「殴者」キャプチャーと「氷壁」感想
両方、玉木宏さん目当てで見てしまいました。氷壁はNHKの6話に渡るドラマなのですが、玉木宏つながりということで、まとめてアップしました。
まずは、殴者から。
のだめカンタービレの、清良と、千秋がっ!!!

 写真クリックすると拡大します。
内容はおいといて、玉木さんの着ている着物スタイル。この近代風着物姿が、素敵ですっ!私は元来この手のスタイルに、ものすごく弱んです。渋い色合いの着物に、襟元マフラー、に、ゲタ!!おお~~っ。のだめ以来、玉木さん出演の映画を幾つか見て来た中で、ビジュアル的には、これは一番良かったし、役どころも、彼に結構合っていた気がした。でも、本当はオデコが出てる髪型が一番好きなんだけども。

が、、、、映画の出来・内容的には・・・・?2つ☆くらい・・。
本物の格闘家さんたちの戦うシーンが半分くらい?(私は、こういう、K1とか、戦い系に、凄く疎いんです。もしこういうのが好きな人ならば、こういうシーンも凄く楽しめるんだろうな)
で、ぶっとびにグロいシーンがいきなり登場で、ぎゃー!!(刀の処)

清良、もしや?!と期待したものの、きわどいシーンが結構あるのにもかかわらず、(しかもそれって重要度大なシーンだったりする)ちらっとも見えるシーンはありません。残念。
この映画の水川あさみ(清良)の部分見てたら、何故か「鬼龍院花子の生涯」を連想してしまった。←似てないのだけど。

殴者 NAGURIMONO (2005)
監督 須永秀明 脚本 伴一彦 原作 田中雄一郎
出演 玉木宏 / 水川あさみ / 陣内孝則 / 虎牙光揮 / 篠井英介 / クリスチャン・ストームズ / 山田明郷 / マギー / 田中要次 / 桜庭和志 / 高山善廣
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
00

井上靖の「氷壁」を「原案」として現代にリニューアルしたドラマだそうです。2話は、ドラマの栄誉ある賞を受賞したとのこと。

一言で言って、脚本・内容展開が、つまらない。
しかし、ロケ(雪山登山の様子)は本格的だし、役者さんも大御所がずらりだし、
みなさん一生懸命演じているし、非常にもったいない!って気がしました。

主役の玉木さん演じる「奥寺」、なんかなぁ~。彼が自分の意見というか思ったことを率直に貫き通すというのは、解らないでもないんだけど、回りにすごく迷惑かけてる感じだし・・・。
中でも一番、なんじゃこりゃ?と思ったのが、鶴田真由演じるヒロイン。この女性が、見ていて、イライラ、ムカムカ。
魔性の女? もしそうだとしても、もっとそれが外見でバシーッっと伝わって来るような女優さんを使った方が良かったんじゃないかな?
別に鶴田さんが悪いとか美しくないって訳じゃないんだけれども、この役には合ってなかった気がしました。

ラストの展開も、なんだかなぁ・・・だし。特に、ヤシロ社長(石坂浩二)と美那子の部分。
きっと原作と随分違っちゃっているんだろうなぁ・・・・。

元来山登りとかに興味のある方が見たら、もっと楽しめたのかもしれませんが・・・。私は、元来、山登りの楽しさを知らない人間であり、かつ、命をかけてまで山に登る、というのも、いまひとつ解らない性分なんですよ。冒険心と制覇感がたまらないのかもしれない・・と推察しますが。
でも、話はそれますが、山のゴミなど除去作業をコツコツやっているアルピニストの野口健さんは、すごく偉い立派な人だ!と常々思っております!

(あらすじ・内容)
「氷壁」物語は、世界的クライマーの北沢(山本太郎)と奥寺(玉木宏)の小学校からの親友同士が、 スポーツメーカー・ヤシロをスポンサーに世界第2の高峰K2に登頂を目指すが、不幸にも北沢が雪崩に遭い骨折してしまい・・・・・ヤシロ社長(石坂浩二)夫人の若い後妻の美那子(鶴田真由)は、かつて1晩だけ北沢と過ごしたことがあり、北沢は美那子を本気で愛していたが、美那子の方は、そうでもなくて・・・。的な内容です。
氷壁の公式HP

【2007/01/10 18:37】  コメント(9) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<キム・ギドク「real fiction」リアルフィクション 感想 | ホーム | 「ユナイテッド93」感想>>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/01/11 18:53   |  TOP ▲ |


まさこさん~こんにちは!
>二人とも和風というより、ネオ和風(?)なイメージで謎めいた美男美女という感じがお似合いでした。
 ほんと、そうでしたね。とても良い感じでした☆

>暴力シーンが苦手なので、実は格闘シーンとか残酷シーンは全部早送りして
 うははは!!!そうだったんですか。それじゃ、私のウギャッ!!なシーンも、ぶれた映像でしか見てないのですね?それは良かった、良かった。あれ映画館で見ちゃったたら、その夜怖い夢見てしまったかもしれません。

>ストーリーとかはほとんどわからない(^^;
 ぶははは!!そうなんですか?

私は、あの2回ほどあるシーン(水川さんの・・・・を黙って聞いている)が印象的でした(^^*)

>彼はこういうストイックな無口な役が似合いますね。たとえば、一匹狼の殺し屋とか、あんまりヅラは似合わないけど、眠狂四郎とか、ストイックで凄みのある剣豪の役とか見たいかも。
 言えてます!!私も、その手の役で見てみたいです~。

>氷壁は完全に同意です。
脚本と物語の展開が納得できない。
特にあの、鶴田真由の人妻キャラがなんとも共感できない。
 そうですよねー。私は、ほら、見る前に、まさこさんから、ちらっと感想を伺っていたので、見ながら、あ~まさこさんと同じだわ、私・・・って思いながら、安心して(爆)見ることが出来て良かったです。

>昔なら全盛期の松坂慶子あたり
おおお~ナイスな人選!!そうです、彼女だったら、そのまんま、納得しちゃいますよね。

奥寺という主人公にもやっぱり共感出来ませんでしたね・・・。うん。
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/12 11:03   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは♪
玉木君への入れ込み具合が激しいと見ましたぞ!(笑)
私も何を書くそう彼の美しい顔が大好きで、この映画をわざわざ見に行ったくらいですもの。
でも、やっぱり☆二つ半でした(笑)
そして「氷壁」もリタイアしちゃったんです。
ブログに感想を書こうと思っていたのに、あまりに文句たらたらになっちゃいそうなので一話もアップしていないはず。
NHKのあの枠のドラマってイイモノを扱ってくれるのですごく期待していたんですけどね~。
鶴田真由の役がダメだったし、玉木君の役もダメだった。
このドラマで玉木君はやっぱり演技に少々問題ありと見ました(暴言?)
玉木君にはまだまだ頑張ってほしいけれど、「のだめ」の後のドラマで真価が問われるでしょうね~。
ミチ  【 編集】  URL |   2007/01/12 17:12   |  TOP ▲ |


まさこさん、一部、ネタバレの処、伏せ字にさせて頂きました<(_ _)>ごめんなさい!
・・・・・・・・・・

丁寧なレスありがとうございました。

ほんとにね、鶴田真由の人妻役もむかつくけど、玉木君演じる奥寺というキャラも超微妙ですよね。

玉木君が演じているからカッコいい
キャラに見えているけど、もしああいう人が実社会にいて、しかも私の身近にいる人(私の兄弟とか)だったら、きっと家族の中でも困った存在だと思う(^^;

登山に生きがいを求めてアルバイト生活しているのは理解できるし、兄弟だったら誇りに思えるけど、カラビナが原因だと思い込みで主張するのはやり過ぎだと思いました。

よく考えたら、その問題のカラビナはK2登山への資金を出してくれたスポンサーの製品、それが原因でパートナーが転落死したって、はっきりした確証もないのに主張して、しかもスポンサー企業の社長の・・・・・・・・・・

あげくの果てに・・・おまけに奥寺への・・・さらに息子が・・・。

原作ではK2で死ぬことになっているのかな?それならまだわかるけど、もしこれでK2登山に成功して日本に帰って英雄になったりしたら、「わがままな雪男の話」で終わってしまうような気がします。
まさこ  【 編集】  URL |   2007/01/12 18:49   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/01/12 18:50   |  TOP ▲ |


まさこさん、ごめんなさい。ネタバレ部分だけ、伏せ字にさせて頂いてしまいました。すいません!
でも、ちゃんと原文は、保存しております!!

そうそう、その通り。あれ、玉木さんが演じてたから、しょ~がないなぁ~って程度で済んだけど、誰がどうでもいい(爆)俳優が演じてたら、かなり頭に来てたかも。

>登山に生きがいを求めてアルバイト生活しているのは理解できるし、
 そうなのです!こういう部分は理解出来るし、カッコイイな、とも思ったんですよ。でも、その後がイカン・・・。山から帰って来てからが・・・。

原作は、私も読んだことがないし、読む気持ちにもなれなかったのですが、ネットサーフィンしていた時、ちょっと見た限りなので、ふたしかなのですが、随分内容が違うみたいです。特にミナコ関係部分とか。
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/12 18:55   |  TOP ▲ |


ミチさん~こんにちは!
>玉木君への入れ込み具合が激しいと見ましたぞ!(笑)
 いやはや、お恥ずかしい(^O^)
結構実は、かなりミーハーな人間なのです(*^_^*) ブログでは、ちょっと抑えめにしてますが・・。
なんか、私、カッコイイな~って思える様な俳優さんに、滅多に出会えないんです。良いな!って思っても、その作品だけ・・・って事も多くて・・・。でも、画面でカッコイイ~!!って思える瞬間って、とっても幸せ?なので、もっとそういうの味わいたいんですよ。

で、今年は、のだめの玉木さんと、シュガー&スパイスで見たチェン・ボーリンの2人が、目に留まったわけです。チェンボーリンも、立て続けに見られるだけ見ちゃったし・・・。結構そういう処があるんですよ。ちと気に入った人は、他のも見て好き確定か、好き保留か、これだけだったのね・・なのか、錯覚だったのか?、見極めたい欲望が沸いて来ちゃって。

結果、まだ解らず・・・って処です。2人とも、これからも、チェックはしていこう~って思っています☆(なんだか偉そうで、スイマセン!ファンの方にも m(_ _)m)

そうそう!ミチさんちで、氷壁、検索して探したんですけど、無かったのですよ。そうか~あえて書かないでおいたのかー(^^;) その気持ちが解りますよ・・・。

>このドラマで玉木君はやっぱり演技に少々
 う~む!。そうですか~。
実は、私、2話くらいまでは真剣に見てたのですが、3話あたりで、なんだかだる~くなってきちゃって、殆ど「ながら見」をしてしまったんです(x_x)
4,5,6話は、新聞見ながら~とか、本を読みながら(←オイ!) 
だから、実は細かい処まで見てなかったりするんです・・・。
一生懸命作られたスタッフや、出演者の方に、なんだか申し訳無いのですが・・・。だから、演技についても、気がつくほど、見てなかったかも・・・。

のだめの次の作品、楽しみですね!
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/12 19:10   |  TOP ▲ |


何度もすみません~。
>ちと気に入った人は、他のも見て好き確定か、好き保留か、これだけだったのね・・なのか、錯覚だったのか?、見極めたい欲望が沸いて来ちゃって。

私も一緒一緒~~~!
今まで好きになった俳優さんには全てそういう道をたどってきました。
「この役の時は好きだったけど、他の役では魅力半減だな~」って思う人も多いですよね。
“保留”という気持ちはよく分かります!
玉木君とボーリン君は私もまだまだチェックして行こうと思っている人です。

どんな役をやっても、プライベートの雰囲気も、どれも好きーーっていうのは今現在はOJ君ひとりかな。
とにかく彼のスタイルが好きなんです(ハイハイ、いつも言ってるのでお腹いっぱいですね)
演技的には彼に言いたい事もいっぱいあるのだけどね(爆)
ちなみに演技で一番買っているのは加瀬君。
周防監督新作が楽しみです!
ミチ  【 編集】  URL |   2007/01/12 20:39   |  TOP ▲ |


ミチさん~~同じですかー!!わ~い!嬉しいなー☆
なんかね、たまに、良いな!って思った人が、既に大スターだったりして(それまではその人の魅力に気がついてなかったのね~状態で)さて過去の作品色々見ようと思ったら、凄く一杯有りすぎて、どれから手をつければいいのか解らず・・・なんだか愕然・・・。ってこともあったりするんです。その点、まだそれほど地位を確定してない人とか、出演作品がそれほど多くない人だと、見るぞー!って意欲が湧いてしまうんです。

いやいや、お腹一杯じゃないですよ。
だって、私、OJ君と妻夫木君は、日本の好きな男優「確定」に登りつめて、それ以後、落ちることなく、居続けている人ですもん☆

そうそう。他の作品も見て、かつ、プライベートや、演技以外の普段はどんな感じなのか?とか、そこらへんも気になっちゃいます。そこを見て、やっぱりこの人は好きだな、って風に確定してます^^

OJ君は映画の中で、いつもカッコイイんだけど、普段の時は、???って事も結構あったりしますが、カッコイイのが上回っているので、許してしまう?感じかな。私もスタイルも好きですが、目が特に大好きです。

加瀬君も、実は、結構気になってる俳優さんの一人です。憧れる様な、見ていて、ぽ~っとなる様なフェロモンは今の処感じてませんが(失礼か?)そのへんいいたら、好きになっちゃいそうな、好みのタイプというか。(ますます失礼だな(^^;))
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/13 09:48   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/334-7fa50e45

映画「殴者 NAGURIMONO」
ミチの雑記帳 (2007/01/12 17:06)
映画館にて「殴者 NAGURIMONO」★★☆ストーリー:実の父を殺した町のヤクザ・愛次郎(陣内孝則)に育てられ、ひたむきに仕える暗雲(玉木宏)は、ヤクザ同士の戦いに“殴合”でケリをつけることを提案する。殴合とは二人の男が極限まで殴り合う闇の格闘技だった。新感覚時


| ホームTOP ▲ |