「sad movie」 泣けないどころか、冷めて見てしまいました・・
試写会での鑑賞。もともと期待は、全くしないで行ったのですが、その期待以上に?つまらなかったです・・・。でも、これはあくまでも私個人の感想であって、映画館では、3分の1位の人は泣いていました。この映画が、単に私の好みと合わなかっただけということです。
私は、基本的にもともとオムニバススタイルの映画は、あんまりはまれない方なのです(「クラッシュ」は珍しく面白かったけれど)
オムニバス映画って、なんとなく、浅く描かれがちな気がして・・・・もっと深く掘り下げて欲しかったな・・って思うことが多いんです・・・。そもそもコメディや軽く楽しめる内容でさえ、作るのが難しいだろうのに、泣かせる内容だったら、さらにもっと難しいんじゃないかな・・・。
あと、内容以外でも、私にとっては、音楽もいまひとつ、映像も別に・・・何も印象に残るところもない映画でした・・・。

sad movieの内容は、エピソードが4つ。
イムスジョンとチョン・ウソン(消防士の人の話)、シンミナとイギウ(かぶりモノの女の子と絵描きさん)、母と息子の話、チャ・テヒョンとレジの女の子の話。

う~ん、どれひとつ、私には、ぐっと来るor面白いエピソードは無かったな・・・・。 ただ、思ったのは、チョン・ウソンとイ・ギウはTVやPCの小さい画面ではなく、映画館の大画面で見てこそ映える長身、なんてスタイルが良いんでしょうか!って事です。
あと思ったのは、キョヌ(テヒョン君)は全く年を取らないな~、猟奇的な彼女の時から、もう5年くらい経ってるのに、ほんっと若い! ウソン氏は、、、やっぱりちょっとお年召されたかな・・・。決して太った訳じゃないのだけれど、アゴの回りが・・・。
逆にイム・スジョンは映画画面よりTV画面で見る方が可愛く見える人の様な気もしたりして・・・。
それと、イムスジョン及び、あのお母さん役の人(チャンドンゴンの元彼女)の鼻、どうやって整形したんだろう~?とまじまじと見てしまった・・・。

シンミナと、イ・ギウとは、去年の秋韓国で放映されていたRAINとのドラマ、이 죽일 놈의 사랑「このろくでなしの愛」でも恋愛模様?を演じていましたな~。イ・ギウ君は、ああいうクールでセレブな役より、こういうカジュアルな役の方が合ってるな~と思いました。
このエピソードは途中まで、どうなるのかな?と思いつつ、ところどころユニークなセリフなど楽しく見ていました。なんかねー、彼女が聾唖者であっても、火傷跡があっても、別に良いじゃないの~!って私は思っちゃいましたよ。。。
★以下ネタバレ★文字反転してください海外に行くことが解っていた。それを理由にして、去れるでしょ・・っていう優しさで、最後お顔を見せたって事なんだと思うけれど、それに対して私は感動出来なかったし、うるっと出来なかったです。
あと、テヒョン君の、ガラスに写った自分に向かって、告げるシーンは、アイディア良かったと思いました。でも残念ながら、彼女と彼がかつて愛し合ってた様子が全くわからない・伝わって来なかったし、テヒョン君の彼女への思いが大きかった・・・?のもあれだけじゃ解らなかったのが残念でした。
ネタバレ終了

それと、あのお母さんと息子のエピソード。
元々が夫婦仲も冷えてる感じだし・・・親子関係も良い感じではなかったし・・・・。そもそも、あの韓国の「日記を毎日担任の先生に提出する」という事自体に、以前より私は、ちょっと負担?を感じていたのです。韓国の友達から、小学校などで、そういうの普通だと聞いた時はびっくりしました。夏休み期間だけとか、週に何回かっていう日記なら良いと思うのだけど、毎日っていうのには・・・子供も先生も大変だろうなぁ・・・。学校以外の日常も、全て先生に筒抜け?というか、、管理されてるみたいで、、なんか窮屈だわ・・・。

とにかく、私が以前より持ってしまっている、あの女優さん(ヨム・ジョンア)の少々ヒステリックな怖いイメージ(「箪笥」「愛していると言ってくれ」・・・)から、優しい母性?みたいのが・・伝わって来にくかったのもあったかもしれない・・・。どうもいまひとつ入り込めないというか、うるっと全く来なかったです。普通、こういう母と子供のエピソードにはすっごく弱い方なのだけれど・・・。
そういえば、男の子に髪を引っ張られて泣いてた女の子って、サンドゥのボリちゃんかな?!

サッドムービー sad movie 
クォン・ジョングァン監督、チョン・ウソン、チャ・テヒョン、イム・スジョン、ヨム・ジョンア、シン・ミナ他

このクォン・ジョングァン監督って、「Sダイアリー」の監督さんだったのですね・・・。私は「Sダイアリー」は、なかなか面白く楽しく見れた映画でした。以前書いた記事
Sダイアリー見ました +ナイスバディ時のキム・ソナ写真

有名どころの役者さんを一杯使っているのに、なんか勿体ないな・・・という印象で、サッドムービーは、最近見た映画の中で、一番面白く見れませんでしたが、韓国映画を全否定してる訳では、決してなくて、最近見た映画の中で一番面白く見れたのも韓国映画で、「トンマッコルへようこそ」でした。ま、こちらも、つまらん!あわん!という方も一杯いらっしゃると思います。世の中好みは千差万別ですから^^

PS 先日家の近所の区役所に、消防?のポスターが貼られていたんです。そこにウソン氏に似た人がいるなあ・・・と側に見に行ったら、なんとsad movieの小さな文字と、やっぱり映画の中でのウソン氏の写真を使ったポスターだったんですよ@@ これって全国展開なのかな?びっくり。 なんか最近のウソン氏って、少しゴスペラーズの人に似てませんか・・・?
【2006/10/25 16:01】  コメント(12) | トラックバック(19) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<「4:30」と、「フォーエバー・フィーバー」感想 シンガポール映画 | ホーム | 「バス男」感想 Napoleon Dynamite ジョン・へダー>>
コメント

こんにちは☆
TBさせてもらいますねー。
私もこれ、冷めてしまった、、、
でもすごいたくさんの人が泣いていたと思います。
うちの近くにもウソンポスター貼ってありますよ♪
きらら  【 編集】  URL |   2006/10/29 11:57   |  TOP ▲ |


はじめまして。
きららさんのところでお見かけしまして、やって参りました。
チョン・ウソンのアゴ…わたしも気になりました。髪型もイマイチだし(笑)

しかし、ちょっと展開が無茶でしたよねー。
「Sad Movie」な割には、Sadな部分がお粗末という印象でした。
りお  【 編集】  URL |   2006/10/29 22:26   |  TOP ▲ |


きららさん、こんばんは~!
TBだけじゃなくて、コメントも残して下さって、とっても嬉しかったです♪
ありがとうございます~(^O^)
なんだか、映画から戻って来て、もんもんとしていたんですよ・・・。
自分と同じ様な感想の方からお声をかけて頂けて、ほっとしました^^

きららさんちのお近くにも、あのポスター貼っているんですねw
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/29 23:42   |  TOP ▲ |


りおさん、こんばんは~!
きららさんの処からこちらに来て下さったのですね~☆
TBとコメント、ありがとうございますー(^O^)
りおさんも、やっぱりウソン氏のアゴが・・・気になられたそうですね・・・。彼は、スタイルは相変わらずスリムで変わっていないのに、お顔だけは丸くなって来たような・・・。

りおさんもsad movieの採点が、かなり低かったので、お仲間だ~!って嬉しくなってしまいました。
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/29 23:54   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは♪
お友達からいただいた試写会の券で見てまいりました。
試写会を見た者の義務として宣伝した方がいいのかな~と思いましたが、いいところを探すのがたいへんで・・・・あわわわ・・。
どのエピソードも納得いかないことばかりなんですよね。
スクリーンで俳優さんたちが大泣きすればするほどこちらの心はなぜか冷静になっちゃうの。
「ラブアクチュアリー」みたいな群像劇かと期待していたんですが、4つに分断されたストーリーでしたね。
ミチ  【 編集】  URL |   2006/11/06 20:41   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんにちは~☆
ミチさんも試写会でしたか・・・私もでした。でもこれ1800円出して見に行ったら・・・って考えると・・・。(行くつもりはなかったけれども・・・)

韓国のお友達に、つまんなかったよ・・・と言ったら「こんなお金儲けを目当てに作られて、韓国で酷評が横行したこんな映画を、一体どうして外国でも封切りしたのか!?」と言う返事が来ましたです・・・。

その逆に、韓国で、日本の「世界の中心で愛を叫ぶ」が上映されておおかた、酷評だったのでしょう・・・、「世界の中心で払い戻しを叫ぶ」というパロディ言葉が流行ってるとのこと(^^;)

でも、sadmovieにしろ、セカチューにしろ、それぞれ、その映画、好きな方ももちろんいらっしゃるわけですよね^^ 人の好みは千差万別で面白い~ですもん。
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/07 09:31   |  TOP ▲ |


私はお友達からdvd頂いてみたので
1800円は払ってないんですが・・
それでも、これはあんまりじゃないか!って思いました。
ちょうど、韓国に行ったときに、サイダスが映画作るって聞いて、なんか「いやぁ、、、」な感じしたんですよねぇ。
私は出来のいいオムニバスならキライじゃないんです(そうそう、クラッシュみたいな)
でも、これって、どのエピソードもつまらん!!!
テヒョンは、まぁ、たしかに若いし、めんこいんですが、いつもの感じだしぃ・・・。
特にチョン・ウソン&イム・スジョンのエピソードも全然、泣けないし。
わざとらしい!!!!とちょっと怒りが(笑)。あの二人はどうみても、おじさん&姪ですよねぇ。

そうだ、前にも書きましたが、「家族の誕生」というオムニバスっぽい映画はとてもよかったです。
たぶん、もうすぐ東京では公開されるかな?
血のつながりを大事にする韓国では
受けなかったそうですが、私はすごく「未来」を感じました。
レイ  【 編集】  URL |   2006/11/07 17:44   |  TOP ▲ |


レイさん~お忙しいのに、あちこち、コメントありがとうございます(^^*)

いや~この映画ね、盛んにTVで宣伝CMが流れているんですよ。札幌もかな?
泣いてる若い女性を3人ぐらい写して、いかに泣けるか?って事を強調してるCMなんです。(この手の宣伝の仕方って嫌いだわ~!)
でもね、実際泣いてる人も劇場でいたので、嘘ではないんですよね・・・

>二人はどうみても、おじさん&姪ですよねぇ
 (^^;)確かに、恋人同士に見えないですよね。

「家族の誕生」
えっ!東京で上映されるんですか?
ということは、いつかレンタルで並ぶ可能性大ですね♪
東京までは、なかなか見に行けないのですが、レンタルなったら必ず見てみますよ!


latifa  【 編集】  URL |   2006/11/07 19:14   |  TOP ▲ |


トラバありがとうございます。
そういえば、近所のスーパーの壁にも、
チョン・ウソンの消防ポスターが貼ってありましたよっ。
タイアップ企画・・ですね。
ひらりん  【 編集】  URL |   2006/11/21 13:36   |  TOP ▲ |


ひらりんさん、こんにちは!
こちらこそ、どうもありがとうございました。
あ~、やっぱりあのポスター、全国展開で、あちこちに貼ってあるようですね^^
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/21 17:26   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/10/12 09:54   |  TOP ▲ |


牧場主さん!大変!!今、秘密コメント来てたことに気がつきました。
すぐ後でレスするので、待ってて下さい~。
・・・・・・・・・・・・・

いや~!秘密コメントは、メールだけでお知らせが来るので、ブログの画面だけ見てても解らないんですよね。ほんとゴメンナサイ!!

ところで、オムニバスは、嫌いじゃないけど、どっちかっていうと、あまり好きではないかも・・・。ただ小説の場合は、短編の方が読みやすいので(長編は、読み始めるまでの覚悟が要るので、気楽に読めるといえば短編集⇒オムニバスになってることが多い)んです。

映画だと、2時間という枠があるから、オムニバスだと、どれも内容が浅くなる気がして、あんまり好きじゃないことが多いみたいです。

で、この映画。
ただ券(試写会)に行ったので、そもそも期待はしてなかったのですが、これほど酷いとは・・・。
韓国女性の喜怒哀楽の表現。あれは多分映画だから大げさにやってる部分もあるのかも。ただ、実際に、日本人よりは若干感情の起伏の激しさを表すって傾向はあるのかもしれませんね。
私も、あの映画の中の、激しい怒りや、でれでれ甘えなどは、ちょっとなぁ~と思っている一人です。でも、日本の映画でも、わざとらし~~!ありえない!っていうの、たまにありますからね^^

>イギリスの「ラブ・アクチュアリー」をパクリたい、向こうはハッピーな感じでまとめてあるから、こっちはサッドじゃ、旬の俳優みんな出せば興行収入もあがるじゃろ、みたいなせこい鬱陶しさがね・・・(全部わたしの妄想)
 ↑大当たり。私も同じこと思っていましたよ!!そもそもあの映画作った会社が、韓国でも凄くデカイ芸能事務所で、金儲けが上手いというか、すごいという会社なんで、そうなんだろうな~と思いました。

ところで、新車ー!!
傷をつけたらドキドキだし、慣れない車だと、ほんとストレスになりますよね、凄く解るわ~。私も車の運転は苦手だし、滅多なことじゃ乗りたくないので・・。
でも、何度も乗るうちに、きっと慣れますよー(*^_^*)

仕事、がんばってます^^
週に3回なので、なんとかやってます☆ 
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/15 08:08   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/272-6cd8f349

感想/Sad movie(試写)
APRIL FOOLS (2006/10/26 19:08)
4組8人の別れを描いた韓国映画、その名も『Sad movie』11月11日公開。幸せな恋人同士、不幸せな恋人同士、片想い同志、すれ違い親子。それぞれの想いが交錯した末の結末は悲劇。みな涙を浮かべながらも、その顔には微笑みをたたえています。Sad Movie<サッド・ムービー>い


映画~Sad Movie サッド・ムービー
きららのきらきら生活 (2006/10/29 11:54)
 「Sad Movie サッド・ムービー」公式サイト韓流映画にはわりと寛容だと思っています♪この作品は、、、ネタバレアリです。8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづった、心揺さぶられる感動のドラマ。消防士のジヌ(チョン・ウソン)は、恋人のス


Sad Movie サッド・ムービー
Addicted to the Movie and Reading! (2006/10/29 22:27)
■ 試写会にて鑑賞Sad Movie サッド・ムービー/SAD MOVIE2005年/韓国/109分監督: クォン・ジョングァン  出演: チョン・ウソン/チャ・テヒョン/イム・スジョン/ヨム・ジョンア/シン・ミナ公式サイト消防士のジヌはその昔、火事でスウンを助けた....


Sad movie
まぁず、なにやってんだか (2006/10/30 13:18)
よみうりホールの「Sad movie」の試写会に行ってきました。この映画のお目当ては、なんと言ってもジヌ役のチョン・ウソン。「Sad movie」では、「私の頭の中の消しゴム」や「デイジー」の時と違い、大口をあけて笑ったり、ボケをかましたりしています。素


映画「Sad Movie サッド・ムービー」
ミチの雑記帳 (2006/11/06 20:37)
映画館にて「Sad Movie サッド・ムービー」8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづったドラマ。タイトルに“sad”という単語が含まれ、いろんな別れのドラマである事を最初から提示してあり、ポスターでは全員が涙を浮かべており・・・・これは明ら


「Sad movie」試写会レビュー 悲しみの映画ではない
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ (2006/11/08 23:02)
う~ん、まず思うことが、最近観た「手紙」のほうがSadやと思う(笑)英文科ではないのでSadの深い意味は知らないが、観たあとにいわゆる悲しい気持ちにならなかった。いや、なれなかった。その理由を追っていくかたちでレビューしましょう。


『Sad Movie』を観て
トモトモの韓流侃々諤々 (2006/11/15 14:43)
 2005年。監督は『S Diary』のクォン・ジョングァン。原題ママ。  「韓


『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞!
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! (2006/11/15 21:56)
『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞レビュー!愛はどうして終わる 瞬間に一番輝くのだろう“あいしてる”の数だけ、“さよなら”がある 『Sad Movie <サッド・ムービー>』は『悲しい映画』と言う直訳の意味を超え“別れ”の向こう側にある温もりまでをも表現しているそし


サッド・ムービー
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ (2006/11/16 09:18)
“悲しみ”から生まれた、あたたかい涙のラブストーリー。8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづった、心揺さぶられる感動のドラマ。無骨な消防士を演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。その恋人役に『箪笥』のイム・スジョ....


韓国映画「Sad movie サッド・ムービー」試写会にて
渋谷でママ気mama徒然日記 (2006/11/18 20:29)
監督:クォン・ジョングァン 出演:チョン・ウソン 、チャ・テヒョン 、イム・スジョン 、ヨム・ジョンア 、シン・ミナ 、イ・ギウ 、ソン・テヨン 公式サイトママの評価:☆☆☆★★韓国映画話続きでスミマセンけど早くアップしておかないとホント忘れちゃう....


『サッド・ムービー』
京の昼寝~♪ (2006/11/19 23:48)
愛はどうして 終わる瞬間に 一番 輝くんだろう。&nbsp;&nbsp;■監督 クォン・ジョングァン ■脚本 ファン・ソング■キャスト チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、イ・ギウ、シンミナ□オフィシャルサイト  『サッド・ムービー』&nbsp; 消防士とニュ


もう韓流の総集編ですわ~「サッド・ムービー」
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ (2006/11/21 00:57)
絶対に泣くと言われている「サッド・ムービー」8人による4つの「さよなら」のエピソード。時にエピソードが交差し見えない糸にも驚かされます。「泣く」と言っても数々の韓国映画を鑑賞してきた人にとっては一種の総集編ではないでしょうか?「プロポーズの届かない二人の


★「Sad Movie <サッド・ムービー>」
ひらりん的映画ブログ (2006/11/21 04:21)
特に韓国映画が好き・・・というワケじゃないんだけど・・・ついつい公開してると、見てしまう・・ひらりん。タイトルからして、悲しそうだし・・・群像劇みたいだし・・・でも、ひらりんでも知ってる、チョン・ウソンが出てるなっ。


映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2006/11/26 14:07)
原題:sad movieその年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い。4組8人の愛情と


サッド・ムービー-(映画:2006年143本目)-
デコ親父はいつも減量中 (2006/11/26 19:25)
監督: クォン・ジョングァン出演: チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、ヨム・ジョンア、シン・ミナ、ソン・テヨン評価:61点公式サイト(ネタバレあります)「愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう」愛を得る喜びよ....


Sad Movie〈サッド・ムービー〉
シネマ de ぽん! (2006/12/08 10:56)
Sad Movie〈サッド・ムービー〉公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆


「サッド・ムービー」みてきました。
よしなしごと (2006/12/10 18:41)
 最近涙腺がゆるいかも。テレビドラマDr, コトー2006を観て目頭が熱くなり、さだまさしのコンサート観て涙流し・・・。「サッド・ムービー」なんて観たらやばいかも。。。


mini review 07042「サッド・ムービー」★★★★★☆☆☆☆☆
サーカスな日々 (2007/04/29 12:30)
カテゴリ : ドラマ ラブ・ストーリー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 109分 公開日 : 2006-11-11~2006-12-22 監督 : クォン・ジョングァン出演 : チョン・ウソン イム・スジョン チャ・テヒョン イ・ギウ シン・ミナ ヨム・ジョンア ソン・テヨン 4組のカッ


Sad Movie サッド・ムービー
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/01/20 19:47)
 『愛はどうして終わる瞬間に 一番輝くんだろう。』  コチラの「Sad Movie サッド・ムービー」は、11/11公開のタイトルの通り悲しくて切ない別れの瞬間を集めた8人の男女の群像映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  出演は、「私の頭の中の消しゴム」...


| ホームTOP ▲ |