「花よりもなほ」革新的な時代劇
映画上映時、両親が見に行き、「下らなくて、笑えなくて、つまらない」と言ってたので、全く期待しないで、レンタルで見てみました。
が、意外と悪く無いではないですか!
この映画で言いたかったのは「復讐連鎖を断ち切る」ということなのが、よく伝わって来ました。
こういう「戦わない」「主人公が弱い」時代劇は、産まれて初めて見たし、赤穂浪士のことを、ちょっと斜めから見た感じで描いていたり、なかなか、監督さん、革新的で、勇気があるな~と思いました。
2つの仇討ちのエピソードを、対称的に、からませながら見せる方法は、なかなか面白かったですよ。

それにしても、岡田君演じる宗左衛門が、トホホな位、弱いんだなぁ・・・こてんぱに惨めにやられちゃうシーンまである始末。
でも、剣に弱い侍が主役っていう映画やドラマって滅多に無いから、珍しい感じがして、新鮮さがありました。

ただね、主人公が弱いと、やっぱり、映画を見ていて、爽快感をあまり感じられないとも言えるんですなあ・・・。通常だったら、主人公は、本当は剣の達人なんだけど、仇討ち・決闘は、自分のポリシーと合わないので、あえて剣は抜かない、っていう流れになりそうな・・・。でも、そういう、ありきたりな展開であっても、「本当は強いのに剣を抜かない」というのは、カッコイイ!って、やっぱり見ていて気持ちも良いと思うのです。「たそがれ清兵衛」も本当は強いんだけど、むやみに剣は抜かないってところが、素敵だったような・・。

ところが、この「花よりもなほ」は、主人公が、凄く弱いから、そもそも戦っても負けるだけだしなあ・・・みたいなのが、見てる側の私の頭には、常にあるんですよ。もちろん、岡田君は、負けるから、弱いからって理由で、剣を抜かなかった訳ではないと思うんですよ。平和主義というか、仇討ちよりも、もっと日々のたおやかな暮らしや、今生きている人達と仲良くやっていきたいという、そういう気持ちの方が強い人と伝わっては来ていました・・。

あえて、従来のありきたりな設定・展開じゃない様に作ったことは、拍手を送るけれど、やっぱり、「娯楽」的には、ちょこっと何か物足りなさを感じてしまったのも事実

この映画を見ていて、とても印象に残ったセリフがあって、「桜がぱっと散る潔さが美しいと言えるのは、また来年花をつけることを知っているからじゃないか?」(←ちょっと部分的に違うと思いますが、こんな内容のこと)というのが、なるほどーと思いました。
命は一回散ったら、もうそれっきりだもんな・・・・。

袖助が、加瀬亮さんだったなんて、ちょっとびっくり。気の弱い役を見ることが多かったせいか、別人の様で意外でした。
袖助、最初誰が演じているのか解らなくて、ちとカッコイイな、と思って(^^;) オダギリジョーのような、どこか浅野君ぽい感じで(って言っても、浅野君出てたしね、仇役なのに少々カッコイイ役でしたな)、誰だろう??って、一時停止して誰が演じているのか検索してしまいました。
この映画で、一番ドキドキして面白かったのが、袖助と岡田君の2人の戦いのシーンだったかもしれない・・・(^^;) 
でも、岡田君は、とても主役向き?というか、画面が映える人ですね。この前、TVで菅野美穂と最後の皇帝なんとか・・・って2時間ドラマで見た時、初めて、あれっ?この人、おでこが突き出てるのね?って気がついたのですが、今回もたま~に目に入って来たけれど、でも、ハンサムで、顔のアップが美しい人ですね。宮沢りえは美しく、子役の子が可愛いんだけれど、それ以外の人達(人というより衣装だな)や、長屋が、すごく汚かったな(^^;)

花よりもなほ (2005/日)
監督 脚本 是枝裕和
音楽 タブラトゥーラ(意外な人達が音楽を担当していて、それがこの映画を独特な雰囲気にしていました☆以前「アラビア語講座」?か何かに出ているのを見て、へ~こんなバンドがあるんだなーって印象に残っていました。
衣装 黒澤和子
出演 岡田准一 / 宮沢りえ / 古田新太 / 浅野忠信 / 香川照之 / 國村隼 / 原田芳雄 / 中村嘉葎雄 / 田畑智子 / 夏川結衣 / 上島竜兵 / 木村祐一 / 千原靖史 / 加瀬亮 / 平泉成 / 寺島進

(あらすじ・内容) 将軍綱吉の時代。江戸の貧乏長屋では、青木宗左衛門(岡田准一)は気の優しい侍。父の仇である金沢十兵衛(浅野忠信)を討つために、この長屋に暮らして、はや2年(3年だっけな?)
彼は、向かいに住む、未亡人おさえ(宮沢りえ)と、彼女の息子や、長屋の住人達と、ほのぼのと、穏やかに日々を暮らしていた。
かたや、主君の仇討ちを狙う赤穂浪士たちは長屋に潜伏していた。
【2006/12/22 08:38】  コメント(20) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<映画「鉄コン筋クリート」感想 漫画比較 | ホーム | 「ラストエンペラー」感想と、世界のポスター集めと、姜建華>>
コメント

こちらにも・・・。
うわ~ホントだ~。
同じ所に注目してる~(笑)
あの桜に関するセリフはとっても印象に残っています。
年をとってきたせいか、毎年桜に関して思うことが多くなってきているので余計に感じたのかもしれません。
岡田君を見るたびに、あと5センチ身長が高かったらな~って思っちゃうの(失礼だったらゴメンなさい・・・)
もちろん、背の低い人は母性本能をくすぐるし、セクシーだという話しですが・・・。
映画ってほら、女優さんとの釣り合いもあるからね~。
浅野さん、チョイ役でしたがやっぱり眼光鋭くてステキでした。
長屋のみなさんはじめ、赤穂浪士の方々もみんな芸達者ばかりで楽しんで演じていたんじゃないかしら。
試写会ってあまり応募しないし、応募しても当たったためしが無いのだけど、この作品は唯一試写会で見たものです。
母を連れて鑑賞したのですが、すごく楽しんでいました。
ミチ  【 編集】  URL |   2006/12/22 23:11   |  TOP ▲ |


ミチさん~こちらにも、どうもありがとうございますー☆

>あと5センチ身長が高かったらな~って思っちゃうの(失礼だったらゴメンなさい・・・)
 解る・・・同じです・・・・。
彼だけじゃなくて、他にもそう思う俳優さんがいます~。日本の俳優さんって、小柄な人が多いんですよね・・・。

昨日、また「たそがれ清兵衛」をTVでやってるの見ちゃったんですが、真田さんが外国の映画に出てる時、それ感じた事がありますな・・・。
でも、背が小さくても好きな人はいます。妻夫木君とかガエル君とか・・。

私は、元々、すらっとした身長のやや高めの人が好きというのもあって・・・。ドラマだとアップが多いから、解らないのだけれど、映画館で見る時、立ち姿が美しい人は、見ていて惚れ惚れするんですよ。

これ、試写会で見られたんですねー。いいなぁ~。私の住んでる町の映画館って滅多に試写会無いんですよ。東京とかだと、試写会が凄く多くて、羨ましいですわ・・・タダで見れるのって最高ですもん~。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/23 17:13   |  TOP ▲ |


latifaさん、メリークリスマス~♪
「鉄コン~」は未見なのでこちらにコメント入れさせていただきました。
クリスマスいかがお過ごしでしょうか。
今年ももう数えるほどしか日が残っていないのに、何にも手付かずで気ばかり焦ってます。
ブログどころじゃないわよね~。
今夜はちょっと張り切ってご馳走つくるわよ!
でも、「のだめ」までには片づけを終えたいわ~。
今年の映画鑑賞もあと一本の予定です。
ミチ  【 編集】  URL |   2006/12/25 15:57   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんばんは~!
メリークリスマスです☆
今年のケーキは、どんなのをミチさんちでは食べられたのかな?^^

鉄コンは、あんまりお薦めって感じじゃないような・・・。家は旦那と子供が大ファンということで、前売り券買って付き合いで行ったのですよ・・・。

ミチさん、ご馳走作るなんて、偉い!!私はピザハットで済ませようとしたら、完売御礼で断られました(^^;)
さっきスーパーで、骨付き鳥モモを買って来たので、それを焼く位ですわ・・・。

そーーーーーーーーなんですよ!
私的には、クリスマスより、のだめ最終回の方が重要度高いんです。
あ~あ、終わっちゃったら、来週から何を楽しみにすればよいのやら・・・。

私にとっては、映画は2時間~その日一日間の楽しさで(後に引きずる作品ももちろんありますが)、ドラマは、1、2ヶ月楽しみを引き続き与えてくれる存在なんです。
来週も、この時間見れるな☆ っていう楽しみが、ドラマにはあるので。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/25 17:46   |  TOP ▲ |


latifa さん、どもです。

> 主人公が弱いと、やっぱり、映画を見ていて、爽快感をあまり感じられないとも言えるんですなあ・・・。
私は逆に岡田君演ずるへっぽこ侍が心地好かったです。
特に古田新太に「大体お前のウデじゃ、あいつに勝つわけねぇだろ!」とバッサリと斬り捨てられても何も言いかえせないところなんか最高です。

たまには、こんなアンチヒーロー(ちょっと意味が違いますが)もアリですね。
をかもと  【 編集】  URL |   2006/12/27 17:38   |  TOP ▲ |


をかもとさん、こんばんは!
へっぽこ侍具合、心地良かったんですね^^
私も上で色々書いたものの、好感は持ったんですよ♪
元来、強いヒーロー対弱い人なら、どっちかっていうと、弱者の肩を持ちたくなる・身方になりたいって性分なのです^^。
ん~~。でも、映画となると、やっぱり強い人を見るのがもっと好きなのかな・・?自分・・・。

でも、こういう弱い人が主人公っていう内容は、大歓迎だし、好感持って応援したくなっちゃいます。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/27 20:51   |  TOP ▲ |


こちらにも、お邪魔してすいません。
いまさらながら、見逃した映画を見よう月間なもんで(笑)

私も先日これを借りてきました。
「タイガー&ドラゴン」をdvd-box買いしてしまい(笑)、毎日、岡田君をみてるんで、つい・・・・。
それに、ちょい昔のcutのインタビューで「花より・・」のこといってたんですよね。
この映画にでるきっかけが、監督に「岡田は受けの演技ができるから」って言われたからだとか。
なんだか、なっとくです。
主役とはいえ、影が薄いっていうか(悪い意味じゃなく)、群集劇っぽくって、それはそれで面白かったです。
やっぱり、見終わった後に残る余韻は
「たそがれ清兵衛」のほうが、あると思いますが、いい映画でしたね。

それと、全然関係ないのですが
こういう、復讐しようと思っているうちに、日常ののんびりとした生活をしていくうちに、戦い(復讐)を止めてしまうっていう、お話。
どこかで見たような・・って思ったら、アン・リーが監督した「薬園をください」でした。
あれも、南北戦争ではあるけれど、同じような感覚になりました。
レイ  【 編集】  URL |   2007/02/11 16:43   |  TOP ▲ |


レイさん、最近、タイガー&ドラゴンに、ハマってたんですね?^^
dvd-boxを買っちゃうだなんて!!私も再放送で、是非見てみたいと思ってるのだけれど、やってくれない!!
レイさんが、ハマるぐらいだから、ますます見たいわ。

>この映画にでるきっかけが、監督に「岡田は受けの演技ができるから」って言われたからだとか。主役とはいえ、影が薄いっていうか(悪い意味じゃなく
 おお~~。そう言われれば、そういう感じだわ。お顔立ちは濃~いんだけど、どうも押しが強くないというか、控えめな印象がある人というか・・・。

そういえば、この前「壬生義士伝」をTVでやっていて、ふと見たら、これが、凄く面白かったんですよ!ラスト30分までは!。
しかし残念ながら、そのラスト30分で、この映画を台無しにしちゃってる、もったいない映画でした。
私ね、どうも「武士の一分」とか「隠し剣鬼の爪」とか、ああいう・・なんていうか、女の為に・・・みたいなのは、どうも好きじゃないんですよ。そういう点でも、「壬生義士伝」とか「たそがれ」は、根っこの部分に納得して見れました。

>アン・リーが監督した「薬園をください」
未見なんですよー!これもチェックしておきます! ブロークバックマウンテンで、最近はすっかり巨匠?の域ですね。
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/11 21:22   |  TOP ▲ |


そうですよーーーー!
我が家では、寝る前に何か「タイガー&ドラゴン」の1,2話をみて楽しい気分で寝るんです。
今度は「我輩は主婦である」を息子と折半で買いました(破産するぞ・・)

「壬生義士伝」、そうですかぁ。。。
ラスト30分で大無しかぁ、、、、
こんど、見てみますね。
ところで、関係ないですが、今「手紙
」読んでます。なんだか、止まらないわぁ、、、
見終わった暁には書き込みさせてくださいね♪
レイ  【 編集】  URL |   2007/02/12 03:09   |  TOP ▲ |


レイさん、こんにちは!
寝る前に、タイガー&ドラゴン1,2話ですか^^ 寝る前に楽しいのを見るっていうのは良いですよね♪
私も寝る前には、暗いやつや、気持ち悪いのは避ける様にしています。

>我輩は主婦である
これ、何話か昼間のを見てました☆多分、3,4,5話くらいかな。意外と面白いんですよね~。ミッチーが、朝、郵便局の制服を着ることで、郵便局の人間になりきる?とかっていうのには、もう笑っちゃいました、あのヤンキーお姉さんも可笑しかった。1話から一気に全話まとめて見てみたいなー。

壬生義士伝
わざわざレンタルしてまでは、見ることないです!またTVでいつか放映するはずだから、その時、もし忘れず、気が向いたら・・・ってことで^^

手紙
読んでいらっしゃるのねー!!感想楽しみにしていますっ☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/12 10:36   |  TOP ▲ |


 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。
 よろしくお願いします。

 「桜がパッと散るのは~」、
 うまいこと言うなぁと私も思いました☆
miyukichi  【 編集】  URL |   2007/02/12 13:39   |  TOP ▲ |


miyukichiさん、こんにちは!
こちらこそ、TB、コメントありがとうございました☆
桜が・・・のセリフ、やっぱり印象に残りましたよね♪

ところで、gooの方の僕たちの戦争の方にもありがとうございました!
今さっき、miyukichiさんちにコメント残して来ましたが、すいませんとか、ごめんなさい、と書くのを忘れちゃいまして(T_T) 追加で書こうかな?とも思ったのですが、しつこい感じになるな・・・と思って、辞めました。ほんと、すいませんでした!!
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/12 16:56   |  TOP ▲ |


私も、寝る前は、あったかぁーー気分になるものを見ます。
ホラーなんて、論外!

「我輩」「ダイガー&・・」はクドカンものでも、1,2位を争うほど好きなドラマです。
話の大筋がきちんとしていて、構成もいい。それなんだけどギャクセンスは抜群だし。

それに引き換え。。。。っていうのもなんですが、映画&舞台は暴走しすぎで、着いていけナインです。
特に舞台は、制約が少ない分、やりたい放題なのかも。
今度はwowowで「ウーマンリブ計画?」って言う舞台(10回目くらいだそうです)をするので、みなくっちゃ。シノネタ満載だそうです・・・
ついていけるだそうか?
レイ  【 編集】  URL |   2007/02/13 02:04   |  TOP ▲ |


レイさん、こんにちは!
クドカンの映画、舞台・・・ですが、舞台は見たことがないので解らなくて、映画は「やじきたさん」を見たことがあります。前半は割と面白かったんだけれども、後半がいまひとつだった様な・・・。もう忘れてしまっていますが・・・。

「ウーマンリブ計画」これは知らなかったですー。シモネタ満載ですかw wowwowで放映してくれるなんて、wowwowって放送ラインアップを見ると、なかなか頑張って番組(映画とか)選択してるよなぁ~って思ってます。家は見れないのですが(^^;)友達んちが契約してるので、どうしても見たい!ってのがある時は、頼んじゃったりしてるので、たまに番組表を見るんですよ。

そういえばね、池袋ウエストゲートパークを、何年遅れ?になるのか解らないけれども、半年くらい前に見たんです(爆) 出て来る人が、現在のスターになった人ばかりで、豪華も豪華、もうビックリでしたわ。
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/13 12:11   |  TOP ▲ |


>池袋
わぁ!!!!そうですか!!!!
私も、初めてドラマでクドカンものを見たのは「池袋」でした。
(映画は「go」でしたけど)
本当にあれはすごいメンツですよね。
長瀬君、妻夫木くん、坂口君、窪塚くん、山下くん、、、ですもんね。
原作は読んでないんですが、ドラマはあれはあれで、なかなか面白かったです。

>やじきた
は、前半で挫折(笑)
だから、結末しらないんです。
あぁ、、、、暴走しちゃったなぁ
っていうのが、感想です。
それに比べると、「タイガー&ドラゴン」は同じ長瀬君(キャラも、まんま一緒)なのに、とてもよく出来ていて
いつか、機会があれば是非ごらんください♪
ただ、セリフがめちゃくちゃ早いので、わざわざ日本語字幕で見てます(笑)。ほんと、わらえるセリフ!
レイ  【 編集】  URL |   2007/02/13 17:01   |  TOP ▲ |


レイさん、こんばんは!
さっき、ウィキペディアさんで、クドカンの手がけた仕事一覧?みたいのを見て来ました^^
私も映画は「GO」が初だったみたいです。その次が「ピンポン」なんですね。両方偶然自分のお気に入りの映画に入れちゃってますw

で、ドラマなんですが、「フードファイト」とかいう、くさなぎ君が主演で、九官鳥が出てるやつがあって、確かそれ、クドカンがかかわっていたドラマだったんじゃないかな・・・?と(思い違いかもしれません)もし、そうだったら、それを全話じゃないですが、見てました。

やじきた、後半挫折って~~~(^c^;)
でも、解るわ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/13 19:15   |  TOP ▲ |


これは、DVDを購入して見ました。恥ずかしながら岡田くん目当て( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 見るまでは、岡田くんの役柄って弱く見せて、実は強いんじゃないのぉっと思っていて、ホントに弱いのにちょっとびっくりしましたが、でも、その時代の武士の人たちの中で強い人ばっかりじゃないだろうから、これもありなのかもと思いました。

あと、竹林の中での父の仇との相対---がなんとも言えず切なくて。

宗左衛門と叔父が法事で戻り、帰りの別れ際に宗左に、「あだ討ちだけが人生じゃない」的なことを言ったのが印象的でした・・・のにはっきり覚えてない私。

あと、ラストの岡田くんの笑顔がなんかジーンときたんですが^^;

「たそがれ清兵衛」も大好きな映画の一つですが、こういう映画もまた違った感じでいいかもと思いました

 
かず  【 編集】  URL |   2007/06/24 20:54   |  TOP ▲ |


かずさん、こちらにも、ありがとうございます~^^

おおーっ!DVDを買っちゃったんですか?^^ でも、この映画は、何度も見たくなるような映画の気がします。
かずさん、岡田君がお好きだったとは。
フライ・ダディ・フライでは、やたら強い役もやってましたね。この映画の弱い侍も、強い高校生も、両方、上手に演じていらっしゃった気がします。

竹林のシーンと、「あだ討ちだけが人生じゃない」的な発言のシーンは、私も印象に残っています^^
そして、やっぱり、ラストの笑顔、とても良かったですね!

暫く経って、思い出してみると、やっぱりなかなか良い映画だったのかも・・って、見た直後よりも、強く思ったりする映画だった様な気がします。
latifa  【 編集】  URL |   2007/06/25 08:51   |  TOP ▲ |


最近なんか岡田くん、かっこいいなと^^
フライ・ダディ・フライも見ましたよ~、劇場でもDVDでも。

この作品も大好きです。
一番印象に残っているシーンは、堤さんが岡田くんとその仲間が堤さんがトレーニングを続けられるかどうか賭けをしていたことを知って、中庭のような所で岡田くんとやりあうトコ。何気に一番好きなシーンなのかな^^
かず  【 編集】  URL |   2007/06/25 14:32   |  TOP ▲ |


かずさん、フライダディ・・劇場でもDVDでも両方見ていらっしゃったんですねー。
そうか~最近の岡田君が来てますか~^^
そういえば、V6ってデビューの頃は、森田くんって子が一番華がある感じだったのに(しかしながら、私、昔も今も、全然好みじゃないんです)今や、たぶん岡田君が一番ですよね♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/06/25 16:03   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/324-11765018

映画「花よりもなほ」
ミチの雑記帳 (2006/12/22 23:04)
映画館にて「花よりもなほ」是枝監督最新作は時代劇。元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに住む


映画「花よりもなほ」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2006/12/23 14:35)
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准一)、長屋の


花よりもなほ
独断と偏見の何でもレビュー (2006/12/27 17:38)
花よりもなほ&nbsp;出演: 岡田准一, 宮沢りえ, 古田新太, 香川照之, 田畑智子&nbsp;監督: 是枝裕和 「いまどき仇討ちなんざ、時代遅れなんだよ 大体お前のウデじゃ、あいつに勝つわけねぇだろ!」父の仇討ちのために信州から上京してきた宗左(岡田准一)。剣の...


【花よりもなほ】DVD鑑賞
ジョニー暴れん坊デップの部屋 (2006/12/31 00:59)
[[attached(1,center)]]劇場へ行きそびれていたこの作品。なんとか年内に観ることができました♪やっぱり、邦画が豊作だった、今年2006年を締めくくるのも邦画でしょう!!ってなノリでw{{{[http://www.kore-eda.com/hana/ 『花よりもなほ』オフィシャルサイト]}}}{{{[


花よりもなほ [Movie]
miyukichin’mu*me*mo* (2007/02/10 21:43)
 映画(DVD)「花よりもなほ」        (是枝裕和:監督・脚本・原案)  岡田准一クン主演の時代モノって以外、 内容についての予備知識はほぼない状態でした。 だから、観る前は、タイトルの感じから、 しっとりした物語なのかとイメージしていました。 が


| ホームTOP ▲ |