FC2ブログ
マイブラザー(ウリヒョン)いまいちでした。「コッチ」対比

ウリヒョン(マイ・ブラザー)←このタイトルは、どうにかならんのかな?
を見て来ました。
★以下感想で、映画のネタバレ部分は白文字にしていますが、
ドラマ「コッチ」については内容・ネタバレを堂々と書いてありますので、
これからコッチを見ようかな?と思っていらっしゃる方は、以下、
読まない方が良いかと思います★

(私のブログにしては写真が一枚も無くてすいません。
個人的に坊主頭+ソリコミはウォンビンに似合ってないと思う為)

正直見た感想は、いまいちでした。
まずは、この主人公の弟役(ウォンビン)ですが、6年位前のドラマ
「コッチ」と、そっくりな役で、内容も凄く似ていて
(似ているとは知っていましたが、ここまで凄く似ているとはびっくり。)

コッチの時は、ホミンという、お勉強は出来るがどもりの気弱な少年の
親友役だったし、2人が同じ女性を好きになるというのも同じで、
かつ、その友人の描いた上手な絵等功労を、自分が描いた(したこと)と
嘘を言ってしまうのも同じ。

コッチの時は、その美少女を好きになって、ずっと追いかけ回してるけど
相手にされない・・・でも親友のやった事のために(彼女はwonbinが
やったと思っているから)、やっと両思いになれたのに、
タイミング悪く、ウォンビンは彼女よりも、もっと本当に好きな人が
出来てしまう。今まで、ずっと邪険に扱って来た側の彼女が今度は
wonbinを追う立場になる・・・何年か後、彼女はその親友と良い仲に
なりつつも、やっと自分が好きになったとたんに去ったwonbinを
忘れることができない・・・という、非常に面白みの有る恋愛話しを
先に見ていたせいもあって、このウリヒョンの兄弟はさんで一人の女性を
の話がとても薄っぺらに感じてしまったんです。
(映画では、それは一つのエピソードに過ぎないけれども)

今回のウリヒョンでの役は喧嘩が強くてハンサムで、というところは
コッチと同じ。ただ母の愛情だけは兄に独占されている(コッチの時は
一番母に可愛がられて、半ばマザコン気味)←ここのシーンが非常に
良くて面白かった処でした
という点が違うだけで、
全体的な話の流れは、コッチと凄く似ていて、
後半、ヤクザの世界に足を踏み入れてしまうというのも、最初兄貴頭に
気に入られて、やっぱり縁を切ろうとするのも、
本心とはうらはらに、荒い取り立てやの仕事をしたりして、色々気持ちが揺れる
というのも同じでした。

そして、ラストに繋がる訳なのですが、兄貴シンハギュンが死んじゃうのは、
好きじゃなかったです。
あのお母さんの人生をつい考えてしまうんですよ。
旦那は去り、一人で息子2人を育てて、やっと長男は大学に入り・・・その
矢先、長男が死んじゃうなんて、あまりに悲惨な人生じゃないですか?


それと気になったことは、シーンがぶちっと切れる事が何度もあり、シーン
だけならまだしも、音楽もぶちっ!と切れるんですよ・・・自然な感じで
消えて行くのでもなく、なんだか不自然な途中の部分で、ぶちっ!なんです。
それと、やっぱりこの兄弟2人、そして喧嘩した相手等が老けていて、
高校生に全く見えないんですね。後半大人になってからのシーンが有るから
しょうがないのですが・・・

と、文句ばかり書いてしまったようです・・・。非常に辛口ですいませんが
もし「コッチ」を見ていなかったら、それなりに楽しめた作品だったかも
しれません
。でも、何故同じ様なこの映画に、出演を決めたのか・・・?
(コッチが気に入っていて、映画でももう一度やってみたかった、と言って
いたのは知っていますが)
今まで一つとして同じ様な役・内容のを選んで来なかったwonbinだったのに。

やっぱり、2時間の間で、小さい頃から大人になるまで、そしてその間には
家族愛入れて、恋愛要素も入れて・・・となると、しょうがないんだと
思いますが、コッチ(全50話)のように、長い時間で、じっくり作った
ドラマでのミョンテに思い入れが有る人には、このウリヒョンをどういう風に
受け止めたのかなぁ・・・と、コッチを見たことがある友達(既にこの映画を
見ている・これから見る)に聞いてみようと思っています。

映画館、泣いている人が8割でした。私は本当にすいませんが、冷静に見て
しまっていて、
ちょっとつられて一瞬ぽろっとなったものの、う~ん・・・
これはビデオで見ても良い映画だと思いました。
ウォンビン・シンハギュンが好きな人なら、それなりに楽しめる映画かもしれま
せんが、この2人に興味が無い人なら、どうだろう・・・
一番良いのは、ウォンビンが好きで、コッチを見てない人でしょうか・・・

それでも、部分的にドアップのシーンなどでは、さすがwonbin!!
ウルウル目と、ちょっと困った時の微妙なまなざしは、絶品!かつ、
スタイル良い~!足なが~い!ジャージ(赤・グリーンの)似合う~
と思いました。釜山なまりは、がんばってたんじゃないでしょうか?
ちょっと思ったのは、人間普段慣れてない言語を話す時は声が高くなり
易い・・と聞いていたのですが、前半ウォンビンの声が普段より随分
高かった様な気がしました。個人的に釜山なまりが好きですが、
聞き分けが出来るほどハングルを知ってる訳じゃないので、wonbinの
釜山なまりは不自然に聞こえなかったです。


マイブラザー日本公式サイト(全然充実していません)

以前書いていた「コッチ」の感想

辛口で有名な前田さんの『超映画批評』でのマイ・ブラザーの感想(ネタバレ無し)
【2005/06/01 16:26】  コメント(4) | トラックバック(6) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<「ターミナル」と、「ディエゴ・ルナ」 | ホーム | モーターサイクル・ダイアリーズと、チェ・ゲバラについて>>
コメント

コッチを観てなかったので、そんなに同様のドラマがあったとはショックです(>。<)

韓国では興行が300万人と入っていたみたいですけど、それはただのウォンビン人気だったのかな・・・・

そのドラマ見てみたいです
映画の花道  【 編集】  URL |   2005/06/03 10:34   |  TOP ▲ |


こんにちは!初めまして(*^_^*)
TBとコメントありがとうございます♪
TBだけ貼って行かれる方が多い中で、こうやってコメントも一緒に残して行ってくださる方は、とても嬉しいものです☆

そうなんですよ・・・コッチというドラマがありまして・・今は今年の春くらいから、TUTAYAなどでもレンタルが開始されています。しかし、いかんせん50話もあるので、見るのは大変かもしれません。でもサスペンス有り、家族愛有り、恋愛有りと、てんこもりのNHKの朝ドラのような番組です。
韓国のNHKとも言われるKBSで放映されたんです。
またこれを機会に、今後もどうぞ宜しくお願いします^^
latifa  【 編集】  URL |   2005/06/03 16:00   |  TOP ▲ |


韓国映画は三年前からはまってます

ジニンサの社長とクアック監督とは個人的に面識があるので、今回のマイ・ブラザーの興行は特に注目してたんですが・・・・配給会社UIPが力を入れて宣伝してないみたいで日本でのオープニング第一週目の興行は駄目だったみたいです(笑)

ちょっと細かくなりましたが、韓国映画のレビューもどんどんしていくのでまた、気軽にコメントくださいね。

これからもよろしく!!
映画の花道  【 編集】  URL |   2005/06/03 22:51   |  TOP ▲ |


こんにちは!またコメントありがとうございます(^O^)
>ジニンサの社長とクアック監督とは個人的に面識があるので

え~!!すごいですねー!!
さっすが、その筋(映画関係)のお仕事している映画の花道さん、ならではですねー!
私もだいたい3年くらい前から、韓国映画良く見る様になりました。
また、色々教えて下さいネ♪
latifa  【 編集】  URL |   2005/06/04 07:34   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/28-d0667158

マイ・ブラザー
ネタバレ映画館 (2005/06/02 16:21)
 「永遠の弟」と評されるウォンビンだけど、「弟にしたい俳優」NO.1には選ばれないような気がする・・・ 兄弟愛だけの映画ではなかった。兄ソンヒョンは生まれながらにして口蓋裂の障害を持っていて、周りからも冷ややかな目で見られ、父親は赤ん坊を捨ててしまう。母親は


『マイ・ブラザー』
京の昼寝~♪ (2005/06/02 23:57)
 いつもそばにいたから、気付かなかった。 僕達の間には、強い絆があったことを。■監督・脚本 アン・クオンテ■キャスト ウォンビン、シン・ハギョン、キム・ヘスク、イ・ボヨン、キム・テウク、チョン・ホビン ソンヒョン(シン・ハギョン)とジョンヒョン(ウォンビ


マイ・ブラザー(5月28日公開)
映画の花道 (2005/06/03 10:42)
新境地を迎えたウォンビンが魅せるあたたかく、そして切ない兄弟のストーリー監督は、「チングー友へー」で助監督をつとめていたアン・グォンテを起用チングを彷彿とさす映像美にも注目!!●特にこんな人にお薦め-兵役前のウォンビンを是非みたいとゆう人-


「マイ・ブラザー」劇場にて
xina-shinのぷちシネマレビュー? (2005/06/04 00:29)
ファボーレ東宝で『マイ・ブラザー』を観ました。主演は『ブラザーフッド』の「ウォンビン」、『ガン&トークス』の「シン・ハギュン」。先天的な障害を持つ『ソンヒョン(シン・ハギュン)』の父親は彼が幼い頃に病死していた。そのとき母親(キム・ヘスク)のおなかの中に


「マイ・ブラザー」★★★★
soramove (2005/06/16 22:25)
「マイ・ブラザー」★★★★ウォンビン、シン・ハギョン主演ウォンビンは「ブラザー・フッド」に続き、地のままの様な役柄でのびのびと演じ、シン・ハギョンは優等生で気の弱い兄をさすがの演技で映画全体を引き締めている。足りないものを補い合い、...


マイ・ブラザー
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/04/21 22:22)
 コチラの「マイ・ブラザー」は、「ブラザー・フッド」のウォンビン主演のタイトル通り兄弟の絆を描いたハート・ウォーミングな青春ドラマ映画です。  共演には、「トンマッコルへようこそ」のシン・ハギュン。似てない2人の兄弟が、織り成すちょっと切ないお話です。 ...


| ホームTOP ▲ |