「ポビーとディンガン」感想
この映画の舞台のオーストラリアの風景が好きでした。特に夕暮れの光の具合とか、自転車で走る所とか、懐かしいような切ない気持ちにさせられる感じで。それと、オパール採掘場って初めて見たのですが、白っぽい土が、アリ地獄の巣?みたいに一杯並んでいて、幻想的というか、不思議な風景でした。

00

風景も良かったけれども、なんといってもお兄ちゃんが可愛かった。ちょっとたれ目でね。私はレンタルDVDで見たのですが、特典映像で、普段のクリスチャン・バイヤーズ君のインタビューがあって、実際の姿は、映画よりも大人っぽいというか、きりっとした少年っぽさのある子でした。妹はこの過度に感受性が強すぎる繊細な女の子にピッタリだったし。妹の着ているお洋服が可愛かった。淡い小花柄のワンピやピンクのオーバーオールとか。最近は知らないけれど、10年位前のオシュコシュとか、ジンボリーとか、私はやっぱり、こういう子供服が好きです。

妹の妄想、私はこういうの子供の頃やって遊んではいなかったけれど、でも、こういう子供っていますよね。ちょっとだけ松本大洋さんの「GOGOモンスター」が頭に浮かびました。内容も、非常にまったりしてて退屈になっちゃうかな?って予想していたのですが、全然退屈どころか、どうなっちゃうの?って、飽きさせず、ところどころハラハラしながら見ました。86分と時間も短いんですよね。こういう題材で2時間・・となると、長いかなあ・・って思うこともあるので、かえって短いことが良かった様な気がしました。
普段あんまり映画を見ない家族達も、この映画を見ちゃった様で、誰にでも好まれる面白い映画だったのかも。4つ★

★ネタバレ 文字反転して下さい★
原作小説のラストは、なんと、ケリーアンが死んじゃうとか@@
それはやだな。映画では、てっきり元気になってるとばっかり思っていたのだけれど・・・。オパールを売りに行ったお店のオジサンが、お金を返してくれた所は良かったな。原作では、そういうエピソードは無くて、映画だけらしいけれど。2つのお棺が、水色とピンクで可愛かったな。
以上

ポビーとディンガン Opal Dreams (Pobby and Dingan)
2005年(イギリス・オーストラリア映画)
監督 ピーター・カッタネオ (フルモンティの監督だったのですね!)
 「フル・モンティ」と「リトル・ダンサー」感想と、英国地図 
サファイア・ボイス (ケリーアン・ウィリアムソン役)
クリスチャン・バイヤーズ(アシュモル・ウィリアムソン役)
脚本 ピーター・カッタネオ 音楽 ダリオ・マリアネッリ

(内容・あらすじ)
オパール採掘で有名なオーストラリアの片田舎。アシュモルの妹ケリーアンには、ポビーとディンガンという大切な友達がいる。でも、兄のアシュモルも、両親も、それが妹の空想上の友達だと知っている。
ある日、ケリーアンが「ポビーとディンガンがいなくなった!」と言い出した。そして、心配のあまりケリーアンは病気になってしまう。
【2007/03/08 09:07】  コメント(8) | トラックバック(5) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「borat ボラット」感想 苦手でした・・・ | ホーム | 「愛の神、エロス」ウォンカーウァイのだけ5つ☆>>
コメント

お邪魔します~
短いので小さい子と一緒に
楽しむには最適な作品でしたよね
夢のある作品でしたし、
オヨヨ~~というシーンもなかったしね・。
原作・・私も興味があったので
映画観た後調べてみましたよ。
原作どおりだとちょっと悲しいよね。
<オパール採掘場>私も初めて。
面白い場所でしたよね・・。
あ・・↑のようなお兄ちゃんが欲しかったです。大人になったらどんな
男性になるか・・興味ありますね。
みみこ  【 編集】  URL |   2007/03/09 14:53   |  TOP ▲ |


みみこさん~こんにちは。
みみこさんも、原作チェックされていたのねー^^イヤですよね、そんなの・・・、私は映画の方が良かったワ。

ところで、みみこさん、第一子で、下に2人も兄弟がいらっしゃるなんてー!なんだか意外です。みみこさんって、なんていうか、奥ゆかしい優しい印象を受けたので、長女だとは思わなかった(なんか、これって問題発言かな?(^^;) 長女タイプって、私もそうなんだけれど、結構ズバズバ言う人多い気がしたものだから・・)

で、年上の人が好きっていうのは、私もそうだったのよ(過去形になっちゃったw)若い頃は、同じ年の男の子より、断然年上(かなり年上もOK)だったのよ。ところが、自分が年取ったら、逆転しちゃったみたい!
みみこさんちの旦那さんは、年上なんだっけ・・・?家は一応年上なんだけど、感覚的には友達or弟みたいな感じよ(爆)
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/09 17:08   |  TOP ▲ |


こんにちは♪
原作のエンディングをネタバレで拝見してちょっとショックです。
そんなぁ~~(泣)
映画の終わり方は良かったですよね!
>オシュコシュ
あー、懐かしい~~。
私もアメリカ生活を2年間していた時に、子供たちによく着せてました!
ピンクの小花柄のオーバーオールとかを娘に着せてたわ。
懐かしいブランド名(?)を思い出させてくださってありがとう!
ケリーアンの着ていたのはまさにそういう感じのお洋服でしたよね。
ミチ  【 編集】  URL |   2007/03/14 16:59   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんばんはー!
原作、そうなんですよ、イヤですよね!
ところで、オシュコシュに反応して下さるとは!!なんだか感動ですよ☆
だって、今までこの1●年間、オシュコシュの子供服が好きって方と巡り会ったことって、無かったんですから。ミチさんと、こんな妙なところ(子供服)でも好みが同じだなんて~~!嬉しいです!
日本では、田舎だと、なかなか手に入りにくく、根性で探して、輸入ショップなどで買ってました^^ 家は小花柄のスパッツ+無地のトレーナーとか、普通のジーンズのオーバーオールに小花柄のTシャツとか、そんなのが好きでした。色合いもピンクももちろん可愛くて好きですが、抹茶色とか、淡いパープルとか、そういう色合いの服が好きでしたー!

で、なんですと?ミチさん、アメリカに暮らしていたことがあるんですかー!!すごーい!(すいません、ミーハーというか超庶民な発言で・・・)
以前、旦那さんがヒューストンだか・・どこだかにお仕事で行っていらっしゃって、宇宙食のお土産が・・って記事を拝見したことがありましたが、なんだかミチさんご一家、すごいわー!(すごいしか語彙が無くて、恥ずかしい・・・)私も、そんな風に外国でちょっとの間暮らしてみたいな。実際に暮らしたら、すごく大変でしょうけれども・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/14 21:12   |  TOP ▲ |


こんばんは♪
またまた出て来ちゃった。
ちょっと誤解を与えてしまったかもしれません(汗)
夫の仕事の関係で二年ほどアメリカ暮らししたんですけど、日本人とばっかりお付き合いしていたのでとうとう英語は上手くなりませんでした(滝汗)
英語や韓国語で映画を理解できるlatifaさん、ソンケーですよぉっ!!!

オシュコシュ話ですけど、アメリカの製品って薄いパープルがとても多いと思いませんか?
あれは日本の子供服には見られないような色だと思いました。
今ならGAPが似たテイストかしら?
あと、そのころ人気があったのはベネトンでした。
ヴィヴィッドな色使いが珍しかったみたい。
とっかえひっかえお洋服を着せ替えしていたせいか、娘は洋服大好きっ娘になってしまいました。
全然無関係なお話になってゴメンナサイ~。
ミチ  【 編集】  URL |   2007/03/14 22:27   |  TOP ▲ |


ミチさん~そんな、誤解なんてしてませんよ^^ 現地で日本人の人とばかりだろうが、なんだろうが、TVをつければ外国語、一歩外を歩けば外国の暮らしをしてた、っていう、それだけで、なんだか素敵~~!!とか思っちゃって(*^_^*)
旅行以外で、海外に「暮らす」経験をしたことがないので、ただ、ただ、羨ましいな~なんて、脳天気にも思ってしまいますw
 ちょっと待って下さい!私は英語も韓国語も多分2才児程度しか解りません!!大汗)

オシュコシュ話^^
そうなんですよね、日本の商品とアメリカの商品は色合いが違うと思いました。(過去形にしておきます。最近のは解らないので) パープルは、多分向こうの子供さんの肌の色や目の色に関係しているのかな?と思いましたが、気にせず(爆)堂々と典型的日本人の娘にも着せてました。
ただ、ちょっとこれは選ばない・・・って思ったのが、エメラルド色っていうのかな?ああいう色もアメリカの服に結構あったような。
で、GAP。家の子供は、オシュコシュ以後は、GAPを愛用してました(^^;) でも最近は日本国内の店舗数も激増したのか、アウトレット商品も一杯出回る様になったのか・・なんだか量販店的な感じというか・・・イメージが初期の頃と今ではちょっと違って来ちゃったかな~って。定価で買っても、暫く後にセールになるから、定価で買うの辞めて、セールになるまで待とう、みたいな・・・。ベネトンの服も、たま~に着せることありました。ヨーロッパ系なら、ローラアシュレイとかシリリュス、デュ・パレイユ・オ・メームなんかも好きでした。でもブランドにこだわらず、その辺で激安で買ったものも、バンバン着せてました^^

私も、小さい頃の娘に色々な服を着せるっていうのが楽しみでした^^たまに手作りのワンピースとか作ったりして。でも、家の娘(今度中学)全然洋服に無頓着です@@ 
ミチさんちの娘さんは、ちゃんとお洒落なお嬢さんに成長されたみたいで、いいなぁ~!
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/15 09:12   |  TOP ▲ |


またまた登場しました~☆
いいかげんにせーよって言われちゃうかも(汗)
そうそう、エメラルド色とか、スカイブルー色とかそういう色もアメリカ物って多いんですよね!
あれは肌が白くないと似合わないわよね。
そしてローラ・アシュレイ!
ベネトンならイタリアの匂いを感じさせるし、ローラ・アシュレイならイギリスの匂いを感じさせてたな~。
そういう意味でアメリカの人にはとっても人気があったと思います。
かくいう私もローラ・アシュレイの花柄プリントのものをよく娘に着せてたわ(おかげで思い出しました!)
いまでも数点思い出の品として取ってあります(汗)
このブランドは私の雰囲気とはちょっと違っていたので自分のモノは数点しか買ってないけど。
いまも地元のデパートに入ってますけど、あまり見向きもしないのよね、これが(汗)
latifaさんちのお嬢さんはこれから中学生ということで、オシャレはこれからですよ~!!
ちなみにうちの娘はlatifaさんちよりも10歳くらい年上だわ(笑)
ということは私自身の年齢も・・・・(爆)
ミチ  【 編集】  URL |   2007/03/15 14:38   |  TOP ▲ |


ミチさん~いえいえ、何度でも大歓迎ですよー(^O^)
私の方は嬉しいんだけれど、ミチさんお忙しいのに、ありがとうです!

>エメラルド色とか、スカイブルー色
わっ☆ミチさん、すぐ解って頂けましたよね?^^ そうなんですよね、あれはやっぱりちょっと東洋人にはキツイお色です・・なんぼなんでも。

ローラアシュレイの、ミチさんちもだなんて!とっておいてるんですか?私は、その服を着ている写真は撮ってあるけれども、服は手元にもう無いんです。何着かだけ、取っておけばよかったかな~?
私ね、ローラアシュレイのは、小さいお花の刺繍とかが入った白いブラウスや、カーディガンとか、スモック刺繍が入ったワンピや、ジャンスカとか、そういうのが特に好きだったんです☆
ちょっとかしこまった時に、あれを着せるのがウキウキしました(自分が着るわけじゃないんだけども・・・)

私も自分の服は、ローラアシュレイではあんまり買ったことありませんでした。背が低いので、あそこの服だと丈がながーーくて。お値段も高いし!(爆)

えっ、ミチさんところのお嬢さんって、確か高校生じゃなかったでしたっけ? そんなに私とミチさん年は離れてないと思います^^私、出産したの遅い方だし・・。
ま、たとえ年が離れていようと、こういう映画とか、趣味とか・・・、不思議と年代にかかわらず、近しい感覚や、同じだわ~ってこと、ありますよね☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/03/15 19:39   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/372-29c63f6e

ポビーとディンガン
ちょっとお話 (2007/03/09 14:55)
ポビーとディンガン (2005 オーストラリア・イギリス) OPAL DREAM POBBY AND DINGAN 監督: ピーター・カッタネオ 製作: リジー・ガワー ニック・モリス エミール・シャーマン 製


映画「ポビーとディンガン」
ミチの雑記帳 (2007/03/14 16:55)
映画館にて「ポビーとディンガン」★★★★『フルモンティ』のピーター・カッタネオ監督がベストセラー小説を映画化。目に見えないものを信じる幼い兄妹をハートフルに描く。オパールで一攫千金を夢見るパパ、それを支えるママ、お兄ちゃんのアシュモル、空想癖のある妹ケリ


ポビーとディンガン
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2007/04/12 10:47)
オパール...ていうか、ケリーアン役の子役少女はサファイヤちゃんというらしいwポビーとディンガンposted with amazlet on 07.04.12日活 (2006/09/08)売り上げランキング: 27606おすすめ度の平均: 人間っていいな。 ★


ポビーとディンガン
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2007/10/04 00:10)
 『だれか、ポビーとディンガンを見かけた人はいませんか?』 皆さんあけましておめでとうございます♪Uo・ェ・oU/゜・:*【祝】*:・゜\Uo・ェ・oU♪ってなワケで、今年の劇場鑑賞初めはこちらの映画になりました。 1日は映画の日ってなワケで元旦から、ハシゴして....


『ポビーとディンガン』\'05・豪・英
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2008/02/06 00:02)
あらすじ僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。僕にはケリーアンという妹がいる。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。ある日、妹はポビーとディンガンがいなくなった...


| ホームTOP ▲ |