「顔」感想 藤山直美
面白く見れました。一杯賞を取ったのもうなずけるというもの。「別に許してもらわんでエエよ。」「友達おらんかったら、あかんの?」というセリフも効いてました。
豪華にも、脇役に主役級の役者さんが一杯。豊川悦司、佐藤皓市、中村勘九郎、牧瀬里穂。でもその主役級の脇役がかすむ程、藤山直美さんの堂々たる演技と貫禄と迫力には圧倒されました。
私は全然この藤山直美さんって方を知らなくて(お父様の方も名前は当然知っているもののあまりよく知らない)この映画で初めて見たのです。ちょっと、ルックスは似てないけれど、レニー・ゼルウィガーとか、キム・ソナ(私の名前はキムサムスン、Sダイアリー)を、おばさんにして、更に太らせて、大阪スパイスを一杯ふりかけた?女優さんって感じも少々しました。彼女のしゃべる関西弁は、すごいパンチがありましたな~。
あと、大楠道代さん演ずるスナックのママが優しくて良い人だな~って思いました。

00

ただ一カ所だけ、
★以下ネタバレ、文字反転して下さい★
家を飛び出して、35歳で初めて・・・の部分が、あ~あ・・・そう来ちゃったかぁ・・・って、なんだかね・・・。哀しすぎた・・・。こんな風に思うのは同性だからかな・・・。男性から見たら、別に引っかかるシーンじゃないかもしれないど。彼女って、外見とズボラな部分とは違って、ああみえてもメロドラマで泣き、夢見る少女漫画?が好きだったりする乙女チックな部分も持つ人・・たまたま引きこもって恋愛経験がなかっただろうけれど、あれじゃあ、なんだか・・・(T_T) 叫び声とか、お金を出す処とか、切なすぎて胸が痛かったですわ。佐藤皓市に真剣に告白シーン、笑っちゃうシーンだけれど、彼女のその乙女な部分がよく出てた。

それともう一カ所、飲みやで彼女に惹かれてたおじさんとの処は、あんなにジタバタ暴れることなく、OKしてあげても良かったんじゃないか?って私は思ったんですな。(ダメですかね?)だって今までそんな風に熱~~い目線を送ってくる人いなかったんだし、彼女もあのおじさんのこと、そんなに嫌いって訳でもなく、友達程度に好感を持ってたから・・・。ただ、お金がからんできたから、イヤや!!ってなっちゃったのかな・・・。
ネタバレ終了

偶然、神戸震災が起こり、そこどさくさにまぎれて逃げ切れた・・というのは、「白夜行」の続編とも言われている東野圭吾の「幻夜」を思い出しました。幻夜も、震災のどさくさをきっかけにして、別人として生きていく女を描いていました。白夜行 小説・ドラマ比較と、「幻夜」感想

ラストどう終わらせるんだろう?って思っていたら、ああいうラストは結構好きでした。
妹殺しちゃったものの、あの妹も酷い事言い過ぎだし・・・って事で、藤山さんを悪い様には見れなかったし、むしろ、逃げ切れ!って応援して見てしまいました。
途中で、お化粧し、ケバイ衣装ではありますが、水商売のおばさんに変貌してからは、なかなか綺麗になってビックリしました(普段の藤山さん自身の姿を全く私は知らないから)体も太ってはいるものの、なかなか、色っぽいカモ・・・って思えるショットとかもありましたな。

「顔」2000年映画 阪本順治監督(どついたるねん、亡国のイージス他の監督さん) 
藤山直美,豊川悦司,國村隼,大楠道代,牧瀬里穂,内田春菊,中村勘九郎他

と、ここまで書き終わり、普段の藤山直美さんって、どんな顔でどんな人なんだろう?と検索して、びっくり!!年の割に若いし結構綺麗@@。
それに、今放送中の、NHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」で、主役を演じているじゃありませんか!!おしん以来、朝の連続TV小説って見たことなかったので全く知りませんでした!
しかも、夫は、この映画「顔」の、あのおっちゃん(國村隼)が相手じゃありませんかー!!!あ~~びっくりした。
回りで誰か「芋たこなんきん」を見てる人に、この映画をお薦めしたいと思います。
【2006/10/27 12:47】  コメント(10) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<映画デスノート<アニメ版<漫画 でした | ホーム | 「4:30」と、「フォーエバー・フィーバー」感想 シンガポール映画>>
コメント

さっそく観たんですね!

僕もこの映画、「ダメ人間がどんどん前向きになっていく姿」に打たれてしまったのだと思うのです。
そうですね、ラストはがむしゃらに突き進めば希望が見えることを学んだ主人公は無謀にも海の中へ突き進んで行っちゃうみたいな含みと捉えると...頑張れ!とことん逃げたれ!って応援しちゃいますもんね。
motti  【 編集】  URL |   2006/10/27 14:32   |  TOP ▲ |


こんにちは☆

お!!
カエルちゃんに戻ってますね。
結構カエルちゃんの事、気にいってたので安心しました(笑)

『顔』私も好きです。
3回観ました(笑)

殺人犯なのにガンバレ!!って応援したくなるんですよね。

どんどんキレイになっていく主人公の顔が印象的でした。
マイコ  【 編集】  URL |   2006/10/27 17:01   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんばんは~!
お陰様で、面白い映画、mottiさんちで知ることができて、ありがとうございました^^

今日美容院に行って、週刊誌を見ていたら、偶然藤山さんの特集が組まれていて(女性週刊誌)、そこで彼女の芸・仕事への真摯な取り組み方や思いを読んで、すごい人だったんだ・・・と、改めて再確認しました。
着物着てる綺麗な彼女の写真がありました♪大阪でとても愛されている人なのですね。
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/27 18:15   |  TOP ▲ |


マイコさん、こんばんは~!
あらっ、昨日のあの猫バージョンをご覧になられている稀少なお方ですね!!
そうなんですよ、調子が悪かったのですが、何とか治せてほっとしてます。
カエルさん、長く使っているので愛着があって・・・(^^;) ところで、密かに昨日から、走ってるカエルさんが転ぶバージョンに変えてみたんですw。

えっ!!マイコさん、この映画3回も見たんですか!!さっすが、マイコさん、ご覧になられていたんですね。さっそくビューンと飛んでマイコさんちにレビュー読みに行きます~~(^◇^)
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/27 18:17   |  TOP ▲ |


お久しぶりです。
あ、ネタバレに反応しています。
差し支えあるようでしたら削除してください。
そちらからはできないのかな?
パスワード入れていません…。

この映画は2000年ですか。
前年のベストテン映画を流す映画祭で見たので、
2001年のはじめに観たことになります。
大雑把な筋しか覚えておらず、
登場人物も記憶から消えかけています。

藤山直美は関西では有名ですが、
関東などではそうでもないのですね。

ネタバレ前半、逆に皆いつかどこかで…って言うのは僕はちょっと抵抗あります。
後半はほとんど忘れてしまっています…。

ラストシーンは笑いと共に「ここで終わり??」の声が僕を含め会場の数人から…。
ラストの姫島は一度行ってみたいところです。
まつりの時期でなくても…。
こまものやJUN  【 編集】  URL |   2006/10/27 21:12   |  TOP ▲ |


こまものやJunさん、こんにちは!
関西ではやっぱり知らぬ人がいない大スターなのですね!
こちらでも有名なのかもしれませんが、単に私が知らなかっただけなのかもしれないです(^^;)

ネタバレの件ですが、大丈夫ですよ~^^このくらいなら♪
確かに、偶然よく会えるよな~??とは私も思ったりしました。

ラスト、劇場では笑いと、これでお終い?って感じだったのですねー。
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/28 08:25   |  TOP ▲ |


こんばんわ、latifaさん。
コメントとTBありがとうございます。

この映画は見どころありましたね~。
今となってはレンタル店で目にも留まらない映画かもしれませんが
こういう映画を見逃してしまうのは映画好きとして勿体ないですよね。
観れてよかった映画でしたよ。

女性的な視点、latifaさんのレビューでとても参考になりました。
ありがとうね。

あ、こっちゃんのところの画像、良ければ何でも使って下さい。
(こっちゃんもそこら辺から集めてきただけですから)

それじゃ、またね~~~♪
こっちゃん  【 編集】  URL |   2006/10/30 22:36   |  TOP ▲ |


こっちゃんさん、こんにちは!こちらこそ、ありがとうございました(^o^)

私は運良く図書館に置いてあったのを借りられたのですが、そのビデオが、すごく一杯借りられた形跡があり(^^;)
ボロボロだったんです。古いビデオでも綺麗なままのもあったり、こういうボロくなるまでみんなに愛される?映画もあったり・・・^^

こっちゃんさん、いつもお優しいな~ほんと、ありがとうございます☆
また遊びに行きます♪
latifa  【 編集】  URL |   2006/10/31 09:24   |  TOP ▲ |


 こんにちは、TB返しありがとうございます。

 「友だち~」は私も好きな台詞です。
 これ、少しでも人間関係に自信がない女性が見ると、ものすごく励みになるような。

 確かに、ネタバレのくだりは、可哀想過ぎた、と思います。
 では~。
 
カツミアオイ  【 編集】  URL |   2007/01/17 01:10   |  TOP ▲ |


カツミアオイさん、こんにちは!
TBとコメントありがとうございました^^

友達・・の部分、カツミアオイさんも好きなセリフだったのですね。いっそその位、割り切って考えられたら~って思ったりしました^^

ネタバレの部分は、男性の視点から見たらば、それほど目に留まる部分じゃないのかもしれないけれど・・・、同性が見ると、可哀想だな・・って思ったりするのかな・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/17 08:46   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/274-18970b39

ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2006/10/27 14:33)
ふつうにオススメ映画を...。顔★★★★★(僕の評価満点です)主人公の正子はクリーニング店を営む母親と同居のニート。40過ぎのひきこもりで、恋人はおろか友人さえもいない。そんなある日、母親が急死してしま


顔 (2000)
こっちゃんと映画をみまちょ♪ (2006/10/30 22:30)
こっちゃんポイント ★★★★ 鑑賞環境&nbsp;こっちゃんシアター&nbsp;上映時間 123分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (東京テアトル) 初公開年月 2000/08/12 ジャンル ドラマ/犯罪母が営むクリーニング屋の2階に篭り、ひたすらミシンを踏むだけの生活を送っている35歳の


顔(2000) ~朝ドラヒロインになるとは
EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど (2007/01/15 00:59)
 今までのところ、老年期を別の女優が演じるのでないパターンでは、藤山直美さんは最年長だそうです。 しかも、いわゆる美人女優じゃないから、ものすごく応援したくなります。自分的には、日本のキャシー・ベイツ。 でも、ここ数年、おきれいになったような?&#39;&#39;


映画、言いたい放題! (2007/01/19 01:06)
子供の頃から、藤山直美さんが好きなのですが面白いと聞いてビデオで鑑賞しました。吉村正子は母親が営むクリーニング店の二階で洋服のかけはぎの仕事をしながら家から一歩も出ない引き篭もり生活をしており友人も、ましてや恋人もなく、太ったおばさんである。ところ


「顔」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2007/12/10 18:46)
顔松竹ホームビデオこのアイテムの詳細を見る 吉村正子(藤山直美)は、クリーニング店を営む母親(渡辺美佐子)を手伝う冴えない40過ぎの女性。 家にとじこもりっきりで、恋人はおろか友人さえもいない。そんなある日、母親が急死してしまう。 通夜の晩、ホステスをして


| ホームTOP ▲ |