「椿山課長の七日間」と「変身」玉木宏・蒼井優 感想
「変身」2005年映画 主役が、最近のだめカンタービレで良いな~って思っている、玉木宏(昨日のスマスマの大口食べっぷりで好感度更にアップ)と、蒼井優ということと、東野圭吾さんの小説が原作ということで、見てみることにしました。が・・・・(-_-)
2時間ドラマみたいだなあ・・・というのが見た感想。
面白くないって訳じゃないのだけれども、なんとなく・・、この監督さんの映画の見せ方?が、あまり私の好みじゃなかったみたいで・・・。本当にすいません・・・。

2人がとても愛し合っていた、というのは良く解るように描いていたのですが、見てるこっちが恥ずかしくなってくるような感じ(元々、自分は、ちょっとラブストーリーは、苦手っていうか、苦手じゃないんだけど、恥ずかしいというか、なんというか。。。そういう性分なのもあって(^^;))

原作者の東野さんがこの映画を観て、「原作に込めた想いを、とても丁寧に描いた映画でした。自分の原作なのに、恥ずかしながら感動してしまった」と熱く語られていたというのですが・・・・
確かに主役の2人は、演技が上手だったと思ったのは事実なんですけど・・・。

変身 (2005/日) 監督 佐野智樹
脚本 よしだあつこ 原作 東野圭吾
出演 玉木宏 / 蒼井優 / 佐田真由美 / 山下徹大 / 松田悟志 / 釈由美子
(あらすじ・内容) 成瀬純一(玉木宏)は病院で目覚めた。彼が思い出せることは、画材店の店員・恵(蒼井優)と交際していたこと。
純一は、事故で瀕死の状態で病院に担ぎ込まれ、脳移植手術は成功したが、その後、人格が変わって行く・・・。
00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一つ。
「椿山課長の七日間」
こちらも、面白くない訳じゃない。変身と同じに、どうなるのかな~って最後まで、飽きることなく見れるのは確かなんだけれども・・・
やっぱり、こちらも、何か、どこかが、2時間ドラマっぽく感じてしまうのでした。ドラマっぽいと言えば、同様に「県庁の星」や「手紙」も、そうなのだけれども、何故か面白く見れたんですよ。
その辺、どう違うのか自分でも解らなくて、すいません。
あ、別に2時間ドラマがダメって訳じゃないんですよ。ドラマも好きなので・・・。

★以下ネタバレです★文字反転して下さい
なんだかねぇ・・・生きていた間の椿山の人生は、一体なんだったんだ??って思ってしまうオチと秘密に、がっくり来ちゃった感じなんです。あの奥さん(渡辺典子演じる)、酷すぎるんだもの・・・。
主役の西田さんもね、奥さんの事はどーでもいいか、それよりも、側にいて大切さが解らないでいた同僚(余さん演じる)のことを死んで初めて認識する。これは悪くはないんだけれどもね・・・。
以上

多分、産まれて初めて、この映画を見たら、かなり面白く見れて、感動もしたのかもしれません!。
しかしながら、この映画に似た内容の映画を既に、幾つか見て来ちゃっており・・・、中でも、自分が若い頃、最初に見たであろう、人間入れ替わりモノ「天国から来たチャンピオン」を見た時の感動とか(大人になって見返したら、そんなに感動は出来なかったけれど・・・)、3年くらい前に見た、死者が自分の死後の世界を覗きに行く「星願」(←台湾版の方ね)や、「ゴースト」の方が、面白く見れてしまったんですよね・・・。

監督 河野圭太 原作 浅田次郎
出演 西田敏行 / 伊東美咲 / 成宮寛貴 / 和久井映見 / 國村隼 / 余貴美子 / 志田未来 / 須賀健太 / 桂小金治 / 市毛良枝 / 渡辺典子 / 沢村一樹

(あらすじ)
勤務中に脳溢血で急死した課長・椿山和昭。気がつくとそこは天国と地獄の中間地点・中陰役所だった。残された家族のことを想い未練たっぷりの彼は、初七日まで現世に戻ることを許される。他にも2名、ある人にどうしても会いたい少年の雄一と、無益な人殺しを止めさせたいヤクザの武田も、頭はそのまま、体だけ別の人格に入り込み、現世に3日間だけ戻って来る。そこで、椿山は、ある「重大な事実」を知るようになる・・・。
【2006/12/05 08:34】  コメント(15) | トラックバック(8) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<『バトンです(・∀・)』 バトン | ホーム | 「武士の一分」感想と、原作「盲目剣谺返し」比較>>
コメント

こちらにも・・・。
先々週は何も見たい作品がなかったので、無難な『椿山~』を見に行きました。
『手紙』を勧められていたにも拘らず(汗)
普通に楽しい作品でしたが、本当に普通という感じ。
東野さんや浅田さん、宮部さんなどヒットした原作は必ず映画化されますけれど、なかなか原作を超えることって出来ませんね~。
サスペンスなら特に結末を知っているだけに面白さも半減ですし・・・・。

>元々、自分は、ちょっとラブストーリーは、苦手っていうか、苦手じゃないんだけど、恥ずかしいというか、なんというか。。。

あー、わかるわかる~。
一緒でございます~。
ラブストーリーにあと何か私をひきつける要素が絡んでいると嬉しいのですが、ストレートなラブストーリーはちょっとねぇ(笑)
あ、でも、玉木君の「ただ、君を愛してる」はお気に入りになっちゃいました。キスシーンが良かったから(爆)
ミチ  【 編集】  URL |   2006/12/05 20:50   |  TOP ▲ |


TBありがとうございました。
「椿山」現実的に考えるとかなり凄い内容ですよね。
僕はlatifaさんの挙げられた類似作は観ていないです。
逆に原作を読んでいるので、それと比べるときれいにまとめたかなと言う気がします。
TVドラマ化されるそうですが、二時間ドラマじゃない方がいいですよね。
かといって一クール保つのかという気はしますが…。
こまものやJUN  【 編集】  URL |   2006/12/05 21:34   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんにちは!
こちらにも、どうもありがとうございました^^
無料で見れる範囲内で、満足致しました(^^;)

>ラブストーリーにあと何か私をひきつける要素が絡んでいると嬉しいのですが、ストレートなラブストーリーはちょっとねぇ(笑)
 そ~~~なんですよ!!
でも、ミチさんも、ラブストーリーだけだと、ちょっと気恥ずかしいだなんて、すんごい嬉しい!!
こういう人、女性で少なくないですか・・・?男性だとこういう人結構いそうですが・・・

私の友達何人かは、ラブストーリーに没頭し、自分がヒロインになった様に見れるところが好き!って言うのですが、私そういうの全然出来なくて・・・ 淋しくもあります。

>玉木君の「ただ、君を愛してる」はお気に入りになっちゃいました。キスシーンが良かったから(爆)
 え~~~っ!!!!そうなんですか??凄く反応しちゃうな、その発言。凄く見たい。そのキスシーン(爆)
「のだめ」の後、玉木君がどんな作品に出るのか、とても気になっている今日このごろです。もう一発良い作品に出て地位確定して欲しいです☆。(別に古くからのファンでも何でもない、にわかファンの私がこんな偉そうな事言うのは、なんですが(^^;))
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/06 08:31   |  TOP ▲ |


こまものやJUNさん、こんにちは~。
原作を読んでいらっしゃったJUNさんだと、細かな心理描写とかも、しっかり解った上での映画鑑賞だから、色々な部分、頭で補いつつ見れて、楽しめたんじゃないでしょうか^^

ドラマ化するっていうのは、ちょっと驚きですねー。
誰が主役で出るんだろう??
映画版でも、限りなくTVドラマっぽい人選でしたが・・・

ヒットすると、何でもドラマ化するっていう、ここんところの風潮?は、どうなんでしょうね~(^^;)
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/06 08:42   |  TOP ▲ |


こんにちは。のだめ・・観ていないのですよ。3枚目の役なのかな。
そういえば、彼ってウォーターボーイズ の人なのね。今頃気づいています・・笑・・もう1人玉山なんとか・・っていう人がいなかったっけ。
どうもごっちゃになっているのよね。
年を感じます・・笑
純なラブストーリーは苦手なのね。
私は大丈夫だけどここ最近は変化球タイプのちょい、変わった作品の方が
好みだったりしますわ。
で・・椿山課長の七日間ね。
予告で観ましたけれど、いかにも
泣けます・・的な作りに感じました。
この手のタイプは(死んで戻っていくる)は私もいくつも観ているから
もういいや・・・って気分になるのよね。よほどお薦めっていうのがあれば別だけど。やっぱり・・2時間ドラマ
ぽいのね。参考にしますね。
秘密モードもみてね♪
みみこ  【 編集】  URL |   2006/12/06 11:38   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2006/12/06 12:05   |  TOP ▲ |


みみこさん~ありがとう~!
秘密モードの処、しみじみ読んじゃったわ。そうか~小説版、泣けるね・・・。読みながらも、うるっと来ちゃったもん(単純でスマン)

そうなのよ~、あのアフロのほっぺに染みだかホクロのある役やってた人なんですよね。あの頃は、全くノーマークだったわ。でも、2002年頃、私の友達が、既に玉木さんに目を付けていて(爆)横から、お名前と評判を聞く機会はあったのよ。でも全然何も思わなかったのに、今回の「のだめ」の役で、あれ~~っ!やばいかも・・って、結構気に入っちゃった。

玉山さんは、もしや、玉山鉄二さんかな?あの人、ウォーターボーイズに出てたっけな? 玉山さんも男前ですな。なんだっけ?洗剤のCMにいつも出てるよね。手紙や、NANAにも出演していらっしゃる。

椿山・・・は、無料で見れたから見たのだw
やっぱり、この手の映画、もう既に、みみこさんも一杯ご覧になられちゃって、新鮮さとか感じられなくなっちゃっているよね・・・。

洋モノの、ラブストーリー、みみこさんは、結構お好きそうだよね^^
なんかね、私、自分がとっても若い頃から、なぜか、ちょっと、そういうジャンルって、恥ずかしいのよ、なんでだろう?見てるこっちが恥ずかしくなって来ちゃうの。
実生活でも、凄い恥ずかしがり屋で、愛情表現が出来なかったりするんだ~関係ないかw。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/06 15:41   |  TOP ▲ |


こんばんは

『椿山課長の七日間』latifaさんならきっと見てると思ってました。

2時間ドラマみたいって言われると
そんな感じもするかな・・・。
でも、自分はこの映画好きだな
masashi  【 編集】  URL |   2006/12/12 22:26   |  TOP ▲ |


masashiさん、こんにちは!
おっ、これ、私が見そうな感じがする映画でしたか(^ー^)?
確かに、こういう題材・内容は、元来結構好きな方です☆

でも、残念ながら、どうも、その手のジャンルのものを、好きだからこそ、多く見過ぎてしまって来たせいか・・・、新鮮さが感じられなくて・・・。

でも飽きることなく、どうなるのかな?って最後まで楽しく見られました☆
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/13 09:53   |  TOP ▲ |


ぶふー、ぶみー、風邪は治りませんが、昨日「椿山・・・」を見ました。
私は結構面白かったです。
何か、その死後の世界のイメージ安易だろう、っていうチープさが。
こんなボタン押すんかい! って微笑ましかったです。
ええ? 死んでるから、銃で撃たれたら、普通、肉体を素通りするんちゃうん! とか、つっこみどころがあって。
どうもね、西田敏行が出てると、贔屓目に見てしまうみたい。

私が借りた角田光代さんの新刊(多分・・・読者はがきが挟まっていて、栞が「し」の字の形にくっきりページに跡付いていたんでそれだけで浮かれて借りてしまった)「予定日はジミーペイジ」という日記風の小説です。
半分読んだとこですが、へぇ、角田さんがこんなのを、って、私にとっては意外なかんじがして面白いです。
latifaさんがもし読まれるならレビューを楽しみにしてます。
私は、どうも、今、純文方向で頭がガッチガチで、はは、しばらく、生きている人の本のレビューは書かないと思います。
学生が終わったら、文学はやめなきゃオタクっぽいだろ、研究者じゃあるまいし、とか思って、禁じていたんです。
でも、綿矢りささんのお陰(?)で、もう、好きにするわい、ってことでもう、爆走中で、漱石の次はどうも正岡子規に行っちゃいそう。


牧場主  【 編集】  URL |   2007/09/24 16:47   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは~!
風邪の具合は、いかがですか? 鼻と熱に来ちゃったのかな・・・でも、いずれにせよ、無事に運動会が終わって、ほっと一安心ですね☆

で、この映画、そうか~意外と面白く見れちゃったんですね?
私は西田さんは、どっちか?っていうと、最近は、ちと苦手な方なのです。
むかーし、「池中玄田」ってドラマやってた時は面白かったんだけれど・・。

「予定日はジミーペイジ」
知らなかったです~。さっそく図書館の在庫検索してみたのですが、まだ入れてなかったみたい・・ぐすん。
私のもよりの図書館は、新刊が入って来るのが遅いんです。
でもいつか必ず読んでみます☆

おお~~純文学、しかも、もうこの世にいない人のを読んでいらっしゃるんですね♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/09/25 09:15   |  TOP ▲ |


熱は下がりました。
多分、「あれがうちの子だって!」「だって、あの子髪型違うよ!」とか夫と言いながら必死に撮ったビデオに映っていたのが、案の定他人の子だったショックで風邪ひいちゃったんですよ。

ところで、ご免なさい、角田さんの新刊の題名は「予定日はジミー・ペイジ」でした。
多分、沢山角田さんの本を読まれているlatifaさんでも、へー、と思うところがあると思いますよ。



牧場主  【 編集】  URL |   2007/09/25 10:43   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
あ~、ある、ある!!
家は旦那が凄く視力が悪いのです、それで今までそういう間違いを、何度も起こして来てるんですよ・・・
私は視力は良いのですが、メカオンチなので、ビデオカメラとか、そういうやつの操作ができない(x_x)
本当は私が撮れば問題無いんだけど・・。

角田さんの本、点が入るんですね^^
わざわざ訂正、ありがとうです~。
再度トライしてみたけれど、やっぱり在庫に入ってなかったです・・。
読むのが楽しみだな~♪。
latifa  【 編集】  URL |   2007/09/26 08:53   |  TOP ▲ |


latifaさんこんにちは。
きのう変身みました。

>この監督さんの映画の見せ方?が、あまり私の好みじゃなかったみたいで・・

同感!
2人のブレイク直前の作品として楽しめましたけど、ストーリー的にはサイコな復讐劇(それは言いすぎかw)になってたらもっと好みでした。

椿山課長~ともども2時間ドラマみたいってのは言えてますね。
motti  【 編集】  URL |   2008/02/15 13:45   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんにちは!
昨日、日本アカデミー賞はご覧になられましたか?^^
なんか、日テレの策略?みたいのを感じて、げんなり・・・。東京タワーって、日テレが参加してるんでしょう?
 なんかなぁ~~って思っちゃいました。作品賞、監督賞まで取って。
主演男優賞が小林薫って、、、(好感持ってる俳優さんだけど、ちょっと違うんじゃ?)

それでもボクは・・が、もたいさん以外、全然選ばれなかった~!

あっと。この映画の事を言ってないな(^^;
私は蒼井優ちゃんは、今後選ぶ役によっては、もしかしたら、大竹しのぶ的方面にも行きそうな感じがします。

玉木さんのあの髪型(変なトサカヘア)なんとかならんですかね?髪が少なそう・・っていうのは、あるかも。
latifa  【 編集】  URL |   2008/02/16 09:17   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/315-c9bd8d34

映画「椿山課長の七日間」
ミチの雑記帳 (2006/12/05 20:45)
映画館にて「椿山課長の七日間」浅田次郎の同名小説の映画化。椿山課長(西田敏行)は勤務先のデパートで脳溢血のため突然死してしまう。現世に未練のある椿山は三日間だけ現世に戻ることを許してもらうのだが、生前の姿とは似ても似つかない美女(伊東美咲)に姿を変えられ


変身  著  東野圭吾
ちょっとお話 (2006/12/06 12:11)
変身   著  東野圭吾成瀬純一は強盗に遭遇し、凶弾により脳の一部を損失。しかし、脳外科の権威・堂元教授らのおかげて、史上初の脳移植に成功。死のふちから生還することとなる。やがて日常生活を送ること


椿山課長の七日間
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/01/03 16:22)
 『ひとめあなたに、 会いに生きたい。』  コチラの「椿山課長の七日間」は、浅田次郎さんの同名小説の映画化で、11/18公開なんですが、オンライン試写会で観ちゃいましたぁ~♪  「子ぎつねヘレン」で映画デビューした河野圭太監督の映画2作目となります。  笑い...


椿山課長の七日間
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2008/02/15 13:37)
主演は西田敏行、共演に伊東美咲。 ....っていうか主役は西田敏行だけれども主演が伊東美咲じゃんw 椿山課長の七日間 デラックス版posted wit...


変身
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2008/02/15 13:37)
玉木宏って髪が少なそう。 最近のヘアスタイルは前髪長めでシルエットにおける髪の占める割合を増やしてバランスをとっている感じですよね。...


変身
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/04/15 20:27)
 コチラの「変身」は、カフカの「変身」ではなく東野圭吾の「変身」を映画化したサスペンスです。内容は、もちろんカフカの「変身」とは内容は違うのですが、テーマは近いんですよねぇ~。  ちなみに、カフカの「変身」も、本作の原作である東野圭吾の「変身」も読んだ...


映画「椿山課長の七日間」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2009/02/07 17:08)
ずっと見逃していた、ケーブルTVの日本映画専門チャンネルで放送中のこの作品、ようやく観ることができた~親子の絆に泣かされるハートフルコメディ~ 死後4日間はどうしていたのか分からないが、気付くとそこは天国と地獄の中間にあるという中陰役所、死んで...


変身
mama (2010/08/06 15:05)
2005年:日本 原作:東野圭吾 監督:佐野智樹 出演:玉木宏、蒼井優、佐田真由美、山下徹大、松田悟志、釈由美子、北村和夫 ある日、長い昏睡から目覚めた成瀬純一。彼は世界初の脳移植手術によって一命を取り留めていた。肝心な記憶が抜け落ち、悪夢にうなされ、自...


| ホームTOP ▲ |