fc2ブログ
「shine シャイン」感想 デイヴィッド・ヘルフゴット
オーストラリア出身の、現役ピアニスト「デイヴィッド・ヘルフゴット」の半生と、その父との確執?を描いた実話。凄く面白かったです。
0

単なる天才ピアニスト成功への道、という内容ではなくて、父の歪んだ?支配と父への反発、そして後々の病気による挫折など、とても引き込まれて見ました。上手なピアノの演奏を聞くのだけでも大好きだし、映画中の演奏の大半はヘルフゴッド本人によるものだそうです。
ただ、「シャイン」というタイトルと、この表紙から受ける印象とは、違って、輝く人生!~万歳!みたいな映画では無かったかな

(あらすじ・内容)
幼少時代からピアノに類い希なる才能を見せるディビッド。彼の家には、厳しく、音楽が好きな父が君臨しており、子供達や母は、その父に従いつつ生きている。父の口癖は、「デイビット、お前は運が良い」だ。父は幼い頃バイオリンを彼の父(デイビットの祖父)に壊されて才能があっただろう音楽への道を諦めざろうえなかった過去がある。デイビットは自由に音楽がやれて、とても恵まれているんだ、ってことを常日頃口にする。父のかなえられなかった夢みたいなものを、息子に重ね合わせて熱心にピアノを教える父だった。

父はデイビットだけじゃなく、他の娘達にもピアノを教えたし、音楽だけじゃなく、生活態度一般にも口出しする。ユダヤ人として親戚一同、非常に辛い思いをしたことなど、とても重くて苦い人生を送って来たから可哀想な人生だったとはいえ、この父が、デイビットに対して取る行動が、ちょっと、それは無いでしょう?お父さん!!って感じなんです。

デイビットが、遂に父を越えるピアノを弾ける様になったころ、もう父ではデイビットを教えることが出来なくなる。その時は、父は不満ながらも、ある教師にデイビットを任せる様になる。その後、もっと才能を認められるようになり、留学の誘いなどが来るが、父は、かたくなに拒否!デイビットが自分の支配下からいなくなってしまうのがイヤだったのか・・・何なのか・・・?。それでも、デイビットは家出をして、イギリスの国立音楽院に留学に行くのでした・・・・
その後、デイビットは、精神の病にかかってしまう・・・・。

中年を演じたのは、「ジェフリー・ラッシュ」
えっ・・・パイレーツオブカリビアンの、バルボッサの人ですよ!!
もう、びっくり!!この「シャイン!」で、数々の演技賞を受け、45才にして映画での出世を果たしたそうなんですね。私は、バルボッサでの姿しか全然知らなかったので、色々と凄い人だと、今回調べて初めて解った次第です・・・
もちろん、このジェフリーラッシュさんの演技も凄かった。でもね、私は、青年期を演じた「ノア・テイラー」さんという方の方が、更に凄く上手だった気が・・。当時ノアさんは27才だったそうなのですが、18才の役をすんなり、こなしていたし、まさに天才ピアニスト!という感じが、すごく良く出てました。彼には賞無かったみたいで・・・可哀想だ・・・。なんでもこの方、「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリーのお父さんを演じてたとか!

映画中、何度も「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番」というキーワードが出て来ました。実はこの曲知らなくて・・・。というか、あまりラフマニノフって馴染みが無くて。この曲は難関中の難関なのですね。この曲は、幼きデイビットと父親との思い出の曲で、音楽院に行った後、ひたすら練習に励むのですが、目隠しして弾くシーンなんかがあって、びっくり!!
でも、ラフマニノフ以外にも、リスト、ショパンの曲も幾つか使われていたのが嬉しかったです。私は、ショパン、ドビッシー、ベートーベンが好きです^^ デイヴィッド・ヘルフゴットについて、もっと詳しく・・ウィキペディア

シャイン (1996年 オーストラリア映画) Shine
監督 スコット・ヒックス
脚本 ジャン・サーディ
音楽 デビッド・ハーシュフェルダー
出演 ジェフリー・ラッシュ / ノア・テイラー / アレックス・ラファロウィッツ / アーミン・ミューラー・スタール / ジョン・ギールグッド / グーギー・ウィザース

オーストラリア映画というのが、不思議な感じ。ちょっとイギリスとかヨーロッパ系の映画かな?って思っちゃいました。
【2007/02/01 14:11】  コメント(11) | トラックバック(4) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「マリーアントワネット」感想と、サウンドトラック試聴 | ホーム | 「アモーレス・ペロス」感想>>
コメント

こんばんは♪
「シャイン」は見たときすっごく良かった!って思ったはずなのに、詳しい部分は忘れてるんですよね(汗)
主人公が狂気に陥って(?)トランポリンに乗ってませんでしたか?
私はこの作品でジェフリー・ラッシュを知りました。
だから、「パイレーツ」みたいな娯楽作品で悪役を喜んでやっているような雰囲気が不思議な気がして(笑)
ちなみに私もモーツァルトよりもベートーベンが好き!ショパンが好き!ラフマニノフのピアノコンチェルトも好きですよ~。
どちらかというと短調の曲が好きなんです。

「間宮兄弟」のレス不要っておっしゃったんですけど、ちょっぴりだけつけちゃいました。
ミチ  【 編集】  URL |   2007/02/01 23:57   |  TOP ▲ |


ミチさん~こんにちは!
お忙しいのに、何度もありがとうございます<(_ _)>

ミチさんなら、きっとご覧になられているかな?って昨日リストを見たら、古い映画だったから、記事は載っていなかっただけで、やっぱり見ていたのですねー☆

そうそう!トランポリンのシーン(表紙のシーン)です!!
私は、この映画、実は全然知らなくて、お友達からお薦めして頂いて、ビデオテープの表紙を見て、うわ~なんか、とっても爽やかな元気になりそうな映画なのかも(爆)、なんて思ったんです。まさか、あの表紙のシーンが、あんなんだったとは・・・(あんなという意味は、ほら、コートは着てるけど、その下は@@って状態だったことです)
 そうですよね、もう10年前の映画だから、忘れちゃいますよね・・・。
でも、今見ても全く古さとか感じさせない映画でした!!

ミチさんも、モーツァルトよりも、ベートーベンや、ショパン派だなんて(^O^)そんな妙な?処も同じで、嬉しいです!私も短調の方が、好きです♪

間宮兄弟のところ、拝見してきました!やっぱり、私含めて、多い方々が、ミチさんのところが大好きだからこそ、心配しているんだな~って思いました。そうそう、何を自分が一番したいのか?って事を優先しちゃって、全然かまわないと思います!だって、ブログって仕事じゃなくて、趣味ですもん☆ これからも、ずっと楽しみにしています(^_^)/

latifa  【 編集】  URL |   2007/02/02 10:43   |  TOP ▲ |


latifaさん 夜分遅くに来てしまいました~~☆☆ 九州へ旅行行ってきて夜に帰ってきたもので・・・
ところで、観てくださったのですね~☆☆ 凄く面白かったのですか??!! 良かった~~気にいってもらえて♪♪
ジェフリーラッシュさんの演技凄かったですよね!! パイレーツのイメージとは全然違うもの~~☆☆
>青年期を演じた「ノア・テイラー」さんという方の方が、更に凄く上手だったって・・・さっすがlatifaさん!!! 私なんてジェフリーラッシュさんの記憶しかありません(爆) 本物のデイビットもあんな感じです☆☆
2年続けて札幌へ来てくれたので2年連続コンサートへ行ってきましたよ☆☆ 演奏を聴いていると思わず涙が出てきてしまうんですよ~~♪ 
latifaさん トロイは観終わりましたか?? バナさん、超カッコよかったですよね~~☆☆ 私はこの映画でバナさんファンになりました☆ ブラピも素敵だけど、私は断然バナ派です!! オーランド君が演じたパリスって伝説でも絶世の美男子だったらしいですよ☆☆
レナ  【 編集】  URL |   2007/02/03 02:19   |  TOP ▲ |


レナさん、こんにちは~!
九州に旅行だなんてーいいなぁー!!
九州のどこに行かれてたんですか?札幌からだったら、あったかく感じられたんじゃないでしょうか!
お疲れの処、早々にコメント残して下さって、ありがとうです!急いで書かなくちゃ、って思って下さったのかもしれないな・・・ごめんなさい!

いつもレナさんからは、面白い映画を色々紹介して頂いて、とっても助かっています!ありがとうです☆
映画、良かったですよー!引き込まれて見ちゃいました。ピアノの演奏も良かったし、あのどもり気味のしゃべり方とかも、演技凄く2人とも上手でした。

えっ!2回もコンサートに行かれてるんですか? それはすごい!!
こういう実際に映画や人生を知って、その実在のご本人の演奏を聞くとなると、感慨もひとしお!ですよね☆ いいなぁ~。厚生年金会館でコンサートしているのかな?

ちなみに、「トラフィック」ですが、ひどいんですよー!何度行っても中身が無い(レンタル中)だから、これはひょっとしておかしいのでは?と思い、TSUTAYAの店員さんに、聞いたら、紛失してるから無かった事が発覚(x_x)何ヶ月も、そこのコーナーをチェックしたのにぃ!!今度遠いSUTAYAで探して来ますわ・・。

で、トロイ。見ました☆やっぱり、内容的には、ちょっとかな・・・って思う処もありましたが、大迫力で、映画館で見たら、かなり凄かったんじゃないかな!て思いました。お家で見てでも凄かったから。
バナさん、カッコ良かったです!私も断然、ブラピよりバナさんですよ!
>オーランド君が演じたパリスって伝説でも絶世の美男子だったらしいですよ
 そうなんですか!?実在の方の写真を(無いのは当然だけど・・)見てみたかったな~
でも、彼映画の中では、かなり弱いもんね(爆)
あと、マリーアントワネット、見てきましたよー(^_^)/ 良かったら、感想読んでやって下さいまし☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/02/03 08:56   |  TOP ▲ |


 そうそう、青年デヴィッド役の、ノア・テイラー上手いですよねー。
 もちろん、アカデミーを取った、ジェフリー・ラッシュも上手いのですが、そっちももっと評価が高くても良いと思います。

 オーストラリア映画だからこそ、イギリスに留学するデヴィッドの重圧や、シャインというタイトルが意味を増してくる気がします。
 加えて、ユダヤ人家庭であるヘルフゴッド家の厳しさも説得力が。(当時、オーストラリアは移民差別を行っていたから)
カツミアオイ  【 編集】  URL |   2007/03/20 23:16   |  TOP ▲ |


カツミアオイさん、ごめんなさい!!
月曜まで出かけなくてはならない用事が発生しました。
戻り次第、お返事します!!
本当にごめんなさい。
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/21 07:34   |  TOP ▲ |


すいません!出かけていたもので、お返事が大変遅れてしまいました<(_ _)>

カツミアオイさんも、青年デヴィッド役の、ノア・テイラー上手いって思われたのですね。

>オーストラリア映画だからこそ、イギリスに留学するデヴィッドの重圧や、シャインというタイトルが意味を増してくる気がします。
 その通りですよね。オーストラリア映画って、まだ一杯見てないのですが、結構良い作品が多い様な気がします。

>加えて、ユダヤ人家庭であるヘルフゴッド家の厳しさも説得力が。(当時、オーストラリアは移民差別を行っていたから)
 そうなんですか・・・。これは良いことを教えて頂きました。そうだったのですね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/25 10:55   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2011/05/24 16:42   |  TOP ▲ |


こんにちは、鍵コメントさん^^
凄く感動されたようですね♪
人生初となる映画2度見は、されましたか?
私も、あまり2度見はしない性分なのですが、最近は以前より、気に入った映画を
リピートする様になりました。
映画、面白いですよね~♪
latifa  【 編集】  URL |   2011/05/25 12:49   |  TOP ▲ |


15年も前の記事にお邪魔します。
実在の方を描いたとのこと、辛い場面も多かったですが良い作品でした。
私も海賊でジェフリー・ラッシュを知って、そういう役者さん(ジョニデほどではないけどキワ者)と思い込んでいました。素晴らしかったです!
チャーリーとチョコレート工場のバケット氏を演じたのが!? 知らなかったです。驚き!
こに  【 編集】  URL |   2022/06/25 15:04   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
いえいえ、こういう古い記事を見て、色々思い出すっていうの、とても好きなんですよ。

ところで衝撃!
ジェフリー・ラッシュが、この映画に出てたこと!
当時も驚いたのに、また忘れてしまっていて、
今回こにさんの記事を拝見し、えー!、そして自分の書いた記事を再読して(書いてあった・・)
思い出した次第。いやー、自分の記憶力のひどさにも衝撃。

私もこにさんを真似て2回目鑑賞したいな。
latifa  【 編集】  URL |   2022/06/26 13:33   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/351-3c8518ee

Shine
(cis) blog (2007/02/27 14:07)
もう10年も前の作品だけど、映画「Shine」を改めて見た。 ...


シャイン(豪・1995) ~ラフマニノフも果てを見た
EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど (2007/03/18 00:18)
 お正月おうちで映画第二晩目は、&lt;B&gt;「シャイン]&lt;/B&gt;であります。 ちなみに最近の映画のセレクトは全て私以外の家族に委ねています。 たまには自分以外のセレクトでみると、色々面白いものがみられる……と思ったんですが、家族だからか似たセレクトになって


思い出の映画 ■■シャイン■■
Playing the Piano is ME. (2010/11/15 08:08)
(11月9日、後半大幅に、書き換えました!) 最近、映画の話題がないので 以前見たことのある映画で 印象に残っている作品について 時々書いてみようかな。 「シャイン」はアメリカのアーリントン州に住んでいた時 見たので 当時の私のリスニング力は全然ダメ...


おうち映画(海外)・ニューヨーク 親切なロシア料理店/シャイン/17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン
読書三昧の日々 (2022/06/25 15:09)
「ニューヨーク 親切なロシア料理店」 原題 THE KINDNESS OF STRANGERS 2019年 デンマーク、カナダ、スウェーデン、フランス、ドイツ 【ムービープラス】 ニューヨーク、マンハッタンの地で創業100年を超える老舗ロシア料理店「ウィンター・パレス」に集まった人々の交流を描いだ人間ドラマ かつての名ロシア料理店も今は料理はひどくただ古いだけの店になっています 立て直し...


| ホームTOP ▲ |