ブロークン・フラワーズ ジム・ジャームッシュ監督作品まとめ
ブロークン・フラワーズを、やっとこ見ました。
レンタル開始日に飛んで行って借りて来ました。ついでにジョニーデップ主演の「リバティーン」もねw
bro

面白かったです。途中で飽きる事なく、特に前半30分位まで、こりゃ、なかなか面白いわ!って思っていました。特に、隣人とドンとの2人の会話中の、気まずい可笑しい空気の部分は、ジムジャームッシュらしさが出ていて、面白かったし、こういう無愛想な主人公と、陽気で、ちょっと親切な友達って組み合わせは、彼の映画で良く出て来ていて、そこも好きです。
なんとなく今までのジムジャームッシュ作品は、色がこれと言って浮かばなかったというか・・・カラーなのに、モノクロっぽい、そんな映画の印象があったのだけれど、この映画では、珍しく「ピンク」という色を中心に持って来ていましたね。

で、私が「失敗しちゃった!」と思ったのは、そもそも期待しちゃいけなかったのに、つい、オチを期待しちゃったところでした(^^;) 終わった時、「へっ?」ってつい思っちゃいました。
内容は、噂通り、ヴィム・ベンダースの「アメリカ、家族のいる風景」に、とっても似ていました。ジェシカラングも出て来るし。

見た後、一晩たって、今感想を書きながら、ジムジャームッシュ作品って知っていたからこそ、それを大前提に見たから、この映画の評価?を、少々甘くしてしまったかもなあ・・・って気も。
私は、ストレンジャーザンパラダイスの大ファンで、20年くらい前、劇場で初めて見た時、ガツーンとやられ、その後、ジム・ジャームッシュ監督のパーマネントバケーション、ダウンバイロー、これら3つジム・ジャームッシュ監督の最高傑作と思っていたのです。

で、その後の彼の作品も見て来ましたが、長い間、これ!って言うお気に入りのが無くって・・淋しいぞ・・、って思っていたんです。だから、このブロークン・・に期待していたところがあったんですよ。で、やっぱり初期のこの3作を見た時には、残念ながら、及ばなかったなあ・・・という感じでした・・・。すいません。

私の思い入れを書いた記事⇒「ストレンジャーザンパラダイス」と「ジョン・ルーリー」 昔、私の特にお気に入りの男性、ジョン・ルーリーでした

そういえば、隣人が好きな、エチオピアの音楽が、妙に演歌チックで、どこかすっとんきょうで、面白かったです。
一回だけ、マーヴィン・ゲイの「I Want You」がかかってきて、おお~!って思いました。私この曲含んだマーヴィンゲイのアルバムお気に入りで昔よく聞いてたので。

あと、ドンがジャージを愛用してるのだけれど(私男性のジャージファッション好きです)、でもドンの場合上下セットで着てたし、足元が皮の黒い靴だったwのが、お洒落で着てるというより、外してる処が可笑しくて笑えました。

ブロークン・フラワーズ (2005/米) Broken Flowers
監督 脚本 ジム・ジャームッシュ
出演 ビル・マーレイ / ジェフリー・ライト / シャロン・ストーン / ジェシカ・ラング / フランシス・コンロイ / ジュリー・デルピー / クロエ・セヴィニー / アレクシス・ジーナ / マーク・ウェバー

その他、以前書いていた、ジム・ジャームッシュ作品についての記事
 ジム・ジャームッシュ作品と、「コーヒー&シガレッツ」
 コーヒーアンドシガレッツ Coffee and Cigarettes世界のポスター・感想
2005年5月にカンヌで賞を取った時書いた記事
ジム・ジャームッシュ ブロークン・フラワーズ写真他
【2006/11/26 12:22】  コメント(21) | トラックバック(15) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<ジャ・ジャンクー「長江哀歌(三峡好人)」と「世界」 中国地図 | ホーム | 「トイレどこですか?」と、阿部力「大停電の夜のに」の人>>
コメント

ジャームッシュは、初期の頃のほうが感覚が研ぎ澄まされていた、
という意見は多く見まれますね。
僕もそう思います。
「ストレンジャー~」と「ダウン~」は最高傑作ととらえています。
「パーマネント~」はちょっとついていけなかった感がありますが^^;
さて本作ですが、
シーンシーンでは面白いなぁとかキレてるなぁとか、
そう思うところがありましたがしかし、
作品としては「ジャームッシュ、もうあの頃のキレは取り戻せないのかな」
と、少し悲しくもありました。
現象  【 編集】  URL |   2006/11/26 17:37   |  TOP ▲ |


現象さん、こんばんは~!
あ~、やっぱり現象さんも、同じこと思っていましたね・・・。
悲しいかな、映画監督さん(アーティストさんもそうかも・・・)の多くが、初期作品が名作で、その後はいまひとつ・・・って事、ありがちだったりするような・・・。

こういうのを作りたいんだ!っていう溜めておいたアイディアと、若い時ならではのパワーと斬新な試み?が、最初の頃はあるわけで・・・。

でも、自分が年取っちゃった今、かつてガツーンとさせてくれた人(監督でも歌手でも)が、老年になっても、もう一回、何か、「やるねー!すごい!」って思わせてくれる作品を作ってくれないかな~。作ってくれたら、すっごく嬉しいんだけどな、って待ってるところがあったりします・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/26 21:38   |  TOP ▲ |


こんにちは♪
「コーヒー&シガレッツ」のTBが二つ入ってしまってゴメンなさいね。
ジム・ジャームッシュというひとを全く知らなかったのですが、大好きなオダギリジョーが一番好きな監督ということで注目してしまいました(←おバカ)
彼のイチオシは「ストレンジャー~」と「ダウンバイロー」らしいです。
ちなみに私は未見です。
なぜって、オダジョーの好きなものって前衛的なものが多くて、多分私には向かないだろうな~と予想しちゃって(汗)
でも、latifaさんがおススメするなら見てみようかしら。
「コーヒー&~」も「ブロークン」も楽しめたし、なんとかなるかな?
この2本はジャームッシュの映画というよりも、もしかしたらビル・マーレイの魅力で気にいっちゃったのかも。
ミチ  【 編集】  URL |   2006/11/27 19:56   |  TOP ▲ |


こんばんは、コメント・TBありがとうございました

私はジャームッシュ作品をほとんど見ていないので、みなさんのお話に加われなくて残念なのですが(涙)、本作はとても気に入りました。ちょっとひねた大人のユーモア感覚が良いですね。
ビル・マーレイは『ライフ・アクアティック』でも(紅いニット帽がポイントでした)情けなさ満開のオヤジ役だったので、なんだか好感を持ってしまいました。

話は変わりますが、先日ジャ・ジャンクーの『世界』を見てきました。言葉にするのが難しい、不思議な感覚の作品でした。レビューを書きましたら、またお邪魔します。
狗山椀太郎(旧・朱雀門)  【 編集】  URL |   2006/11/28 00:08   |  TOP ▲ |


BCさん、こんにちは!
この映画は、そもそもサンドリーヌさんが好きで、その彼女が撮ったプライベートな映画ということで、手に取って見たのですが、色々考えさせられる事や、知らなかった事を知る事が出来て、見て良かったと思いました。
普段は☆で点をつけるのだけれど、そういうのは、なんだかそぐわないような気がしてつけないでいました・・。

> 同じ事を繰り返し話す傾向があるし、また相手がそれを無視するとパニックを起こす可能性もあるので
BCさんのところで、首から上を叩いてはいけない・・ てんかんの薬・・・など、また知らなかった事を拝見しました。
ちょうど昨日の晩、ギルバートグレイプをBSで放映していて、前にも2回くらい見たことがあったのですが、また見てしまい、そこでディカプリオ演じる弟(自閉症ではないけれど)を持つ家族・・を見ていて、まさに下の事をひしひしと感じました・・・
> イライラせず忍耐強くならなければいけないので家族や周囲の人は大変です。
> だけど、家族や周囲の人も人間なので疲れていたりする時は
> 寛容に受け止めきれずイライラして怒鳴ってしまって、後になって後悔したり・・・。
> そういう葛藤を常に抱えているから気が休まる時はないですね。

『ベティの小さな秘密』は、是非に!!というほどの映画ではありませんが(^^ゞ お金出してレンタルせずとも、なにげにTVで無料放映などで見られる機会があった時はチェックしてみてください☆
たぶん「ミツバチのささやき」の方が名作だと思いますが、こちらもまずまずです^^
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/28 09:09   |  TOP ▲ |


狗山椀太郎さん、こんにちは!
ジム・ジャームッシュ監督作品、ここ15年くらい、ぱっとするのが無かった気がするので・・・きっと見られる機会が無かったのかな~って思います。でもストレンジャーザンパラダイスや、ダウンバイローが好きって方は結構いらっしゃるので、是非、狗山椀太郎さんもご覧になってみて、レビューとか拝見させて頂きたいな~って思います☆

おおー!ナイス♪タイミングです。
「世界」、私も最近見たばかりなんです。レビュー楽しみに待っています!
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/28 09:21   |  TOP ▲ |


お久しぶりでございます♪

ジム・ジャームッシュ作品をほとんど知らなかったんですが、ブロークン・フラワーズもコーヒー&シガレッツも観たい作品です。まだ見てないのですが(T_T)

今すっごく気になってるなので一度は観てみます♪
tomo  【 編集】  URL |   2006/11/29 14:39   |  TOP ▲ |


tomoさん、こんにちは!
お久しぶりで、とても嬉しいです☆
ジム・ジャームッシュ監督作品、是非何かご覧になって見て下さいまし!
私が一番好きなのは、ストレンジャーザンパラダイスです。

日本人の、工藤ゆうき(ごめんなさい漢字忘れました)と、永瀬さんが主演している、ミステリートレインという映画も撮ってます(こちらは、あまりお薦めしませんが(^^;))
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/29 15:14   |  TOP ▲ |


こんにちは★

映画リスト作りお疲れ様です。
前より過去記事が探しやすくなりましたね。
さっそく活用してます♪

ジャームッシュ作品は初でした。
latifaさんは初期作品がお好きなんですね。
私も機会があれば観てみたいと思っております。

ブロークン・フラワーズのオープニングが凄い好きでした。
手紙が主人公の元に着くまでの過程が面白かった!!
マイコ  【 編集】  URL |   2006/12/03 11:50   |  TOP ▲ |


マイコさん~こんにちは^^
そうそう!私もオープニングの処が凄く好きでした。ワクワクしましたよ。
ちょっとチャーリーとチョコレート工場?とか、モンスターズインク?だっけな?・・忘れちゃったけど、、手紙を仕分けする工場内部のスピーディーな描写を思い出しました☆

初期の作品、是非マイコさんの感想も聞かせて頂きたいです!!

リスト、使ってくださって嬉しいです☆作るの結構大変でした(^^;)
溜めずに、最初のうちから作っておけばよかったな~って後悔しました。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/03 16:02   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~。
「ブロークン・フラワーズ」、私は結構好きです。
ジャームッシュ好きな人は多いと思いますが、やっぱりみんな初期のモノクロ三作品がいいって口をそろえていいますね~。
私の場合は、いちばん最初に見たのが「ナント・オン・ザ・プラネット」で、「ストレンジャー~」あたりはずいぶん後からビデオで見たので、それほど強烈な思い入れはないです。
でもはじめに映画館で見ちゃったらやっぱり衝撃的だったんだろうな~。

音楽は相変わらずいい味出してますよね。
映画を見た帰り、タワレコに直行してサントラ買っちゃいました(笑)
ネネム  【 編集】  URL |   2006/12/09 00:45   |  TOP ▲ |


ネネムさん、こんにちは~☆
>いちばん最初に見たのが「ナント・オン・ザ・プラネット」
おおお~~コレが初でしたか!
あの頃のウィノナ・ライダーは、可愛かったですなぁ・・・
あの役やるには、可愛すぎじゃないの~ぉなんて、思っちゃったくらい可憐でした。

>で、「ストレンジャー~」あたりはずいぶん後からビデオで見たので、それほど強烈な思い入れはないです。

そうでしたか・・・。やっぱり、見る順番とかって、凄く影響しますよね。
私にとっては、やっぱり最初の3部作が今でも一番で・・・相当ガツーーン!!と来すぎたせいでしょうか・・・今もそれを超える作品に出会ってない気がします・・・。
自分の年齢・その時代、によっても、映画って全然違って見えたりしますよね。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/09 16:24   |  TOP ▲ |


昨日コレ見ました。
私は、10代の頃、「ストレンジャー~」と「ダウンバイ~」は楽しんで見ました。
「パーマネント~」は見たはずなのに、記憶が・・・
「コーヒー&~」は、10代に見た訳じゃないせいか、うーん、悪くはないけど、有名な監督じゃなかったら、忘れてしまうかも。
十代って、何でもかんでも受けいれるぞって意気込んでて、とにかくがっついてましたが、(金がなくて、元を取ろうと必死だった)もう、最近はあんま、自分の感性が鈍ってても、気にしないでおこう、トシ取ったんだから、みたいな楽な感じで見てます。

私は始まりの、ビルマーレイが、ぼけっと坐ってる画が好きですね。
他の作品で、ジャックニコルソンが、ぼけっと坐ってるときも思ったんですけど、ベテランの、初老のぼけっと坐り、いいっすわ~。
表情を動かさなくても、本人が安心して役にはまっているっていうのが好きみたい。
先日、豊島ミホの「東京・地震・たんぽぽ」を借りて読みました。
また、短編集なんだ、と全く期待してなかったけど、へぇ! っていう感じに成長してて、若手も読まなくちゃ、って思いました。
「映画扁」も借りたんで、また、そちらにも。
牧場主  【 編集】  URL |   2007/10/14 15:38   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは~!
やっとゆっくりPCの前に座ってますー。土日は自由に使えないし、後ろから話しかけられるし。

きゃー!!10代のころ、ストレンジャー・・と、ダウンバイローですか!それは羨ましい。逆算すると、ロードショー時見られたとするなら、10歳頃ですかぃ?お嬢さん!! まさか・・それはないですよね?きっとビデオか何かで見たのかな・・・。
私が見たのが、20歳くらいだったから(爆)
私は、ロードショー時見たので、もうもう、大感動でしたよ(ストレンジャー・・)今みたいに、ネットで世間のクチコミとか聞けない時代だったんで、いちかばちかで見に行くって感じだったんです。で、大当たり!!20歳過ぎてるとはいえ、まだまだ若かったので、ズドーーーン!と来ました☆

>最近はあんま、自分の感性が鈍ってても、気にしないでおこう、トシ取ったんだから、みたいな楽な感じで見てます。
 ぶははは!!それはありますね。でも、前にも話したかな・・?1年くらい前に、自分が友達とやってた交換日記が出て来たんですよ(中高生の頃の)それを読んだら、どビックリ!!
何か小さな事件があった時や、誰かの悩みに答えてる時の自分が、今、同じことがあったら、こう言うだろうな、って事と、全く同じことを、10代ぺーぺーの私が書いてるんですよ!
で、誰か芸能人がどうした、こうした、、っていう事件についても、今も昔も感じることは同じみたいで。。。
それ思うと、私は、今も昔も、ほとんど成長してない?変わってないのだわ・・という事でした。

コーヒー・・は、私はレンタルDVDで見ました。やたら一杯のオムニバスで、ツボに来るのと、つまらないのと両方でした。多分、ジム・ジャームッシュ監督って、基本的に長編より、短編向きの監督さんなのかも・・。
ミステリートレインって映画で、工藤ゆうきと、永瀬が出たでしょう?あのジャームッシュの映画に、日本人が!!って、凄く嬉しかったんだけれど、あんまりでした・・・。

ぼけっと坐り うん、うん!!いいですよね。味があるというか、風情がある!私もそういう図は好きです☆

豊島ミホの「東京・地震・たんぽぽ」
実は、一昨日、リクエスト順番が回って来て、借りて来たんです。昨晩半分くらい読みました~♪
面白いですねー。でも、地震・・ってのが、怖くて・・・。後日、記事書くかと思います~。牧場主さんの、「映画編」の感想も楽しみにしていますよー!
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/15 08:34   |  TOP ▲ |


あっらー、私、十代の頃、あのね、ビデオ代もなくって・・・はは、がっついててっていうのは、ビデオ代ですら元を取らねばっていう意味なんです。
高校を出てからバイトもしてたんですが、もう、デートデートで忙しくて(やっと落とした男なんでアホみたいに浮かれていた)卒論も高校から何で書くか決めてて、アホみたいに、社会人になったら、ブンガクって言葉を出したら、つまはじきにされる、世の中に本を読む人はいても、渡辺純一ファンとか団鬼六ファンしか巡り会えないんだから、今しかない!とか思ってて、授業代高いんだから、元を取れみたいな、もう、何の話だっけ、とにかく、金がなくて貧乏で、そういう話です。
昔、レンタル代も今よりは高かったですよ、田舎は。
3本で千円とか。
まあ、金の話はおいといて、このクロエ・セヴィウニー、頭の形が素敵で、あと、私がメガネっ娘好きなんですかね、いつも、やけにクマがある子だな、と思っておったんですけど、すごく好感持ちました。
花束返す変な視線も面白かったです。
音楽も面白かったです。

地震ね、うん、伊豆におった頃はホントに怖かったんで、よく分かります。
「映画篇」はまだ途中。
そっちにまたお邪魔しますね。

車ね、はは、昨日、駐車の練習しました。
ホントにびびってたんですよ、私、他人の運転を全く信じられないもんで、トラックがミラーに映るだけで、ブレーキを踏んでも踏んでも後ろから押されて前の車との距離が縮んでいってとうとうぶつかって、、まだ、止まらないっていう、フラッシュバックなんてご大層なもんでもないですけどね、みんなみんな乗り越えてるのに、ダメでね、ドキドキすんですよね。
まあ、びびってもカワイイキャラじゃねぇ、って言い聞かせて、頑張りますわ。
駐車も上手くいったし。
牧場主  【 編集】  URL |   2007/10/15 12:45   |  TOP ▲ |


>がっついててっていうのは、ビデオ代ですら元を取らねばっていう意味なんです。
 大丈夫です^^ ちゃんと、そこ、最初から伝わっていました。
ところで、なんとー!!
3本1000円で高いですと??
今現在、私が住んでる田舎では、それが適性価格ですよ・・・(;´_`;)シクシク・・・。
それじゃ、今、幾らで借りるのが普通なんでしょうか。もしや1本100円とかで借りられるのかな。九州に住む友達が100円でも結構借りられると話していて、羨ましくてならなかったんですが、牧場主さんのご近所もそうなのか・・・

で、高校を出てからデートデートで忙しくてって、いいじゃありませんかー!旦那様とは教師と生徒の関係だったから、卒業してからじゃないと、堂々とおつき合い出来なかったんでしょうね・・・←と、勝手に推察^^
以前、会社の同僚が、中学時代の先生と交際していて(その後、風の噂にはその先生と結婚したそう)、卒業してから・・どうのこうの・・・って話をしていました☆

社会に出て、ブンガクって言うと、マズいんですか?それは知らなかったー!でも、解る気が・・。本読むとか言うと、偉いネー凄いねーとか言う方が多いですもんね・・・。別に漫画や映画と同じ様なもんな気がするんだけど・・・。

私も眼鏡ッコ好きですよ。男女ともメガネは好きです。私自身は、視力だけは良いのですが、昔、メガネに憧れて、ダテメガネも購入した位です。が、似合わないとさんざん言われ、諦めました・・。

他人の運転信じてないっていうのは、私も!!だから怖いんです。やっぱり以前、こっちがまっとうにしてる時に、運悪く?当てられた経験がある人って、トラウマになるのかも・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/15 13:18   |  TOP ▲ |


今、日ハムの放映が終了して、ネットでアニメ中継なる物をみた(初めてみたけど、ホントつまんない・・・ホントの情報なのかいまいち分からないし、ダルが出てもダル(誰)だか分かんない、ってオヤジギャグ)ついでに来ました。

DVDは一本100円ですがな、でもちょっと遠いんで、旦那が仕事帰りに寄れるとこで198円で借りてます。

ええ~、まあ~、高校の時はもう、ホントに受験受験でね・・・それどころじゃなくてね、高校出たらはっちゃけましたがな、って、やっぱり分かりましたか?
うー、、、、@@@まあ、あの、その推察通りですな~論理的に消去法でいうと、そうなりますね。

ところで、仕事のこと聞いたらいかんのかと、シークレットにして気を使ったんですけど、そんなことないなら、まあ、良かったです。
牧場主  【 編集】  URL |   2007/10/15 21:24   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんばんは~!
オヤジギャグ(^◇^)ぷふ~っ^^☆
1本100円、高くても198円って、凄い羨ましいですわ。
私のものりのTUTAYAは、半額の日!というのが、月に1回くらいあって、その日は大混雑するんですが、その底値の日が190円なんですよ(旧作ね)
ちなみに新作だと、どえらく高いんです・・。そのTUTAYAまで車で15分くらいかかるという・・・。こんな田舎に住んでます・・(T_T)
昔は、もうちょっと近所に小さいレンタルショップがあったんですが、すぐ潰れるんです・・。今は1件も無くなってしまいました。

キャ☆ 牧場主さん、なんだか漫画やドラマに出て来そうな人生じゃないですか~(*^_^*)

仕事のことは、聞いても全然平気ですよ~♪気を使って下さったのですね。ありがとうです~。




 
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/16 18:45   |  TOP ▲ |


ちょっと道が混んでるので利用しないレンタル屋だと、たまたまサービスデーかもしんないけど、通る度に77円という旗が立ってて、いいな~って思います。
全部借りられていそうだけど。
何て言うか、やっぱ、安いと、評判悪いけどこれも観てみるか、って気になりますよね。
うーん、こう話していると、latifaさんが田舎にお住まいというのは本当なんだ、って思うけど、でも、映画はちょくちょく観に行ける都会なんですよね? 
私は、映画館はね、そんなに簡単にはいけませんな。
もう、岐阜に住んでいると、関東は全部都会っていう気がしますわ。
牧場主  【 編集】  URL |   2007/10/17 12:38   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
え~77円?価格破壊ですね^^
すごい、うらやましいな~。
その値段だと借りてみようかな?って気になりますよね。たしかに・・。

でしょ・・・?家がいかに田舎か?が解っていただけたはず。
でも、最近は郵送DVD(郵便で貸し借り出来るやつ)などが出来たのでたまにそちらも利用しています。
映画館、私もそんなに行かないですよー。
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/18 08:43   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/10/18 10:25   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/310-751b4a48

映画「ブロークン・フラワーズ」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2006/11/26 14:02)
原題:Broken Flowersこの映画、またまたビル・マーレイが、&quot;ロスト・イン・トランスレーション&quot;してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・。 差出人不明のピンクの手紙に綴られた、まだ知らぬ19歳の息子の存在、そこから過去


ブロークン・フラワーズ@新宿武蔵野館
ソウウツおかげでFLASHBACK現象 (2006/11/26 19:04)
インディペンデントの雄として、ミニシアター系作品が好きな人がジム・ジャームッシュをフェイバリット・ディレクターに挙げる確率はかなり高い思われるが、本作は東京だけでも4つの劇場で公開され、もはや単館ものとも言い難く、配給の熱の入れ様といったら凝りに凝ったそ


『ブロークン・フラワーズ』
京の昼寝~♪ (2006/11/26 21:18)
■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ&nbsp;■キャスト ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・ウィンストン、フランセス・コンロイ、ジュリー・デルピー□オフィシャルサイト  『ブロークン・フラワーズ』   注)オフ


ブロークン・フラワーズ
タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 (2006/11/26 21:44)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 106分 監督 ジム・ジャームッシュ 原作 - 脚本 ジム・ジャームッシュ 音楽 - 出演 ビル・マーレイ 、ジェフリー・ライト 、シャロン・ストーン(allcinema ONLINE) 解説: 19歳になる息子の存在を知....


映画「ブロークン・フラワーズ」
ミチの雑記帳 (2006/11/27 19:49)
映画館にて「ブロークン・フラワーズ」19歳になる息子の存在を知った中年男が、まだ見ぬ息子とその母親を探し当てる旅に出るロードムービー。先日見たばかりの『アメリカ、家族のいる風景』と少し被る部分がある。好きなことばかりしてきた男、一生家庭なんて持つこともなさ


映画「コーヒー&シガレッツ」
ミチの雑記帳 (2006/11/27 19:50)
映画「コーヒー&シガレッツ」 ★★★★★なんてお洒落で楽しい映画なんだろう!オダギリジョーがリスペクトするジム・ジャームッシュ監督作品ということを除外しても、とても良い作品に巡り会えたような気がする。コーヒーとタバコにまつわる11のストーリー。ほとんどの


ブロークン・フラワーズ:このかったるさは、クセになる
犬儒学派的牧歌 (2006/11/27 23:57)
★監督:ジム・ジャームッシュ(2005年 アメリカ作品) 京都シネマにて鑑賞。 公開初日(4月29日...


ブロークン・フラワーズ
39☆SMASH (2006/12/03 11:52)
『ブロークン・フラワーズ』あらすじ『かつては多くの女性たちとの恋愛を楽しんだ、元プレイボーイのドン・ジョンストン。中年となった現在も、ドンは気ままな独身生活を謳歌していた。そんなドンの態度に、恋人・シェリーはついに愛想を尽かし、ドンの前から...


シネマ備忘録:ブロークン・フラワーズ
瑣末、茶飯事、よしなしごと。 (2006/12/09 00:46)
 4ヵ月くらい前に見た映画だけど、今更ながらレビューをアップします。{/hiyo_en1/}  「ブロークン・フラワーズ」 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ/ジェフリー・ライト/シャロン・ストーン/フランセス・コンロイ/ジェシカ・ラング /ティルダ・


ブロークンフラワーズ
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2007/01/05 11:48)
レンタカーはいつもトーラス(カローラクラスw)。「オフビート」、「ロードムービー」。何処を切ってもジャームッシュ節というしかない!ブロークンフラワーズposted with amazlet on 07.01.03レントラックジャ


ミステリー・トレイン/Mystery Train
不定期映画批評 (2007/02/04 23:23)
【監督】ジム・ジャームッシュ(ナイト・オン・ザ・プラネット ストレンジャー・ザン・パラダイス コーヒー・アンド・シガレッツ)【キャスト】永瀬正敏工藤夕貴{スクリーミン}ジェイ・ホーキンスサンキ・リーニコレッタ・ブラスキスティーヴ・ブシェー....


「ブロークン・フラワーズ」
シネマ・ワンダーランド (2007/03/11 17:37)
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「コーヒー&シガレッツ」などで知られる米国の才人、ジム・ジャームッシュ監督が2005年に撮ったヒューマン・ドラマ「ブロークン・フラワーズ」。中年男性がかつて愛した女性のもとを訪れるというロードムービーだ。


ブロークン・フラワーズ
映画、言いたい放題! (2007/10/15 01:19)
ジム・ジャームッシュの作品て実はあまり観ていない気が。予告編が面白そうだったのでDVDで観てみることに。カンヌ国際映画祭でグランプリを取っているというのがちょっと気がかり。カンヌと相性悪いのよね。。。( ^ _ ^;恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン


ブロークン・フラワーズ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/01/05 21:29)
 『人生は思いがけない驚きを運んでくる』  コチラの「ブロークン・フラワーズ」も「戦場のアリア」同様、4/29に公開になったばっかりなんですが、公開を楽しみにしていたので早速観て来ました~♪  テーマ・ソングのThe Greenhornesの「There Is An End」が流れる予...


ブロークン・フラワーズ
Screen saver☆ (2008/07/19 13:41)
前から気になってた映画をやっとみましたww ビルマーレイ好い感じでした♪ 哀愁漂いまくり 無表情、無感動・・・無口 だけどやることはやってる(笑) ブロークンフラワーズ そ...


| ホームTOP ▲ |