fc2ブログ
イブラヒムおじさんと、コーランの花たち

イブラヒムおじさんと、コーランの花たちは、タイトルに惹かれたのと
以前日本公開の時、どこかで内容を取り上げていて面白そうだな~と
思ってレンタルしてみました。
オマー・シャリフを久しぶりに見たのですが、堂々としていて
威厳のある雰囲気は相変わらずで、小さなお店の主人といえども
何か風格がある雰囲気でした。
アラビアのロレンス」を見たのが凄い昔なので、記憶が薄くなって
いますが(アメリカ人がアラブ人を演じていると思いこんでいた
この人って、どんな人なのかな?ってちょっと調べてみたら、
エジプト人だったんですね。知らなかったです。アレキサンドリアに
生まれて、カイロにお引っ越し、23の時に英国に行かれたそうで。
そう言われれば、エジプトに、こういう顔立ち・風貌のおじいさん
ってよくいたなー!

でも、すごいですね。アラビア語も、英語も出来る上に
フランス語も出来るし、カトリーヌ・ドヌーブと噂があったとか。
↓多分エジプトの映画館
iburahim

こういうすごい絵!の映画館って何故か惹かれてしまいます。
インドとかエジプトとか映画産業が盛んなんですよね。
昔エジプトとインドに行った時、こういう看板があってインパクトありましたー
オマーシャリフ プロフィール・出演作品
allcinemaさんより 

しかしながらこの映画、何かこう、、あまり面白い映画ではなかったです。
ユダヤ教の少年と、イスラム教のおじいさんの心の触れあい・・ていう
テーマとかは悪く無いと思うんですが、、う~~ん・・・
あの男の子も一般的に見てハンサムな方だと思うのですが、私は何故か
可愛いなーってあまり思わなかったので・・・もし、あの子が凄い
可愛いな、って思えていたら、もっとはまれてたのかもしれません。

★以下ネタバレは、文字反転して下さい★

まずは、モモの生きる環境というかが・・・可哀想でしたね。
お父さんは、いつもお兄さんと比較するし、そのお兄さんは本当は
いないのに。お父さんがモモ残して亡くなっちゃうなんて
悲惨過ぎます・・・それでも、おじいさんが家族がわりの様に
モモを優しくしてくれてたから、救われるけれど・・・

それと、モモが、娼婦のお姉さん達と色々交流?持つって部分を
この映画で、割と多く扱っていた気がしたのですが、
悪くは無いんでしょうけれど、あんなに一杯は要らなかった
様な・・・。モモ君には友達とかはいなかったのかな?
私は、あの階下に住んでる女の子が、好きじゃなかったなー!
そうそう、猫缶のエピソードや、他で盗みをするんじゃない・・って
部分は良かったです。

やっぱり最後の方の展開が、ちょっと不満でした。
お金をはたいて車を買って、パリからトルコまで(凄い遠いでしょう!)
車を運転していく気力があったこのおじさんが、自分の村についた
とたん、あっと言う間に死んじゃうなんて!!!
モモは、また独りぼっちになっちゃう・・・モモを一人残して
死んじゃうなんて・・・
(まあ、おじいさんが亡くなった理由というのも、やっと長年帰る事も
なかった故郷に到着して、ほっとした安堵感からと、もしくは、ここで
死にたいって思っちゃったのか・・・等と推察はつけられるものの・・)

でも、おじいさんの言う言葉に、なかなか良い事言うな~
とか、しみじみ来るセリフがありました。


音楽が60年代のアメリカンポップスで、当時のパリで、
若い子達が、こういう音楽・ダンスが流行してたのとかは
解りましたが、個人的にあまりこういう音楽などに思い入れが
無いのもあって、映画の後ろでかかる音楽に、良いな~って
感じるって事もなかったです。こういう時代の音楽がお好きな
方なら、楽しさ倍増する映画だったろうな~と思いました。


イザベルアジャーニがちょこっと出ていました。
この人、1955年生まれですよ・・・昔は素晴らしく美しかったけど
今も老けた感がしない。50歳だなんて信じられません・・・


写真クリックすると「イブラヒムおじさんと、コーランの花たち」日本の公式サイトへ
写真は公式サイトより使わせて頂きましたm(_ _)m
【2005/06/11 08:13】  コメント(6) | トラックバック(1) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<黒水仙 イ・ジョンジェ、アン・ソンギ | ホーム | リンダ リンダ リンダ ペ・ドゥナ主演>>
コメント

。。。を観ようとある日友人と小さな映画館に行きました。その映画館は2つ小さな部屋があるきりなんです。
どっちの部屋?と聞くと切符きりのおじさんが”左!”と指さしためらいなくそこに入った。始まって見るとなんだか様子が違う。。。???・・?が飛んでそれでももぞもぞしていたら、やっぱりそこに映る風景はキューバ!
パリではない。あれ、これ違うよ。と思ったけれど、出るのも面倒でそのまま見てしまいました。ブエナ ビスタ ソシアルクラブ の続編(?)でした。これも面白かったけれど、結局それで、イブラヒムおじさん。。観ていません。今ひとつだったのですね。
私は原作読んだんですが、いいのですが、何か今ひとつカチッと合わさらないところがありました。
長々失礼しました。
seedsbook  【 編集】  URL |   2005/06/15 15:45   |  TOP ▲ |


うははー!面白いエピソードを聞かせてくださってありがとうございましたー。でも、seedsbookさんは、確かブエナビスタ・・・は好きな映画の中に入っていましたよね?間違って入った映画が、それの続編だなんて、妙なつながりでしたね。私もブエナビスタ・・は以前見ましたが、続編は見たことないです。

ところで、原作をすでに読んでいらっしゃるだなんて、さすがです!
latifa  【 編集】  URL |   2005/06/16 10:13   |  TOP ▲ |


TBありがとう。
あれ、イザベル・アジャーニが出ていたの?娼婦?全然、気がつきませんでした。なんにしろ、オマー・シャリフはいかしていたなあ。ちょっと、「タッチ・オブ・スパイス」のおじいちゃんと、雰囲気似ていたなぁ。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2006/03/20 21:45   |  TOP ▲ |


こんばんは!タッチ・オブ・スパイスって知らなくて、今検索してきました。とっても面白そうな映画ですね!
家の町のTSUTAYAって、ミニシアター系の映画が凄く少ないので、あるかなあ・・・と不安ですが、さっそく次回行く時は、探してみます♪
latifa<kimion20002000さん  【 編集】  URL |   2006/03/20 22:36   |  TOP ▲ |


こんにちは★

『ブエノスアイレスの夜』のDVDの予告編に、この映画の予告が入ってたんです。
とっても面白そうだなぁと思い、チェックしてたんですが、latifaさん的には微妙だったのか~。

でも、いつか機会があれば観てみる事にします。

それにしても!!
ありますよね、手書きの看板(笑)

私の地元でも10年くらい前までは、手書き看板あったんですが、さすがにもう無くなっちゃいましたね・・・。

俳優さんの顔の絵とかすっごい似てない上にブサイクなの(笑)
マイコ  【 編集】  URL |   2006/05/22 11:29   |  TOP ▲ |


マイコさん、こんばんは~^^
私もこの映画を、王様のブランチでりりこさん(解るかな・・・?)が映画紹介してた時に、面白そうだな~って目をつけていたんです☆
悪くはないんだけど、思ったよりは感動とか無かったかなあ・・・って感じです。3つ☆半ってところでしょうか。
手書きの看板、笑えて結構面白かったのに、今は無くなりましたね~。あの職人さんは今、何をしているんだろう・・・
latifa  【 編集】  URL |   2006/05/23 19:48   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/36-dadb30c3

家族と一緒に考えよう 「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 (2009/10/20 01:40)
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」 オマー・シャリフ復帰作   【原題】MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN 【公開年】2003年  ...


| ホームTOP ▲ |