00 00右のはロシア版のポスター 

隣人13号 neighbor13 監督: 井上靖雄
出演: 中村獅童 小栗旬 新井浩文 吉村由美 三池崇史
エンディングテーマ:「はがれた夜」平川地一丁目

もうすぐ映画公開される「鉄コン筋クリート」の原作者である松本大洋さん(ピンポンとか)の漫画が好きで、その松本さんのいとこがやっぱり漫画家「井上三太」さんで、松本さんが影響受けたと知って、それじゃ、井上さんの漫画を読んでみよう!と思い立ったものの、古本屋に置いておらず(爆)、井上三太さん原作の「隣人13号」は映画化されており、ああー!去年少し話題になってた、あの映画って、井上三太さん漫画の映画化だったんだ~って初めて頭で繋がって、それじゃ映画から見てみよう、と思って見たわけです。

これは意外と面白かったです。少々テンポが遅いかな・・・という気がしないでもない部分もありましたが、幻想的な部分の描写とかも効果的だったし、どうなる、どうなる?と先が心配でね・・・。ちょっとオールドボーイ、クムジャさん等のパク・チャヌクの映画と、どこか似た印象を受けました。私は、パクチャヌク監督の映画は結構好きですし、復讐ものは大好きなんです。

こちらインタビューで、出演者の小栗旬君と、中村獅童さんが、年は離れているものの、同じ高校出身だったこと、小栗君が中学校の頃より、この井上三太さんの大ファンで、一杯本を読んでいたことなどが書かれていました。

(隣人13号 内容・あらすじ)赤井に小学生の頃いじめられていた少年・村崎十三。10年ぶりに会った赤井は、相変わらず凶暴でイヤなヤツだった。しかも十三のことは忘れている様子。そんな赤井だが、ヤンキー時代に知り合ったらしい妻と子供と仲睦まじく家庭を持っていた。3人が住むアパートの下の部屋に十三は住み、赤井と同じ職場に入社する。十三の中に潜む全く別の人格13号が、復讐を達成させるため本格的に動き出すのだった。

ラストですが、★ここからネタバレです。文字反転して下さい★
いきなり、えっ??とびっくり。卒業アルバムに右上の小さい写真にあったはずの十三が、普通の列に並んでいたり、赤井ら仲間と中学生の制服を着て仲良さそうに歩いていたり・・・。これは、あの花瓶のシーンで十三が遂にキレて逆上したことによって、運命が変わって、親しい友人になれた、って事なんでしょうかね。それにしても、あんなヒドイイジメ受けていて、仲良くなれるものでしょうか?疑問。 それと、イジメられていても勇気を出して刃向かって行けば・・・運命変わるかも・・っていうのも、実際問題、弱い子にとっては、難しいだろうな・・無理に近いよな~って思っちゃいました。このラストの部分だけは、巻き戻して2回ほどチェックして一緒に見てた旦那と討論?し、我が家的には過去の時間の流れと、それとは別に現在(10年後)の時間の流れが、同時に進んでいて、過去が変わったことによって、10年後も変わった、って事になるんだろうね~という推察。でも実際良く解ってないんです。
 あと教室の中でのシーンは、多分バックに子供が入っているような、そんな予感がしていたので、あ”~やっぱり・・・そう来たかと。で、あそこで、赤井が謝ったからって、許してあげられるものでしょうか?私なら許せん。最初奥さんに手をかけ、殺しそうな予感・・・って思ってたんですが、奥さんには何もしませんでしたね。アパートの無関係な住人とかまで殺しちゃう別人格の十三には、げんなり。
ネタバレ終了★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2002年映画「ドッペルゲンガー」
監督 黒沢清
キャスト:役所広司 柄本明 ユースケ・サンタマリア 永作博美

いまひとつ、おもしろくなかったです。 途中まではどうなるのかな~って見ていたのですが、途中から「ロボット争奪戦」っぽい感じになって、コメディ?なのかな、どうもいまいち、このノリというかに、乗り切れず、おいてきぼりをくらった感じでした。好みが分かれそうな映画かな?私は好きな映画じゃなかったな・・・。役者さんは全員上手で、特にユースケサンタマリアは、ぴったりの配役だった気がしました。ラストにかかってきたPE'Zの曲も映画に合っていました。
【2006/09/22 09:37】  コメント(6) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<藍色夏恋 (藍色大門)感想 | ホーム | シュガー&スパイス風味絶佳 映画感想と小説との比較>>
コメント

こんばんは★

私も隣人13号、好きでした。
なかなか面白かったですよね。

映像もかっこよくて、これが初監督作品だなんて信じられないくらいの完成度ですよねー。

小栗さんも獅童さんも素敵でした。

大洋さんの漫画って高いですよね。
私も欲しいんですけど、なかなか手が出ません(笑)
マイコ  【 編集】  URL |   2006/09/22 22:47   |  TOP ▲ |


隣人13号、僕も見てます。
中村獅童さんは怪演でしたよね。
見た当時、オダギリジョーが日本で一番尖がってる俳優という周囲の大方の意見の中で僕は彼こそ尖がってると譲りませんでしたw
最近叩かれてて残念です。

ドッペルゲンガーは録画してあって未だみてません。
motti  【 編集】  URL |   2006/09/23 12:04   |  TOP ▲ |


マイコさん~こんにちは☆
おっ!!マイコさん、ご覧になられていたのですね?!
ーー暫し時間が経ちーー
今、マイコさんち飛んで、記事探して読んできました♪
あちこち同じ感想で、思ったことがかぶっていたりして、嬉しくなりました♪
大洋さんの漫画、高いので、もっぱら古本屋でgetしてます(^_^;)
三太さんの原作本は、まだ読めていません・・・入荷しないかな~
latifa  【 編集】  URL |   2006/09/23 12:58   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんにちは~☆
mottiさんもご覧になれれていたのですねー。レビューはお書きになられなかったのですね。
いや~私は、中村獅童さんは、かなり好きな人です(例の事件で、やっぱりがっかりしてしまい、好感度が少し下がってしまいましたが・・・)でも実生活と切り離して考えると、今も好きな俳優さんに変わりは無いです!)去年の夏に、ドラマですが、フィリピンで20数年潜伏してた「小野田さん」の役をやってて、それもすっごく良かったです。
 最初に見たのがピンポンだったのですが、スゲー!!もう怖いくらいの迫力顔で。私は「今、あいにゆきます」とかより、やっぱり怖いシドウさんが見たい。

オダギリジョーも好きには、好きですが(^_^;) 彼は気迫とか鬼の様な凄さは無くて、ふらふら~っとした感じの良さがある人だと思ってます。でも、役から離れての普段の様子とか、インタビューとかから受ける印象は、なんか、、ちょっと・・・あまり好みじゃないんです。(ファンじゃないので、全然詳しく知らないので、本当は良い人なのかもしれませんが・・・)
でも外見は、仮面ライダー第一話から目をつけてた人なので、個人的に情が移ってるのかもw

ドッペル・・・、ご覧になられたら、感想是非聞かせて下さいまし~
latifa  【 編集】  URL |   2006/09/23 13:08   |  TOP ▲ |


こんにちは。
私のあんな記事ですが
TBさせてくださいね。
以前工藤直子さんとの関係の記事があったでしょ。あれみて驚いちゃった。
色々つながりがあるのね。
この映画、映像が斬新でしたよね。
アニメにところとか、踊りだしちゃうところとか好きでしたわ。
ただ、明らかに関係のない人を
バタバタ殺しちゃうのがどうにも
納得いかなかったのと、
ネタバレのところにもあったけれど、
謝るだけでいいのか・・・っていう
複雑な気分も湧いてきて
感想ではブ~ブ~言っちゃいました。
小栗君は
今度名探偵コナンだそうで、
楽しみだわ。
↑映画ではパフィーの彼女が
似合いすぎて印象的だったわ。
ドッペル・・まだです・遅すぎ・・笑
みみこ  【 編集】  URL |   2006/09/25 11:09   |  TOP ▲ |


みみこさん~こんにちは!TBありがとう~。先につけに行こうかな?って思ったんだけど、ドッペル・・を、せかしちゃってる様に感じさせちゃったらまずいワと思って(^_^;)
ゆ~っくり気長にいつか見ておくれ。世間では評判良いみたい。私は、いまひとつだったんだけど。。。

そうそう、小栗君、コナン役は結構合ってるかもw 電車男はみみこさん見てなかったんだっけ・・?電車男にも出ていたよ。
13号での、パフィーの!すごいはまってたね。彼女も昔ヤンキーだったらしいね。実は私、パフィーって苦手なんだ~。友達になれない(なりたくない)タイプだわ。(ヤンキーやってた子が全部苦手って訳じゃなくて、彼女が苦手って事)

ところで!今朝みみこさんちで見て来たんだけど、藍色夏恋、見たことあったのね?私も前から面白そうだな~とは思って、チェックは入れていたのよ。でも、これって図書館に入りそうだよな~とか、夜中に放映しそうな気配を感じて、待ってるうちに今に至ってしまったの。でも、シュガー&スパイス風味絶佳で、チェン・ボーリンを見たら、がぜん猛烈に「藍色夏恋」が見たくなって!実はTSUTAYAで借りてきて、今手元にあるのよ☆後で見たらレビュー書く予定。もう世界のポスター集めだけ先にしちゃったのよ(^_^;)だははは。
アバウトラブ、未見だけど、こちらも是非見てみよう!って、みみこさんの記事読んで、すっごく思ったわ。
latifa  【 編集】  URL |   2006/09/25 11:26   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/246-82048f75

隣人13号
ちょっとお話 (2006/09/25 11:11)
隣人13号  監督:井上靖雄村崎十三:小栗旬13号:中村獅童赤井トール:新井浩文赤井のぞみ:吉村由美(PUFFY)石井智也松本実劇団ひとり村田充(特別出演)隣人・金田:三池崇史(友情出演)エンディングテー


『隣人13号』
Give me your paw ! (2006/09/29 22:38)
2005年 日本監督 井上靖雄出演 中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、石井智也 他少年時代に受けたいじめの復讐を果たそうと、10年ぶりに故郷に帰ってきた青年・十三。彼は、心の中に凶暴な別人格“13号”を芽生えさせていた。十三はいじめの首謀者だった赤井と


ドッペルゲンガー
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2006/10/06 10:34)
どうでもいいんだけど、同じ服着てサ店で待ち合わせに違和感が!そんなにイヤなら髪切れ!髪染めろ!とか現実的に思いましたがwドッペルゲンガーposted with amazlet on 06.10.06アミューズソフトエンタテインメント


| ホームTOP ▲ |